「プロヴァンスの贈りもの」感想 
1989年出版され、人気を博したピーター・メイルの「南仏プロヴァンスの12か月」から、もう早くも20年弱、何故に今この本のイメージの映画を作るに至ったのかな?と不思議ですが、実は私も20年ほど前、南仏プロバンスを一人でぶらっと旅行したことがあるので、興味があって見てみました。
00

普通に面白かったです。3つ☆ ロンドンの金融界のトレーダー(またかぃ!こういう仕事の設定、最近やたら多いなぁ)で、仕事漬けの心の渇いた?ラッセル・クロウが、おじいさんと懐かしく過ごした南仏に、おじいさんの亡き後、訪ねて行き、田舎に癒される・・・と、まぁ、よくありがちな内容です。 ん~と・・。ちょっと私はラッセル・クロウさんが苦手なので、違う俳優さんが主役だったら、☆が1つアップしていたかも・・。

ラッセルさんよりも、幼少時代を演じた、チャーリーとチョコレート工場の男の子、フレディ・ハイモア君が、とっても可愛くて良かったので、もっと少年とおじいさんのエピソードを増やしてくれたら、嬉しかったんだけどな・・。

プロバンスの風景も綺麗だったけど、でも、感動するほどじゃなく、南仏の邸宅内の映像が多かったし・・・。見る前に勝手に想像したより、野外の自然とか、可愛い街並みとかのショットが少なかった。
コメディ部分もあって、ハートフルな部分、恋愛部分など、ちょこまか色々な要素が入っています。

★ネタバレ 文字反転して下さい★
あの少女に、おじいさんの筆跡?を真似出来る主人公が、架空の手紙を書いてあげる処は良かったな^^。
ラストはロンドンを捨て、南仏に骨を埋めるみたいなハッピーエンドで終わったけど、でも、ありゃ~多分半年で別れるな・・・と、思っちゃいました。多分彼はロンドンにいつか戻っちゃうだろうな・・。
以上

私が昔、訪ねた南仏の街は、アルル(ゴッホで有名な)、ニーム、マルセイユ(「気狂いピエロ」のあの海が見たかったのだw)だけですが、風景も綺麗で、のどかで、とても良い処でした。しかしながら、ハッキリ言って一人で1週間いたら飽きました(爆)でも、誰か友達や恋人と一緒だったら(or現地に友達とか気の合う異性などと巡り会えたら)1ヶ月位は楽しめる場所だと思います。やっぱり、都会に住んでいて、夏のバカンスに訪ねるというパターンに一番適してるのかもなあ・・・という印象です。
   南仏プロヴァンス 旅行記と写真一杯(1)
  南仏(2)マルセイユ写真色々と、気狂いピエロとルパン三世

1980年後半~90年頃というのは、立て続けに南仏プロヴァンス舞台にした映画が上映されたころで、マルセル・パニョル原作の 「愛と宿命の泉(フロレット家のジャン/泉のマノン)」(1986年映画)、「マルセルのお城」「マルセルの夏 (1990、91年映画)なんかもありました。
 
(内容・あらすじ)
巨匠リドリー・スコットが、30年来の友人でもあるピーター・メイルのベストセラー小説を映画化。『グラディエーター』でもスコットと組んだラッセル・クロウが主人公のビジネスマンを演じる。

ロンドンのトレーダー、マックスのもとに、10年も疎遠にしていたヘンリーおじさん(アルバート・フィニー)が亡くなったとの知らせが届く。遺産を相続することになったマックスは、ヘンリーが住んでいたプロヴァンスのぶどう園を訪れるが……。 (シネマトゥデイ)

原題 A GOOD YEAR (2006年 アメリカ映画)
監督 リドリー・スコット
原作 ピーター・メイル
出演 ラッセル・クロウ 、アルバート・フィニー 、フレディ・ハイモア 、マリオン・コティヤール 、アビー・コーニッシュ 、ディディエ・ブルドン
【2007/07/06 10:25】  コメント(2) | トラックバック(21) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「NANA2」感想 | ホーム | 「ダイ・ハード 4.0」感想>>
コメント

こんばんは♪latifaさん

ラッセルわたしもあまり興味ないんですけど、普通に楽しめました(笑)
試写では赤ワインでて飲みながら優雅に観ました♪(笑)

なんてことないけど雰囲気いいですよね。
latifaさん南仏行ったんですね~、わたしはプロヴァンスへはいったことないので素敵だなぁって思いながら観てました♪
mig  【 編集】  URL |   2007/07/11 20:17   |  TOP ▲ |


migさん、こんばんは!
そうですかー、migさんも、あまり興味無かったんですね?^^
でも、migさんちの記事を拝見したら、お茶目な表情した写真のラッセルさんがいて、それ見たら、気の毒なことを感想にズバッと書いてしまったかしら・・?と思っちゃいましたヨ。

いいなぁ~~!!!赤ワイン付き試写会だなんて。それにしても公開が遅れちゃいましたね。
南仏行ったのは、すごい前なので、色々変わったんだろうな~と思います(^_^;)
latifa  【 編集】  URL |   2007/07/11 20:44   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/430-ff41547a

プロヴァンスの贈りもの/a good year
我想一個人映画美的女人blog (2007/07/11 20:18)
『グラディエーター』でアカデミー賞作品賞に輝いた、ラッセルクロウとリドリースコット監督が再び組んだ最新作{/shootingstar/}先頃全米公開されて興行は初登場10位というイマイチな滑り出し。評論家たちからの評判は上々らしいこの作品、春に日本公開を前に一足先に試写で


プロヴァンスの贈りもの A GOOD YEAR
シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー (2007/07/13 23:42)
人生に必要なのは、休暇とワインと恋と美しい土地ときに強引な手段で株式市場を翻弄する英国のやり手トレーダーが、南フランスのプロヴァンス地方で亡くなった叔父のブドウ園とワイナリーの相続のために古いシャトーを訪れたことから始まるラブストーリー。南フランスを舞台


【試写会】 プロヴァンスの贈りもの
ナマケモノの穴 (2007/07/14 14:43)
≪ストーリー≫陽光ふりそそぐ南仏プロヴァンス。豊饒なる土地から極上のワインが生まれるように、思いがけない休暇から、とびきりの恋が生まれた。イギリスのロンドンで超多忙な毎日を送るマックス。南仏プロヴァンスでレストランをきりもりするファニー。二人は、マックス


「プロヴァンスの贈りもの」試写会
ミチミチ (2007/07/19 00:53)
「プロヴァンスの贈りもの」監督 リドリー・スコット CAST ラッセル・クロウ、アルバート・フィニー、アルバート・フィニー、マリオン・コティヤール、アビー・コーニッシュ・・・ storyロンドンの金融界でトレーダーとして多忙な日々を送るマックス(ラッセル・ク...


映画:プロヴァンスの贈りもの 試写会
駒吉の日記 (2007/07/25 15:02)
プロヴァンスの贈りもの 試写会(新宿明治安田生命ホール)「コメディと同じ、タイミングだ」大手証券会社の共同経営者か、ワイナリーのオーナー(好みの美女付)か、どっちをとる?ラッセル・クロウ、どうにも好きになれない俳優さん。なのですがワインだし南仏だし


プロヴァンスの贈りもの
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2007/07/25 20:51)
 『運命の休暇をあなたに──。 最高の恋とワインを添えて。』 コチラの「プロヴァンスの贈りもの」は、ロハスの実践者ピーター・メイルの原作「南仏プロヴァンスの12ヶ月」を30年来の友人である「ハンニバル」のリドリー・スコット監督が映画化した8/4公開になるハー...


「 プロヴァンスの贈りもの /A GOOD YEAR (2007) 」
MoonDreamWorks★Fc2 (2007/08/03 22:16)
【プロヴァンスの贈りもの(2007)】 8月4日(土)公開 監督 : リドリー・スコット 出演


プロヴァンスの贈りもの
シネクリシェ (2007/08/09 04:32)
 ピーター・メイルの作品は、一時期集中して読んでいた時期がありました。  メイルの作品に魅せられたというよりも、南仏という風光明媚な土地に対するあこがれからでした。今でも、世界でもっとも訪れたい土地


彼を変えたのは愛なのか?恋なのか?『プロヴァンスの贈りもの』
水曜日のシネマ日記 (2007/08/09 23:13)
ロンドンの敏腕ビジネスマンが、南フランスで自分の人生を見つめ直す物語です。


映画「プロヴァンスの贈りもの」(2006年、米)
富久亭日乗 (2007/08/15 20:46)
      ★★★★☆   SF映画の名作「エイリアン」(1979年、米)、 「ブレードランナー」(1982年、米)の監督、 リドリー・スコットが「グラディエーター」(2000年、米)で 主役に使ったラッセル・クロウとコンビを組んだ。  本作で、恋愛映画も十分


プロヴァンスの贈りもの
空想俳人日記 (2007/08/18 11:53)
ふりそそぐ 陽の光 芳醇な味わい  フィリップ・K・ディック原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」のもつ現実と夢の交錯を見事に描いた「ブレードランナー」、そして「グラディエーター」に人間の脳みそを調理する「ハンニバル」。そんな作品を世に送り出してきた


『プロヴァンスの贈りもの』
Sweet* Days** (2007/08/19 09:19)
監督:リドリー・スコット CAST:ラッセル・クロウ、アルバート・フィニー 他STORY:ロンドンで敏腕トレーダーとして多忙な日々を送るマックス(ラッセル・クロウ)...


『プロヴァンスの贈りもの』 A Good Year
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY (2007/08/20 12:36)
口当たりよく、芳醇な味わい。★★★★ロンドン金融界のトレーダー、マックスのもとに叔父ヘンリーの訃報が届き、叔父が所有するプロヴァンスのシャトーを相続することになった。「南仏プロヴァンスの12ヶ月」の著者ピーター・メイルと30年来の友人であり、自らもプロヴァン


映画「プロヴァンスの贈りもの」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2007/08/25 15:57)
原題:A GOOD YEAR幸福な人生とはなにか・・勝利を唯一とし休みなく働きトレーダーとしてトップに登りつめた男に、南仏プロヴァンスにがもたらした、それは豊饒なる喜び・・・ 少年マックス(フレディ・ハイモア)の夏の休暇は、シャトーとぶどう園オーナーのヘンリーおじ


プロヴァンスの贈りもの☆ラッセル・クロウ&リドリー・スコット
銅版画制作の日々 (2007/08/31 18:03)
 陽光ふりそそぐプロヴァンス。思いがけない休暇から、とびきりの恋が生まれた。すべてのひとを魅了する、この夏いちばんのロマンティック・ラブストーリー。&nbsp;8月13日、MOVX京都にて鑑賞。「トランスフォーマー」鑑賞前日に観た作品です。「グラディエーター」でタ


プロヴァンスの贈り物★★★☆+劇場111本目:プロヴァンスに住...
kaoritalyたる所以 (2007/09/01 01:01)
20日はお休みで、ランチ後に映画を観に行きました。思っていたよりコミカルで面白い映画でした。解説等はいつものYahoo!からコピペ。解説:ロンドンの敏腕ビジネスマンが、南フランスの地で人生を見つめ直す様を描いたヒューマンドラマ。巨匠リドリー・スコットが、30年...


★「プロヴァンスの贈りもの」
ひらりん的映画ブログ (2007/09/03 03:00)
またまた偶然ですが、続けざまにフランスもの映画の鑑賞になってしまいました。(「ゴッド・ディーバ」・「エコール」に続いて)。この夏唯一のラブ・ストーリーという触れ込みです。主演は、ラッセル・クロウ。


プロヴァンスの贈りもの  称号:凡作
映画細胞~CinemaCell (2007/10/06 00:28)
ロンドンで働くマックスは、おじの遺産である南仏プロヴァンスのぶどう園を訪れた。


プロヴァンスの贈り物
eclipse的な独り言 (2008/01/26 05:59)
 女優の演技の幅の広さはすごいものがあります。この女性がエディット・ピアフなんて


【映画】ベクシル2077日本鎖国…CGアニメ後進国なんですかねぇ日本って??
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 (2008/04/19 08:52)
{/hiyoko_cloud/}青山テルマは、正司歌江(照江でも花江でも可)に似ていると思っているピロEKです{/face_ase2/}。 ですから、彼女がTVで「カワイイ」などと評されていると違和感{/face_ase1/}。 さて、本日は映画レビューです。 「ベクシル2077日本鎖国」 (監督


『プロヴァンスの贈りもの』を観たぞ~!
おきらく楽天 映画生活 (2009/02/12 08:02)
『プロヴァンスの贈りもの』を観ました南フランスを舞台に、思い出のぶどう園を訪れることになった多忙なビジネスマンが、運命の女性と恋に落ち人生を見つめ直していく姿を綴ったラブ・ロマンスです>>『プロヴァンスの贈りもの』関連原題: AGOODYEARジャンル: アクシ...


| ホームTOP ▲ |