「理想の女(ひと)」面白かったです
GYAOで無料配信中だったのを見てみましたが、儲けもん!!な一発でした☆ここまで面白い映画だとは想像してなかったです。少々退屈な上流階級モノなのかな?と思いきや、最初から最後まで飽きさせません!
00

最初はちょっとヘレン・ハントが、そんな女性の敵!って敬遠されるほど色気が有るようには見えないし、年取ってるけど・・・と思っていたのですが、それも最初だけ。彼女の立ち振る舞いや、言う言葉ってとても洒落てるんですよねー!なかなかどうして頭が良いというか魅力的です。彼女以外にも、登場人物のセリフ(人生の教訓?とか、ウンチクっぽい部分とか)がなかなか素敵だったり、そうだよな~って納得しちゃうセリフだったして、そういう部分でもとても楽しませて頂きましたし、素敵な衣装や、イタリアのアマルフィの風景、建物など、そういう面でも目に麗しかったです。

スカーレット・ヨハンソンは、特に大好きって訳ではないけれども、彼女が出ていると、見たい気がするという女優さん。むちむちしていて、色白もち肌で、凄く魅力的です。ヘレン・ハントは、私の大好きな「恋愛小説家」にも出演していました。

☆以下ネタバレです☆
予備知識無く見ていたもので、あの2人が親子っていうのには、ビックリ! 最後の方で、ヘレン・ハントが、母の表情になるシーンが凄く上手かった! 娘のピンチを、我が婚約を捨てても救った処は、あ~彼女良い人だな、って思ったけれども、ちと淋しかったりしたんです。ところが、なんと、彼が飛行機にいるではないですか娘はちゃんと彼に彼女の誤解を解いてくれていたんですね。あ~良かった、あの彼、とても寛容で素敵なおじさまだったな。以上

なんと言っても、ラストの方の展開が凄く良くて、こういうラストは大好きです。見終わった後味も良くて、かなり楽しませて頂きました!でも、いずれにしても最初のきっかけが、ヘレンハントが、スカーレットヨハンソンの夫ということを重々知りながら策略的に近づいた、っていうのが引っかかるので・・・4つ☆とちょこっと。

理想の女〈ひと〉 (2004 英=スペイン=伊=ルクセンブルク=米) A Good Woman
監督 マイク・バーカー 脚本 ハワード・ハイメルスタイン
原作 オスカー・ワイルド 「ウィンダミア卿夫人の扇」の映画化
出演 ヘレン・ハント / スカーレット・ヨハンソン / トム・ウィルキンソン / スティーブン・キャンベル・ムーア / マーク・アンバース / ミレーナ・ヴコティッチ / ダイアナ・ハードキャッスル / ロジャー・ハモンド

(あらすじ・内容)
1930年、バカンスを過ごしに来た結婚1年目の夫婦、メグ(スカーレット・ヨハンソン)とロバート(マーク・アンバース)。ある日、ロバートは、魅惑的な女性ミセス・アーリン(ヘレン・ハント)と、出会い、不倫の関係に。片やプレイボーイのダーリントン卿は、メグに一目惚れする。
全てを知り尽くした悪名高きアーリン夫人と、何も知らない上流階級の若妻メグ、この2人を中心に、お話は動いていく。
【2007/04/02 11:21】  コメント(7) | トラックバック(7) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「百年恋歌」感想 ホウ・シャオシェン  | ホーム | 映画「蟲師」 いまいち・・・でした。>>
コメント

はじめまして^^

突然のコメント失礼致しますm(__)m

私の役立つ情報サイトで、
こちらの記事をご紹介させて頂きましたので、
ご連絡させて頂きました。

該当記事は、
<%page%>
暮し 生活 住まい 役立つ 情報館  【 編集】  URL |   2007/04/02 11:43   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは♪
TBさせていただきました。
ネタバレ部分、同じ感想です!
飛行機に彼が乗ってるなんて、ホント感激でした。
こういうラストは見たあとの気分がいいですよね。
こういう時代物はファッションチェックが楽しいです。
男性もみんなオシャレ~。
スカちゃんって本当に恐ろしいほどの魅力がありますよね。
どんな男性でも虜にしちゃいそう。
(この映画では洗練されていない役でしたが)
彼女には女友達は少ないと思うな~(笑)
ミチ  【 編集】  URL |   2007/04/02 15:08   |  TOP ▲ |


ミチさん、こんにちはー!
わっ、お忙しいのに、スイマセン!!
実は、ミチさんちのレビュー、拝見させて頂いておりました☆ ちょっと1日位、日を置いて、またTBとコメントさせて頂いちゃおうかな~って、もくろんでおりました^^

>どんな男性でも虜にしちゃいそう。
(この映画では洗練されていない役でしたが)彼女には女友達は少ないと思うな~(笑)
 そうそう!ですよね!私が恋人・旦那に、最も近づけたくない危険な女とは、まさに、スカーレットヨハンソンですよ~。(彼女っぽいタイプというか)
特に、あの豊満な胸と唇、ヤバイですー!!(両方私には無いモノだわん・・(T_T))

私、恥ずかしながら、この映画のこと全然知らないで見たので、てっきり、魔性の女役をやるのが、スカーレットヨハンソンだと思っていたのです。
ところが、えっ?彼女が、純粋な若妻役??って意外でビックリしたんです。
latifa  【 編集】  URL |   2007/04/02 19:37   |  TOP ▲ |


お邪魔します~
今日は寒いですね・・・
春休みもあと少しで終り。
準備色々大変ですか~~
映画ね・・。
ネタバレ・・部分・・
あそこは気分いいですよね。
トム・ウィルキンソン、いや・
役柄ですけれど、見直しましたよ。
いいやつじゃん!・・って。
私もなんだかんだいって、ヨハンソン作品観ていますね。
↑のコメントにもあるけれど
あの唇と胸はすでに最大の武器ですよね・・・笑
男たちを惑わすわ・・。
・この映画に続いて
機会があれば「マッチポイント」も
ご覧になってみてくださいね。
また別のスカちゃんが観れます・・♪
感想お聞きしたいわ。
みみこ  【 編集】  URL |   2007/04/03 10:52   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
みみこさんも子供向け?映画に2回行かれていたのね~。早く子供が大きくなって、大人用映画を一緒に行ける様になると良いよねーお互いに^^

>トム・ウィルキンソン、いや・役柄ですけれど、見直しましたよ。いいやつじゃん!・・って。
 うん、うん!あの2人は良い感じで、末永く幸せに暮らして欲しいな☆

マッチポイント
いつか機会があったら、逃さない様に見てみます!
latifa  【 編集】  URL |   2007/04/04 09:39   |  TOP ▲ |


あたしもコレあんまり期待してなかったのだけど、
すっごく良かったです~。
ヘレン・ハント本当母親の表情って感じで、
特にあの「母に誓って」ってスカちゃんが
言ったときの表情、素晴らしくって
しばらく残りそうです。
miyu  【 編集】  URL |   2009/12/29 20:39   |  TOP ▲ |


miyuさん~こんにちは!
miyuさんも同じだったのね~。スカちゃんが、ああいう役っていうのも、珍しさもあって面白かったしヘレン・ハントが本当は良い人だったんだ・・って処と、更にオチも良くて、後味のとても良い映画だったわ~。

> 特にあの「母に誓って」ってスカちゃんが
> 言ったときの表情、素晴らしくって
細かい部分は忘れちゃってるんですが、そこは私もまだシッカリ覚えています(^▽^)
latifa  【 編集】  URL |   2009/12/30 19:31   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/388-e07a7aef

映画「理想の人」
ミチの雑記帳 (2007/04/02 15:04)
映画館にて「理想の人」★★★★ストーリー: 1930年、バカンスを過ごしに南イタリアの高級リゾート地アマルフィを訪れたメグ(スカーレット・ヨハンソン)とロバート(マーク・アンバース)夫妻。ある日、ロバートは、魅惑的な女性ミセス・アーリン(ヘレン・ハント)と出会


理想の女
ちょっとお話 (2007/04/03 10:35)
理想の女(ひと) (2004年 ) A GOOD WOMAN ( イギリス/スペイン/イタリア/アメリカ/ルクセンブルグ) 監督: マイク・バーカー  製作: ジョナサン・イングリッシュ アラン・グリーンスパン  ハワ


「理想の女(ひと)」
ひらりん的映画ブログ (2007/04/10 02:02)
今もっとも旬な女優さん→スカーレット・ヨハンソンと・・・オスカー女優→ヘレン・ハントが共演。


映画「理想の女(ひと)」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2007/09/09 18:23)
原題:A Good Woman同一原作で「ウィンダミア夫人の扇」が、1927年に公開されているという・・今回の舞台は1930年代の南イタリア避暑地ながら、現代にしても十分耐え得る・・・ ロバート・ウィンダミア(マーク・アンバース)とメグ(スカーレット・ヨハンソン)の新婚夫妻


理想の女(ひと)
Addict allcinema 映画レビュー (2009/07/07 22:47)
いい女は2種類しかいない。全てを知り尽くした女と何も知らない女。


理想の女(ひと)
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2009/12/29 20:39)
 『いい女は2種類しかいない。 全てを知り尽くした女と 何もしらない女。』  コチラの「理想の女(ひと)」は、オスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」を映画化したラブ・サスペンスです。主演は、スカーレット・ヨハンソンとヘレン・ミレン。美しい2人が、...


理想の女
Yuhiの読書日記+α (2011/06/19 23:26)
オスカー・ワイルドの戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」を、1930年のイタリア社交界に舞台を変えて描く珠玉の人間ドラマ。キャストはスカーレット・ヨハンソン、ヘレン・ハント、トム・ウィルキンソン他。 <あらすじ> 1930年、バカンスを過ごしに南イタリアの高級リゾー...


| ホームTOP ▲ |