「モン族の少女 パオの物語」昼メロ系実話@@
こういう、遠くて、なかなか行けない場所を舞台にした映画は、海外旅行を映画の中で2時間させてもらえる気分になるので好きなのです。
「山の郵便配達」とか、「初恋の来た道」みたいに、山深い辺境の地を舞台にした映画というと、純愛ものという感じがあるのだけれど、な、なんと!!この映画は、昼メロの様な、どろどろ系の内容だったのには、驚愕・・。しかも、実話だそうです・・。

パオを演じた主演女優のドー・ティ・ハーイ・イエンさんは、綺麗なお顔の人だった。この映画の監督(俳優さんとしても活躍されていた)の奥様だそうです。馴れ初めは、1999年、トラン・アン・ユン監督「夏至」での共演が元だそうで、ちなみに夏至では、彼女は脇役だったそうな。
夏至は私は以前見たことがあるのだけれど、この監督ゴー・クァン・ハーイさんの写真を今見ても、どの役で出てた人なのか?思い出せないという始末・・・。この方↓
00

内容は、妻に子供が出来ないから、他に子供を作るための愛人(第2夫人)をめとることになってしまう男(なんか冴えない老人なんだけど・・)。子供は大きくなり、第一夫人は行方不明(川で・・)。その後病気で寝込んで、娘がそんな父が哀れ・・と思って実母(第2夫人)を探しに行くんだけれど・・・

★ネタバレです 文字反転して下さい★
育ての母、産みの母、両方とも、父の他に男性がいたんですな~(^^;)
すごい・・。しかも、育ての母は、娘の彼氏のお父さんと長年デキてたなんて、ビックラですよ。川に身を投げて自殺したのか?と思いきや、死んだと見せかけて、違う村で愛人(娘の彼氏の父)と暮らしてたって~~!! 
実母は、なんだか可哀想に見えてしまって・・。娘が、たまに帰って来る実母に、あまりに冷たい態度を取るんですよねぇ・・。
ラスト、現在の暮らしぶりがテロップでながれ、実在のモデルになった方が画面に出て話すんです。実母は90年に亡くなり、父は91年に亡くなり、義母(育ての母)は、パオと、孫達と幸せに暮らしてるみたいです。 
以上

う~ん、なんだかあまり良い話しではないし、だからと言ってつまらない訳ではなくて、微妙な映画でした。2つ★半~3つ★。

ベトナム最北部で暮らす実在する“モン族”の女性の体験を基に語られる家族の物語。『夏至』などで俳優としても活躍するゴー・クァン・ハーイ監督が初めてメガホンをとり、家父長制が色濃く残る村でたくましく生きる女性たちの姿をとらえる。(シネマトゥデイ)

本題 PAO'S STORY/THE STORY OF PAO  2006年映画
監督 ゴー・クァン・ハーイ
出演 ドー・ティ・ハーイ・イエン 、グエン・ニュー・クイン 、ドー・ホア・トゥイ 、リー・タイン・カー

最近こういうアジア辺境少女映画が結構多い気がする。でも、『雲南の少女 ルオマの初恋』もレンタルになったら見たいと思っています。
最近NHKのBS2で、アジアのミニシアター系映画が、続々放映されている(される)ので、凄く嬉しい! 先に見た「フェーンチャン」はかなり良かったし(レビューもうすぐアップします)、この後「ビューティフルデイズ」インドネシア、「甘い泥」イスラエル、「モンゴリアン・ピンポン」、「孔雀」「天上草原」が(^0^)/
【2007/10/22 15:52】  コメント(2) | トラックバック(1) | タイ、ベトナム映画
TOP ▲HOME
 
<<「フェーンチャン ぼくの恋人」かなり良かった | ホーム | エディット・ピアフ~愛の讃歌~ 最優秀演技賞>>
コメント

latifa さん、こんにちは。
旅に出ていて遅くなりましたー。
私の行き先もアジアでしたー。
民族色の強い素朴な映画って大好きなんですよねー。
物語がイマイチそうでも、ついつい観に行ってしまうのでした。(笑)
大自然と民族衣装があればOK♪
また11月初旬にNHKアジア・フィルム・フェスティバルがあるんですよ。
BS映らないうちなので、また500円で観に行こうかと思っています。
かえる  【 編集】  URL |   2007/10/27 23:03   |  TOP ▲ |


かえるさん~こんにちは!そしておかえりなさい^^
ご旅行に行かれているというのは、かえるさんちで拝見していたのですが、アジア方面でしたか!
もしかしたら、ご旅行の事に関しての記事とか、今後アップされるのかな・・?もしそうなら、良いな。とっても楽しみにしています♪
でも、帰宅そうそう、お忙しい中、TBがえし、コメントなどして下さって、ありがとうございました(^O^)

そうなんですか、かえるさんちは、BSが入らないんですね。でもTVより劇場(NHKホール?)で見る方が、ずっと感動度も高いだろうし、いいなぁー!
11月初旬に・・は、知ってます^^そのBS2の放送で、毎回何度も宣伝が入っているんです。あ~あ、行ってみたいな~。いいなぁ~かえるさんはー(^O^)
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/28 08:48   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/483-b06cdfc3

『こんなに近く、こんなに遠く』、『パオの物語』 -アジア-
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY (2007/10/27 22:59)
たった500円でこんなに素晴らしい映画が観られるなんて!今月下旬にはフィルメックスも控え、アジア映画づいている秋。第7回NHKアジア・フィルム・フェスティバル に足を運び、大満足してしまいましたっ。▼『こんなに近く、こんなに遠く』 So Close, So Far2004年 イ


| ホームTOP ▲ |