「キャンディ」+ちょこっと「アイム・ノット・ゼア」感想
最近、ボブディランを数人の役者さんが演じる「アイム・ノット・ゼア」を見たものの、みごとにおいてきぼりをくらってしまい、異様に2時間が長く感じてしまったんです・・・・。
有名な役者さんが勢揃いで凄く豪華だったのだけれど、そもそもボブ・ディランのことは彼のヒット曲や有名なエピソードを知っている程度・・・。もっと彼のファンとか、彼のことを良く知っているorこの時代に生きていた(物心ついていた以上の年代)人ならば楽しめたんだろうなあ・・・と、思いました。
この映画を見る最大のお目当てだったケイトブランシェットは女性なのにもかかわらず、そっくりでビックリしたし、ベン・ウィンショーは短い出演時間ながら、殺気だった眼光が印象的だったし、ヒース・レジャーが出ているとは!(妻役にはシャルロット・ゲインズブール)、で。強引に、ヒースレジャーが両方出演してるってことで・・・(^^;) 以下はキャンディの感想です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
can
しょうもない2人。愛してるっていうのは、嘘ではなかったのかもしれないけれど、彼らの中の1番がドラッグで、2番目がキャンディ・ダンって順番だったのかな?って風に思ったり・・しました。
正直、しょうもないなぁ~~って中盤まで見ている自分がいて、でも妊娠したことで、ドラッグを絶とうとがんばったのに、流産・・・(しかも、普通に出産してた姿が、見ていて凄く可愛そうだった(T_T))

キャンディには、何も欠点や負い目が無い様に見えて、母との確執が6才の時からあった・・・って設定だったのだけれど、惜しくは、その部分を、もっと実感させてくれるエピソードがあったなら、良かったのにな・・・、キャンディがドラッグで現実逃避をしてしまうというのがビシバシ納得出来たのにな・・・って思いました。

それにしても、あんな男と交際してるとか、結婚とかって紹介されても、日本なら、普通、両親は許さないわな・・・。でも、許しちゃう・・っていうのに、ちょいと唖然。勘当されて2人で勝手に入籍っていうならまだしも・・・。
でも、普段にこやかだったお父さんも、胸を常に痛めていたのよね。
入院先に来たダンに「娘だけが心配だ」って言ったシーンが印象的だった。

内容はドラッグものがあんまり実感として解らないのもあって、好みのジャンルではないのだけれど、
この映画の冒頭の、ぐるぐる回るシーン初め、プールのシーン他、全体的に映像が透明感があって、キラキラしていて綺麗なのですよ。それプラス音楽も控えめなんだけど、良い感じの物寂しげだけど、心の琴線に触れる感じで、それらに救われながら鑑賞出来たって感じでした。

えっ・・と思ったのは、「女達は、マッチョな男が好みだろ?」ってセリフがあるのです。
俺はマッチョじゃないから、女好みじゃないし・・・って事よね? え~~っ・・・私から見れば、ヒースレジャーって充分マッチョな部類なことにビックリ。そうか・・・アメリカでは、あれはマッチョじゃないのね?と・・・。でも、キャンディが体を売ってるのに、ダンはやらないっていうのは、ずるいぞ、って思っちゃった。ヒースレジャーが演じてたせいか、非常にダメ男なんだけど、どこか憎めない感じはあった。
惜しい役者さんがいなくなってしまいました・・・・とても残念ですね・・・。

キャンディ(2007年 オーストラリア映画) 監督 : 二ーム・アームフィールド
ジェフリー・ラッシュ ヒース・レジャー  トニー・マーティン ノニ・ハズルハースト
【2008/05/14 11:14】  コメント(26) | トラックバック(19) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「ぼくの大切なともだち」感想 | ホーム | 「約束の旅路」ブラボー!3人の母>>
コメント

latifaさんー

わたしもupしました~
わたしもドラッグ関係の破滅的映画って好みじゃないんだけど、これはなかなか良かったです。
ヒース、なんだか今見ると本人とかぶってみえて切なくって、、、(泣)
mig  【 編集】  URL |   2008/05/14 11:36   |  TOP ▲ |


migさん、コメントとTBありがとうございます~(^O^)
そうなんですよね・・・私もそうでした。今見ると、本人とかぶって見えちゃいました・・・
ドラッグって、本当に怖いですね・・。絶対手を出さない様にせねば・・・。私、結構意志が弱いところがあるから、一度ハマると泥沼・地獄になってしまうわ~
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/14 12:07   |  TOP ▲ |


僕も、「アイム・ノット・ゼア」、置いてけぼりを食らわされましたwはっきり言って、意味分からない!面白くない!、、と思うのはやはり、latifaさんの言う通り、ボブ・ディランを知らないからでしょうね。知っていたら面白かったかもしれない。しかし!wもし知っていたとしても、この作品は面白くないのではないか、なんて思ってしまうのですが、どうでしょう?構成が雑で、まとまりがない。と、そう思いません?
俳優の演技はまぁよかったかなぁ、と思います。ケイト・ブランシェットのあの存在感。抜群にかっこいい。すごい!
そして、ヒース・レジャー。この人やっぱりかっこいいですね。亡くなったことが実に悔しいです。
マキシ  【 編集】  URL |   2008/05/14 16:12   |  TOP ▲ |


latifaさま、こんにちは~。
『アイム・ノット・ゼア』ダメでしたか~。。これもTBさせて下さいね。
私は、自由でユニークな映画だなって思いました。

『キャンディ』はね、やっぱり今となってはヒースの身に起きた悲劇と切り離して観るのは難しいですね。。
沢木耕太郎さんが、この映画について美しい文章を書いて下さってました。
何者も損なうことなく、青春を生きたものがいるのだろうか・・・、みたいな感じで。
ああ~、やっぱりどんより・・・してしまいますね。
気を取り直して、また来ますね~。
真紅  【 編集】  URL |   2008/05/14 17:08   |  TOP ▲ |


こんばんは!
latifaさん、元気になりましたよ~
お見舞いコメントどうもありがとうね~♪

『アイム・ノット・ゼア』ですが、豪華キャストだから観たいなぁ~と思ったのですが、、、イマイチのようですね~コチラでは上映がないので、のんびりDVD待ちをします。

で、キャンディですが、、、しょうもない二人でしたよね~
元々ドラッグ物は好きなジャンルではないのですが、コチラもやっぱりしょうもなくって、、、
でも、ヒースとアビーの演技は良かったですね。
アビーなんて、演技が上手くってビックリでした。これから活躍しそうだなぁ~
ヒースにはこれからがなくて悲しいですね、、、

で、しょうもない、、、と思って観ていたのですが、不思議に最後まで惹き込まれました。出産シーンでは涙が出たし、後半はやっぱり頑張れって気になっちゃった。
ジャンキーの二人を美化していたわけではなくても、何だか美しさもありましたしね~
ラストはなかなか良かったです。
ちょっと希望が持てる終わり方でした。
由香  【 編集】  URL |   2008/05/14 19:12   |  TOP ▲ |


マキシさん、こんばんは!
マキシさんも「アイム・ノット・ゼア」で置いてけぼりを食らわされたなんて、ほっとするやら、嬉しい?やら・・(*^_^*)
意味分からなかったです・・。親切な映画では無いことは間違いないですよね。基本的に、監督の「解る人だけ解ってくれれば良い」(←本当はそう思ってないのかもしれないけれど)的な映画は、苦手な事が多かったりするんです・・・。

もし、知っていたら・・・?どうだったか?って事ですが、多分そういう人というのは基本的に凄くディランのファンorあの時代、ディランの音楽と共に過ごして来て、もの凄い思い入れがある人となると、内容さておき、こういう映画が出来た!って事だけでも、満点あげたい気分なのかも・・・と推察・・・。

ただ・・・それほどボブディランのことを知らない人でも、凄く良かった!って言ってらっしゃる方も沢山いるわけで・・(いまいちだった・・って人よりも、こちらの意見の方が大多数と感じてます)

ケイト・ブランシェットは、カッコ良かったですよね。
ヒース・レジャーは、ディランの役なのに、ヒースレジャーって感じがしちゃいました^^
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/14 21:24   |  TOP ▲ |


真紅さま、こんばんは~!
『アイム・ノット・ゼア』ダメでした・・・・残念です・・・。がっくり肩を落としてしまいました・・・まさかこれほどまでに、かやの外状態におかれてしまうとは想像もしてなかったので、頭の上で、ガーン!と音がしてました(爆)

>私は、自由でユニークな映画だなって思いました。
 うん、うん。それは感じました。多分、この映画は、感覚的な映画なのかもしれないなぁ~と思ったりします。
(例えば何かの美術展に行って、パズルの様に散りばめられたあるオブジェを見た際に、人によって、好き、嫌いがあるように・・・)

>沢木耕太郎さんが~~何者も損なうことなく、青春を生きたものがいるのだろうか・・・
 うっ!なんかグッと来ますねー。確かにそれは言えてますよね。
ただね、こんな事言っちゃなんですが、この映画の主人公が10代なら、そういう点で若気の至り?として、引っかかり無く見れたのですが、あの2人が30近い20代に見えたんです・・(本当は何歳の設定でしたっけか・・?) 結構大人なのになぁ・・・なんて、ちょっと思っちゃって 汗)
でも、20代も充分若いし、青春時代に入れられるのでしょうけれども!
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/14 21:32   |  TOP ▲ |


由香さん~こんばんは!
おおお~復活が早い(^O^) 思ったより軽かったのかな?良かったです!!

『アイム・ノット・ゼア』う・・・最近になく、良く解らない映画で、ショックでした・・。でも、そういう意見よりも、良かった!っておっしゃってる方の方が多いみたいです。由香さんの感想、レンタルで鑑賞後、楽しみにしています☆

>ヒースとアビーの演技は良かったですね。
 うん、うん。アビーは、すごく綺麗な人だなぁ~って思いました。オーストラリアの女優さんなのですね。私はオーストラリアの金髪美人といえば、何故かオリビアニュートンジョンを連想してしまうんです(古っ!!)産まれて初めて、オーストラリアって、こういう人がいる国なんだー!って思った最初の外国人スターが彼女だったものでw

それにしても、外貌にしても、暮らしぶりにしても恵まれている白人・金髪のアビーでさえ(多分ヒース演じるダンも)心の隙間に、ドラッグが入って来るくらいだもの・・・。もっと暮らしが大変だったり、不満や絶望を抱えた人なら、たやすく手を出してしまうんだろうなあ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/14 21:43   |  TOP ▲ |


こんばんは~
コメントありがとうございました。
「アイム・ノット~」は,あちこちで皆さんのレビュー拝見すると
「ディラン通のひとだけにわかればいい」と思って作られたのか?と
ひがみたくなるような難解さがあったようですね。
ヒース主演だけど,う~ん,DVDになっても食指が動かない作品かも。
キャンディは,よかったです。
そう,ヒースは,マッチョじゃないんですよね。
ブロークバック~の撮影のときでも,リー監督が「もっと筋肉つけて」と要望したのに
ヒースは断ったそうですから,本人がマッチョ主義じゃないのかな。
ジェイクと対照的ですね,その点は。
なな  【 編集】  URL |   2008/05/14 21:47   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは♪
私も『キャンディ』見ました~

いや~、あのキャンディの姿は娘を持つ親としてはゾッとするものでしたねぇ・・・
母と仲が悪いだけであんななっちゃうのかしらぁ・・・
だったらうちもかなりヤバイかもぉ(´0`;)
non  【 編集】  URL |   2008/05/15 09:14   |  TOP ▲ |


そうですね、親切な映画ではないですね。かなり同感ですwもっと分かりやすく、ボブ・ディランを伝えてほしかった。難解です。
そうですよねぇ、こうゆう映画が出来た!って言うだけで嬉しいでしょうね、やっぱり。僕で言えば?ミスチルの伝記映画が出来て嬉しい!みたいなかんじ?違うかな?w
へ~、そうなんですかぁ、良かったって言っている人のほうが多いんですね。ベルリンでも評価されましたしね。
ほんとですね。ヒース・レジャーはボブ・ディランではなかったですね。でも、彼は存在感ありますね。本当にかっこいい^^
マキシ  【 編集】  URL |   2008/05/15 11:12   |  TOP ▲ |


latifaさん   チャオ~★

相変わらず仕事が忙しくて・・・(
泣)  ところで、私も見たのよ~!!この映画★『アイム・ノット・ゼア』の方ね。 友人と4人で見たけど、皆の感想がlatifaさんと一緒で「良く解らなかった」だったんですよ。 私も眠くなってきちゃってウトウト・・・って(笑) 確かにケイトが良かったですね♪ それと私は、出番は多くないけど、ベン・ウィンショーも印象に残りましたね~。挙動不審っぽくて、やはり「パフューム」の時といい、目が印象的な人だよな~と。
私もlatifaさんと同じで、ボブディランってあんまり思い入れがないんですよ~ 私達の世代ではないですものね・・・だから感情移入も出来ないしな・・・ 若かりし頃 よく聞いたアーチストとかなら胸キュンもので見れたかもしれないな~~ ホントわけわからん状態でした(汗)
レナ  【 編集】  URL |   2008/05/15 17:43   |  TOP ▲ |


ななさん、こんばんは!
>「ディラン通のひとだけにわかればいい」と思って作られたのか?と
ひがみたくなるような難解さがあったようですね。
  やっぱり、そういう風におっしゃっている方も少なく無いのですね。ちょっとほっとします♪

ヒース主演とはいえ、シャルロットの方がより多く映ってる?というか、ヒースよりシャルロットに重きを置いてる雰囲気がありましたよね・・・。

>ブロークバック~の撮影のときでも,リー監督が「もっと筋肉つけて」と要望したのにヒースは断ったそうですから,本人がマッチョ主義じゃないのかな。

えっ!そうなんですか?そんなエピソードがあったんですね。いや~私から見れば、これでも充分マッチョって思っていたのですが、アメリカじゃ、やっぱりあの程度では、マッチョじゃないんですね@@
それじゃ、日本の細身の男性は、アメリカでは、どんな風な感じなんでしょうかね?!
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/15 18:52   |  TOP ▲ |


nonさん、こんばんは~!
よくぞ言って下さいました。そうですよねえ、、、あの映画の母がブツブツ言ってるシーン。確かにピリピリした母なんだな~とは思いますけれども、あれだけじゃ。。。ね。(例えばケーキに添えるクリーム泡立てで・・のシーンくらいじゃ、あの程度の言い争いは、ありがちな程度では・・?って思っちゃった・・。
あの母親が酷かったせいで娘がおかしくなった、って程には実感出来なかったんですよー。だから、もっと、母と娘の確執部分を見せてもらえたらな~って思ったわー。
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/15 18:57   |  TOP ▲ |


マキシさん、こんばんは!
私もマキシさんと同じです。もっと分かりやすく、ボブ・ディランを伝えてほしかった。
どっちかと言ったら、もう彼をリアルタイムで知っている人よりも、彼を知らない世代の人達の方が多いと思うんですよ。それなのに、こんな風な不親切な描き方じゃ、ついて行けない人が出て来るのは当然かなあ・・・って。

マキシさんは、ミスチルを例えに出されましたね^^ そういう風に自分のお気に入りのアーティストさんを、置き換えてみると、それだけで嬉しいという気持ちは解る気がしますよね。
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/15 19:05   |  TOP ▲ |


レナさ~~~ん(*^_^*) こんばんは!相変わらずお仕事忙しいのね。まだ同僚さんは復帰されてなさそうですね・・・。先は見えて来ているのかな・・・?早く元通りになると良いネ^^
で、わーい!レナさんも札幌で『アイム・ノット・ゼア』見てたのねー。
で、お友達含め全員が撃沈ね・・・(*^_^*)  嬉しいナ(喜んでどうする・・?w)
実は私も途中ウトウトしちゃって(爆)しっかり2時間目を見開いて見てた訳じゃないの・・・汗) 見逃してる所があると思う。

ケイトは、こんなカッコイイ女性が女子校の先輩なんかにいたら、好きになる女子がいてもおかしくない!なんて思っちゃいましたよw
ベン・ウィンショーも印象に残りましたね~。挙動不審っぽいところが、素敵でした~☆

そうなのよね・・・。ちょっと世代がズレてるんだよね・・・。映画の最後にかかった2曲は知ってるけれど、それ以外の曲は知らなかったし・・・。
音楽って、その時代の背景とかと、凄く深いかかわりがあるからね・・。この人の場合は、歌詞にメッセージ性があって、それに惹かれる人も多かっただろうし、英語がわからない私には、それほどふと流れて来て、ガツンと来るわけでもないしな・・・・。さて、どんな歌詞なのかな?って本腰入れて読んでみないと解らないから、だから、私は洋楽は、歌詞よりも断然メロディ重視なんだー。
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/15 19:12   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは。

正直「アイム・ノット~」は、ファンの方以外には、退屈な部類だと思います(苦笑)
途中退場者もいたし…
覚悟してたので、役者さんの演技だけを楽しませてもらいました(笑)

「キャンディ」は、ホント!
ど~しようもない二人ですよね!!
やる事なす事全てにイライラさせられたけど、役者は上手だし描き方も上手かったですね。
きっと立ち直って未来があると思いたいです。
オリーブリー  【 編集】  URL |   2008/05/16 17:30   |  TOP ▲ |


こんばんは~♪
一夜明けてのんびり過ごしております。
いくら手抜き料理とはいえお客さんってやっぱり疲れますよね。

この二人、愛しあってたとはいえ、優先順位はドラッグより下に見えて仕方なかったの。
キャンディが身体を売ってるのにそれを黙認してしまうダンにムカついてしまいました←単純~
あの大学教授の態度もどうかと思ったわ。
若い二人が落ちていくのを止められなくて、しかも自分も・・・だったでしょう?
ドラッグ題材の映画ってイマイチ批判的な視線ばかりで見てしまうのよね・・・。

「アイム・ノット・ゼア」はもうすぐ公開されるのだけど、あまり期待しないで見るように心がけますね!
ミチ  【 編集】  URL |   2008/05/16 20:06   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。お体は大丈夫でしょうか?!ゆっくり休養して完治させてくださいね。
実はわたしもこのところ急な発熱でヘロヘロしており、ようやくPCに向えるようになったので来訪してみれば…。ともかくお大事に。

ヒースつながりの記事ですね。読んでいてじんわりきてしまいました。
『アイム・ノット・ゼア』はlatifaさんとまったく同じです。ボブ・ディランのファンのための映画でしたね…。
『キャンディ』は、あのきらきらした冒頭、わたしも魅了されてしまいました。だからこそ転落していく過程が辛くもあったけれど…。
ふたつTBさせてもらいます♪
リュカ  【 編集】  URL |   2008/05/18 16:40   |  TOP ▲ |


オリーブリーさん、こんにちは!
お返事遅れてしまって、すいませんでした!!
オリーブリーさんのレビュー、拝見させて頂きました^^
でも、なんだかんだ言いつつも、オリーブリーさん、映画への愛があるな~って思いました☆。

えっ・・途中退場者もいたんですか?そうかあ・・・。確かに、長いですしね・・。
私も途中からは、筋を追う?のは放棄、役者さんの演技だけを楽むことにしました^^

「キャンディ」は、ど~しようもない二人、って、そのまんまの映画でしたよね(^^;

>やる事なす事全てにイライラさせられたけど、役者は上手だし描き方も上手かったですね。
 そうです。それがなかったら、見てられんぜー!って映画になってたかと・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/19 10:38   |  TOP ▲ |


ミチさん~ご心配andご自重して下さったなんて、ありがとうーー!!
いやぁ~まいりました。先月も風邪でダウンしたばかりなのに、また1月も開けずに、今度は扁桃腺だもの・・・ガックリです。なかなか元気にならないので、またこの後、耳鼻科に行ってきまーす。元々4,5月はどうも私のツイてない月?っぽい気がするわ~。

ミチさんも、お客様訪問、お疲れさまでした!疲れますよね~。嵐が去った後のように、どっと来るというか^^

>この二人、愛しあってたとはいえ、優先順位はドラッグより下に見えて仕方なかったの。
 いや、そうでしょう!優先順位は、1位ドラッグでしたよね!

>キャンディが身体を売ってるのにそれを黙認してしまうダンにムカついてしまいました
 私も、そして普通の女性は、同じ気持ちだったと思うわ~。私はそれよりか、キャンディだけが身体売ってるのはズルいから、ダンも売ってみたら?って話しになったら、逃げる逃げる(爆) 挙げ句の果てに「お前は男相手だし、楽じゃないか」みたいな、正確なセリフは忘れちゃったけど、とにかく、ダンがそういう風に言うのを聞いて、オイ!!いーかげんにせぇよ!って思っちゃった。

あの大学教授、好かんかったわ~。
お利口そうで優しい雰囲気を漂わせてるけど、ダメ、ダメ!!

「アイム・ノット・ゼア」
行かれるのですね? 是非先にボブ・ディランのこと一杯情報を入れて行くのがお薦めです!
でも、ミチさんのことだから、ぬかりは無いかも・・・
というか、既にボブディランの事凄く良くご存じかもしれないな^^
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/19 10:47   |  TOP ▲ |


リュカさんも、ダウン中だったなんて~~我らはお仲間ですね!!(と、いきなり元気に握手を交わす)

それが、すぐには良くならず(年のせいか・・(-_-))今さっき、耳鼻科に行って来たところです。
だるいというのに、2時間もかかってしまい、疲れてしまいましたー!!
まぁ、それだけ、このところの温度差でやられちゃった人が多いという証拠でしょうか・・。

>『キャンディ』は、あのきらきらした冒頭、わたしも魅了されてしまいました。だからこそ転落していく過程が辛くもあったけれど…。
  そうですよねー。あのキラキラ感があるから、転落ぶりがなおのこと際立つというか・・・。

ところで、私ってば、もしかしたら、リュカさんのところに間違って2回TB送っちゃったかもしれません。
キャンディは最初送った時、反映されなかったので良いとして、アイム・・の方は、確か最初で反映されてたのに、キャンディのついでに、またやっちゃった気が!!
もしお手数おかけしちゃってたらスイマセンでした。
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/19 14:31   |  TOP ▲ |


すみません!「キャンディ」、「アイム・ノット・ゼア」とは全く関係ないのですが、いや全くってことはないかな?昨日、「チョコレート」というハル・ベリー主演の作品を観ました。そこにヒース・レジャーも出演していて、どんな演技をしているのだろう?と興味津々でしたが、やはり、いい演技、していました。素晴らしかった。心から、天賦の才を感じました。そう考えると、急逝がものすごく惜しい!そんなこと誰もが承知でしょうが、僕は昨日初めてそれを「実感」しました。悲しいなぁ。
すみません。関係のないことを、、。誰かに言いたかったんです。
マキシ  【 編集】  URL |   2008/05/21 11:31   |  TOP ▲ |


マキシさん、こんにちは!
う~~~せっかくコメント下さったのに、反応出来ない我が身が悔しい・・・。
チョコレート、なんと!未見なのです。見たい見たいと思っているうちに、チャンスを逃し、なんだかんだとまだ見れていないんです。
今度やっぱりレンタルして是非見てみますね!
本当にすいませんでした~。
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/21 17:27   |  TOP ▲ |


いえいえ、そんなに謝らなくてもいいですよ。何かこちらこそ、ごめんなさいw
「チョコレート」、とてもいい作品なので、期待してください^^
マキシ  【 編集】  URL |   2008/05/21 20:23   |  TOP ▲ |


マキシさん~いやいや、せっかくこういう風に訪問してくださったのに(凄くこういうの嬉しいのです)、反応出来なかったのが残念で~~~。
はい!必ず見てみますね♪
latifa  【 編集】  URL |   2008/05/22 08:34   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/571-1f67a117

DVD簡単レビューまとめて7本☆
我想一個人映画美的女人blog (2008/05/14 11:36)
今日は、今年に入ってから今日に至るまで、観たけど日にちが経っちゃって書かなかった、 もしくはレビューするまでもなかった映画のかんたんレビュー、まとめて。 タイトルクリックで公式サイトへ飛びますー。 ブレイブワン  {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}4/10...


Candy キャンディ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/05/14 13:41)
 『きみを  あきらめることより うしなうことが  こわかった』  コチラの「Candy キャンディ」は、儚くも美しく刹那的なまでに愛し合うジャンキーのカップルを描いたR-15指定のオーストラリア映画で、9/22に公開となっていたのですが、もちろん観て来ましたですよ...


アイム・ノット・ゼア
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/05/14 13:41)
 『詩人・無法者<アウトロー>・映画スター・革命家・放浪者・ロックスター 全てボブ・ディラン 6人の豪華キャストが演じる、生ける伝説』  コチラの「アイム・ノット・ゼア」は、まさに生ける伝説、っつ~か生ける神様?ボブ・ディランをモデルにした6人の人物を6


こわれゆくものたち~『キャンディ』
真紅のthinkingdays (2008/05/14 17:00)
 CANDY 「私たちはジャンキー、私は娼婦、彼はロクデナシ」  詩人志望のダン(ヒース・レジャー)と画家志望のキャンディ(アビー...


He is there.~『アイム・ノット・ゼア』
真紅のthinkingdays (2008/05/14 17:01)
 I\'M NOT THERE  音楽界の生ける伝説、ボブ・ディランの半生を、6人の俳優によるアンサンブル で独創的かつ多面的に、時間も空間も飛び越...


キャンディ
★YUKAの気ままな有閑日記★ (2008/05/14 18:58)
レンタルで鑑賞―【story】強い愛で結ばれる詩人志望の青年ダン(ヒース・レジャー)と画家の卵キャンディ(アビー・コーニッシュ)。ダンはヘロインの常用者で、やがてキャンディも危険なドラッグの世界に足を踏み入れていく。2人はドラッグを手に入れるために身の回りの...


キャンディ
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2008/05/14 21:40)
DVDで鑑賞[E:cd] キャッチコピーは「ドラッグに溺れて愛し合い,傷つけあった恋人たちを描く,鮮烈なラブストーリー」・・・・正直,やりきれないほど痛ましいお話だった。舞台はオーストラリア。恋人たちの名は,キャンディ(アビー・コーニッシュ)とダン(ヒース・レ


『キャンディ』
Sweet*Days** (2008/05/15 09:15)
キャンディ(2008/02/22)ジェフリー・ラッシュ、ヒース・レジャー 他商品詳細を見る 監督:ニール・アームフィールド CAST:ヒース・レジャ...


アイム・ノット・ゼア♪6人のボブ・ディラン
銅版画制作の日々 (2008/05/15 19:07)
6人のキャストが演じる、それぞれのボブ・ディラン 5月8日、京都シネマにて鑑賞。そういえば、ボブ・ディランは今も健在なのだ!実は私もボブ・ディラン世代?でもファンではなかったが。日本のフォークシンガーにとっては神様のような存在だったので、彼のことを歌に...


キャンディ
心のままに映画の風景 (2008/05/16 17:17)
詩人志望のダン(ヒース・レジャー )と画家の卵キャンディ(アビー・コーニッシュ)は、ひと目で恋に落ちる。 ダンはヘロインの常用者で、...


アイム・ノット・ゼア
心のままに映画の風景 (2008/05/16 17:17)
1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、 病床の本物のウディに会いに行く。 社会派フォーク歌手として人気が...


映画 【キャンディ】
ミチの雑記帳 (2008/05/16 19:55)
映画館にて「キャンディ」 自堕落で刹那的な生活を送る男女の愛を描いたラブストーリー。 おはなし:詩人志望のダン(ヒース・レジャー)と画家の卵キャンディ(アビー・コーニッシュ)。ダンはヘロインの常用者で、やがてキャンディも危険なドラッグの世界に足を踏み入...


アイム・ノット・ゼア
菫色映画 (2008/05/18 16:42)
2007年 アメリカ 監督:トッド・ヘインズ 出演:ケイト・ブランシェット クリスチャン・ベイル リチャード・ギア    マーカス・カール・フランクリン ヒース・レジャー ジュリアン・ムーア    ベン・ウィショー シャルロット・ゲンズブール 6人の俳...


キャンディ
菫色映画 (2008/05/18 16:43)
キャンディジェフリー・ラッシュ ヒース・レジャー トニー・マーティンノニ・ハズルハースト ジェネオン エンタテインメント 2008-02-22by G-Tools ダンとキャンディは恋人同士。 何もかもが輝いていた。この世は天国だった。 けれどそれは地に足をつけ、やがて地獄...


『キャンディ』\'06・豪
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2008/05/26 09:56)
あらすじダンとキャンディの二人は、出会ってすぐに恋に落ちた。ヘロインを服用していたダンにならい恋人のキャンディも中毒者になっていく。やがてヘロイン欲しさに売春を始めるキャンディ。麻薬で身を滅ぼしていく二人だったが・・・。感想♪ソバカスなんて、気にしない...


映画『アイム・ノット・ゼア』を観て
KINTYRE’SDIARY (2008/06/22 15:28)
44.アイム・ノット・ゼア■原題:I\'mNotThere■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:136分■字幕:石田素子■鑑賞日:5月1日、シネマライズ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:トッド・へインズ□脚本:オーレン・ムヴァーマン□


「キャンディ」
★☆ひらりん的映画ブログ☆★ (2008/09/27 03:29)
ひらりん大絶賛の「ダークナイト」のヒース・レジャー繋がりで1本。 「映倫 R-15」指定だったので上映館が少なかったのか・・・ すっかり見逃してた作品。


『アイム・ノット・ゼア』'07・米
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2009/08/10 21:32)
あらすじ1959年、ギターを抱えたウディと名乗る黒人少年が貨物列車に飛び乗り、病床の本物のウディに会いに行く。社会派フォーク歌手として人気が出たジャックだがシーンから消えた20年後、牧師としてキリスト教の布教にいそしんでいた。伝記映画の主役を演じ成功し...


『アイム・ノット・ゼア』を観たぞ~!
おきらく楽天 映画生活 (2009/12/06 22:34)
『アイム・ノット・ゼア』を観ました『エデンより彼方に』などの鬼才トッド・ヘインズが、構想から7年をかけて挑んだボブ・ディランの伝記映画です>>『アイム・ノット・ゼア』関連原題: I'MNOTTHEREジャンル: ドラマ/音楽/伝記上映時間: 136分製作国: 2007年・...


| ホームTOP ▲ |