「サン・ジャックへの道」感想
退屈な映画かなぁ・・と少し心配したものの、大事件が起こるという訳ではないものの、小さな?事件や衝突などがあったり、旅を続けて行く中、気がつくことや、変わって行く部分など、面白く見ました。4つ☆
00


身軽なリュックじゃないと到底歩けないと、荷物を捨てて行くシーンや、薬漬けだった兄が、薬を忘れちゃって最初焦るものの、薬無しでも元気に生活出来ることを悟るシーンとか、いびきのうるさい3人組との部分とか、世界中誰が見ても、くすっと笑ってしまう、ちょっと共感出来るエピソードが色々。

フランス側の緑溢れるor黄金色の風景と、スペイン国境を越えてからの石畳や古い石で出来た家並みなど、美しい風景も楽しませて頂きました。

スカーフの女性マリー・ビュネル って、綺麗な人だったけれど、コーラスに出てたらしい。もしや、あの先生が好きになっちゃったお母さん役?

★ネタバレです★文字反転して下さい。
この方、なかなか、やりますなぁー!!
酒飲みのオッチャンとすぐ意気統合したか?と思ってたら、今度はガイド氏と、さすが、フランス映画だ・・と、恐れ入りました。
私は、キツイ長女が根気良く教えたお陰で、ラムジィ君が字が読める様になって行ったのがこの映画で、一番嬉しかったかな。この男の子、少々おつむが足りなさそうだけど、純で優しくて良い子だわぁー!お母さんが亡くなったなんて、せっかく文字を読める様になったのを報告するのを楽しみにしていただろうに・・(T_T)
以上

途中、ところどころ夢の中に出てくる幻想的な妄想世界?のシーンも、この映画が平坦にならない様な良い作用を与えていたと思いました。

“サンティアゴ”は聖ヤコブのスペイン語だそうで、フランス語だと“サン・ジャック”となるそうです。

(あらすじ・内容)
スペインにある、キリスト教の聖地サンティアゴへの巡礼の道のりを、ひょんなことからともに旅するはめになった男女9人の心の交流をユーモア含んで描く。世界遺産の巡礼路の美しい景色も見どころ。

母親の遺産を相続するため、険悪な仲の3兄弟ピエール(アルチュス・ドゥ・パンゲルン)、クララ(ミュリエル・ロバン)、クロード(ジャン=ピエール・ダルッサン)は、聖地サンティアゴまでの巡礼路を一緒に歩くはめになる。アラブ系少年やワケありの女性など9人からなる一行は、さまざまな思いを胸に長い旅に出る……。 (シネマトゥデイ)

原題 SAINT-JACQUES... LA MECQUE  2005年フランス映画
上映時間 112分
監督 脚本 コリーヌ・セロー
出演 ミュリエル・ロバン 、アルチュス・ドゥ・パンゲルン 、ジャン=ピエール・ダルッサン 、マリー・ビュネル 、パスカル・レジティミュス 、エメン・サイディ 、ニコラ・カザレ 、マリー・クレメール 、フロール・ヴァニエ=モロー
【2007/10/01 11:02】  コメント(13) | トラックバック(10) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「檸檬のころ」感想 やっぱり小説の方が・・ | ホーム | 「靴に恋する人魚」感想 途中まで5つ☆>>
コメント

はじめまして☆
わたしも大好きな映画です。ラムシュ君もまたしかり!
トラバさせていただきますね。
IHURU  【 編集】  URL |   2007/10/01 14:24   |  TOP ▲ |


自分のURL入れ忘れちゃいましたので、入れさせてください。m_ _m↑
IHURU  【 編集】  URL |   2007/10/01 14:26   |  TOP ▲ |


こんにちは、IHURUさん、コメントとTBありがとうございました~~!
今、IHURUさんちにお邪魔して戻って来たばかりなのですが、あちこち同じー!!なレビューで、とても嬉しくなってしまいました☆

今後もどうぞ宜しくお願いしま~す♪
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/01 16:16   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。
これ去年のmyベスト10入りの大好きな映画です。
旅ムービーはやっぱりいいですよねー。
かえる  【 編集】  URL |   2007/10/01 20:19   |  TOP ▲ |


かえるさん~TBとコメントありがとうございました~!
おおお~、この映画、かえるさんの去年のベスト10に入っているんですね☆
私は、最近は、めっきり旅行が出来なくなっちゃって、映画で代用させてもらっています^^。
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/01 23:03   |  TOP ▲ |


こんばんは~♪
あれ、これ、まだ今年の映画ですよ?

この映画の設定が、すごく好きだったです♪
特に、知らない人同士が仲良くなるのって私、好きなんですよね。
長男の、薬などに頼らなくても生きていける、っていうところ、私も好きでした。きっと、この経験がなかったら、一生彼は気づきもしなかっただろうし、この兄弟は仲良くならなかったと想いますよね。
とらねこ  【 編集】  URL |   2007/10/02 01:02   |  TOP ▲ |


とらねこさん、こんにちは!
日本での公開は今年なんですよね^^
フランスでは2005年に公開されていたということは、今年以前にもご覧になられた方も、ごく少数いらっしゃるのかもしれないですね☆

ところで、この映画の設定からして、旅好きand旅のプロフェッショナルのとらねこさんにとっては、興味津々だったでしょうね~。

私も知らない同士が、ある期間限定でも、親しくなるのって、一期一会というか、大好きです。
あの兄弟は、仲良くはならなかったかもしれませんが、以前よりは、少しまし??になったんじゃないかな~と推察です。
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/03 09:43   |  TOP ▲ |


こんばんは!
遅くなっちゃいました^^;
一期一会ですよね~。
苦労を分かち合い、
些細なことでの揉め事がばからしくなり、
達成感もあって巡礼に興味を持ちました。
たぶん途中でギブするだろうけど。
現象  【 編集】  URL |   2007/10/05 01:04   |  TOP ▲ |


現象さん、こんにちは~!
その後、ジャンベ集まりと練習は順調ですか?^^

この映画、見た直後よりも、見終わった後、他の方の感想とかお聞きしている内に、やっぱり面白かったかも・・度が増した??映画です。
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/05 09:21   |  TOP ▲ |


こんばんは。DVDで先日観ましたが
気に入って,続けて2回観てしまいました。
あそこのシーンのあの台詞,もいっかい聞きたい!とか思っちゃって。
くすっと笑ったり,ほろっと切なくなったり,同じ人間として共感しまくりの2時間でした。
三人兄妹,どれもキャラが立っていて素晴らしかったです。
なぜあそこまで仲が悪くなったのか,彼らの子供時代に興味を持ちましたけど。
マチルド役の方は,コーラスで,モニエ君のお母さんの役をやった方です。
坊主頭でも綺麗でしたね。
なな  【 編集】  URL |   2007/11/02 00:50   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは~。
2回連続でっていうの解ります☆
私もDVDレンタルだったんだけど、2回目、じ~っとじゃないけど、もう一回流しっぱなしにしてましたもん。

そうですね・・・。何故あの兄弟が仲が悪くなっちゃったんだか・・・。

あっ!マチルド役の人は、やっぱりモニエのママの役の人だったのね?
うん、うん、坊主でも綺麗だなんて羨ましい~☆
latifa  【 編集】  URL |   2007/11/03 09:05   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは♪ TBさせていただきましたー。
この映画、なかなかよかったですね。☆4つ、うんうんそんなカンジ。
私も、あの失読症の心優しい少年が好きだったな~。
クララもだんだん優しくなって、最後には・・・、ね。
DVDの字幕では「サンチャゴ」って言ってるのに、どうして「サン・ジャック」なんだろう?と謎でしたが、そういう理由なんですね。
『サンチャゴへの道』だったら、南米のチリのことかと思う人がいるかも(笑)。

ところで、『大地の子』は観てないんですよ。。原作も読んでいません。
しかし、すっごい名作の誉れ高いですよね。上川隆也さんも、あれで大ブレイクした記憶があります。
NHKが再放送してくれないかな~・・。
ではでは、また来ますね。
真紅  【 編集】  URL |   2008/11/24 23:04   |  TOP ▲ |


真紅さん~こんにちは!
最初このコメントをメールお知らせ受信の方で受けとって読んだ時に「クララ」って書かれてて、ついハイジのクララを連想、なんの映画だぁ??と、頭が呆然。で、後から、そうか~この映画だったのかと(^^;)

ところで、爪の方はその後いかがですか?なんとかなっているのかな?夏じゃなくて良かったですね。今は寒い時期だから化膿し難いし☆

そうかぁ~真紅さんは大地の子は未見だったのですね~。あれは凄く面白いドラマですよ。涙無くしては見れません。でもね・・・思ったんだけど、もう真紅さんは、先日紹介して下さった似たような題材の小説を読まれているから、もしや今大地の子を見ても、感動はそれほどじゃないかも・・。やっぱり最初に出会った本や映画で・・って時が一番インパクトがあって、次に似た題材の作品を見た際は、知識がある分、ちょっと感動度が下がるかな・・って。

ちなみに我が家では未だに上川さんの事は「一心」と大地の子の役柄で名前をよんでます。最初に彼を見たのがそのドラマで、しかも印象が強すぎて、ふっしょく出来ないんですw
latifa  【 編集】  URL |   2008/11/25 08:43   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/478-eb6d3ec8

サン・ジャックへの道
ALL will be Happy (2007/10/01 14:30)
公式HP:http://www.saintjacques.jp/2005年:フランス監督:コリーヌ・セロー出演:ミュリエル・ロバン、アルチュス・ド・パンゲルン、ジャン=ピエール・ダルッサン久しぶりの平日休み。とあるミニシアターのレデ


『サン・ジャックへの道』 ☆☆☆☆☆
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY (2007/10/01 20:16)
コリーヌ・セロー監督いわく、ここに描かれるのは&quot;消費や欲望の機械と化した現代人が人間性を回復する過程&quot;人間はこの二本足で歩いてこそなのだ。キリスト教の聖地スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの1500kmの巡礼路。遺産相続の条件として、仲の悪い


サン・ジャックへの道
ネタバレ映画館 (2007/10/01 23:39)
3人の兄弟が徐々に打ち解けていくという映画かと思っていたけど、そうではなかった。


#58.サン・ジャックへの道
レザボアCATs (2007/10/02 00:53)
旅の力、っていうものに、強い吸引力を感じている自分がいる。普通に暮らしている時の日常での出会いとは違って、そこで会った見ず知らずの人達とは、不思議と妙に意気投合したり。誰かと一緒に旅をする、その時に、いつもは話せない、心の奥にある思い、というものを、なぜ


サン・ジャックへの道
銀の森のゴブリン (2007/10/26 12:10)
2005年 フランス 2007年3月公開 評価:★★★★☆ 原題:Saint J


サン・ジャックへの道
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2007/11/02 00:43)
サン・ジャックへの道 それはフランスからスペインまでの巡礼路のこと。ル・ピュイから,サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの遍路道は,ピレネー山脈やカスティーリャ平原を越えて1500?も続く。日本では,お遍路仲間というと,信心深い善男善女の集いのように思う


真・映画日記『サン・ジャックへの道』
           (2007/11/03 06:56)
3月12日(月)ふと思った。映画が中心になる日記とはいえ、あまりにも他人との絡みが少なすぎる。行動の記録ばかり。日記とはいえぼちぼち考えなおさなきゃ、だ。先週土曜の「ビジュツイッキ塾」の打ち上げの席で静岡在住の怪人君から「色がないね」との指摘を受けた。それ


サン・ジャックへの道:映画
ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介 (2007/12/06 00:45)
今回紹介する作品は、『サン・ジャックへの道』です。まずは映画のストーリーから・・亡き母親の遺産を相続するため、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くことになった険悪な3兄弟。ほかにも失読症を直して大好きな母親に喜んでもらいたい少年や、ワケありな女性など個性的な面々


映画『サン・ジャックへの道』
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2008/04/01 02:01)
原題:Saint-Jacques... La Mecque この聖地巡礼の旅は徒歩で1,500kmというから、四国八十八ヶ所巡礼のお遍路さんが1日30kmを歩いて40日間かけるのと似ている・・癒しの旅のものがたり・・ 遺産相続の条件に書かれているのでしょうがない、動機はとっても不純


聖地巡礼の旅~『サン・ジャックへの道』
真紅のthinkingdays (2008/11/24 22:47)
 SAINT-JACQUES... LA MECQUE  仲の悪い3兄妹が遺産相続の要件を満たすため、フランスのル・ピュイからスペ インのサン・ジャックまで、1500...


| ホームTOP ▲ |