「魂萌え!」面白かった
原作未読。映画の内容は全然知らなかったのですが、ふらっと見てみました。面白かったです。一カ所だけ、ちょっと引っかかる部分があって、そこの部分は、映画見終わった後、色々考えちゃいました。

後から解ったんですが「顔」の監督さんだったんですねー。世間知らずだった女主人公が、どんどん強くなって元気になっていく姿に、ガンバレー!って応援したくなっちゃう部分が、共通するかな。

いや~それにしても、全く気がつかなかったのに、旦那が急死、実は旦那に10年来の愛人がいた・・って事が解ったら、ショックだろうな~。怒りようにも旦那は死んじゃってるし・・・。ちょこちょこ浮気なら良いとして、この場合は、絶対許せないレベルですもん。

主人公の人の良い専業主婦、風吹ジュンが、可愛らしかったー。昔、松田優作と蘇る・・で、すごいシーンを演じていたのが印象的でした。その後はよく知らず・・・。で、10数年前、離婚会見で久し振りに彼女を見た時、生活感漂う中年の女性になっちゃったなあ・・と思っていたら、芸能界復帰。その後、どんどん若く、綺麗になられましたねー。この映画を見ていても、色々な事経験されて、人間的にも大きくなられたんだろうな~。知らない内に良い女優さんになってたんだな~って感じました。かたや愛人役の三田佳子。すごい。嫌な女役なんだけれど、すごく上手い。

それにしても、加藤治子の演じるおばあさんの1万円エピソードにはビックリ・・・。カプセルホテルについて全然知識が無かったので、そこら辺りも面白く見れました。そして、風吹ジュンの息子にもムカッ。やだな~こんな息子。

★ネタバレです 文字反転して下さい★最後は息子の言いなりにならず、前向きにどんどん生きていく風吹ジュンさんがすがすがしくて見終わった後味が凄く良かった♪
ただ、このお話で、一カ所だけ、何故妻子持ちの林さんの誘いに乗ったのか?って事だけが、ちょっと引っかかったんですね。この部分は、多くの人が引っかかるだろうと想像がつくとなると、脚本家さんは(原作も同じなのかな?)あえてこういう設定にしたって事なんだろうな・・と。奥さんに先立たれたとか独身とかっていう設定にすれば、誰も引っかからないわけで。じゃ、その意図は?と、考えてみたんです。よくは解らなかったけれど、自分が三田佳子の立場になってみることで、こんなにも簡単に、こういう風になりえるもんなんだ・・・と、どこか気持ちがストン~としたのかな。
 その林隆三おじさんとの二度目のデートで、ホテルの前で、引き返すシーンが好きでした。変わりたい新しいことにどんどん挑戦して行きたい彼女に向かって、林隆三が「大人しい奥さんの方が良いのに」みたいなことを言う。その言葉でハッ!とする風吹ジュン。で、おじさんが落胆、お家に電話して「やっぱり夕食いるから」(笑)
 あとは、2度目の愛人との蕎麦屋での対面。風吹ジュンが、前回とは違って強くなってて、カッコ良かった!「ここ壊しちゃっていいですか?」(ちょっとセリフ忘れたけど)スカッとした~(^O^)
以上

若き日の風吹ジュンさんのヌード@@やっぱり凄い・・。
桐野夏生さんの「OUT」はドラマで見てて、すごく怖かったけれど面白かった。女友達の結束力?が強いというのは今回も同じかな^^

魂萌え! (2006) 監督 阪本順治 原作 桐野夏生「魂萌!」
出演 風吹ジュン 三田佳子 加藤治子 豊川悦司 常盤貴子
(内容・あらすじ)定年退職から3年、心臓発作であっけなく逝ってしまった夫に10年来の愛人がいたことを知り愕然とする。さらには、突然同居うんぬんを決めつける長男の身勝手さにも嫌気がさして家を飛び出すが、行く宛てがなく、生まれて初めてカプセルホテルに泊まり・・・
【2007/11/22 15:35】  コメント(5) | トラックバック(6) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「幸福な食卓」感想 | ホーム | 「ヘアスプレー」感想>>
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/11/27 15:22   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/12/04 17:11   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/12/05 16:41   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/12/07 16:33   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2007/12/09 18:49   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/501-669e1755

『魂萌え!』
京の昼寝~♪ (2007/11/26 12:11)
あなたの妻でいて、幸せでした。でも、私のもうひとつの人生が、始まります。&nbsp;■監督・脚本 阪本順治 ■原作 桐野夏生(「魂萌!」新潮文庫) ■キャスト 風吹ジュン、三田佳子、田中哲司、常盤貴子、加藤治子、豊川悦司、寺尾 聰&nbsp; □オフィシャルサイト  『


映画「魂萌え!」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2007/11/26 12:18)
特に燃えるわけでも萌えるわけでもない・・変わりたいと言いながら、愛ルケするわけでもない・・はじけそうなのにはじけきれない、そんな59歳主婦の葛藤・・ 関ロ敏子(風吹ジュン)は専業主婦、夫隆之(寺尾聰)が60歳の定年退職から3年を過ぎて心臓麻痺により、あの


魂萌え!
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ (2007/11/26 23:15)
定年退職した夫がその3年後に急死します。夫に先立たれた敏子は、夫の死後、夫に10年来の不倫相手がいたという思いもかけなかった事実を突きつけられます。他にも、相続の問題など様々な問題が敏子に襲い掛かります。その一つ一つの経験が、徐々に、敏子を強くしていき..


【2007-11】魂萌え!(たまもえ)
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2007/11/26 23:44)
あなたの妻でいて、幸せでした。今、私のもうひとつの人生が、始まります。


「魂萌え!」:昭和橋バス停付近の会話
【映画がはねたら、都バスに乗って】 (2007/11/27 22:38)
{/hiyo_en2/}昭和橋から目黒川を望む・・・。{/kaeru_en4/}お前は、昭和橋から目黒川を望む昭和の女・・・。{/hiyo_en2/}なに、それ。意味わかんない。{/kaeru_en4/}いや、「魂萌え!」なんて観ると、昭和の女の話だなあって思うわけよ。{/hiyo_en2/}ますます、わかんない。


『魂萌え!』\'07・日
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2008/05/04 14:15)
あらすじ定年を迎えた夫と平穏に暮らしていた敏子(風吹ジュン)の日常は夫が心臓マヒで急死したことで一変する。葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた見知らぬ女性からの電話で明らかになる夫の浮気、8年ぶりに現れ強引に遺産相続と同居を迫る長男・・・。感想風吹ジュ...


| ホームTOP ▲ |