「トラフィック」「pure」麻薬映画 感想
麻薬のお話を2つ。まずは、トラフィック。
00

有名な映画だっていうのに、家の近所のTSUTAYAにはなく、この度、はるか遠いTSUTAYAで発見、借りてきました。しかもビデオ!
DVDは置いて無かった(T_T) で、このビデオ、入れて、最初の予告編を早送りしたら、ゴゴゴゴ!!と、すごい音が。最後まで見れるのだろうか・・と、不安一杯だったものの、大丈夫でした。画像は、すごく悪かったけど、それだけ多い人が借りて見たって事ですよね。

この映画、松本大洋さんがお気に入りの映画って聞いていた上に、こちらに来て下さっているレナさんから噂を聞いて見る気満々でした。
見た感想は、面白かったものの、裏世界と麻薬の部分で、沢山人が出て来て、実は1回見ただけじゃ、完璧に理解出来なかった部分があって(汗)で、ネットで、解らない部分を教えてくれるサイトを発見して、そこで理解出来ました(頭悪~(^^;))

最初のシーン(黄色い画面のメキシコ大地、飛行機が飛んでいく)や、そしてこういう裏世界の人間と警察の人間が、ごっちゃになっての男同士のお話~が、いかにも松本大洋さんが好みそうな内容だな~って思いました)。

そして、なにげにどこかクラッシュと似ているような気がする映画でした。(だって、ドン・チードルさんが、また出てるしw)
しかしながら、私は、この2000年映画を、今更やっと見た訳で、この映画を2000年当時見たならば、きっと今見たより、ずっと斬新な印象を深く受けたに違い無いです。「クラッシュ」「21g」「バベル」など、こういうタイプの映画が、2000年後に作られてますよね。(「アモーレス・ペロス」は99年なのでほぼ同時期ですが)

デルトロオヤジは、この役にとても合っていたし、なかなか良かったです♪あと、キャサリン・ゼダジョーンズも、お腹が大きい体で頑張ってました。さすがにTHE女優の迫力。

★ネタバレです 文字反転して下さい★マイケル・ダグラスの娘の、あたたたたたーーー!!!ってほどの転落ぶりに、目も当てられません・・・(T_T)
最後の父の選択には驚きました。ちょっとホントかぁ?ってのも思ったけれども。でも、すごい勇気ですね。ラストシーンは、何ヶ月経ってからの状態だったのかな?すっかり娘は、復活してたみたいでした。
とにかくも、麻薬やドラッグの需要と供給やら、これがアメリカやメキシコの現状なのかぁ・・・と重い気持ちになりましたが、でも、デルトロが、メキシコの夜、野球場で座ってたのが、良かったな~って思えるラストでした。
以上

トラフィック (2000年 独・米映画) Traffic
監督 スティーブン・ソダーバーグ
原作 サイモン・ムーア
出演 マイケル・ダグラス / ドン・チードル / ベニチオ・デル・トロ / ルイス・ガズマン / デニス・クエイド / キャサリン・ゼタ・ジョーンズ / トーマス・ミリアン / ジェームズ・ブローリン / アルバート・フィニー / ミゲル・フェラー / エリカ・クリステンセン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『PURE』
オリバーツイストに出演していたハリー・イーデン君が主演の映画ということで、借りてみました。
これは、見るに耐えない映画でした。母親が麻薬中毒で、母思いの息子が奮闘するという内容。ちょっと、ケン・ローチの「SWEET SIXTEEN」が頭によぎりました。でも、PUREの方は、ラストが悪くありませんが・・・。お母さん以外に、ちょっと綺麗なお姉さんに、キーラナイトレイが出演してるのですが、この子までもが・・・。
意志の弱い女性陣に、シッカリしてよー!!と、思わず何度も言ってしまいました。それほど薬物というのは怖いものなのでしょう。

ちなみに、イーデン君は、オリバーツイストから、数年しか前じゃないというのに、なんだかちょっと違っていました。オリバーツイストの時の方が私はずっと素敵に見えました。PUREでは目がグリグリでっかくて、少~しだけ、ケントデリカットっぽかった気が(スイマセン)

2002年 イギリス
監督 ギリーズ・マッキノン
出演 ハリー・イーデン(ポール) モリー・パーカー(メル) デヴィッド・ウェンハム(レニー) キーラ・ナイトレイ(ルイーズ)
(内容・あらすじ)
イースト・ロンドン、母親メルと、弟のリーと住む10歳の少年ポール。ポールの母は、病気だと思っていたが、薬物中毒だった・・・。メルはポールに薬を断つと宣言するが、ポールが家を離れルイーズと遊びに行って帰ると、メルは、レニーによってまた薬に手を出してしまっている。その夜、麻薬取締警察によって、メルは薬物厚生施設に入れられることになり、二人の子供は、祖父母の家に住むことになる。メルの居所を探すレニーを避けながら、母を心配するポール。
【2007/06/21 09:20】  コメント(15) | トラックバック(4) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「ボルベール帰郷」 ペネロペの豊胸・谷間 | ホーム | 「僕が9歳だったころ」「ラブリーライバル」イ・セヨンの変化>>
コメント

おはよーー♪♪latifaさーーん♪
<トラフィック>ご覧になったのね♪♪
私が観たのは公開当時だったから、かなーり前なので記憶がだいぶ薄れている(笑) そーねー クラッシュと似ているかもねー。日本にいると、麻薬ってどこか他人事のような気がしてたけど、南米では民間人、警察、国家すべてが絡んでいてなんともせつないわ・・・。            なんかキャサリン姉御が迫力あってね。女は強いわ~~。  なにげにデルトロと道ですれ違っているシーンなんかあったりして。んでー、デルトロさん!! アカデミーゲットしただけあってなかなか良い味だしていましたよね? 渋いぞー☆☆ あのスペイン語の響きもいいな~☆☆  モサッとしているようで、微妙に暗さがあってセクシーだぞ♪♪なんて思っちゃいましたよ♪ ラストの野球場で観戦しているシーン好きですね~(あれってアメリカ政府に寄付させたものですよね?)
なんか、前にも言ったかもしれないけど、このソダーバーグ監督がデルトロでゲバラの映画 撮影するみたいですよね。 イメージとしてはガエル君よりワイルドなゲバラになりそうですね☆☆   んで、『PURE』の方ですが、私はまだ観てないの~(涙) だって前はレンタルでもなかったから~。ハリーイーデン君の演技が凄いっていうしね~~☆☆ で、でもこの映画のハリー君はそんなに可愛くないのね??ケントデリカット~~??!!  あれ~??その後の「ピーターパン」観たけど普通に可愛かったですよ~~~♪ そーかー(笑) 「オリバーツイスト」ではあんなにカッコよくて素敵に成長していたから良しとしよう~~☆☆ これは問題作ですし、興味があるので今度レンタル探してみますね♪♪
でーバーゲン!! うーん誘惑に勝てない意志の弱い私は、はしごっている間に気がつくと、どんどんフクロが増えていました(笑) でも戦利品ってほどでもないな~~(笑) 
レナ  【 編集】  URL |   2007/07/03 10:21   |  TOP ▲ |


レナさん~こんにちは!
やっと見れました。見れるまでが長かったわ~~。
これ、上映当時にレナさん、ご覧になられたんですよね?
私は、この手の人間パズルが繋がる系の他の(新しめの)映画を、先に見ちゃって、元祖とも言える、この映画を後で見ちゃったから、衝撃が少なかったけれど、順番とおり、コレを先に見ていたら、きっと、おおお~~!って感動したと思うわー。でも、今見ても、面白かったですよ☆
それぞれの繋がりが、至って自然だったもの。バベルとかだと、ちょっと無理矢理感があったけど(鉄砲所持者が日本人とか、そういう処)

>なにげにデルトロと道ですれ違っているシーンなんかあったりして。
そうそう!!レナさん、記憶力凄いな~!!
うん、うん、デル・トロさんのスペイン語の響き、凄くイカしてました☆
これで賞を取ったっていうのも、うなずけるわ。
>あれってアメリカ政府に寄付させたものですよね?
うん、うん。そうだと思う。あの交換条件が、渋かったよね♪

>ソダーバーグ監督がデルトロでゲバラの映画撮影
 デルトロのゲバラって、かなり近いですよね!!やっぱりガエル君だと、ちと若すぎる?感があるけど、デルトロだと体型とか、中年以後の崩れ具合もほど良いしね。是非見てみたいです♪期待しちゃうな~。

『PURE』
期待したのが、イカンかった・・・。私のところも近所の店に置いてなかったのよ。今回、トラフィック目当てで、遠いTSUTAYAに行ったら、PUREがあるのを発見!借りて来たのです。

演技は、上手かったですよ!さすがに!!ただね、ルックスが、ちょっと・・何かが違ったんだ・・・。充分ハンサムで格好いいです。でも、目が凄く目立つっていうのかな・・・。私の好みじゃなかった・・ってだけなの。
それと映画の内容が良かったら(私が好きな映画だったら)もうちょっと見る目も違ったかもしれないんだけど・・・内容も辛かったし・・・。

「ピーターパン」は私も観たけど、それでは、ちょい役なものの、オリバーツイスト系の茶色い感じ?(←どんなの?)で、なるほど、脇役でわざと原住民ぽいメイクはしているものの、カッコよさの片鱗はシッカリ見えてるな、って思ったんだったんだけど・・・。

PUREは、白人で青い目の男の子!って感じが凄くしちゃったの。なんでだろう? ケントデリカットは、ちょっとヒド過ぎちゃったかな。ゴメンネ!! 

バーゲンの勝利品、色々と手持ちのものと組み合わせてコーディネート考えるの至福の喜びでしょう~?いいなー!!
latifa  【 編集】  URL |   2007/07/03 18:18   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/07/03 19:07   |  TOP ▲ |


こんにちは~!
だははは(^-^ゝ すいません、熟成されたワインって事でお許しを~~☆

「PURE」、いつかご覧になってみてください。最近は、DVDが新発売?されたのかな?昨日近くのTSUTAYAに行ったら、新品の入り立てのが2つ並んでいました(前は無かったのに)

ところで!ブログ開設に向けて頑張っていらっしゃるんですね^^
それは楽しみです♪
別にかぶっている記事が無くても、すぐに駆けつけたいので、もし開設の暁には、アドレス教えて下さいね^0^ 
latifa  【 編集】  URL |   2007/07/04 09:13   |  TOP ▲ |


ああ、上のコメント、シークレットにするつもりが、これ見たら消してください。もう、映画と関係ないことばかり、ごめんなさいね。
牧場主  【 編集】  URL |   2007/07/04 11:27   |  TOP ▲ |


牧場主さん~全然気になさらないで大丈夫だったのに^^

そうかー、不特定多数の人と話すのとか、ちょっと勇気が要りますか・・・。
でも、きっと、思うよりも、実際は、意外と大丈夫ですよ♪
悪意のあるコメントとか、う~ん、これも大丈夫だと思いますよ。
家のブログも、たまに、妙なコメントついたり、悪意?あるコメントもつくけれども、そんなに多くないし^^

じゃ、牧場主さんが、そろそろ・・・と、思った時、いつでも良いので(1ヶ月後でもなんでも)教えて下さいまし~☆
latifa  【 編集】  URL |   2007/07/04 13:46   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/07/05 10:14   |  TOP ▲ |


牧場主さん、そうか~~行きずまってますかー!
ま、焦らずに、少しづつ、やっていけば良いですよ☆
私だってね、このポコアポコヤって名前にするまで、開設して2週間の間に、4回くらいタイトルを変えたり、テンプレートも何度も変えたりして、あたふたしてました。

不特定の人と話すということについては、元々、私は、そういうのに全然躊躇しない性分なんです。
でも、家の旦那がね、そういうのが、とても苦手な人なのですが、以前、ブログを初めた事があったんです。でも、やっぱり、不特定多数の人とか、コメントレスがえし・・とか、そういうのが、ちょっと負担だったみたいで、結局半年もたずに辞めてしまったみたいです。とにかく、実際初めてみなければ、負担か、楽しいか?は、解らないですよ!あまり心配しないで、始めちゃって大丈夫です!

>どの名前の人がどういう性格なのか、右から左へ受け流す脳みそを持つ私としては、覚えられない自信があるんですね。

私もですよ!!ハッキリ言って、全部なんて絶対覚えていられません。印象に残る方だけ、覚えているだけです。
これは、みなさん同じじゃないかな・・。

私、昔、客商売をしていたんですが、ブログと、ちょっと似た部分があると思っています。来る方全員の事、ずっと覚えているとかは、出来ないけれど、少なくとも、こんなに何十万とある多いブログの中、縁があって訪ねてくださった方は、大切にしたいなーって気持ちだけ持っています^^
latifa  【 編集】  URL |   2007/07/05 15:53   |  TOP ▲ |


お邪魔します~
なんだかんだで・・遅くなってしまいました。いつもこんなですが
見捨てずお付き合いを・・。
↑確かにつらい内容だものね・・。
しっかりしてよ・・女性軍と
思ってしまいますわ。
<ケントデリカット・・>
おお~~懐かしいです。
・・少し成長して素敵に思えたほうがいいよね。
よく、子役のときは可愛かったのに・・って思えてくる人って
いるよね。こんなになってしまったか・・!!という感覚・・・笑
そういうケース一杯あるよね。
彼にはいい方向に行ってほしいと
思うわ・・。

明日の記憶のコメントに
名前を入れ忘れちゃった・・ごめんね
みみこ  【 編集】  URL |   2007/07/05 17:40   |  TOP ▲ |


みみこさん~こんにちは!
名前の、大丈夫です^^
なんとなく、みみこさんに違いないって解っていたから☆
そんな見捨てるだなんて~何をおっしゃいます!

ケントデリカットって、そういや最近見かけないね。もう一人、ケントギルバートだっけ・・?ちょっと名前がハッキリ思い出せないけど・・。HOW MUCH?に出てた人もいたよね。
latifa  【 編集】  URL |   2007/07/06 08:35   |  TOP ▲ |


ヤクの好奇心を煽るクソ映画が多い中
トラフィックはいいね。

余り映画では感動しない俺だが
アレを観て何回も泣いたよ

まだその悲惨さのほんの一部しか
表現できていないがね。

因みに俺は元ヤク中。

crys  【 編集】  URL |   2007/07/26 21:04   |  TOP ▲ |


crysさん、コメントありがとうございました。
実際にそういう体験をされた方が見ると、より一層、見る目が厳しいだろうし、思い入れもあるでしょうね^^
そんな crysさんが、泣けた映画ってことで、やっぱり、トラフィックはただもんじゃない映画なんですね☆
latifa  【 編集】  URL |   2007/07/27 14:19   |  TOP ▲ |


 お久しぶりですlatifaさん。レンタルDVDで見ました。
 
 いくつかのエピソードを見てる者にわかりやすくするため 青みがかった映像や黄色がかった映像 微妙に薄い膜を張ったような映像とか 手法は凝ってましたので 

 >見た感想は、面白かったものの、裏世界と麻薬の部分で、沢山人が出て来て、実は1回見ただけじゃ、完璧に理解出来なかった部分があって(汗)
 同感です。ボクも話の展開は 数回見て状況はやっと飲み込めました。が、全体的に見てて”皮肉まみれだな~”って感じましたね。

 と、いうのもダグラス演じた麻薬撲滅に奔走する裁判の判事は 自分の私生活では 娘が同級生と麻薬にふけ込んで 遅まきながら気づくとか 

 メキシコの場面では麻薬を取り締まる立場にあった 将校の立場のヤツが実は麻薬組織の幹部だったとか・・・オイオイ なんだそりゃ・・・

でも案外 実際の麻薬組織も そんな状況あるんじゃないかな?

zebra  【 編集】  URL |   2014/04/13 14:13   |  TOP ▲ |


もう少し続けます。

 >デルトロオヤジは、この役にとても合っていたし、
 デルトロ演じた捜査官 かなり スレスレの綱渡りな役でした。 先述の 将校のヤツから丸め込まれたと思ったら 地元の別の捜査官たちから 将校のバックについてる麻薬組織のおとりを引き受けてくれとか・・・

 でも 見事に乗り切ったのは さすが。むろん相棒が将校の情報を売ろうとしたことがバレて殺されたり、 危うく自分もグルとか疑われて殺されそうになったり・・・(^_^;)
 
殺された相棒が「彼女にはオレが捜査で殉職したと伝えてくれ。真実は言わないでくれ。」
デルトロ”捜査官”が そのことを彼女に伝えたのは せめてものやさしさです。 隠してた部分のデルトロもそんな感じでした。

 別のエピソード。キャサリン姉御の平凡主婦から”肝っ玉”麻薬ビジネスウーマン(・・・ってスゲー変わり様;;;) 彼女の差し金で 爆破で相棒を殺されたドンチードル演じた捜査官が 一矢報いろうと 彼女の屋敷に盗聴器を仕掛ける”カウンターパンチ”ぶり。

 ボク個人的には 二転三転で 一番話のエピソードとして面白かった。

 なかなか 痛快だった。キャサリン姉御の”肝っ玉”もチードルの”カウンターパンチ”も。どっちもタフなキャラで。いや、みんな登場人物は全員タフでした。 
zebra  【 編集】  URL |   2014/04/13 14:58   |  TOP ▲ |


zebraさん、こんにちは!
桜も散ってしまいましたが、これから新緑の良い季節ですね。
花粉もあと1か月くらいでしょうか。

「トラフィック」ご覧になられたのですねー。
最近忘却力がはなはだしいため、もうかなり忘れてしまっていましたが、zebraさんのお話をお聞きして、少し思い出しています。
せっかく一杯コメント書いてくださったのに、ちゃんとした反応が出来なくて、悔しいやら申し訳ないやら・・。
また再見したいです。
それにしても、豪華な出演陣ですよね。

>麻薬を取り締まる立場にあった 将校の立場のヤツが実は麻薬組織の幹部だったとか・・・
> でも案外 実際の麻薬組織も そんな状況あるんじゃないかな?
こういうの、映画の題材によくなりますよね。
メキシコ、アメリカ、韓国映画などでも、警察や取り締まる側の人間の中に、たいがい誰か悪いヤツや、裏切り者とかが混じってたり。
現実世界でも、実際そういう事が、ままあるんでしょうね・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2014/04/16 14:17   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/426-5b736ddf

PURE ピュア   
ちょっとお話 (2007/07/05 17:41)
PURE ピュア   (2002   イギリス)PURE 監督: ギリーズ・マッキノン 製作: アワード・バーチ 脚本: アリソン・ヒューム 撮影: ジョン・デ・ボーマン 音楽: ニティン・ソー


「トラフィック」
ひらりん的映画ブログ (2007/07/11 02:00)
2000年のアカデミー賞を4部門も獲得した作品。助演男優賞(B・D・トロ)・監督賞(S・ソダーバーグ)・脚色賞・編集賞。これは必見・・・的作品でしょう。2000年製作の麻薬・犯罪ドラマ、148分。あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード)アメリカとメキシコ


トラフィック
【ムービーレビュー】映画の感想 (2008/04/09 18:27)
麻薬に関する三つのストーリーです。 想像を遥かに超える何か はありませんが、 アカデミー賞を多数受賞した作品 として恥じないレベルだと思います。 見て損はないと思います。


「トラフィック」(2000年、アメリカ)
楽天売れ筋お買い物ランキング (2015/07/28 02:21)
「トラフィック」(原題:Traffic)は、2000年公開のアメリカの映画です。スティーブン・ソダーバーグ監督による麻薬をテーマにした群像劇作品で、アメリカとメキシコの両国で麻薬密輸と...


| ホームTOP ▲ |