「ボンボン」すごく好きでした★ アルゼンチンのわらしべ長者
かなり好きな映画でした。想像したよりずっと良くて、見終わった直後の今の気持ちだと5つ★をつけちゃいそうな勢いなんだけれど、とりあえず4つ★半をつけます。
 

凄く気に入ったので、久し振りに外国のサイト(アルゼンチンの)に行って、この映画のポスターを探してきました。まぁ日本版のとあまり変わりませんが(^^;)

この映画の何が良かったか?と言えば、映像と内容の両方です★この主人公のおじさんが、人が良いっていうか、純粋っていうか、あ~~こういう人が幸せになってほしい!!って凄く思える人だったのです。こういう優しい人がバカを見る世の中や映画が大嫌いなんですよ。
何も大事件が起こらない映画ということですが、充分私にとっては、山有り谷有りのどうなるの?と少々気をもみながらも、最後まで一貫して楽しく見れた稀少な映画でした。ただ、犬を金儲けの手段として考えるってのは、ちょっと引っかかったのも事実でした。銀行の偉い人が見せてくれた勇敢?な犬の写真とか(痛くないわけ無いだろー)。太ったおじさん他が話す、犬で金儲け出来る策を、主人公は、ほんの少し淋しげな複雑な表情で聞ていた様に私は感じたので、まあ良しとしようと思えたんです。

それと風景が非常に私好み!アルゼンチンの南部のパタゴニアらしいですが、乾いて荒涼とした何もない大地にまっすぐ伸びた道路、そこを、グレーの可愛らしい車が走って行く、それだけで、どストライク♪ それと、控えめだけどはっとするブルーと赤の色使いや、青空と雲の感じや、淋しげな音楽が大げさじゃなくかかってきて、いや~ほんと良かった!

★以下ネタバレです ★文字反転して下さい
私は、あの陽気な商売仲間の片割れおじさんが、もしかして悪い人で、何か持ち逃げしちゃうとか、ボンボンを売っぱらっちゃうとか、何かやらかすんじゃなかろうかー!と勝手にハラハラしていて。それは余計な取り越し苦労でしたね(^^;)
私の勝手な想像では、最後は、性的衝動が起きない犬だって解った後も、あの犬をお金儲けには使えなくても、ずっと一緒に暮らして行く。自動車に並んで乗っている姿で、おしまい・・・と思いきや、なんと!何故かボンボンが、急に野性のカンを取り戻してやってたのには、ビックリ。 で、ラスト、おじさんは、「・・・に行く」って言うんだけど、その街の名前が、あの太ったおじさんのいる街だったか?それともあの歌手の女性の街だったのか?忘れちゃって・・・。この映画が気に入ったので、そのうち家族にも強引に見せようと思うので、2度目はその街の名前をシッカリとチェックしたいと思います
以上

私は、犬好きって訳でもないんだけれど、ああいう利口で大人しい犬は良いな~!ちょっと「パン君とジェームス」のブルドッグのジェームスをでかくしたような風貌で、なんか愛着の湧く顔だったな。

ちなみに、あの主役のおじさんは、20年間、まじめにガレージに勤務している一般人で、これが映画デビューで、映画が終わったら、また元の職に戻ったそうな。

ボンボン(2004) EL PERRO BOMBO'N: EL PERRO
監督:原案:脚本: カルロス・ソリン
撮影: ウーゴ・コラス
音楽: ニコラス・ソリン
出演: フアン・ビジェガス
映画公式HP
【2007/11/10 18:29】  コメント(14) | トラックバック(9) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
<<「ALWAYS 続・三丁目の夕日」面白かったけど、惜しい^^ | ホーム | 「呉清源~極みの棋譜」感想 映像秀麗だが内容は・・・>>
コメント

latifaさん チャオ~♪
すっかり冬モードになりつつある札幌です。  (雪虫飛んでる~)
これ、観たんですね!! latifaさん、かなりお気に入りみたいで良かったわ~☆☆  なんか、淡々とした映画なんですけど、おじさんとボンボンが良かった!! なんか、このおじさん 娘夫婦の家に居候?っていうか肩身の狭い思いをしていて可哀想だったし、世渡りとか不器用そうな所があって、 「おじさん、ボンボンもらって良かったね」って思って見てました。 また、このボンボンがいい味だしていましたよね~♪ 犬特有の人懐っこさが全くなくて、ボーとした表情で・・・
おじさんの車の助手席に乗った時の2人のツーショットはクスッと笑いが出てしまいました♪ latifaさん優しい人がバカを見る世の中が許せないなんて正義感が強いんですね!!! でも本当、私もそう思いますよ~!!    そうそう、おじさん、あの歌手の女性と良い感じだったじゃないですか。 おじさん、ボンボンとあの女性と仲良く暮らせたらいいのにな~~♪♪ と思いました☆    あ、私「ヘアスプレー」見ましたよ~♪♪ 面白かったですよ♪♪
レナ  【 編集】  URL |   2007/11/11 13:51   |  TOP ▲ |


latifa さん、こんばんは。
これ、よかったですよねー。
パタゴニアにはあこがれますー。
肝心なところでは発情しないのに、、、っていうオチもナイスでした♪
その後にどこかに行くと言ったとは知らなかったですー
かえる  【 編集】  URL |   2007/11/11 22:59   |  TOP ▲ |


レナさん~
雪虫の季節ですかー。あ~あれは、自転車乗ってる時は、地獄でしたな~(^O^) こっちも朝はストーブ焚くこともある季節になりました。札幌じゃ、きっと必ず暖房は欠かせない朝晩になってるに違いない・・・。

昨日、この映画、家族らに見せました。みんな面白かったーって言ってくれたんで、ほっとしました。 

犬によってお金儲け・・って部分が、あまり好きではない・・っておっしゃってる方がかなり多くいらっしゃって、私もそこ、気になったんだけれど、でも昨日2回目見たら、おじさんの「あまり欲が無い」という人柄を、やっぱり感じたんですね・・。だから、まぁいいか・・と^^ あくまでも太ったおじさんが強気でお薦めした計画に乗った・・という風に解釈しました(^^;)

★★★ 以下より、ラストのネタバレ書いてます!注意 ★★★

で、1回目見た時は、ラスト、ボンボンがなんで?って、思ったんだけど、映画の途中に「緊張するとうまく出来ない」というエピソードが2,3(手を噛んじゃう・少女が発表で声が出なくなる)等が織り込まれていたんで。あ~そういう事ね・・と(^^;)

で、おじさんがヒッチハイカー2人に「どこどこに行く」と言った地名が、あのコーヒー占いしてくれた彼女が住んでいる町の名前だったの。だから、太った凄腕おじさんの処ではなく、彼女のいる街を目指すってことは、あの凄腕のおじさんと組んでバリバリ金儲けするんじゃなくて、のんびりペースで、ボンボンとおじさんと2人でやっていくつもりなんだな、と、勝手に解釈したんです。

コーヒー占いで、「嘘言ったわね、彼ではなくて、あなたが、長い旅行に行くのよ」って言ったから。彼とあなたじゃなかったし^^
なんか、こんな事書くと、私は、あの太ったおじさんが、嫌いみたいな風だけど・・・。まあ悪い人ではなかったけど、あまり好きではないかな(爆)

きっと彼女の近所の小さな土地を買って、たまに彼女に会いに戻ってきつつ、ボンボンと長い種付けや、コンテスト?などの仕事の旅に出るんじゃないかな~^^

「ヘアスプレー」
私も見たいとずっと思っているの。行けたらいいな~♪
latifa  【 編集】  URL |   2007/11/12 12:16   |  TOP ▲ |


かえるさん、こんにちは~!
パタゴニア、凄く遠い地球の果て・・って気がします。
かえるさんも、まだ行かれてないんですね。南米はまだ行ったことがないんだけれど、行きたい場所が一杯あります★ 映画で見るだけで、とりあえず我慢?満足しています。

どこかに行く・・ってのは、最後オジサンがヒッチハイカーの若者2人(カップル)を乗せる際に、「●●に行くんだけど・・」って言うセリフがあって、そこのことです^^。
latifa  【 編集】  URL |   2007/11/12 12:25   |  TOP ▲ |


こちらにも~
私もこれ好きですねー。ほのぼののようなやるせないような、なんとも表現しがたい雰囲気がお気に入りです。

latifaさんは、カルロス・ソリン監督の「エバースマイル・ニュージャージー」ってごらんになったことありますか?これ、私の大大大好きな映画なんですよ。もしよかったら見てみてください。パタゴニアを巡回する歯医者さんの話です。主人公が若者なんで、もうちょっと話は青いですが・・・。
ネネム  【 編集】  URL |   2007/11/15 00:41   |  TOP ▲ |


ネネムさん、こちらにも、ありがとうございます~~(^O^)嬉しいですー★

そういえば、ネネムさん、ご覧になられたんだーって、以前ネネムさんちでアップされた事に気がついていたことを思い出しました(内容は読まなかったけれど、公開当時、私もこの映画を見たいなあ・・・と思っていたので、あっネネムさん行かれたんだ~いいな~って思っていたんです♪)

エバースマイル情報、ありがとう!!
ものすごい見たいです。でもあるかなぁ~~~。ううう・・・見たいという気持ちがメラメラと・・。とりあえず近くのレンタルショップで探してみます。
latifa  【 編集】  URL |   2007/11/15 09:22   |  TOP ▲ |


こんばんは♪
人の良さそうなオジサンと、車の助手席に超然と座ったボンボン。
このコンビの魅力がパタゴニアという土地の空気と相まって、なんともほんわかとした独特の作品になっていました。
それにしてもあまり裕福とはいえない国(土地?)なんですね~。
あまり知らない国を舞台にした作品を見ると、衣食住などいろんな物を見るだけでも面白いんです。
あのオジサンは素人さんで、撮影後は元の生活に戻ったっていうのもなんかいいな~~。
もちろん、映画の中のオジサン&ボンボンもきっとガツガツしないで生きていくでしょうし、それがいいな~って思いました。
ミチ  【 編集】  URL |   2007/11/15 19:27   |  TOP ▲ |


ミチさん~こんばんは!
解るわぁー!!私も動物の交尾シーンとか、そういうのは苦手なのです・・・。よくTVで野性の動物の暮らし・・みたいなのやってますよね。ケニアのライオンが~とか、そういうのでさえ、イヤなの・・。変人? 子供の頃も今も、見たく無い・・って思う心は変わらないわ・・。

それと、ペットの件だけど、そうなのよねー。なにか、ペットを飼わないと愛情が薄いって感じに思われがちなのよね・・・。でも私愛情は濃い方だと思うんだけどなー(^^;) ちなみに家の近所で犬を飼ってない人って、殆どいないので、妙に肩身が狭いんです。

私が犬を飼わない理由は、第一は散歩が面倒だから。家もアレルギー体質だからってのはあるけれど、それよりもやっぱり私が基本的に世話をするのが苦手な人間なのです・・・。植物も。ガーデニングとかもやってないし・・。
あと、自分ちの犬の吠える声とかでご近所に気をつかったりしたくないんですよ・・。正直、自分も、限度越えて、むだ吠えばかりしている犬とかは、ウルサイ・・って思っちゃったことあるし。

ワガママな人間かもしれないけれど、何か世話をするのは、子供一人で手一杯だし、犬のお散歩させる時間があったら、その時間を、映画見たり本読んだり外出したり、自分の好きな事する時間にあてたいのです・・(←うわ~マズいですよね。この発言・・。でも本音言っちゃった。)
latifa  【 編集】  URL |   2007/11/15 22:35   |  TOP ▲ |


「あなたは私ですか?」って言いたいくらいに、私と同意見です~~。
私も以前に言った事がありますけど、植物を育てるのも苦手なんです。(虫が苦手ってのもあるけど)
我が家に来た観葉植物はあまり長持ちしないような気さえしています。
ペットもグリーンも育てられないんだわ・・・って、ちょっと落ち込むこともあります。
ガーデニングは、友人が春や秋に寄せ植えを作る時に誘ってもらって、私もなんとかプランターを作ってみるのですが・・。
植物に水をあげるときも声をかけながらあげると良いらしいですね。だいたい私はそういうことがまず出来てないです(汗)

私も本音はlatifaさんと同じなんです~。
家族に関しては責任も愛情もあるのでお世話しますけど、その他の時間は好きに使わせて欲しいの(あ~~~私もマズイ発言~~~)
ミチ  【 編集】  URL |   2007/11/16 23:17   |  TOP ▲ |


ミチさん、う・・うれしいですっ(T_T) そんな妙なところまで同じなんて・・。でも、われらの様な性分?の人は、たぶん世間的には、かなり少ない人達だと思います・・。
だからこそ、すごく嬉しかったです。
少なくとも私の家の回り近所、知人にはいない。ミチさんが初めて♪

前にもブログで誰かに話したことがある様な気がするんだけれど(それがミチさんだったら、同じ話を何度もスイマセン)対象が動物でも植物でも、それと子供という人間であっても、私にとっては、楽しみよりも責任の方が大きく感じちゃうみたいなの・・・。
(さすがに動物・植物と、我が子じゃ、そのレベルは全然比較できないけれども) 子供も私の性分だと、5人とか、そういう一杯は育てられない~。心配性だし、気苦労だけで、ものすごい老け込んじゃいそう。 多産系のお家のママさんは、子育てが楽しいから、子供が多ければ多いほど楽しいから、一杯産んでるんでしょう?多分・・。私は、そういうのは無理・・。 と、話題がそれました。
latifa  【 編集】  URL |   2007/11/18 08:55   |  TOP ▲ |


latifaさんこんにちは。
コレ、昨晩みました!
主人公のオヤジにやられましたよね!
面白いやつになりたいとか、カッコイイ人になりたいとか、安易なあこがれ数あれど、マジでこのオッサンにあこがれましたよ!
ああいう人になって床屋をやれば繁盛するなぁとか考える時点で人間が小さい気もするのですがw

>こういう優しい人がバカを見る世の中や映画はダメ

ホントそのとおり!

貧相な映画カンでみた僕の中では、犬のトレーナーに騙されるんじゃないかとか、バーの中年女性歌手の旦那とかでてきてブッ飛ばされちゃうんじゃないかとか、犬を捜しに行ったらレンガ職工に痛い目にあわされるんじゃないかとか、物騒なことばっかり考えて観てしまいましたw
こんな気の持ちようじゃああいうオッサンになれないなぁと反省。
motti  【 編集】  URL |   2008/01/28 09:17   |  TOP ▲ |


mottiさん、こんにちはー!
mottiさんも、この映画が気に入ったことが嬉しい~です。
あの、おじさんみたいな人間に・・ってのは、よく解ります!
私もついつい心配してしまいながら映画を見ちゃいました。
人を疑ってかかる所があるので、見習いたいな~と思う反面、あんな旦那さんや、父が側にいたら、ハラハラしっぱなしでしょうな~。
latifa  【 編集】  URL |   2008/01/29 13:23   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~

この前WOWOWで再放送してたので確認してみました。
ネタバレになるのかも~(まずかったら削除してくださいね)


ハイカーのカップルに「バイア・ブランカ」に行くと言ったので、多分彼女の町ではないかしら~ドッグコンテストがあった町だったので。

ブリーダーのおじさんの町は「ビエドマ」と言ってました。

今更ながらご報告まで(笑)
お役に立てずにすみませ~ん(*^-^)  
オリーブリー  【 編集】  URL |   2008/07/09 17:46   |  TOP ▲ |


オリーブリーさん、こんにちは!
わ~い!!wowowoでの放映時、チェックされ、教えて下さって、ありがとうございます~(^O^)
そうか、そうか、彼女の町の名前でしたか♪ これで、一安心デス☆(←何が?)

ところで、今さっき、ぼ~っとして、以前、オリーブリーさんちにTB飛ばした事があったのに、またやっちゃいました。スイマセン!
latifa  【 編集】  URL |   2008/07/10 09:49   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/494-99408873

ボンボン
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ (2007/11/11 09:57)
犬が良かったです。 ビジュガスは、寂れた道路沿いのガソリンスタンドで20年間働いてきましたが、ある日、突然、ガソリンスタンドが売却され、クビになってしまいます。特技を活かし、手彫りのナイフを売って生計を立てようとしますが、上手くいきません。娘夫婦の家に身を


『ボンボン』
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY (2007/11/11 22:53)
しみじみ、ほのぼの、あったかーい。でも、大人味。20年間働いてきたガソリンスタンドをクビになったフアン・ビジュガスは、手彫りのナイフを売ろうとするがうまくいかず、居候する娘の家で肩身の狭い思いをしていた。大好きなロードムービー、それも舞台はパタゴニア。さえ


シネマ備忘録:ボンボン
瑣末、茶飯事、よしなしごと。 (2007/11/15 00:42)
  ボンボン EL PERRO 監督:カルロス・ソリン 出演:フアン・ビジェガス/ワルテル・ドナード/グレゴリオ/ミコル・エステヴェス/キタ・カ /パスクアル・コンディート/クラウディーナ・ファッツィーニ/カルロス・ロッシ/マリエラ・ディアス/ロサ・ヴァルセッキ/サビーノ


映画 【ボンボン】
ミチの雑記帳 (2007/11/15 19:21)
映画館にて「ボンボン」アルゼンチン南部のパタゴニアを旅する男と犬の珍道中を優しく見つめるロードムービー。おはなし:長年勤めたガソリンスタンドをクビになったファン(ファン・ビジェガス)は、娘夫婦の家に居候中。ある日、車の故障で立ち往生している女性を助けたこ


ボンボン (El Perro)
Subterranean サブタレイニアン (2007/12/23 00:41)
監督 カルロス・ソリン 主演 フアン・ビジェガス 2004年 アルゼンチン映画 97分 ドラマ 採点★★★★ 普段通ることのなかった道を、仕事帰りにたまたま歩いていた時に道端でミーミー鳴いていたのが、今実家でブクブクと太ってゴロゴロとしている猫のでんすけ。買い物帰り...


ボンボン。
この世界の憂鬱と気紛れ (2007/12/26 22:34)
 カルロス・ソリン監督、アルゼンチン映画『ボンボン』、DVDにて鑑賞。  ボンボンといってもいいとこのおぼっちゃんのことでもなければ、洋酒入りのお菓子のことでもなく、先ごろ廃刊になった少年向け漫画雑誌のことでもない。  ボンボンとは犬の名前。  主人公フ...


ボンボン
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2008/01/28 09:23)
ああいう人に 僕は なりたい..と思った! ボンボンposted with amazlet on 08.01.27アミューズソフトエンタテインメント (2007/10/26)売り上げランキング: 11...


映画『ボンボン』
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2008/04/09 01:35)
原題:El Perro ドゴ・アルヘンティーノという犬種は、アルゼンチンでジャガーやピューマなどの猛獣相手の狩猟犬として作られたという・・中年男と大型犬の心の友の物語・・・ フアン・ビジェガス(フアン・ビジェガス)は20年もの間、真面目に勤めたガソリンス...


ボンボン
心のままに映画の風景 (2008/05/26 21:41)
長年勤めたガソリンスタンドをクビになったファン(ファン・ビジェガス)は再就職先も見つからず、 娘夫婦の家に居候して手彫りのナイフを...


| ホームTOP ▲ |