「靴に恋して」「イン・ハー・シューズ」感想
靴をテーマにしている映画2つ。
まずは、2002年のスペイン映画「靴に恋して」。


何人かの女性の暮らしぶりと、靴とを、からめて描いていて、なかなか面白い映画でした。4つ★
私は、わざとワンサイズ小さい靴を無理して履くという屈折した趣味?のお金持ちのマダム役のエピソードが、一番印象的だったかな。キツイ靴履くなんて、耐えられないな~。

靴に恋して (2002年 スペイン映画) Piedras Stones
監督 ラモン・サラサール
衣装 エスティバリス・マルキエヒ
出演 アントニア・サン・フアン / ナイワ・ニムリ / アンヘラ・モリーナ / ビッキー・ペニャ / モニカ・セルベラ / エンリケ・アルキデス / ダニエレ・リオッティ

(内容・あらすじ)
★小さな靴をはく女-イザベル(アンヘラ・モリーナ)は、高級官僚の妻、45歳。夫婦の仲はとうに冷え切っている。わざと1サイズ小さい高級靴を買いあさることで孤独を埋める。
★23歳レイレ(ナイワ・ニムリ)は、高級靴店で働いているが、こっそり店の靴を拝借、その靴を履いて夜はクラブで踊る。彼がいて、夢があるが…。
★49歳アデラ(アントニア・サン・フアン)偏平足の女。マドリッド郊外の男性向け店のマダム。知的障害の娘を持ち、日々生活に追われて余裕のない日々…。
★アデラの知的障害の娘である25歳のアニータ(モニカ・セルベラ)スニーカーをはく女。毎朝愛犬と散歩をし、絵を描く事が好き。
★43歳マリカルメン(ビッキー・ペニャ)スリッパをはく女。夫に先立たれ早10年。子沢山で、生活のために、お洒落なんてする余裕もなく、タクシードライバーとして、家族の為に働いてきた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「インハーシューズ」
面白かったです。最初はマギーのあまりのだらしなさや、素行の悪さに不快感を感じてしまって、ローズに肩入れして見ていたのだけれど、途中から、マギーも可哀想な人なんだなあ・・・。彼女がウキウキと、スーパーで買い物してチキンのオーブン焼きを作るに至る部分は見てるこっちも嬉しくなりました。

姉のローズを演じた人、どっかで見たことが・・・と思ったら、「リトル・ミス・サンシャイン」のママさん役の人だったんですねー。
お寿司屋さんで、ハシをすりすりするシーンは可笑しかった^^ 

ただ、タイトルになる程に、靴が取り上げられているわけでもないなぁ、とも思ったりもしましたが、でも、ローズのクローゼットに並ぶ可愛くて綺麗な靴軍団には、キャー!
彼が出来て自分に自信を持つ様になって、ガンガン履く様に行動が変わるんだろうな、って推察してたら、そんなに大胆には変わらなかったみたいでしたね^^
それにしても、キャメロンディアスは、どの靴を履いても足がとても綺麗で羨ましかった~。

タイトルの「イン・ハー・シューズ」って言葉は「以心伝心」と言う意味と、「やっかいな人の状況に巻き込まれてしまう」と言う意味の2つがあるとか。

あと、フロリダのパステルカラーのインテリア、シニアクラブの明るくて優雅な雰囲気、いいな~~お金持ちの余裕?が感じられました。
マギーと教授との出会い、おばあさまとの関係なども、とても良かったです。

イン・ハー・シューズ (2005年 アメリカ映画) In Her Shoes
監督 カーティス・ハンソン 脚本 スザンナ・グラント
衣装 ソフィー・デ・ラコフ
出演 キャメロン・ディアス / トニ・コレット / シャーリー・マクレイン / マーク・フォイアスタイン / ブルック・スミス / フランシン・ビアース / リチャード・バージ / ノーマン・ロイド / エリック・バルフォー / アンディ・パワーズ

前々から見たいと思っている映画に「靴に恋する人魚」(ビビアン・スー、ダンカン・チョウ主演)があります。早くレンタルならないかな~。

 見ましたー「靴に恋する人魚」感想 途中まで5つ☆
【2007/05/18 13:34】  コメント(11) | トラックバック(7) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
<<「主人公は僕だった」 期待したよりは・・・ | ホーム | 「バタフライ・エフェクト2」感想 到底1には及ばず・・・>>
コメント

latifaさま、こんにちは♪ 拙宅にコメント&TBありがとうございました。
『靴に恋して』は未見なのですけど、TBさせていただきますね。
ビビアンの『靴に恋する人魚』って、今こちらで公開中なんですよ!
レイトショーのみなので行けませんが・・。
ビビアンって、以前外反母趾で手術した、というような話を聞いたのですが。

さて。『イン・ハー・シューズ』はいい映画でしたね。
リタイア後、温暖なフロリダで過ごすっていうのは映画でよく出てきますよね。
フィラデルフィアの灰色の空と、フロリダの明るい景色が対照的で、とってもよかったです。
ではでは、また来ますね~。
真紅  【 編集】  URL |   2007/05/18 14:42   |  TOP ▲ |


真紅さま、こんにちは!
>ビビアンの『靴に恋する人魚』って、今こちらで公開中
 そうなんですか! かえってメジャー系の映画よりも、ミニシアター系の映画の方が、レンタル開始になるのが、遅くなっちゃうことあるみたいで・・・。かなり待ってるんだけれども・・・。外反母趾手術は私も聞いたことがありました。最近はアメリカに何ヶ月か留学して、台湾に戻って来たばかりだとか、なんとか。日本では姿を見ることは無くなったけれど、向こうでは活躍してるみたいですね☆

インハーシューズで、真紅さまも、フィラデルフィアのロッキーのあの階段のことを触れていらっしゃいましたね。ミチさんのところでも拝見して、皆さん、さすがに映画通だなー!って思いました。
私も老後は、あんな処で、のんびり楽しくやりたいな~(日本で、一般庶民には、やはりああいうのは無理かな・・)
latifa  【 編集】  URL |   2007/05/18 20:17   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは♪
また精力的に(?)映画鑑賞、読書をされているようで何よりです!
「イン・ハー・シューズ」大好きデス。
キャメロンのこと、全然眼中に無かったのですが、この映画を見てから急に気になる人になりました。
だから「ホリデイ」も楽しめたんだと思うわ。
あんなにまっすぐのアンヨだったらおクツはどんなものでも似合うわよね~。
裏にボアのついたようなスエードのぽっこりしたブーツもすごく似合ってませんでしたか?
大好きなエピソードがいっぱいでした。

「靴に恋して」はレンタル屋さんで見かけるんですけど、まだ手を出していないの。
今度借りてみようっと。

今夜は「パッチギ!」見て、今から「時効警察」見ます。
latifaさんのところはもう放送終わる頃よね。
一時間早く見れるなんてうらやましい(笑)
ミチ  【 編集】  URL |   2007/05/19 00:06   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。
「イン・ハー・シューズ」は、私もミチさんと同じく、
キャメロン・ディアスはそれほど思い入れのある女優
ではないのですが、この作品や「ホリデイ」でも、
最初はちょっと鼻につく感じの女性が、
徐々に好感が持てるようになってくる印象は
本当に上手いなぁと思いました。
GAKU  【 編集】  URL |   2007/05/19 08:29   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~^^・
『イン・ハー・シューズ』は先日友達からDVDを借りて観ました。感想書いてないけど(汗)
キャメロンが可愛かったですね~
一生懸命に本を読む姿が切なかったけど・・・
『イン・ハー・シューズ』には↑のような意味があったんですね。やっと納得出来ました♪
由香  【 編集】  URL |   2007/05/19 09:33   |  TOP ▲ |


ミチさん、こんにちは!
実は、私、キャメロンディアスって、どっちかというと苦手な女優さんなのです。でも彼女が出ている映画って、結構面白いことあるし、演技も結構上手なのではないかな、って思っています。
「ホリデイ」凄く評判良いですよね、レンタルなったら、必ず見ようと思ってます☆

>「靴に恋して」
う~~ん、強力お薦め!って程では無いんですよ・・。ちなみに私は図書館でレンタルしました。
ただね、スペイン映画とかって、主役の年代が、40代以上ってこと、結構ありませんか?それがちょっと羨ましいというか、嬉しいというか(^_^;)
しかも、堂々たる恋愛要素映画でも。

日本映画だと、主役は、20代、いや30代前半が普通な気がしてね・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2007/05/19 10:37   |  TOP ▲ |


由香さん、こんにちは!
わっ、由香さんも、この映画ご覧になってたのねー。
そうか~レビューは書かれなかったんですね。
由香さんの感想も読ませて頂きたかったけどな~^^
私も、見たものの、レビュー書かずじまい・・・って映画や小説が、結構あります。
面白くなかったから書かないって訳じゃなくて、なんとなく・・・って感じで。
書く、書かないの、理由ずけ?みたいのって、これと言って無いのだ。
latifa  【 編集】  URL |   2007/05/19 10:45   |  TOP ▲ |


latifaさん こんにちは☆☆
なんだか元気になられたようで
良かったわ♪♪
「イン・ハー・シューズ」ね~面白かったわ私も。 私はキャメロンディアスって「メリーに首ったけ」や「チャーリーズエンジェル」等で観ていていると、見た目はモデルみたいだけどキュートな感じで可愛い人だな~って思っていたの。なんか嫌な感じがしないし☆☆ この映画ね~ あのクローゼットの中の靴、靴、靴にはキャァ~~☆☆ですよね。 どうしても靴って黒や茶系の無難色を履いてしまう傾向があるから色トリドリのヒールを見ると可愛い~~☆☆って。こんな靴履いてみたいわ☆☆ もちろんキャメロンみたいな長~い足にはどんな靴だって似合うでしょうが♪♪  お姉さんのローズも同僚の優しそうな男性と幸せになれたし よかったよかった☆☆ 先日ね、「ホリディ」は観れなかったけどジュードロウ主演の「こわれゆく世界の中で」観たの。ロンドンが舞台で、ジュードロウが綺麗な恋人とその子供と同棲しているのだけど、ボスニア難民の女性(ジュリエットビノッシュ)と恋に落ちて・・・てな内容で。ジュードロウは相変わらずいい男です!!あれはモテルわ!! ジュリエットビノッシュってフランス版 大竹しのぶとか言われていますけど、イマイチどこがいいのか分かりません(笑) ボスニア紛争といえば・・・「ノーマンズランド」って映画があって面白かった記憶がありますね☆☆ 以前、確かイタリアでもボスニア難民の受け入れで、皆「家だって家計大変なのよ~」って文句を言いながらも食事をつくってあげて差し入れしてるって聞いたわ(根本的にキリスト教の考えがあるからって)☆☆
レナ  【 編集】  URL |   2007/05/20 14:27   |  TOP ▲ |


レナさん~こんにちは!
心配して下さって、有難う(^O^)
以前と状況変わってないんだけれど、ここのところ、ふっきれてるからかもしれません^^

ごめんね~レナさん、私ね、実は、キャメロンディアスって、どっちかっていうと本当は苦手なのですよ。でもね、「メリーに首ったけ」は結構面白く見たし、彼女出てる映画って、なぜか結構面白く見れることが多い気もするわ・・・。

>どうしても靴って黒や茶系の無難色を履いてしまう傾向があるから色トリドリのヒールを見ると可愛い~~☆☆って。
 そうなの!私もついつい、地味な色の靴が殆どだから、カラフルなのとか、ヒールの(滅多に最近は履かない)は、視覚的に凄くカワイイ!って思っちゃいます。履いてみたくなるな~。でも上に何を合わせれば良いのやら(^^;) 服も靴に合わせて新調せねばならない・・・。

>お姉さんのローズも同僚の優しそうな男性と幸せになれたし
 そうそう。あの同僚、良い感じじゃない!って思ったわ。ちょっと背は低いけど、良い人っていうのが外見ににじみ出てたよね~。実はローズ、結構モテてるのよね。

>「こわれゆく世界の中で」観たの。
これは知らなかったわー!で、相手が
ジュリエットビノッシュなのね?
実は、私、彼女苦手なのよー。
あの人、色々な映画に出ていて、しかも、結構良い映画だったりするから、辛いわ(^^;) いつもお得な役をgetしちゃってるよね、彼女。
ショコラとか、イングリッシュペイシェントとか、昔のでは、存在の耐えられないなんとか・・とか、ポンヌフも彼女だっけか?

>ボスニア紛争といえば・・・「ノーマンズランド」
これね!!以前図書館で借りて途中まで見て、続きを見ようとしてたら、偶然見たことある方と話しちゃったら、あれは後味凄く悪いよ~ラスト耐えられないよなどと言われ、その時、あんまり自分の精神状態も上向きじゃなかったのもあって、結局続き見ないで返しちゃったのです(>_<)
latifa  【 編集】  URL |   2007/05/21 09:17   |  TOP ▲ |


 あけまして おめでとうございます。

 インハーシューズ・・・年末年始の休みにレンタルVDでみました。


キャメロン演じた マギー 最初 いらつきっぱなしでした。

 姉さんの家に居候させてもらっていて 姉さんの恋人を留守をいいことに 寝取る(怒り)(`Щ´)
  マギー・・・ てめえ~ ふざけんな(爆発!)

 姉さん「今なんて言った?(悲)・・・あんた 妹よね・・・(悲) 言えることは そんなこと・・・(悲)(怒り)・・・・・メス○・・わたしの家から出てってぇ~(激怒)(TдT)」

 姉さんに対して 大暴言!!! あまりに 身勝手!!! 姉さんの 女友達も
「その涙は 誰のせいで泣いてるの? 下半身に節操のない彼氏のため?それとも 男なら誰でもいい妹のため?? どっちもどっちよ ふたりとも 何の価値もなかったのよ・・・」←う~ん あまりに 的確すぎる・・・


 けれど、祖母の 老人ホームでの入居している老人たちとのふれあいで改心していくマギーは 見直しました(゜〇゜)

  目の見えない教授に詩を朗読するマギーは 自分の人生を真剣に見つめなおし 姉さんと和解。教授は亡くなっけどマギーに 人生の大切さを 教えたことに 感動しましたよ(^ー^)

 "靴"と"朗読"を通して 姉さんと姉さんのフィアンセとの結婚を盛り上げ、一世一代のイベントの立役者になったマギー・・・りっぱでした(涙)


zebra  【 編集】  URL |   2012/01/06 18:59   |  TOP ▲ |


zebraさん、あけましておめでとうございます。
コメント、ありがとうございました!

> キャメロン演じた マギー 最初 いらつきっぱなしでした。
>  姉さんの家に居候させてもらっていて 姉さんの恋人を留守をいいことに 寝取る(怒り)(`Щ´)
>   マギー・・・ てめえ~ ふざけんな(爆発!)
うははは!!
そうでしたよね、そこのシーンから始まるので、妹にムッカ~~!!って感じでした。

>  けれど、祖母の 老人ホームでの入居している老人たちとのふれあいで改心していくマギーは 見直しました(゜〇゜)

そうそう。あんなに嫌なヤツだったのにね・・
段々見ているこちら側の気持ちも、変わって来るんですよね。

>   目の見えない教授に詩を朗読するマギーは 自分の人生を真剣に見つめなおし 姉さんと和解。教授は亡くなっけどマギーに 人生の大切さを 教えたことに 感動しましたよ(^ー^)

そうだ、そうでしたね。
結構忘れちゃっているので、こういう風なコメント頂くと、懐かしく
色々蘇ってきます。
また再見したくなりました。
latifa  【 編集】  URL |   2012/01/07 17:38   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/387-2fd4ac37

自分の「靴」で歩くこと~『イン・ハー・シューズ』
真紅のthinkingdays (2007/05/18 14:37)
 キャメロン・ディアスを初めて観たのは、確かジュリア・ロバーツ主演『ベスト・フレンズ・ウエディング』だったと記憶している。ブロンドのショート・ヘア、碧い瞳、大きくてキュートな口元、真っ直ぐで長い長い手足


映画「イン・ハー・シューズ」
ミチの雑記帳 (2007/05/18 23:59)
映画館にて「イン・ハー・シューズ」★★★★☆「女の子はステキな靴をはかなきゃダメ!靴がステキな人の元へ連れて行ってくれるから!」っていうのは漫画「花より男子」のなかで静さんがつくしに言った言葉。(実際フランスではそう言われているのかな?)靴が好き!綺麗な


イン・ハー・シューズ ~ あなたの生きる支えは何ですか? ~
Prototypeシネマレビュー (2007/05/19 08:19)
~ あなたの生きる支えは何ですか? ~主演はキャメロン・ディアス。監督は、『L.A.コンフィデンシャル』や『8Mile』などスタイリッシュな作品を作り上げたカーティス・ハンソンだが、この作品ではいろんなタイプの女性の心理を、繊細かつ厚みのある人間ドラマとして仕....


映画「イン・ハー・シューズ」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2007/05/20 19:26)
原題:In Her ShoesJust a little・・・この映画、地味に地味に少しずつ少しずつジワジワとハートに食い込んでくる。&quot;ぴあ&quot;で90点以上を付けているのも、なるほど頷ける。 高校出てから10年の妹、ナイスバディだが定職のないマギー(キャメロン・ディアス)と


スペイン映画はおもしろい。
午前3時をデザインする。 (2007/06/26 03:25)
「オールアバウト・マイ・マザー」「靴に恋して」転職前にスペインへ行くことにしまして、気分を盛り上げるためにスペイン映画を観はじめてます。(よく考えたらオールアバウトは3回目かも)「靴に恋して


イン・ハー・シューズ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2007/09/12 23:34)
 『私たちは何度もすりむいて、自分だけの”靴”をみつける。』 靴のサイズ24.5cm、DNA、子供時代の悲しい思い出 それ以外に全く共通点のない姉妹 この姉妹に自分を重ねられない人は、いないだろうと観ていて思いました。 キャメロン・ディアスが演じる妹のマ...


映画「靴に恋して」今の場所から少しだけジャンプしてみる
soramove (2010/04/14 07:17)
「靴に恋して」★★★☆DVD鑑賞 アントニア・サン・フアン、ナイワ・ニムリ、アンヘラ・モリーナ主演 ラモン・サラサール 監督、135 分 、製作年度: 2002年 DVD発売日: 2005/05/25 (原題:PIEDRAS STONES)                     →  ★映


| ホームTOP ▲ |