映画「蟲師」 いまいち・・・でした。
原作の漫画は未見で、TVでやっていたアニメーションは何話か見たことがある状態で見に行きました。
一言で言えば、何か・・・イメージがちょっと違うというか。。。
00

一番違和感あった部分は、ぬいが、ずっとヨキ~と引きずって探している・・・という処でした。アニメで見た感じでは、ぬいは、ああいう風に「ヨキ行かないでおくれ~」みたいな、ああいう、すがる性分ではない様に思ったのだけれど・・・。そして、ぬいと一緒にいる、オジサンは誰だろうか?と思ったら、ウィキペディアでは、亭主って書いてあった@@。アニメでは、夫や子供は行方不明(もう亡きもの)になっちゃって・・って設定だったのだけれども・・・。
そして、映画の後半はホラーっぽい味付けになっていた様な・・・気持ち悪かったし、安っぽい感じがして、違和感が・・・。

☆ラストネタバレです☆文字反転して下さい
最後にギンコは、ぬいに、虫を集める術をした後、その後どうなるか見届けずに、そこを離れて行っちゃったのですが、どうなるか見守らずに去って行くのかぃ?以上

アニメでは、全体に、静寂感とか、しっとりと苔むした湿度の高い緑深き森?みたいなムードが漂っているのですが、どうも映画では、違ってました・・・。秋に撮影したのかな・・・?どうもオレンジがかった茶色っぽい葉や木や森、夏っぽい強い光で画面が白っぽい様な自然の風景・・・(私のイメージとは違っただけで悪いって訳では無くて)
それでも、撮影場所は、よくぞ良い場所を発見したな、って思いました。常々行ってみたいと思っている白川郷らしき村も出て来てました☆
特に最初の霧深い山のシーンでは、良いかも!!って期待したのですが・・・

内容は、段々話が進むにつれて、なんとなく退屈・・・で、そしてラストの方は、妙に安っぽいというか・・・「蟲師」ってどこか懐かしい昔の日本の品が有るところが好きだったのですが・・・。

世界の大友克洋さんが監督っていうので、少し期待もしたのですが、映像的にもCGとかでも、私がド素人なせいもありますが、別にハッ!とするような部分が無かったのが残念でした。

ギンコを演じたオダギリ・ジョーは、漫画やアニメよりも、可愛くハンサムでした。だから見ていて楽しかったけれども、でも、どこか今時のお兄さん?と言う感じで、この何時の時代だか解らないけれど、少し前の日本に生きていた青年って感じがあまりしなかったような・・・。
蒼井優は相変わらず綺麗でしたし、りりぃの老け役なんかも凄く良かったです。

蟲師 ウィキペディア
作者の漆原友紀さんって、どんな人なのか?私生活は?どんな幼少時代を送ったのか?と、興味が湧いて、ネットで出来る限り、すっごく調べまくったのですが、解らずじまい・・・(T_T)
解ったことは、女性で、1月23日産まれO型、山口県出身ということだけでした。 こんな作品作れるなんて、すごい人だわ~。

蟲師(Mushi-master) 監督 大友克洋 脚本 村井さだゆき
ギンコ:オダギリジョー
淡幽:蒼井優
虹郎:大森南朋
ぬい:江角マキコ
庄屋夫人:りりィ
たま:李麗仙
ぬいの亭主:沼田爆

 ⇒蟲師(むしし)のオダギリジョーの画像
【2007/04/01 16:23】  コメント(6) | トラックバック(12) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「理想の女(ひと)」面白かったです | ホーム | 「涙そうそう」前半涙、後半がく~~っ>>
コメント

latifaさん、こんにちは♪
先ほど「涙そうそう」へのコメントに「今日は蟲師を見に行っておられるのね?」って書いたばかりだったんですよ~!
映画はいまひとつでしたか、やはり。
どうしても違和感があるのはぬいなんですよね。
ホラーの味付けになっちゃうし、あのおどろおどろしい台詞回しが安っぽいの(どこかの中学の演劇部みたい??・・・あくまでもイメージですけど)
原作のギンコの雰囲気と、オダジョー演じるギンコの雰囲気はちょっと違うのですが、映画のギンコはそれはそれでまた癒し効果がありました。
自然光の下微笑む彼はとっても爽やかでした(笑)
ま、オダジョーが出ていなかったら見に行かなかった作品ですけどね。
100年前にあんなにスタイルのいい人がいたかどうかは分かりませんが、とにかく彼のスタイルはどんなボロを着ていても天下一品でした。
大森さんとの二人旅もお気に入りです!
ミチ  【 編集】  URL |   2007/04/01 16:55   |  TOP ▲ |


ミチさん~そうなんです。ミチさんが、他の記事にコメント書いて下さっていた間に、ちょうど私、この記事を書いていた処だったんです。だからこの記事をアップした時、あれっ!ミチさん来て下さっていたのね?^^って気がつきました☆

>あのおどろおどろしい台詞回しが安っぽいの(どこかの中学の演劇部みたい
 そーなの、そーなのです!!あの変なホラーっぽい声は、辞めて欲しかったわ~!帰りの車の中で、家族で、あの声真似をしてました(旦那と子供と3人で映画見に行ったので)

このギンコ(オダギリジョー)は、確かに癒し効果ありました^^
穏やかに微笑む彼は、とても可愛くて好感度大でした。
ここんところ、ゆれる⇒ビッグリバー(後日レビュー書きます)と、ちょいとクールな感じの役を見ることが多かったせいか、ギンコ役は、久し振りに見た優しい感じ?で、良かったです。
時効警察も凄く楽しみです~。

スタイルの良さは、私も感じました。特に思った場面は、頭に笠をかぶって、背中に縦長の薬箱をしょって歩いていく後ろ姿のシーンかな♪
latifa  【 編集】  URL |   2007/04/01 19:00   |  TOP ▲ |


大友克洋の実写映画ということと、前にlatifaさんが「期待している」ような記事を前に書いたのを読んでたので気になっていました。
反面、「陰陽師」(あんまりおもしろくなかった)みたいなやつかなぁとか観にいこうかどうかってところです。
鬼太郎のウエンツか、ギンコのオダギリかヘアースタイルは個人的にウケてますw
motti  【 編集】  URL |   2007/04/02 10:30   |  TOP ▲ |


mottiさん、こんにちは!
いや~~、これは劇場鑑賞は、お薦めしません・・。いつかレンタルorTVで放映する時にでも・・・。
>「陰陽師」
爆!!ちゃっちい映画でしたよね~。特に2が酷かった・・・。実は無料のチケットもらった為、劇場で見てますw。
漫画本(少ししか見たことないのですが)や小説は凄い作品らしいですが・・・。

そうそう!世間では、鬼太郎と似てる!って話題みたいです(^^;) 家は子供も一緒に見に行ったのですが、やっぱり、ウェンツ鬼太郎と似てるな~って何度も言ってました・・・
latifa  【 編集】  URL |   2007/04/02 11:25   |  TOP ▲ |


こんにちは!いつもありがとうございます!
あたしは原作、全く知らないので、こんなものなのかなぁ、、、と、、、
それに、大友ですから、それだけで恐れ入ってしまいます。
でもまぁ、なんか良くわからないお話でしたケド、静かさは、良い感じでした。
猫姫少佐現品限り  【 編集】  URL |   2007/04/03 15:20   |  TOP ▲ |


猫姫さん、こんにちは!
こちらこそ、いつもありがとうございます☆
私、あまりアニメ関係とかには詳しい訳じゃないのですが、、もし恐れ多い?大友さんが監督していた訳じゃなかったら、どうだったのかな・・・とか思います・・。
latifa  【 編集】  URL |   2007/04/04 09:42   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/389-aa114ebf

映画「蟲師」
ミチの雑記帳 (2007/04/01 16:48)
試写会にて「蟲師」漆原友紀の人気コミックを、『AKIRA』の大友克洋監督が実写映画化。原作は一話完結の形を取っているけれど、映画は4つの話・・・ギンコが蟲師として活躍する「やわらかい角」「筆の海」「雨がくる虹がたつ」と、ギンコ誕生のエピソード「眇の魚」・・・


蟲師
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 (2007/04/02 15:27)
 日本 ファンタジー&ミステリー&ホラー 監督:大友克洋 出演:オダギリジョー     江角マキコ     大森南朋     蒼井優100年前の日本。そこには精霊でも幽霊でも物の怪でもない妖しき生き物“蟲”がいた。蟲は人間に取り憑き不可解な...


『蟲師』
京の昼寝~♪ (2007/04/02 23:48)
100年前の日本には、妖しく美しい蟲の世界があった。&nbsp;&nbsp;■監督 大友克洋 ■脚本 大友克洋・村井さだゆき■原作 漆原由紀(「蟲師」) ■キャスト オダギリジョー、蒼井 優、江角マキコ、大森南朋、りりぃ 、李 麗仙□オフィシャルサイト  『蟲師』 10


蟲師 07076
猫姫じゃ (2007/04/03 15:14)
蟲師2007年   大友克洋 監督・脚本  漆原友紀 原作オダギリ ジョー 江角マキコ 大森南朋 蒼井優 りりぃ 李麗仙ゆっくりと流れる時間、音楽も良い、ストーリー自体も興味をそそられる、独特の、すごい世界観。だがしか~し!完全お手上げです、、、 ...


『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο (2007/04/07 11:58)
オダギリジョーついに結婚!?相手方の母親とも話はもうしていて、何の障害もないそうで(笑)ということで、オダギリジョー結婚発表記者会見・・・ではなく映画『蟲師』舞台挨拶へ行ってきた。 今日は、役所広司・鈴木京香・堀北真希のアルババと被っていたから、そっちは


★「蟲師」
ひらりん的映画ブログ (2007/04/09 01:11)
いやいや、五作連続して「は行」の作品見てたけど・・・途切れてしまいました。ホントは「ブラックブック」を見る予定だったけど、時間が合わず断念。でも、こっちの作品はオダギリジョーに蒼井優だもんねっ。ちょっと期待のムッシッシー・・・って感じ。


蟲師
ケントのたそがれ劇場 (2007/05/03 16:00)
★★★☆  余りにも酷評が多いので、余程観るのを辞めようと思った。だが大自然や趣のある萱吹きの家屋は美しいし、ミステリアスな虫との戦いも見応えがあった。  酷評が多いのは原作ものの宿命だが、ことにマンガの実写化は要注意である。最近上映された作品のほとんどが


蟲師
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2007/09/22 00:23)
 『蟲を感じたら お知らせください。』 コチラの「蟲師」は、漆原友紀さんの同名コミックを大友克洋監督がオダギリジョー主演で実写映画化した3/24公開になったVFXファンタジー巨編なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ (○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・とっても....


蟲師-(映画:2007年131本目)-
デコ親父はいつも減量中 (2007/11/21 23:04)
監督:大友克洋出演:オダギリジョー、大森南朋、蒼井優、りりィ、李麗仙、稲田英幸、守山玲愛、江角マキコ評価:75点公式サイト(ネタバレあります)まったりと、癒されながらの2時間11分。絶対に眠くなるだろうと思ったのだが、予想に反して独特の世界...


反逆R2&蟲師
別館ヒガシ日記 (2008/04/14 21:19)
反逆R2はゼロが立て篭もってるタワーを倒して総督が死亡など色々あって 今回はゼロが中華連邦と結託で宣戦布告したし嘘弟のロロはギアス持ちで スザクは友達のルルーシュを売り渡す悪い部分も出たし展開が良い感じで 蟲師は昨日のWOWOWでして本日の午後から


映画評:蟲師
写真と映画のブログ (2009/03/29 19:04)
雪は降り止む気配はなく、すでに随分な厚みを作り始めている。 谷を背にした小さな村は、雪に閉ざされ、白一色に包まれようとしている。 そ...


映画評:蟲師
映画と写真のブログ (2009/03/29 19:04)
雪は降り止む気配はなく、すでに随分な厚みを作り始めている。 谷を背にした小さな村は、雪に閉ざされ、白一色に包まれようとしている。 そんな雪の村に、薬箱を背負った男が一人、立ち入っていく。銀髪の蟲師、ギンコだ。 冒頭の庄屋のシーンで登場する、庄屋の主を演...


| ホームTOP ▲ |