「シャンプー台のむこうに」「スウィーニー・トッド」感想
奇しくも2日続けて、イギリスの「理容美容院」の映画を見てたんです。しかも両方にアラン・リックマンが出てる@@ 「シャンプー台」では主役、「スウィニートッド」では準主役で、悪人のという・・^^
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
血がドバーとかグロい系は苦手なのでレンタルで見ようと思ってたのですが、事情があって、見てしまいました・・・。で、見た感想は、うむ~~。苦手でした。
復讐ものは大好きなのだけれど、無差別殺人とか、一般市民にパイを~とか(このパイの肉部分のエピソードも気持ち悪過ぎ・・)、そういうのが受け付けなかった・・・。(←そういう風に堅苦しく見る映画じゃないってことは解っちゃいるんだけども・・・)

でも、もともとダメだろうなぁ~と全く期待しないで見たので、それなりには面白く見れた・・かな・・・?。あまりミュージカルとかが好きな方じゃないので、その筋に詳しくないせいか、ジョニー、歌がすごく上手じゃないのー!ステキにハモってる!などと思ってしまった位でした。

あと、あの斜め窓のついた屋根裏部屋っぽい理容院と椅子とそのしかけとか、街並みとか雰囲気や色合いとかはなかなか芸術的?だったな~とは思いました。
そういや、イギリスのゴ●は黒くは無いんだぁ・・・とか、そんな事が印象に残ったりして・・。
私の感想としては、3つ☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
syannpu

個人的に、こちらの「シャンプー台のむこうに」は好きな映画でした。3つ☆~4つ☆
安心して見れるというか、笑いと、哀しさと、下らなさがバランス良く?ミックスしている映画でした。以前より見たいな~と思いつつ、なかなか見れなかったのを、深夜TVで放映してくれて嬉しかったー。

なんか、スネイプ先生アラン・リックマンって不気味な人や悪人役ってイメージがあるので、こういう普通の人の役を見るのは、すごく新鮮でした。それと、ライバル役に、大御所ビル・ナイが!まだ若干若かった!この人も、最近「パイレーツ・・・」とか、「あるスキャンダルの覚え書き」「アレックス・ライダー」(見たけど感想書かなかった)とかで良くお見かけするけど、こういうふざけたバカっぽい役をやってたのが、とても笑えた。

2001年の映画を、今2008年に見ることによって、今や大スター?達の、少し前の姿を見る楽しさがありました。目がつぶらで弱気そうな顔つきなのに、声が低くてガタイが良いというアンバランスさが魅力なジョシュ・ハートネットも可愛らしかったし、レイチェル・リー・クックって女の子もリスっぽくて可愛かった。

まぁ内容的には、ご都合主義な内容だけど、漫画ちっくで楽しいのです。男が男と・・っていうのはよくあるけど、女性同士が駆け落ちって内容は珍しいな。
アラン・リックマンがカットした髪を見ただけで、これはアイツの作業だ!って解るシーンとか、これは3日洗ってなくて、何のシャンプーを使ってる!と当てるシーンとかも爆笑でした。あったかいエピソードもあって、例えば、白髪のおばあさんとの部分とか・・。(彼女が言う「いきなり死んじゃうより、覚悟が出来てからの方が・・」ってセリフも、もっともだと思いました・・、
でも、一番好きだったのは、飛行場のパラパラパラ!って動く電光掲示板を、コンテストに使うアイディアかな^^

シャンプー台のむこうに (2001/英)Blow Dry
監督 パディ・ブレスナック 脚本 サイモン・ボーフォイ
出演 ジョシュ・ハートネット / アラン・リックマン / ナターシャ・リチャードソン / レイチェル・グリフィス / レイチェル・リー・クック / ビル・ナイ / ヒュー・ボーンビル

(あらすじ・内容)
イギリスの田舎町ヨークシャーのキースリー。普段は静かなこの町がにわかに騒がしくなってきた。なんとこの町で全英ヘアドレッサー選手権が開催されることになったのだ。バイト先の葬儀場で死体相手にカットの練習に励むブライアンはこの絶好のチャンスに気合い十分。一方、ブライアンの父でかつてこの大会で2連覇を果たしたフィルはまったく乗り気じゃない。というのも3連覇のかかった10年前、妻のシェリーがヘア・モデルのサンドラと恋に落ち家出してしまって以来気力をなくし、田舎理髪店のしがないオヤジに成り下がってしまったのだった。そこへ、家出した妻シェリーがやってきて、サンドラも含めた“家族”で大会に出場しようと持ちかけるのだった……。  yahoo movieより使わせて頂きました。
【2008/01/29 12:33】  コメント(21) | トラックバック(21) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「プリンセス&ウォーリアー」感想と、ベンノ・フユルマンって! | ホーム | 「つぐない」Atonement 感想 4つ★>>
コメント

こんにちは♪
拙ブログにお祝いコメントをいただきありがとうございました!
latifaさんはこういうタイプの映画が苦手だと思っていたのですが、「事情」があって見ちゃったんですね~(笑)
私もミュージカルって得意ジャンルじゃないんだけど、「人肉パイダンス」とかが無かった分助かったかも。
歌うジョニーはともかく、歌って踊るジョニーは全然想像がつかない~(笑)

「シャンプー台の~」はレンタル店でいつも気になってる作品です。
ただ、ジョシュ・ハートネットの奥目が苦手なので(爆)、いつも躊躇しちゃうの。
アラン・リックマンが出ているならいつかレンタルしてみようかな~。
ミチ  【 編集】  URL |   2008/01/29 16:57   |  TOP ▲ |


latifaさま、こんにちは~。コメント&TBをありがとうございました。
確かに、R指定だけあってかなり強烈でしたね。
私、普段はホラーとか恐怖映画は観ないので、正視できないところも多々、ありました。
『シャンプー台~』は↑ミチさまと同じく、レンタルで気になっている作品です。
英国映画の心温まる小品、という噂は聞いているので、是非観たいと思います!
ジョシュは私も・・・だけど、ビル・ナイは大好きなので♪
ではでは、また来ますね~。
真紅  【 編集】  URL |   2008/01/29 17:09   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2008/01/29 17:18   |  TOP ▲ |


こんにちは!
latifaさんは苦手だったのね~
珍しく意見が分かれましたね(笑)
私は凄く気に入って、今週もう1回観に行くつもりです♪
でもね、ジョニーが主演じゃなかったらダメだったかも・・です(汗)
ジョニーの演技が、今までで最高では?!ってくらい良かったので、ドップリ浸ってしまいました。
まさか無差別殺人を繰り返すとは思わなかったけど、、、トッドとミセス・ラベットには妙に似合っていたように思えたんですよね~
完全にジョニー贔屓なので・・・観方が偏っていますぅ~(汗)
由香  【 編集】  URL |   2008/01/29 17:48   |  TOP ▲ |


こんばんは~♪
latifaさんはスウィーニー苦手だったんですねー。
私はこの間2回目鑑賞してきました!
2回目の方がどっぷりはまれちゃいましたよー。とってもすごい作品だなーって思っちゃいました。
ジョニーや他の役者さんの演技もすごいんだけど、あのロンドンの街並みも雰囲気あってよかったですよねー。
あと、私はオープニングとエンディングにぞくぞくしてしまいました!

「シャンプー台の向こうに」は未見です><
でも今度観てみようっと!

またまた~「つぐない」うらやましいです!
そして「ラスト・コーション」は初日に観れるように今日いろいろ手続き?してきました!楽しみー
きらら  【 編集】  URL |   2008/01/29 21:56   |  TOP ▲ |


ミチさん~こんにちは!
確かに、ミュージカルだったとはいえ、ダンスは無かったですよね。歌のシーンは「なん~とか~、ジョア~ンナー♪」って歌が耳についてしまった(それ、何度も歌うんだもの(^^;)

「シャンプー台の~」は、凄いお薦めって訳じゃないのだけれど、色々な意味で結構楽しめる映画ですよ☆

>ジョシュ・ハートネットの奥目が苦手
 そうなのねー!私は意外と好きですよ^^ ただ、ガタイが良すぎるかな~って思います。(私はスリムですらっと系の方が好みなので)
latifa  【 編集】  URL |   2008/01/30 08:59   |  TOP ▲ |


真紅さま~こんにちは!
真紅さまのブログで、やっぱり、
「普段はホラーとか恐怖映画は観ないので、正視できないところも多々・・」って感じのことを、真紅さまがコメントのレス等で書いていらっしゃるのを、ちらっと拝見させて頂いておりました^0^

>『シャンプー台~』英国映画の心温まる小品
 うん。確かにそういう作品です~。すごい感動があるって映画じゃないのですが、なんてったって、アラン・リックマンが普通の人(ちょっと可哀想な人)を演じてるって事も、ビルナイのおふざけキャラを見れるのも楽しいですよ♪
latifa  【 編集】  URL |   2008/01/30 09:03   |  TOP ▲ |


由香さん、こんにちは~!
もう1回観に行くのね~?2度目は、また新たな発見がありそうですね♪

>でもね、ジョニーが主演じゃなかったらダメだったかも・・です(汗)
 そんなの当たり前~~!ジョニーが出てなかったら私だってこの映画見ませんっ^0^!

ジョニーの演技は、迫真の演技でしたね。カッコ良さを隠しちゃうかのような白塗り、おでこのシワ(爆)でした。

トッドとミセス・ラベットは、お似合いでした☆ むしろあの奥さんとトッド氏よりも・・・って感じもしちゃった。

PS 由香さんちの記事は、私が見て、ケラケラ笑っていたのを、横から娘がやってきて、ちらっと覗いて、これはっ!!と思ったんじゃないかな?普段から、PCやブログとかを見てる訳ではないのです。むしろ、殆ど見てないの。
由香さんのあの記事の、一つ一つの写真と、それについてる各文が凄く冴えてて、そして最後の〆の写真の表情と「見に来いよー」(でしたっけ・・?)のセリフが、すんごいナイス!って何度も言ってました☆
latifa  【 編集】  URL |   2008/01/30 09:16   |  TOP ▲ |


きららさん~こんにちは!
おおっ!!既に2回目を鑑賞して来られていたとはー!

うん、うん!ロンドンの街並みも雰囲気が凄く良かったです。ああいう昔のヨーロッパの、ちょっと薄汚いけど、ムードたっぷりの街の再現って、ソソられますねー。
きららさんは、実際の現代のロンドンを知ってるだけに、またそれが、ひときわ~じゃないかな☆

私もオープニングには、おおっ!!芸術的なセンスが~~!と思いました。(ちょっと気持ち悪かったけど・・)

で、ラストコーション、もうすぐですね!きららさんの感想、すごく楽しみにしてます~^^「つぐない」も☆

ラストコーションも1930年代のヨーロッパ文化の影響受けまくってたハイカラな上海などの街角ってのを、すごく綺麗に再現してましたよ♪
何度見ても(CMなどで)、あの主演の女優さんが、日本人に見えてしまうの。
latifa  【 編集】  URL |   2008/01/30 09:23   |  TOP ▲ |


latifaさんこんにちは。
スウィーニートッドは悪趣味な寓話でどうでもいい部類ではあるものの、ずっと気になってた映画なので感激しましたね。さながら感心なのは絵作り、美術部分の完璧な仕事ぶり、オタク監督が気持ちいいくらいにフルスロットル(?)って感じが納得の出来栄えでした。
シャンプー台のむこうには先日深夜やってましたよね。僕もちょっと見ました。だいぶ以前ちゃんとみたことあったのですが、僕も理美容(どっちの大会にもボーダーレスに)コンテストとかって出場しまくった頃があったんです(懐)
最高成績は県で4位ってのが1度。
敢闘賞とかはけっこうあったんですけどねw
全国大会で敢闘賞のが上位かな?
っても、腕を上げたいという若者ばっかりが参加するのがああいうコンテストなのでホントに上手いかは別モノですけどね。
motti  【 編集】  URL |   2008/01/30 09:33   |  TOP ▲ |


えええ~~~っ!!!
なんですと(@O@)!mottiさんも、ああいうコンテストに出たことがあるんですか??
で、凄い!受賞までしてるとは・・・。
いや~~、なんか、ほんと鳥肌が立ってしまいましたよ。

でも、むしろそういう経験があるなら、シャンプー台なんかは、おふざけが過ぎてしまったり、有り得ないぞ~度が高すぎて、楽しめなかったかな・・・。

あっと。スウィーニートッドでしたね、子供を見に行かせられないことが決定したので(^^;、どんな内容だったかを説明したんです。そうしたところ、私の引っかかっていた「一人の男に復讐するつもりが、無差別殺人、無差別にパイを~」って部分に対して、娘が「ティムバートンは、世間の人達大多数に対して(無差別に)やってやろう~wという意図があって、そういう風にわざわざ作ったんだよ~」と、言いやがりまして。そうなのかな・・・?
latifa  【 編集】  URL |   2008/01/30 09:54   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2008/01/30 09:55   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2008/01/30 19:30   |  TOP ▲ |


先日は,優しい慰めのことばをありがとう。
すこしづつ気持ちの整理をしております・・・。
ところで,TBの方は「スウィーニー」ですが,実は語りたいのは「シャンプー台の~」の方です。
実は私,これ大好きで。今はレンタルショップに置いてないのですが,置いてた頃はよく借りてました。
アラン・リックマンが,めちゃ素敵です。(若いし)あの,鋏さばきが,カッコいい。えーと,ジョシュはどうでもよかったです。彼も最近はなかなか渋みがでてきましたが,この頃はまだボクちゃんでしたね。
理容師のコンテストっていう設定が面白かったし,一番好きなシーンは,サンドラが舞台に登場するシーン。何度観てもほれぼれします,あのシーン。サンドラの衣装や髪型も。
ビル・ナイもいい味出してましたね。
アラン・リックマン,好きなのですが,この映画の彼が一番好き。それと,オープニングの曲や,ドライヤーの湯気を効果的に使った映像が印象的でした。
なな  【 編集】  URL |   2008/01/30 23:42   |  TOP ▲ |


ななさん~ショックな気持ち・・お察しします・・・。ななさん、すごくブローク・バックマウンテンの大ファンでいらっしゃったから・・・(-_-)
本当に残念でなりませんね・・・。

「シャンプー台の~」のお話が出来て、すっごく嬉しいです~~!私はこれ2つ並べて記事をアップしたものの、シャンプー台の方がずっと好きだったので(^^;
それと、気にはなりつつも、あまり皆さんご覧になられていなかった様で・・

普通なアラン・リックマンはコレが初めてだったような気もするし、そうそう、あの鋏さばきが,カッコ良かったですよね。なんか、とてもあはれなオヤジで・・・。「まだ男と逃げてくれた方が良かった・・」って、、、確かにあまりに予想外な出来事だったでしょうね・・・。

ななさんが一番好きなシーンは,サンドラが舞台に登場するシーンなんですね?
私は、あのおばあさんとのエピソードと、結婚式のケーキみたいなヘアが完成したシーンかも・・・。あのヘアスタイルがらぶり~で可愛くて好きだったんです。若い娘がヘアモデルではなくて、かなりのご老齢の女性がやって、似合っていたので☆

映画で使われていた曲も、ちょっとレトロなpops等で、でも盛り上げる効果のある曲を選択してましたよね~♪
latifa  【 編集】  URL |   2008/02/01 10:48   |  TOP ▲ |


こちらにも失礼します♪

「シャンプー台の向こうに」楽しめたようでなによりです。イギリス映画ってこういうハートウォーミングなものが多いですよね。
映画自体も好きなのですが、実は私、この舞台になったキースリーという町に行ったことがあるんですよ。といってもバスの乗り換えで使っただけなんですけど(笑)。なのでこれを見たときは無条件に嬉しかったですね~(笑)。
主役の二人もキュートでしたが、アラン・リックマンとビル・ナイのおじさま対決が楽しかったです。あと羊。えらくかわいかったです。
ネネム  【 編集】  URL |   2008/02/04 01:57   |  TOP ▲ |


ネネムさん~やっぱり、ネネムさんでしたよね(*^_^*)
最近ボケが激しいので、別の方だったら、、、と思って、念の為、少しやんわりと「ネネムさん・・でしたよね・・?」って書かせてもらっちゃいました。
一緒に、「ブラス」もお薦め頂いたんですよね。こちらは、まだ未見なのです。でもシッカリ頭のリストに入っていますよ♪

で、なんとー!この舞台になったキースリーに行ったことがおありになると!!
キャ~~。それは凄い!!いいなぁ~ネネムさん、英国の小さい町とか色々訪問されているのですね。羨ましいな~。行ってみたいなー。
バスの乗り換えだろうが、なんだろうが、車窓とか、その土地の空気を吸ったってだけで、行ったってことになるんですよっ!(と、何故か力が入る・・)

また、面白い映画、教えて下さいねー☆
latifa  【 編集】  URL |   2008/02/05 11:05   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは^^

『スウィーニー・トッド』
僕はジョニデの映画を観てからまだ床屋さんに行っていません(汗) 
後ろに倒されたら、命預けるしかないですね(大汗)

『シャンプー台の向こうに』
2002年に僕が劇場で観た映画の9位に選んだ作品です。
更にアラン・リックマンは助演男優賞に選びました。
地味ながらいい作品でした^^
cyaz  【 編集】  URL |   2008/02/07 22:08   |  TOP ▲ |


確かにあの映画を見た後じゃ、カミソリとかが怖くなっちゃいますよね~(^^;

cyazさんの2002年のベストに入っていたー!っていうのが、なんか嬉しいです☆
アランリックマンも助演男優賞に選んでいたんですね。

?位にラスト・プレゼントが入っているのは、まだ世間では、韓国ブームが起きるちょい前だったのに早いですね♪
latifa  【 編集】  URL |   2008/02/08 08:46   |  TOP ▲ |


latifaさん~~ただいま~~♪♪

いやーん私ったら帰ってきちゃった~♪ うん!良かったですよ!!
まずは、かもめ食堂の件ですが、 ちゃんと日本語で<かもめ食堂>って窓ガラスのところに白い文字で書いてあるんですよ(笑) 行く前にたまたま、日本人が経営しているお店に入ったので「これから、かもめ食堂へ行こうかな~って思っているんですよ」って言うと「あそこはね、12時から1時までの間は絶対座れないから1時過ぎに行かないとダメ!」って言われて1時半に行ったのに物凄く混んでいてしばらく座れなかった(笑)やっと座れて、さて注文。肉、魚、野菜をメインから選べて、ポテトもマッシュにするか、フライにするか選べて、サラダ&パンは食べ放題+コーヒー+ミルクも!んでボリュームが凄い凄い(笑)こりゃ混むわ♪ あのね、映画ではキッチンがカウンターの奥に見えてたでしょう? でも改装したのか、調理場は奥の方で見えなくなっておりました☆ にこやかにせっせとお料理を運んでくるおじさん&おばさん。片桐はいりも言っていたように、いい人オーラが全快!!一生懸命つくっているのね~~と思い、お腹がはち切れ寸前だったけど食べました!! シナモンロールもあちこちで食べましたが、美味しかったですよ~~☆☆ 街全体の雰囲気がどこかのどかで、ここで暮らしたいな~って気持ちになりました。
そうそう、マリメッコ!!もう名付ちゃう!!人呼んで<危険なマリメッコ>もう犯罪的に可愛すぎ!!もうね~フィンランドじゃ、おばあちゃんだって着たり、持ったりしているんですよ!!それがまた、キンキラしたブランドじゃないだけに、似合っていて可愛い可愛い♪ こんな風に年齢に関係なく持てたり、着れたりするブランドって素敵だな~と思いました☆ それでね、運が良いんだか悪いんだか、バーゲン中だったんですよ(30?割引) だからもうね~ 思考回路がショートしてしまって・・・あーあクレジットの請求が怖い・・・(汗) あ!っとそうそうイケ面君の件。 いましたよ~~!!沢山(笑) でも、女性も綺麗なの!!なんとなく、お洒落でモデルみたい!!っていうタイプより、素は良いけど素朴っぽい人が多かったかな・・・ なんか、latifa さんには、語りだすと止まらなくなりそうなので(笑)今回はこの辺で☆ で、後になっちゃったけど、ジョニーの映画見たのね~~!! ひぇぇ~!大丈夫でした?? 私もね、あの灰色のロンドンの雰囲気が好き+ジョニーだから見に行ったようなもので(笑) オープニングからあの血!でしょう。でも、ジョニーの歌上手でしたね!ジョニーもこういった狂気の役ってホントハマるんですよね~。 なんか、あの頃のロンドンって陰鬱で、正直者が馬鹿を見るっていうか、悪人権力者がはびこっていたんでしょうね~。 処刑場+牢獄だったロンドン塔も行ってきましたが、陰鬱で怖いですよ~~。亡霊が出る事で有名です。
レナ  【 編集】  URL |   2008/02/08 14:53   |  TOP ▲ |


レナさん~~~ヾ(≧∇≦)〃もう早、行って来たのね? 私ってば、3月だと思ってたら、そうかー、2月上旬だったのね!!

>日本語で<かもめ食堂>って窓ガラスのところに白い文字で書いてある
 ウキャ~~!!実際のあのかもめ食堂に行かれたなんて~~~☆羨まし過ぎだわー!!
で、なんと!大繁盛しているのね?^^ お店の人も、ボリュームも、何から何までgoodだったみたいですね(^O^) いいな~いいなあ~~!!

そして、街全体の雰囲気は、のどかで、暮らしたい感じだなんて~。いや~大満足な旅行になったみたいですねー!やっぱり凄く寒い?それとも札幌くらいかな?

犯罪的に可愛すぎ!ってのが、凄く表現上手いわ~!マリメッコのセール?そりゃ、元値が高いとはいえ、買うしかないわ・・・って気持ちにさせられちゃいますよね☆

>もうね~フィンランドじゃ、おばあちゃんだって着たり、持ったりしているんですよ!!それがまた、キンキラしたブランドじゃないだけに、似合っていて可愛い可愛い♪
 す・て・き~~~~!!
そういうのに、すっご~~くソソられるんだなー! 若い子がお洒落してるのよりも更に、おばあちゃんとか、年輩の人が、キラキラ系じゃないお洒落してるのって、良いなー!ってしみじみ思ってしまう☆

もっともっとレナさんのフィンランド旅行のお話聞かせて欲しいな~。ぼちぼちで良いから、お願い~~~!

>私もね、あの灰色のロンドンの雰囲気が好き+ジョニーだから
 そうよ~そうよ~。あれが日本で(有り得ないケド(^^;)好みの俳優さんじゃなかったら、絶対行かないワ。
あの時代のロンドンの雰囲気は凄く良かったですよね。ジョニーも良かった。けど・・・。
ギャ~~!やっぱり苦手よぉ・・・(;´_`;) あ~怖かった!!

>処刑場+牢獄だったロンドン塔
ぶるぶる・・・。怖い・・・。でも、怖いもの見たさで、つい行ってしまいそう・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2008/02/08 22:02   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/523-edd6825a

映画 【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】
ミチの雑記帳 (2008/01/29 16:52)
映画館にて「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 トニー賞受賞ミュージカルをティム・バートン監督が映画化。 おはなし:19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフ


血まみれジョニー~『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』
真紅のthinkingdays (2008/01/29 17:03)
 SWEENEY TODD:  THE DEMON BARBER  OF FLEET STREET  ロンドン・フリート街の理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、悪徳判事 ...


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
★YUKAの気ままな有閑日記★ (2008/01/29 17:40)
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿ら


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/01/29 20:40)
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニー...


映画 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
きららのきらきら生活 (2008/01/29 21:53)
  ☆公式サイト☆ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化。監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン。19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名...


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! (2008/01/30 09:20)
ちょっとァレですけど、同じ「理髪師」として見逃せない映画ですからw


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2008/01/30 23:30)
ジョニー・デップとティム・バートンの黄金コンビで贈る、伝説の殺人鬼の復讐物語。殺人鬼好き、リベンジもの好き、ヴィクトリア朝の英国好きの私にとってはこのうえなく期待の高まる作品で,封切り日に劇場にかけつけてわくわくして鑑賞。 19世紀末のロンドン。ターピ


【2008-12】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET)
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008/01/31 00:55)
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。


「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  / Sweeney Todd:The Demon Barber (2008)」
MoonDreamWorks★Fc2 (2008/01/31 23:06)
【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】2008年1月19日(土)公開 ...


映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2008/02/01 00:30)
原題:Sweeney Todd:The Demon Barber of Fleet Street 観てしまったぁぁ猟奇連続殺人事件、伝説の殺人理髪師スウィーニー・トッドのブロードウェイミュージカル版をもとにした映画で遂にジョニデが歌い上げる・・ 19世紀のロンドンはフリート街で理髪店を営む


「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  (SWEENEY TOD THE DEMON BARBER OF FLEET STREET )」映画感想
Wilderlandwandar (2008/02/02 21:58)
日頃からミュージカルは苦手とか言ってますけど、流石にこれは見


SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET
銅版画制作の日々 (2008/02/03 11:53)
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。 ? 1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルですね。ほ...


映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米)
富久亭日乗 (2008/02/03 16:17)
     ★★★★☆  ブロードウェイの傑作ミュージカルを、 Tim Burton 監督&Johnny Depp主演のコンビで映画化した。 原題は「Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street」。  19世紀のロンドン。 フリート街で理髪師を営む男(Johnny Dep)が、 悪徳判事(...


『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
京の昼寝~♪ (2008/02/07 22:01)
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシ...


2002年ベストシネマ15
京の昼寝~♪ (2008/02/07 22:03)
2002年は年間100本の映画を劇場で鑑賞しました。そのなかから僕なりのベストシネマをチョイスしてみました。 あくまで僕自身の選択なのでご参考までにm(_ _)m  ?アイ・アム・サム  ?ラスト・プレゼント  ?海辺の家  ?ジョンQ  ?ワンス&フォーエバー  ?ウィンドト...


「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」オリジナルサウンドトラック
空想俳人日記 (2008/02/09 07:36)
血が騒ぎ 歌に酔いしれ 肉踊る  今でも脳みそから離れないのは「ジョアンナ」の歌。ああ、二度目の掛け合いで歌われる「ジョアンナ」をもう一度聞きたい。こりゃあ、やっぱオリジナル・サウンドトラックを入手するしかないかな。  そう思った私は、結局、このサ...


【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 (2008/02/12 00:06)
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをg...


映画『スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師』を観て...
KINTYRE’SDIARY (2008/03/04 21:44)
11.スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師■原題:SweeneyToddTheDemonBarberOfFleetStreet■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■日本語字幕:佐藤恵子■鑑賞日:1月25日、セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□...


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 
映画、言いたい放題! (2008/10/14 14:16)
ミュージカル大好き! ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターのミュージカルと聞けば、 監督がティム・バートンでも気になります。(笑) DVDで鑑賞。 19世紀。 ロンドンのフリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは 愛する妻と娘と幸せに暮らして


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
mama (2008/12/29 18:24)
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street 2007年:アメリカ 原作:ヒュー・ウィーラー 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、アラン・リックマン、ヘレナ・ボナム・カーター、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン 19世紀のロンドン...


『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』\'07・米
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2009/03/02 07:43)
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ...


| ホームTOP ▲ |