「シルク」絶対ダメだと思った割には^^
評判が凄く悪かったので、ほぼ諦め状態で鑑賞。
しかし!意外と楽しめちゃった(汗)

確かに有り得ない日本の描写にはやっぱり日本人としては、違うだろー!と叫んでしまったけれど(最もそれを感じたのは、皆さん既に語り尽くされていたみたいですがお茶~膝枕シーンです)。しかしながら、日本人の俳優・女優さんが一杯出て来たり、音楽は坂本龍一だし、あちこちで日本が関係してると、ついつい「どれどれ、うむ~英語上手いじゃないか!」とか、「ははぁ~ん、やっぱり欧米人って日本女性はかくあって欲しいみたいな願望・妄想?が未だに変わってないのね」とか、映画の筋じゃない部分で楽しめちゃった。 

でもヤマトナデシコって絶対あんなお色気全面に出す芸者っぽいのと違うんだけどねー。色っぽさを隠して恥ずかしそうに、ソソとしてるってイメージが私にはあるんだけどな。
 ⇒ちなみに私は普段いたって温厚な性格ではあるのだけれど、外国で凄く怒ったことがあって、その時の回りの人達の驚きの反応が凄かったの(日本女性が怒るって図は想像があまり出来ないのか? 君は感情を表にストレートに出す、日本人らしくない人だと言われた)

それと、舞台。ここはどこぞ? フランスなのね@@。その割に英語でしゃべってるし(これが最大違和感)、時々イタリア語も混じるし、フランスの割にはイタリアっぽい街並みだし(後で解ったけどロケはイタリアもあったのね)。

それと、芦名星サンは、何~~?なんと!日本人じゃない??中国人なの?という設定にはぶっとびました。はい・・・。 だいたい彼女は、なんであんな意味深な手紙を渡したんだろ??(未だに解りません、誰か教えて下さい)

自分を待っててくれる美しくて優しいパーフェクトな妻が国にいるのに、ミステリア~スな国の口も聞いたことがない若い娘に心を奪われた蚕商人。 まあ・・・過酷な長期の旅の末、たどりつく日本。すんごく大変な旅の先にあるが故に、道ばたに咲いてたスミレがものすご~~~い素晴らしい世界一自分をとらえて離さない美しいスミレに見えてしまう・・・。みたいなのがあったのかも。(ちなみに、あの青い花の名前は知らないけど、少なくともスミレではない)
もし日本が、近い距離に位置して、行きやすかったら・・・どうだったかな? 
長期の旅の描写がアッサリし過ぎという声も多かったのは、うなずけます。でも私は、そういうシーンを長く見たいわけじゃなかったので、むしろ短めにしてくれたのは嫌じゃなかったです。結果、サクサク進んだ感じはありましたね。

★以下、露骨な表現と、ネタバレがあるので白文字にしました★
無理な話だけど、1回だけ、事をしちゃってたら運命は違ってたかも・・・。「やってみたら、別に普通だな~ こんなもんか。」ってw
でもね、ラストの手紙を奥さんが書いていた!!という衝撃的展開には、そうだったんだ・・・という衝撃が。これで★がいきなり1つアップしました(ってことは、それまでは2つ★だったのか・・・?)
妻が死んだ後、男は気が付く。遅すぎた。 妻が湖みたいなところにいたシーンを、日本の温泉でのシーンで重ね合わせていたことを。 ガーン!! 
でも、この男が病床の妻に「実は・・」とずっと違う人を心に秘めていたことを告白しようとするシーンがあって、お前!それはひどすぎだろう??と、怒りが。
以上

役所広司演じる蚕業者の原は、何故英語がしゃべれるのか? という謎は誰しもが思ったことでしょう^^ 中谷さんにしても、役所さんにしても、発音とかも凄くがんばっていて、すごいなー!って思いました。フランスの高級娼婦中谷は、カッコ良かったです。服装が似合ってなかったけど身のこなしとか立ち振る舞いがさすが!でした。あと村の少年(かわいそうに・・・)を演じた子も、なかなか良かったです。

SILK(2007/カナダ仏伊英日)
監督・・・フランソワ・ジラール
原作・・・アレッサンドロ・バリッコ 『絹』(白水社刊)
出演・・・マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ、國村隼、本郷奏多、ケネス・ウェルシュ、マーク・レンドール、カラム・キース・レニー、他。
【2008/04/10 10:28】  コメント(13) | トラックバック(12) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「ヒトラーの贋札」面白かったです | ホーム | 「卑劣な街」感想>>
コメント

こんにちは♪
もうDVDになったんですね~。
散々な評価の多かった本作ですけど、latifaさんが仰るみたいなポイントでは楽しんだと言えるかもしれません^^
ホント、一回○ってたらあんなに妄想は抱かなかったのにね(爆)

キーラはコスチュームプレイが似合うな~って思いました。
彼女があまりに不憫だったわ(泣)
彼女みたいに慎ましやかな人こそヤマトナデシコっていうイメージだよね。
外国人がニッポンに抱くイメージって微妙すぎて笑えますね~*^^*
ミチ  【 編集】  URL |   2008/04/10 19:31   |  TOP ▲ |


latifaさま、こんにちは~。体調は如何ですかー?
これね~。。典型的な「不思議の国・ジャポン」でしたね。
欧米の方が抱く幻想というか・・・。オリエンタリズム?
音楽とか映像は綺麗だったから、惜しいなぁという印象です。

普段温厚な人が怒ると怖いんですよね・・・。
「なめたらアカンぜよー!」とかタンカを切られたのかしら(まさか)。
私は結構、瞬間湯沸かし器なのですよ。温厚になりたい・・・。
ではでは、また来ますね~。
真紅  【 編集】  URL |   2008/04/10 22:37   |  TOP ▲ |


latifaさんのコメントを読んでいて、二ヶ月ほど前に見たものを遠い記憶を思い出すように思い出しました。

アジア女性に対する性的な魅力を、あんまり考えてみてなかったですが、言われてみるとなるほどなーと思いました。

存在する音楽  【 編集】  URL |   2008/04/10 23:17   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは!
これはねぇ~私はダメだったのですぅ~
全体的な雰囲気はなかなか神秘的で良かったし、音楽や風景にも癒されたんだけど・・・・
とにかく!!主役のマイケル・ピット君の表情が苦手だったわ~~~ん(泣)
彼の何を考えているのか分からん顔が(失礼・汗)、気持ちを萎えさせてしまった・・・
もっとキーラの出番があって、夫婦愛が前面に出ていたら印象が違ったかもです。
由香  【 編集】  URL |   2008/04/11 09:43   |  TOP ▲ |


ミチさん、こんばんはー!
やっぱりミチさんも、そういう部分では、楽しめちゃったんですね^^
もし、日本人の処が見知らぬ台湾俳優・女優さんとかだったら・・って考えると、やっぱり身内が出てると少し良く(楽しく)見れるようです。

>一回○ってたらあんなに妄想は抱かなかったのにね(爆)
 ふふふ☆ 

>キーラはコスチュームプレイが似合うな~って
 うん、うん、私も思います。それと、今の時代の映画よりも、ちょっと古い時代とかの方が合ってる気がするんです。

>彼女みたいに慎ましやかな人こそヤマトナデシコっていうイメージ
 そうそう!まさに、そうですよね。逆ですよね~~!!
latifa  【 編集】  URL |   2008/04/11 19:41   |  TOP ▲ |


真紅さま~こんばんは!
>典型的な「不思議の国・ジャポン」でしたね。
 うん、うん。最近少し海外の映画でも、日本を昔よりかは、若干ホントらしく描いてくれる傾向が増えて来たけど、この映画では、ダメでしたね。

普段温厚な人が怒ると怖いんですよね・・・。
 昔動物占いとかいうやつで、ゾウだったんですよ(普段温厚だけど怒るとものすごいって書かれてた・・)

でもたんか切った訳ではないし、大声出したわけでもないんですよ^^

え~っ、真紅さま、瞬間湯沸かし器なのですか??全然そんな風に感じたことないです!!
latifa  【 編集】  URL |   2008/04/11 19:48   |  TOP ▲ |


こんばんは、存在する音楽さん。
二ヶ月ほど前に見た映画って、結構なんだかんだで忘れてますよね。
私も、他の方のレビューで、また映画の内容や楽しさが蘇って来たりします。

>アジア女性に対する性的な魅力を、あんまり考えてみてなかったですが、言われてみるとなるほどなーと思いました

うはは~。それはやっぱり女性が見る視点とじゃ違って当然ですよ☆
やっぱり「日本女性」というのが全面に出てる映画だと、ついじ~~っとその辺り凝視しちゃいますw
latifa  【 編集】  URL |   2008/04/11 19:53   |  TOP ▲ |


由香さん、こんばんは。
知ってますど~ん。由香さんのレビューは既に拝見させて頂いちゃってたの☆ 

>主役のマイケル・ピット君の表情が苦手
ぐふふ。私も彼は、好みのタイプって訳じゃないわ。あの人、あんまり表情の変化が少ないのよね?
他に何の映画出てたっけ?って思わず検索しちゃった~~。で、やっぱり、あんまり記憶に残ってないんだなー(苦笑)

>もっとキーラの出番があって、夫婦愛が前面に出ていたら印象が違ったかもです。
 そうよね、キーラの出番凄く少なかったわ。 まあ日本のあの女優さんの出番なんて、想像してたより10分の一もなかったけど(^^;
latifa  【 編集】  URL |   2008/04/11 20:46   |  TOP ▲ |


おお,もうDVDに・・・
TBするときに自分の記事を読み返してみましたが
私って,結構この作品,ほめてますね~。
ロマンチックにとらえてる~~^0^
でも,半分はお世辞ですぅ。
(誰にお世辞を言ってるんだか)
一番の不満は,マイケル・ピット君が好みでなかったことと
やはり日本女性の描き方でしょうか。
反対に,好みだったのは,エレーヌの奥ゆかしさと
中谷さんが天晴れな存在感だったこと。
全体の静謐で美しい雰囲気は好きでした・・・。
なな  【 編集】  URL |   2008/04/11 22:40   |  TOP ▲ |


ななさん~こんばんは!
>でも,半分はお世辞ですぅ。 (誰にお世辞を言ってるんだか)
爆笑!!
でも、あるんですよねぇ~。私なんか、その時の自分の気分によって、ちょっと良い方へなるべく書いてあげたい・・って優しいフォロー入った記事書く時と、なんか攻撃的な気分になってここまで言うか?って位叩いてしまったり・・・。
回りでけちょんけちょんにけなされてる映画だと、なんとか良い処を見つけてあげて、そこを書いてあげたくなったりw (あまのじゃく)

マイケル・ピットって、評判今ひとつですね。良い!カッコイイって言ってる人、今の処少ししかお見かけしていません・・・。

中谷さんは、カッコ良かったです~。
latifa  【 編集】  URL |   2008/04/12 22:28   |  TOP ▲ |


(^ー^* )フフ♪latifaさんの海外でのエピソード、面白い!(笑)
やっぱり意思表示だけはちゃんとしないとね~。なに考えてるんだかわからないより、ずっといいと思います~♪

そうそう、サクサク進んだ感じはあって、そのあたりは私も良かったかな、と思いました。そのくせ作りは重厚だったので、その辺も良かったかな、と。
でも、やっぱり日本の描き方には不満もあったし、途中の奥さんの気持ちを表すところがもうちょっと見たかったかな~。あの手紙で、おぉぉ~・・そうだったのか・・・と驚いたりジーンとしたりしましたが、ちょっと唐突感があったので(^^ゞ

役所さん好きなんですが、確かに何故に彼があんなに英語が話せるのか?!疑問でした~(^^;;)
日本のあの少年も可哀想だったけど、
なかなかいい感じの役者さんでしたよね^^
メル  【 編集】  URL |   2008/09/04 08:12   |  TOP ▲ |


言い忘れ(^^;;)

リンク、どうもありがとうございましたm(_ _)m
こちらにも(すでにしてますが(^^ゞ)させていただきました♪

改めまして、これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
メル  【 編集】  URL |   2008/09/04 09:22   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは~。
外国での私事に反応して下さって、ありがとうございました(^^;)

メルさんは、ロケ地に産まれ育った訳では無いのですね。結婚後orお仕事の関係でお引っ越しされたのかな・・・。
私も今は関東に住んでいるのですが、もうここに住んで18年も経つというのに、やっぱり地元民って気が全くしないんですな~。故郷って感じもしない。多分あと10年暮らして、自分の故郷よりも長くここに住んだとしても、その感覚は変わらない様な気が・・・^^ と、映画とあんまり関係ない話をスイマセン。

リンクの件、ありがとうございました~☆
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/04 19:11   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/556-4af98d4a

シルク
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/04/10 14:36)
 『愛は運命に紡がれ、そして永遠となる』  コチラの「シルク」は、アレッサンドロ・バリッコの叙事詩的小説「絹」を国際色豊かに映画化したPG-12指定のエピック・ラブ・ロマンで、1/19公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  昨日の「スウィーニー・トッ


映画 【シルク】
ミチの雑記帳 (2008/04/10 19:23)
映画館にて「シルク」 『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名小説を映画化。 おはなし:1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕


心を残して~『シルク』
真紅のthinkingdays (2008/04/10 22:30)
  SILK  軍隊から故郷の村に帰ってきた青年エルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい女性 エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と出会い、...


SILK-絹-
存在する音楽 (2008/04/10 23:18)
シルクを見てきました。 フランス、エジプト、イタリア、ロシア、日本と場面が幾つも変わっていきます。 でも、どこの地域なのかを簡単に把握する人はそんなに多くないと思うほど、サラッと流れた感じです。 出演者の豪華さが特に際立つ訳でもなく、静かにイメージを広...


映画「シルク」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2008/04/11 00:48)
原題:SILK まるで絹の糸のように、繊細で幻想的な、これは一人の男の内に秘めたる迷い悩み憧れ、そして知る・・ゆり(Lily)の花言葉は純潔、貞操、無邪気、処女性・・ 1860年代フランス、戦場から休暇で村に戻った若き兵士のエルヴェ(マイケル・ピット)を待っ...


シルク
★YUKAの気ままな有閑日記★ (2008/04/11 09:37)
イマイチ主役に興味をそそられないが・・・まぁ~観てみようかな【story】1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは、蚕業者の原(...


シルク
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2008/04/11 22:31)
まるで音もなく降り積もる雪のように・・・高い空をゆったりと流れていく雲のように・・・・いかにも静かな物語だった。多くを語らない,寡黙な表現で紡がれているので,行間を読まなければいけないし,風景はまるで絵のように美しいので,全体の印象は,物語というよりは...


シルク
Memoirs_of_dai (2008/06/06 03:29)
妻孝行したい時に妻はなし 【Story】 1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キ...


「シルク」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2008/09/04 08:02)
19世紀のフランス。戦争帰りの青年エルヴェ(マイケル・ピット)はエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と 結婚し、幸せの只中にいた。彼の住む村では製糸工場が稼働するが、蚕の疫病が発生してしまう。 そこでエルヴェは、世界で最も美しい絹糸を吐く蚕の卵を求め極東の国、日...


【映画】シルク…コリンズ監督も観たのかなぁ?コレ??
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 (2008/09/27 17:27)
{/kaeru_fine/} タイトルはコリンズ監督ですが、ソフトバンクの王監督も辞任表明しましたねぇ。 野球{/baseball/}が好きな訳ではないのですが、福岡県の経済への影響が心配なピロEKです{/face_gaan/} 昨日{/kaeru_fine/}今季初めて長袖シャツを着ました。 私の住む北部...


夢の国の「シルクと幕末」
郎女迷々日録 幕末東西 (2008/10/10 16:23)
見ようかどうしようか、相当に迷ったのですが、シルク、幕末、フランスとお題がそろいまして、この私が、見ないわけにもいかないような気になってしまい、つい、見てしまいました………。この映画。 シルク スペシャル・エディション角川エンタテインメントこのアイテム...


『シルク』を観たぞ~!
おきらく楽天 映画生活 (2009/03/23 08:41)
『シルク』を観ました19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマンです>>『シルク』関連原題: SILK    SETA[伊]    SOIE[仏]ジャンル: ロマンス/ドラマ製作年・製作国: 2007年・カナダ/フラン...


| ホームTOP ▲ |