「フェーンチャン ぼくの恋人」かなり良かった
予想していたより、ずっと良い映画でした。大事件が起こるわけでもない日々の普通の暮らし、懐かしい子供時代を思い出させるドラえもん的な映画?でした。
タイの80年代前半・・かな?・・が、日本の昭和の頃と、ほぼ同じ感じに郷愁を感じさせられました。そして今、少年と少女の実家の床屋の隣には、セブンイレブンが・・・。
00

ただ、お話の基本の部分は、幼い頃は仲良しだった少年と少女が、段々と遠くなってなっていくという部分なのだけれど(少年は男の子同士遊びたいもんなんだよね・・それを優先する為に、やむをえなく、幼馴染みの女の子に冷たい態度を取ってしまい・・・)
男の子同士の力関係(ジャイアンみたいな子が登場)や、お金持ちのボンボンのゲームを力の強い子らが独占しちゃうエピソードや、手放し自転車乗りや、根性肝っ玉あるかどうか試験?など^^
こういうのって、あるなぁー!!と思わせられる部分が一杯。
そして、くすっと笑ってしまう小さなコミカルな部分が散りばめられている。両親がそれぞれ床屋同士でちょっと仲が悪いが、奥さん同士、子供同士が仲良しってのも笑えた。

一番好きな部分は、遅刻常習犯のジアップが、お父さんのバイクの後ろに乗り、近道をして、バスに追いつくシーン。風景やショットが素晴らしいんですよね。そして、ここが後でも活きて来る部分につながるとは^^。

★以下ネタバレです★文字反転して下さい
ラストのお引っ越しをする彼女のトラックを追いかける!のシーンはハラハラしました。結局、間に合わず、気づかれず、行っちゃうんですよね(T_T)渡そうと思っていた、新しいゴムで作ったゴム飛びのヒモもポケットに入ったまま(;´_`;)
そして、最後の最後、男の友人の結婚式と、初恋のノイナーの結婚式と、どっちを選ぶか?という究極の選択を、ジアップは大人になってからはノイナーを選んだんですよね。子供の頃、究極の選択により、男の友人を取って、ノイナーを捨てた?こと、これで穴埋めするつもりかのように^^
以上

6人の監督・脚本に、3人のプロデューサーに、3社の映画会社の競作の映画。本国タイでは、公開1か月で130万人を動員したというのも解る気がする。もしも、これが日本の映画で、劇中のヒット曲が私の馴染みのある日本のヒット曲だったら、もしやボロ泣きしちゃったかもです。 4つ★

ちなみに「フェーンチャン」とは「ぼくの恋人」という意味だそうです。ノイナー役の女の子が、すごく可愛かった。
そして、なんと!!この映画に出演していた子らの最近の写真をアップしていらっしゃるサイトさんがあり、たった4年で、みんな凄く大きくなってる!特に変わったのは、主演のジアップかな。
 写真はこちら⇒サイアム系で行こう!さん

原題 FAN CHAN/MY GIRL  製作年度 2003年タイ映画
出演 チャーリム・タライラット 、フォーカス・ジラクン 、チャルーモポン・ティカマポーンティラウォン
日本のフェーンチャンHP
【2007/10/22 17:00】  コメント(6) | トラックバック(1) | タイ、ベトナム映画
TOP ▲HOME
 
<<「パッチギ!LOVE&PEACE」う~ん・・・ | ホーム | 「モン族の少女 パオの物語」昼メロ系実話@@>>
コメント

latifaさん

はじめまして&トラックバックとコメントありがとうございます!
あの写真、なんとなく載せただけなんですが、
意外と反響が多くてビックリしました。

『フェーンチャン』ですが、製作に関わった監督がその後ソロでデビュー作を発表していずれもヒットさせていたり、
(その際の売り文句は、「『フェーンチャン』の監督が贈る~」が定番になっています)
3つの映画会社が合併して大会社になっていたりと、
その後のタイ映画界に大きく影響を与えている作品です。

>ドラえもん的な映画

そう! まさに監督はドラえもんを意識してたようで、主要キャラの設定はドラえもんを参考にしたという話です。主人公とガキ大将の関係も、言われてみたらのび太とジャイアンっぽくないですか?

出演者のその後ですが、実はジャイアン風のジャックが一番出演作が多く、主役ではないものの、チョイ役・脇役で数え切れないほどの作品に出ています。
一方主役の2人はというと、
ジアップ役は『デック・ホー』(Dorm)という映画で主演、
ノーイナー役も『The Possible』に出演しています。
もし機会があったらどうぞ。この2本はどちらもおすすめです。
fuku  【 編集】  URL |   2007/10/23 18:37   |  TOP ▲ |


fukuさん、こんにちは~!
コメントありがとうございました~(^O^)

いやいや、あの写真、私の中では、大反響ですよ!他の方々も、そうだったというのもうなずけます。
fukuさんのブログは、凄い濃い情報が一杯で、この映画を見た後、また更に色々と知ることが出来て、愛着が増した?というか^^

そして、またまた、トリビアや、その後の情報も教えて下さって、ありがとうございます☆

私も、のび太、ジャイアン、意地悪ではないスネ夫、しずかちゃん・・・ぽさを感じました~

ジャイアンぽかったあの男の子、生意気なのに、どこか魅力??がある子でしたね^^
latifa  【 編集】  URL |   2007/10/24 09:03   |  TOP ▲ |


こんにちは。
この映画、とても思い出深いです。
ちょうど日本語教師の仕事で、タイに住んでいた時に、観ました。
なぜか英語の字幕がついていたので、何となくストーリーはおえたのですが、言葉がわからなくても、じーんとくる映画でした。
ジアップもノイナーも可愛すぎ!
ではでは。
IHURU  【 編集】  URL |   2008/06/04 14:49   |  TOP ▲ |


IHARUさん、またのご訪問嬉しいです~☆ありがとうございます!
うわ~~タイに住んでいたことがあるなんて、凄く羨ましいです!
私タイが大好きです。2回旅行に行ったことがあります。好きな理由は人々が優しい笑顔って印象が凄く強いのと、食べ物が美味しく、物価が安く、寺院や熱帯の植物とかが素敵だから!
latifa  【 編集】  URL |   2008/06/05 08:35   |  TOP ▲ |


このコメントは管理者の承認待ちです
  【 編集】   |   2012/08/18 21:57   |  TOP ▲ |


tsurubaraさん、こんにちは!
ありがとう~~!
重病で苦しんでいる方だっているのに、こんなことで、へこたれたらバチがあたるぜー!って思ってはいるんだけれど、こう長期で良くならないと、なんだかブルーですわ。昨日から、また具合悪くなっちゃって。上向きになりかけたと思った矢先・・・。
まぁ、あまり落ち込まない様に、なんとかなるさ~の精神でがんばります!

> それから「フェーンチャン・・」
> 思わず「つるツボ」に入れてしまったくらいお気に入りです。(^^ゞ
おっ!!!
そうだったのね?^^
こんな地味というか、隠れた作品を、お互い気に入っていた、ということが、嬉しいですー。
もし家らが、若い男女だったら、こういう些細な事とはいえ、シンパシー感じてしまう出来事だったかも~にひひ。

latifa  【 編集】  URL |   2012/08/21 13:55   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/484-ee91e65e

フェーンチャン ぼくの恋人
rambling rose (2012/08/18 21:41)
友達の結婚式の手伝いに忙しい青年ジアップ。そこへ突然届いた報せ・・それは幼馴染ノイナーの結婚の報せだった。


| ホームTOP ▲ |