映画「DIVE!!」感想 小説との比較
面白かったです☆ こういう少年スポーツ映画にありがちなギャグ部分は少なくて、真面目に地道に作った作風。まっとうにストレート勝負した映画?って感じで、、私は好感を持ちました。
dive

まずは主役の3人、メイン度数的には、知くん>要一>沖津 って感じでした。
それぞれ、林遣都、池松壮亮、溝端淳平という俳優さんが演じているのですが、3人とも上手に演じていました。
特に知君はピッタリって気がしました。
で、小説の中で一番好きな要一君を演じる池松壮亮君は、ラストサムライの時に、なんて可愛りりしい少年なんだろう!!と、もの凄く印象に残っていたのですが、この映画を見て、ええっ!!いつの間に、こんなに大人になっていたのか?と、もうビックリ。鍛えたのか?それとも元々がっちりした体格なのか、立派な体型をしてるんですよ。顔は子犬みたいに可愛らしいのに、そのギャップもgoodです。
私は、彼の高校の制服姿が、とっても素敵に見えました☆(制服が可愛いんだ~)
ただ、小説でのクールでちょっと近づき難いイメージとは若干違っているかな・・・。人なつっこい顔立ちのせいで、少々冷たい発言や態度をしても、嫌なやつには全く見えない作用があったかも・・・(良い意味でも悪い意味でも)。いずれにしても、私は池松君自体がもともと好きだったから要一役をやった事は、全然OKでした。

で、沖津飛沫君は、小説ではやたら大柄というイメージがあっただけに、溝端淳平君という子は、イメージより小柄かなあ・・と最初思ったものの、顔つきとか雰囲気がワイルドだったので違和感あまり感じませんでした。3人の中では、一番今風?の風貌で、ジャニーズとか、イマドキのモテ系の男の子って感じだったかな。
いずれにせよ、小説同様、3人全員を応援したくなりました。
他のダイブ仲間を演じた子らも、それぞれ適役で、女コーチは瀬戸朝香、富士谷敬介(要一君のお父さんで、コーチ)は光石研、2人ともピッタリ合っていました。

小説版と映画版を比較してみました。
小説では一番最初が、津軽の断崖絶壁からみごとにダイブする少年を見て、見つけた、この子だ!というシーンがとっても印象的だったのですが、映画版では、そこからは始まらなかった(それが無かった・・・。)そこは、私は勝手に「グラン・ブルー」の最初の部分をイメージして、DIVEの映画ではどんな風なのかな?ってワクワクしてたので、ちょっと残念でした。が、でも映画版は、映画版で、なかなか良いオープニングなのです。

文庫版の上巻の85page、8月のある日、自転車を漕ぐ6年前のまだ小さかった知君、偶然ふと目に入って来た、高いコンクリート・ドラゴンみたいな場所。そこの頭部分から人が落ちた!(⇒その人とは、要一君) あんな高い処から飛び降りたら死んじゃうよ!?と焦り、自転車を急いで漕ぎ、その場所にたどりつく。そこで初めて気がつく。なんだ、下にプールがあったのか・・・ダイブしてたんだ・・・と、ほっと安堵。この初めての時から、知君はダイブに一目惚れしてしまう。そして、まさに、そのプールで、その要一君に「おまえ、飛びたいのか?」と声をかけられ、誘われ、その場で即座にうん!と答える。そこのシーンの映像化が、大成功していると思いました。逆光のシルエット、高さを強調させたダイビングプール・・・賑やかだけど、どこか別の世界のような、、そんな雰囲気が凄く上手に表現されていました。

まだ公開まで随分あるので、中盤以降の内容などは今書くのは控えて、また暫くした後、追記しようと思っています。

DIVE!! 小説の感想は、こちら⇒「DIVE!!」森絵都 ガラスの仮面、ピンポンを連想^^

ウィキペディア DIVE!!

キャスト 林遣都 池松壮亮 溝端淳平 瀬戸朝香 光石研 蓮佛美沙子 江守徹
STAFF監督: 熊澤尚人  原作・脚本協力: 森絵都
【2008/03/15 12:02】  コメント(4) | トラックバック(9) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「ラストキング・オブ・スコットランド 」 感想 | ホーム | 「アフロサムライ」「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ 」感想>>
コメント

こんばんは♪
見てきましたよ~!
まずは地元がいっぱいいっぱい映っていて嬉しかったです。
撮影してるのを知ってたら見にいったのにな。
先日なんてウチのすぐ近所にイ・ドンゴンとキム・ソナが撮影に来ていて、たくさんの追っかけで道路整理まで出ていたそうですが、私は特に興味がなかったので見に行かなかったの。
金沢もフィルムコミッションが頑張っているせいか、いろんな映画のロケ地になってるみたいです。

ところで、三人の男の子たち!
一番原作のイメージに近いのはやっぱり知季かな~。
池松君は要一というにはちょっと童顔(っていうか甘い顔)過ぎたかも?
池松君にはもうちょっと背が伸びて欲しい!
これから難しい年齢になっていくけれど、なんとか乗り越えてイイ感じの青年になってくれるようオバちゃんは祈ってます(笑)
そして飛沫はワイルドな雰囲気は良かったけど、もうちょっと体格が大きいと良かったね~。
瀬戸朝香の綺麗なアンヨも拝めたし、わりとコーチのイメージに合っててよかったとおもうわ。
ミチ  【 編集】  URL |   2008/06/18 22:47   |  TOP ▲ |


ミチさ~~ん!な、な、なんですと!と、映画じゃ無い話題から反応してスイマセン。え~~っ!私、イ・ドンゴンってタイプじゃないけど、すごく思い入れがあるんですよ。なんてたって、最初に知った韓国俳優が、イ・ドンゴンとwonbinなんですもん(「フレンズ」に出てた俳優さんが、その2人だったんだもん)その次に産まれて初めて見た韓国ドラマ(wonbin目当てで)「クァンキ」っていうドラマで、またまた、2人は同じ広告サークルの仲間って事で主役で共演してたの!!
 キムソナも好きだしー。あ~あ、私がかけつけたかった~(;´□`;)

金沢いいなぁ~。そういう舞台になりやすい場所が一杯あるのね?いつか是非行ってみたいです! 昔ね、ミチさん知らないかもしれないけど、「誘惑」ってドラマがあって、それ面白く見てたの。舞台が金沢でね、和風の街並みやたたずまいが素敵だったのよ~。紺野美沙子と林隆三が主役で・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%98%E6%83%91_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E_1990%E5%B9%B4)

あっと・・・全然映画と関係ない話しばかりをしてしまった・・。
そうなのよ・・・池松君、この後身長はどうなるのかな? 子供の頃素敵・可愛かった人って、どうも身長が伸びない気がするのよ・・・。

ところで、昨日ダルビッシュ君の過去みたいのをTVでやってて、彼も実のお父さんが中学だか高校で、コーチになっちゃってたんだって。ビックリした・・。身内がコーチとかって微妙よね・・。
 
latifa  【 編集】  URL |   2008/06/19 09:55   |  TOP ▲ |


小説との比較、とっても面白く読ませていただきました~♪
特に「グラン・ブルー」を想像してたというところ、そうか~、そんな風だったんだ~・・と小説の冒頭にとても興味が湧きました。でも、そこはlatifaさんの素敵な想像力に由来してたかもしれず、私だったらそれが想像できるかどうかかなり疑問ですが(^^;;)

映画の
>逆光のシルエット、高さを強調させたダイビングプール・・・
は、私もいいわ~~~と思いました。
例の?!(^^ゞラストの競技会までは
私も、これは素敵な青春ドラマ~♪と
いい感じで見てたんですよ~^^
latifaさんが小説の方で一番好きだったとおっしゃってた要一くん、私も一番思い入れて見てました。
彼の気持ち、わかるなぁ~・・、よくがんばってるなぁ~・・って。
自分の息子だったら・・なんてことも考えちゃいましたし(^^ゞ

小説を読んでから見ていれば、あの
3人のラストの怪我やら病気やらも、もっとすんなりと見れて、感動のまま終われたかもなぁ~・・とちょっと残念です。
あそこで私も気持ちが途切れなかったら(^^;;) 星の数もあと1個か2個増えたたかも・・です。

そうそう、沖津飛沫君役の男の子は
ジャニーズ系で素敵でしたよね^^
ちょ~っと足が短いか?なんて、余計な事も考えたりしましたが(^^ゞ
おばさんとしては、ちょっとドキドキでした(^ー^* )フフ♪
メル  【 編集】  URL |   2008/11/24 10:07   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは!
小説の冒頭部分を勝手に私がグランブルーに・・って思ってただけで、いまだ誰もそう思った人はいないみたいです~(^^;)
個人的にグランブルーの最初のシーンがとても好きだったのと、後からあれがもしかして(実話的には)日本の九州とかだったんだ~って知って、なおのこと思い入れが・・。

あのダイビングプールですけれど、つい2,3日前のよみうり新聞に、何故かあのプールについて記事?が出てました。とても歴史のあるプールで現在も愛されているとか、なんとか。

>小説を読んでから見ていれば、あの
3人のラストの怪我やら病気やらも、もっとすんなりと見れて、感動のまま終われたかもなぁ~・・と
 いやいや・・・。小説もラストの部分はありえん!って、ちょっと冷めた目で見ていたところがありましたもん。あの展開は惜しかったかも・・

沖津飛沫君役の男の子、私も短足だ~って思いました!映画で見た時(多分私にとって初見)と、最近TVで見かける時とじゃ、なんか顔が少し変わった(整形とかじゃなくてです)かな?って思いました。今は映画で見た時より可愛らしい雰囲気になったんじゃないかな?と。まあ、いずれにしてもそれほど私のタイプでは無かったりします(^^;) 私は日本の芸能人では、オダギリジョーや、つまぶき君が好きです☆←関係無いどうでもいいことをすんません^^
latifa  【 編集】  URL |   2008/11/25 08:36   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/545-ca9a6415

『Dive!!』試写会見ました
D.D.のたわごと (2008/05/15 12:52)
昨日5月1日,午後2時からの試写会見てきました。 まさに青春映画って感じでよかったですよ。


映画 【DIVE!! ダイブ】
ミチの雑記帳 (2008/06/18 22:32)
映画館にて「DIVE!! ダイブ」 森絵都のベストセラー小説の映画化。 おはなし:知季(林遣都)は平凡な中学生。元オリンピック選手の両親を持つエリート要一(池松壮亮)の美しい飛び込みに魅せられてダイビングクラブに通っている。ある日アメリカ帰りの新コーチ(瀬戸...


DIVE!!
UkiUkiれいんぼーデイ (2008/06/19 08:51)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月14日 公開 だから・・・アソコが気になるってば! いいよぉ~なかなか、やる!!! 今月は『花男』よりも気になっていたこちらの作品!!! だってぇ~  ジュンジュンが出ているからぁ ((〃゛◇゛〃)) というこ


【DIVE!!ダイブ】
日々のつぶやき (2008/06/19 09:18)
監督:熊澤尚人 出演:林遣都、池松壮亮、溝端淳平、瀬戸朝香、光石研、蓮沸美沙子 「坂井知希はミズキダイビングクラブに通う中学生。富士谷コーチの息子の要一と違っていたって平凡な選手だったが、ある日赤字続きのMDSを救う為にやってきた麻木コーチの特訓のお陰


『DIVE!! ダイブ』
cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー (2008/06/22 23:20)
そんなに大きな期待はしていなかったんだけれど、思っていたより青春映画として楽しめたかなーという印象。5/31に九段会館での試写会で観てきました。 主人公の坂井知季はミズキダイビングクラブに通う、ごく普通の中学生。同じクラブのエリート選手、富士谷要一の高飛...


【2008-146】DIVE!!ダイブ
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008/06/29 17:44)
人気ブログランキングの順位は? 高さ10mわずか1.8秒 一瞬の空中演技に魅せられた 少年たちの暑い夏が はじまる


「ダイブ」あの夏の大きな水飛沫
soramove (2008/07/13 22:15)
「ダイブ」★★★ 林遣都、池松壮亮、溝端淳平主演 熊澤尚人監督、2008年、115分 子供のころ夕日を受けて 高い高い飛び込み台から 誰かが飛び込むシルエットを見て その田か飛び込みに憧れて始めた主人公は、 見たものを瞬時に映像として 捕らえることが出...


十代の青春
Akira\'s VOICE (2008/11/19 13:10)
「JUNO/ジュノ」 「ダイブ」 


「ダイブ!!」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2008/11/24 09:51)
坂井知季(林遣都)はミズキダイビングクラブ(MDC)に通う中学生。飛び込みを始めるきっかけ となったエリート選手の富士谷要一(池松壮亮)らと共に、要一の父で元オリンピック選手の 主任コーチによる指導のもと、練習に励んでいる。しかし、MDCは赤字経営で存続の危機。...


| ホームTOP ▲ |