映画「マラソン」(マラトン) 面白かったです♪
先日韓国の大鐘賞でも主演男優賞など色々受賞していた大ヒット映画
「マラソン」を見に行って来ました!レディスデーだけあって、
割と入りは上々。お客さんの層は20~60代までの女性がミックス。
男性はあまりいなかったです。
さて、きっとダメなんだろうなあ・・・この映画って思って見たのですが
どっこい、
何故か私は泣ける部分、面白い部分があって、
満足出来る映画でした。


予想してなかったのですが、場内笑いが何度も漏れていました。

私の身近な処には、自閉症の方がいらっしゃらないこともあって、
チョスンウ君の演技は、本当に演技じゃなくて、実在のそのまんま
の人!という感じを受けたし、こんな表現は適切じゃないけれど、
可愛いな、と好感持ちました。でも、本当に身近に自閉症の方を
知っていらっしゃる方が見たら、違和感があったのかもしれませんが・・
今まで障害を持つ人の映画として、「レインマン」「フォレストガンプ」
等が思い出されましたが、私個人的には、この「マラソン」及び
チョスンウ君の演技がこの3つの中で一番好きみたいです。

私は、何故か、ついつい、キム・ミスクさん演じるお母さんに感情投入
して見てしまい、涙が出てしまいました。
どこで?というと、
☆以下ネタバレ{/ee_2/} 白文字なので、反転して読んで下さい☆
地下鉄でシマウマ柄のスカートの女の人に触ってしまって、
殴られてる処にお母さんがやってきて、殴ってる男性に
くってかかる、そこでチョ・スンウ君が「この子は障害者です」
とかなんとか・・・少々違うかもしれないけど、何度も言うシーンから
ウルウル来て、その後お母さんが倒れ、入院してベットの上で色々
語るシーンの処も涙、で、チョスンウ君が、病室から飛び出して
雨の中、(「雨が降る・・」って教えられた言葉を繰り返すシーンでも。)
その他、コーチに水を渡したシーンとかも良かったな~。
(コーチとのからみ部分も面白かったです。最後までからんで来なかった
のは、ちょっと残念だったけど)
ただ、ラストは淡々と見ました。周りは泣いてる人が多かった様でした。


それと、映画の中で、心臓がどきどき、雨がザーザー、など擬音語っていうのかな?
が色々登場し、日本と韓国では違っているのを比較しながら聞くのが面白かったです。
韓国映画お得意の「チョコパイ」「ジャージャー麺」も登場してましたネ。

弟役のペク・ソンヒョン君、出番が少なかったけど
兄弟の片方が、何らかの原因(障害や病気)で、親の意識を集中的
に受け、それを受けられなかった側の兄弟というのの辛さや悲惨さを
良く表していた気がしました。この前見た「ウリヒョン マイブラザー」と
そういえば、この部分では、かぶるんですね。
私はウリヒョンはいまいち・・・でしたが、マラソンは良かったです☆

 出演者:チョ・スンウ(ラブストーリー他)、キム・ミスク(殴れ 土地他)、
イ・ギヨン(千年の恋 他)、ペク・ソンヒョン(天国の階段 茶母、他)
 
以前書いていた文「映画「マラソン」と、ペク・ソンヒョン」
映画のモデルとなった ペ・ヒョンジン氏とお母様の写真他



そういえばニュースで、蓮池薫さんが「マラソン」原作翻訳された
本「走れ、ヒョンジン」が発売されたと聞きました。news記事はこちらasahi.comさん

この文書いた後、友達の友達が偶然今日見て来た事を聞きました。
その方は自閉症のお子さまをお持ちの方なのですが、
その方は、かなり泣けたとおっしゃられたそうです。
でも同じ自閉症を持つお母さん達の意見は賛否両論だったそうです。
【2005/07/14 08:43】  コメント(4) | トラックバック(8) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
<<死の棘(その後)、伽倻子のために他 小栗康平監督作品 | ホーム | マルホランド・ドライブ他、デビット・リンチ作品について>>
コメント

与える事もエゴなら 奪う事もエゴ…
自閉症の子供を持つ親の永遠のテーマなのでしょうね。
自らの力では 沢山の世界に触れる事が難しい自閉症児にとっては、半ば強制的にでも 世界を見せてくれる存在は 家族や身近な者でしかない。
それをどうしてエゴと呼べるでしょう…
世界中の 自閉症児を持つ母親へ、いえ、家族へ…
頑張れ!…と言いたくなる映画でした。
AISYA  【 編集】  URL |   2005/07/15 20:02   |  TOP ▲ |


こんにちは!TBとコメントありがとうございました(^O^)
AISYAさんのおっしゃる通りですね。
是非多い方に見て頂きたい良い映画だと思います♪
またこれを機会に今後もどうぞ宜しくお願いいたします☆
latifa  【 編集】  URL |   2005/07/16 08:59   |  TOP ▲ |


はじめましてmasashiといいます・
よろしくお願いします。
TBさせていただきました。
masashi  【 編集】  URL |   2005/12/04 21:37   |  TOP ▲ |


masashiさん、こんにちは!
TBとコメントありがとうございました。
最近何故かこちらの調子が悪くて更新ストップしているんです。
gooの方で、同じ映画の文をアップしていますので、そちらの方からTBさせて頂きますね^^
gooの方は、毎日更新していますので、また今後ともどうぞ宜しくお願いします。
latifa  【 編集】  URL |   2005/12/08 14:09   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/45-6cd992eb

マラソン
私を月まで連れてって~ (2005/07/14 22:18)
スターウォーズや宇宙戦争のような派手な映画にまぎれて、こんな静かな感動を与えてくれる映画がありました。もちろん、宇宙船も飛んでこないし 見たこと無い生物も出てきません。自閉症を扱った実話モノです。実話モノって意外と感動しにくいんですよね。どうしても 創作


想像以上に素晴らしかった作品◆『マラソン』
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 (2005/07/24 15:48)
7月3日(日)TOHOシネマズ木曽川にてもしも、自分の子供の知能が5歳で止まってしまい、そのあとその子が何歳になろうと、ずーっと5歳の子供を育てるように接しなければいけないとしたら…。母親は、放っておけばどこに行ってしまうか分からないその子の手を離すことが


マラソン
陽のあたる場所。 (2005/12/04 21:35)
韓国映画「マラソン」今年見た韓国映画の中では「私の頭の中の消しゴム」負けず劣らず素晴しい映画でした。何日か前に「筑紫哲也ニュース23」で韓国映画「マラソン」のモデルとなったペ・ヒョンジンさんの広島国際平和マラソンに参加した際の模様が放送されました。この作


マラソン
ケントのたそがれ劇場 (2006/01/29 20:25)
★★★★☆  自閉症の青年がフルマラソンで完走を果たすという、実際にあった話を描いた韓国映画である。 この作品はヒューマンドラマであり、大泣必死であることも知っていたが、これほど泣かされるとは思わなかった。タイトルから想像すると、マラソンをテーマにしたス


マラソン
銀の森のゴブリン (2006/03/14 23:25)
2005年 韓国 監督:チョン・ユンチョル 脚本:ユン・ジノ、ソン・イェジン、


NO.127「マラソン」(韓国/チョン・ユンチョル監督)
サーカスな日々 (2006/03/23 01:34)
普通の「障害者」の日常が、普通の「母親」の絶対愛に包まれる。韓国映画で「障害」を正面から扱った作品として、多くの人が「オアシス」をあげるだろう。2004年、イ・チャンドン監督脚本・監督。前科を持つ粗野だがピュアな魂を持つ青年と、重度な脳性麻痺の女性との、社会


マラソン
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/04/16 19:39)
 コチラの「マラソン」は、自閉症の青年チョウォン(チョ・スンウ)がフルマラソンに挑戦する姿を、実話をモトに描いた感動的なヒューマン映画です。  障害者である子供を持つ母親(キム・ミスク)の葛藤ですとか、子育てへの不安、息子との関わり方なんかにもスポット...


マラソン
いけこのDVD鑑賞記 (2008/09/03 23:49)
マラソン (2006/01/27)チョ・スンウ キム・ミスク商品詳細を見る 2005年 / 韓国 / 117 minutes 出演 : チョ・スンウ、キム・ミスク、イ・ギヨン、ペク...


| ホームTOP ▲ |