「サムサッカー」Thumbsucker 感想
THUMBSUCKERとは、Thumb(=指)Suck(=しゃぶる)という意味だそうです。
上映当時は知らなかったのですが、TSUTAYAに置いてあった、この映画のパッケージに目が留まって借りてみました。
00

すごく良い作品!って訳じゃないけれど、割と面白かったのでした。ちょっとどことなく「リトル・ミス・サンシャイン」っぽい感じの映画だったかな~?リトル・・の男の子と、主役の男の子の雰囲気が少し似てた。

人は誰でも何かしらに依存しながら生きてる・・・っていうママさんが、薬中毒の俳優さんに話すシーンが印象的でした。他にも、ちょこ、ちょこ、と人生感じさせられるセリフが散りばめられてる映画でした。「大切なのは、答えが無くても、生き抜く力」(←だいたいこんなセリフだったような・・)というシーンも印象に残りました。

☆ネタバレ☆文字反転して下さい
心配ばかりかける兄が家族に存在する為、両親を心配させないがために、弟は、自分はちゃんとした何の不安もない子でいなくちゃ・・と、思っていたという下りは胸が痛くなった・・・。
目隠し遊び?のオチには、私もがっかりしてしまいました・・・。練習台にされていたなんて・・・。そりゃないよぉ・・・(T_T)
それでも、NY大学だかに受かって、NYの街の中、新しい世界に向かって意気揚々と走って行く姿がラストシーンだったので、上向きに締めくくられてて後味も良かったです


サムサッカー (2005/米)
監督 脚本 マイク・ミルズ 原作 ウォルター・キルン
出演 ルー・プッチ / ティルダ・スウィントン / ヴィンセント・ドノフリオ / キアヌ・リーブス / ベンジャミン・ブラット / ケリ・ガーナー / ヴィンス・ヴォーン / チェイス・オファール

(内容・あらすじ)
親指をしゃぶる癖が辞められない17歳の少年。あることがきっかけで「注意欠陥多動性障害」と診断された彼は、この診断を不服に思うどころか、逆に利用し?、薬物治療に取り組む。彼は、向精神薬の効果で、急に、デキる学生に変身するのだが・・・、それも長くは続かない・・・。元フットボール選手だったのに、怪我の為に辞めるしかなかった、若い頃の挫折を秘めている父はじめ、彼の家族、彼を小さい頃から見守る歯医者など、回りの人達からめて、少年の成長を描いていく。

監督はX-girlのアートワークやNIKE、GAPなどのTVコマーシャルでも知られる映像クリエイターだそう。
若手俳優ルー・テイラー・プッチが主人公の少年を演じる。風変わりな歯科医役を、キアヌ・リーヴスが演じているのにもビックリ。
【2007/04/22 10:47】  コメント(4) | トラックバック(7) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「トランスアメリカ」面白かったです | ホーム | 「ハンニバル・ライジング」感想 日本テイストが微妙・・・>>
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/04/22 12:09   |  TOP ▲ |


こんにちは~レイさん~
こちらからは、世間に見えちゃう様にしかお返事書けないので、上手く文章に出来ないのが、とても歯がゆいのです。(T_T)

しかしながら、レイさんから頂いた秘密コメント、凄くなんだか、ジーンと来てしまいましたよ・・・。

そうかぁ・・・そうでしたか・・・。
レイさんちの息子さんの、そのちゃんとしてないと・・・の処、まさにこの映画とかぶってますね・・・。
ここのお家の兄弟は、年はちょっと離れ気味なので、抑えてる方の子(次男坊)が、まだ幼いんです。11才くらいかなあ・・・。小さいのにけなげで、うっ・・・と来てしまいました。

でも、この映画の長男君の、もんもんとして、煮詰まって?辛い感じも、理解出来て・・・。アメリカっていうと、スコーンと抜けたスポーツ少年と、チアガールみたいなイメージがあるけれど、その影では、こういうナイーブな青少年もいるのが、何か、こう・・親近感が沸くというか・・。

この映画、ラストが前向きだし、有る意味ハッピーエンドだし、レイさん、もしお時間あったら、見て見て下さい。またお話したいですー☆

ほんと、もっと突っ込んだお話とかお返事書きたいのだけれど・・・ここじゃ・・・みんなに見えちゃうし・・・すいません、なんだか、気の効いた言葉も全然浮かんで来なくて・・・。

でも、精一杯がんばって来た(来てる)レイさん!、そしてレイさんの家族のみんなに、ファイティング!!です^0^
latifa  【 編集】  URL |   2007/04/22 15:29   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/04/22 19:20   |  TOP ▲ |


こんばんは、レイさん^^
何をおっしゃいます!レイさん~!!
私の方は、すっかりもう、昔からの大切な心おきないお友達って思っています!これからも、個人的なこと、どんどんお話したいです☆
それに、全然気なんか使ってません(っていうのも、失礼ですかね?・・(^^;))なんかね、レイさんも大変なんだな、がんばってるんだな、って思うと、私もがんばらねば!って気持ちになれるんです。それが嬉しいというか、心強いというか・・・。

映画とかの話しも大好きだけれど、レイさんの身の回りの事や、プライベートなことも、どしどし、またお話聞かせて欲しいし、私もまた色々聞いて頂きたいです~!
これからも、よろしくです(*^0^*)
latifa  【 編集】  URL |   2007/04/22 20:39   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/397-6dc7ab6f

サムサッカー
Akira's VOICE (2007/04/22 11:06)
「17歳,フツーに心配な僕のミライ」微妙な副題・・・


サムサッカー
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2007/09/19 00:27)
 『フツーに心配な僕のミライ』 コチラの「サムサッカー」は、9/23公開になったPG-12の青春映画です。サッカー映画ではありませんよ~(´∀`*)ウフフ サム(親指)サッカー(吸う人)が主人公の映画です。 なかなか豪華で多彩な顔ぶれが脇を固めていますが、主演の...


「サム・サッカー」
ひらりん的映画ブログ (2007/09/26 02:17)
アメリカでもサッカーの映画作るのか・・・と間違えそうなタイトル。原題は「THUMBSUCKER」で、「親指を吸う癖のある子」の意味。DVDには、サブタイトルで、「17歳、フツーに心配な僕のミライ」が付いてるみたい。


『サムサッカー(THUMBSUCKER)』
chaos(カオス) (2007/09/30 23:34)
『サムサッカー』挫折と自己嫌悪、孤独と憂いに満ちた思春期。人は何かに依存しなければ生きていけない。ふとしたことがきっかけで、自立と達観を得る。少しサイケデリックな雰囲気だけど、なかなかいい映画だね。あやしい歯科医のキアヌ・リーヴスも...


『サムサッカー』を観たぞ~!
おきらく楽天 映画生活 (2007/11/20 22:17)
『サムサッカー』を観ました漠然とした不安を抱き、17歳になっても親指を吸う癖(サムサッキング)が止められない少年の心の成長を繊細なタッチで綴った思春期ムービーです&gt;&gt;『サムサッカー』関連原題:THUMBSUCKERジャンル:ドラマ/青春製作年度・国:2005年・米上


『サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ』 Thumbsucker
*モナミ*SMAP・映画・本 (2008/12/07 14:19)
『サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ』ジャスティン(ルー・テイラー・プッチ)は17歳。いまだに親指を吸うクセが治らない。傍からみれば、何不自由なく恵まれた普通の高校生。だけど自分は欠点だらけと思っている。ある日、かかりつけの歯医者のペリー先生(...


サムサッカー
Blossom (2009/03/01 11:21)
サムサッカー THUMBSUCKER 監督 マイク・ミルズ 出演 ルー・プッチ ティルダ・スウィントン     ヴィンセント・ドノフリオ ヴィンス...


| ホームTOP ▲ |