「ぼくの大切なともだち」感想
ダニエル・オートゥイユ(「あるいは裏切りという名の犬」の酷い目に遭う側のオジサマ)が、親友を求めて?奔走する、ちょっとコメディタッチのフランス映画。
「あなたに親友はいますか?」というテーマが興味をそそられ、かつ、パトリス・ルコント監督映画だというのもあって見てみました。
ami
凄く面白い!!って程ではないけれど、結構私は心で笑っちゃうシーンも色々あったり、アリャリャ~!って頭をかかえたくなるシーンもあったり、楽しかったです。

丁度今、アメリカの余命少ないオヤジ2人が友達になる・・・という「最高の人生の見つけ方」が上映中ですが、こちらも結構年のオヤジ2人が友達になるお話なんですよね。で、あんまりお金持ちじゃない側がが、クイズにたけてるっていうのも偶然同じでw  
でも、「ぼくの大切なともだち」は、別に誰が死ぬわけでもないわけですが^^。

学生時代と違って、50才くらい・・(なのかな?)の仕事人間の男性の多くが「あなたには、本当に困った時に助けてくれる、朝3時に電話をかけられる、そんな親友がいますか?」なんて質問されたら「います!」と即答出来る恵まれた人は日本男性(女性も)それほど多くないのではないかな・・。それどころか、この映画を見ながら、「自分もそういえば友達いないかも・・・」って思ったりする人も少なく無い気がする。

一番笑えたのが、陽気で人あたりの良いタクシー運転手のパトリスから、色々コツを聞いたりして、社交的になるためにフランソワが無理して微笑みを作ったり、その辺の人に話しかけたりするシーンでした。昔の学生時代の友達に会いに行ったものの冷たくあしらわれたりとか、可哀想だけど、ちょっと可笑しいエピソードもあったりして。

★以下ネタバレです 白文字で書いています★
2人が仲良くなって良い感じになってきたな・・・と思っていた矢先、壷を盗んだふりをしてくれ・・とフランソワに懇願され、しぶしぶ請け負うパトリス。屋敷にそっと忍び込んだら、電気がぱっとついて、そこにはフランソワの仲間の面々が待ちかまえており・・・。その時のパトリスが可哀想だったな・・・。
で、そのあたりまでは面白かったんだけど、いきなりラスト20分で、クイズミリオネア?みたいな有名番組の出演シーンが。ここが思ったよりもかなり重きをおいていたのには、ちょっとビックリ。
億万長者になれて良かったには良かった。うん。良かったんだけど、なんか微妙に期待していたようなオチではなかった様な・・・。なので、★は辛口に3つ★半~4つ★ということで。
以上

ぼくの大切なともだち MON MEILLEUR AMI/2006年
監督: パトリス・ルコント
キャスト ダニエル・オートゥイユ ダニー・ブーン(戦場のアリアに出演されていたそうなんだけど、どの役をやった人なのか解りません!誰か解る人いたら教えて~) ジュリー・ガイエ
【2008/05/21 17:23】  コメント(10) | トラックバック(14) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「バーバー吉野」感想 かもめ食堂の監督デビュー作 | ホーム | 「キャンディ」+ちょこっと「アイム・ノット・ゼア」感想>>
コメント

こんにちは♪
久しぶりにこちらにお邪魔しま~す!

友達って難しいよね。
こちらが「親友」って思ってても、あちらは「普通の友達」って思ってるかもしれないし、小学生じゃないんだからそんなこと口に出しては聞けない(笑)

フランソワの誕生日なのに「おまえの葬式になんてくるやつはいない」って言うのも酷いって思わなかった?(それは最後に仕掛けだったってことが分かるから良いようなものの)
あと、ツボを盗みに来るブリュノをみんなでワイン片手に待ち構えていたのも酷かった。
フランス人ってかなりキツイ人種なのかしら??

フランソワの言動を見ていると、友達がひとりもいないっていうのも分かる気がしたけどね(笑)
お金で友情を買おうとするところなんかは根本的なモノが違うだろう~って殴りたくなったわ。

ミリオネアのエピソードの盛り上がり方はフランス映画らしからぬ気がしたの。
私もあんな流れになるとは思っていなかった。

私はクイズ大好き人間で、ミリオネアも好きで、友人に「絶対に出場してちょうだい!そしてテレフォンは私に繋いでね」ってよく言われていたのを思い出してたんです(笑)
ミチ  【 編集】  URL |   2008/09/13 16:00   |  TOP ▲ |


ミチさ~ん、ミチさんちも(ち、とかつけて違ってたらスイマセン)クイズ番組好きなんですね^^ 家もクイズ番組好き♪しょっちゅう見てます。家族の中で誰が先に答えられるか?って事で競ったりしてます(^^;) 毎週欠かさず見てるのは平成教育委員会かな。この前は、高校生ウルトラクイズ(優秀な高校選抜の)なんかがすっごかった!ミチさんは、ご覧になってなかったかな・・・。

で、そんなクイズ大好き家族ではあるものの、みのさんが嫌いなので、ミリオネアは殆ど見た事がなかったのよ~。だから反応出来なかったの・・・。

で、フランス人のキツいジョーク・・ジョークとは言えないほどの・・・は、国民性なのかなあ・・。私もその辺り、どうなのかな?って興味があるんですが、回りにフランス人が皆無なんで、確かめようが無いんです(^^;)

PS 魔王終わりましたね。なんか最終回でやるんだろうな・・って思っていたエピソードとかも、結局やらなくて(ナイフの刺さる瞬間の事とか・・・)なんだかやっぱり11回で少なかったせいか、消化不良気味だったなあ・・。
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/14 13:07   |  TOP ▲ |


これ、なかなか好きなタイプの映画でした~♪^^
笑えて、ちょっとジーンときて、まじですか?!ってところもあって(^^ゞ
ちょっと教えてもらう部分もあったし、展開が読めないこともなかったですが、なかなかいい物を見たかな、って思いました^^

そうそう、私もクイズ番組、好きですよ~(^▽^)V
でも、みのさん嫌いなので(きっぱり!)ミリオネアはあまり好きじゃなかったんですよね~(^^;;)

この映画ではミリオネアに彼を出してあげるようにフランソワがあのディレクター(?)に働きかけて、彼の夢を実現させてあげたところが好きでした♪

学生時代から続いてる友達には、本当に”友達”と言える人がいる・・と自分では思ってる(^^ゞ、けど、大人になってから作る友達ってのは難しいですよね~。それもこの映画のばあい50過ぎてましたもんね(^^;;)
メル  【 編集】  URL |   2008/12/16 16:38   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは~!
わーい(^O^)メルさんも、クイズ番組好きandみのさん好きじゃないのね?^^
最近クイズ番組凄い多いですよね。私は、お馬鹿な回答を楽しむ系のクイズ番組は好みじゃなかったりするの。

>この映画ではミリオネアに彼を出してあげるようにフランソワがあのディレクター(?)に働きかけて、彼の夢を~
 うん、うん、そこ良かったよね!!
ほろっとする処も、笑えるところもある、なかなか良い映画だったな~って思います。

私ね、昔フランス語を(NHKの教育TVで)3、4年勉強したことがあって、そもそも2才児レベル程度にしかならなかったんだけど、どんどん忘れちゃって・・。だから映画を見る時に、ほんの少しだけど、フランス映画はひいきにしてなるべく見る様にしてるんです^-^
英語と違ってフランス語って、普段暮らしてると全く耳にしないから、たまに見て忘却を少しでもくい止められたらな~って願いを込めてなんですが・・・
latifa  【 編集】  URL |   2008/12/18 08:56   |  TOP ▲ |


おぉ!latifaさん、そんなに長くちゃんとお勉強なさったんですね~!
偉い!!!
2歳児レベルと仰いますが、ご謙遜(笑)
それに、3~4年続けて、それも強制的にやる学校に通って・・というわけじゃないのに、ってところがすごい!!!
マジで尊敬します~♪
私もスペイン語を教育テレビとラジオで・・とちょっとだけがんばってみたいんですが、これが続かんのですよ~(^_^;)
1年も続かない・・とほほ。
独学ってほんとに根性いりますので
latifaさんをさらにさらに見直しましたです。ほんとすごい!
実は私は第二外国語がフランス語だったので、当時はもちっとわかってたはず・・なんですが、今はもうほぼすべてが忘却の彼方へ・・です(^_^;)

あ、ではその当時コメントに書いてくださったルコントの映画をたくさんごらんになってたのかな~?なんて今ちらっと思ったりしました^^

う~~ん、私も頑張らんといかんなぁ~。ちょっと根性もらいました^^
latifaさんありがとう~(^^)v
メル  【 編集】  URL |   2008/12/18 12:08   |  TOP ▲ |


いやいや、ほんとにひどいもんなんです。今や1才レベルにまで落ちました・・・。

昔、北アフリカのモロッコ(旧フランス領)にハマってた時期があって、モロッコは一般人は、英語が殆ど通じなかったのです。そんなこんなで、フランス語を勉強する様になりました。

NHKフランス語講座を続けられたのは、たまたまその時出てたジュリードレフィスさんっていう綺麗なお姉さんが目の保養になってたのも大きかったです(オッサンみたいな事を言ってますな(^^;))

あとスペイン語講座!私もテレビとラジオを1年くらいやってたことがあります!それはスペインに旅行する為っていう目的があったのでやっていたんですが、旅行から無事戻ってからは、結局辞めてしまい、99%忘却してしまいました・・・。

メルさんは、第二外国語がフランス語だったんですね~! そうらしいですよね、学校で勉強した外国語って、すっかり忘れてしまうって、みんな言っています^^

なにをおっしゃいます!!メルさんなんて今だ英語に常にたずさわっていて(もしかしたら英語の先生とかされているのかな~?って思っていたりするんですが・・)尊敬っすよ!
その英語の力を1割でも分けて頂きたいっ!! 英語が話せたらなぁ~ってもう何十年も思いつつ・・・です。

PS 今、miyuさんちの「ベッカム~」のところで、私のコメントのすぐ下にメルさん発見♪(*^_^*)
うふふ☆ 
そうそう、パトリス・ルコントをよく見てたのって、89、90年頃だったはず・・。覚えたてのフランス語で、ちょこ、ちょこ、っと聞き取れる単語とかあって、狂喜乱舞してた記憶が・・(^^;)
latifa  【 編集】  URL |   2008/12/19 08:55   |  TOP ▲ |


TBありがとう。
僕は同じようなおっさん世代なので、ちょっと身につまされるところがありましたね。
来年もこちらのレヴュー、愉しみにしています。
kimion20002000  【 編集】  URL |   2008/12/31 13:31   |  TOP ▲ |


kimionさん、こんにちは~!
フランスの男性たちってどういう感じなのかはわかりませんが、たぶん、どこの国の人も似た感じなのではないでしょうか?^^
男性は仕事に費やす時間も多いし、自分だけに使える時間っていうのも多くないから、友人と会ったりというのもなかなかし難いだろうし・・。

私もkimionさんのレビュー楽しみにしています。来年もまた今年同様よろしくお願いします(^○^)
latifa  【 編集】  URL |   2009/01/01 14:31   |  TOP ▲ |


すみません↓ベルじゃなくて、ベルモンドでいこうと思います。
この作品はなかなか好きでした。ルコント作品というと、何か重いようなイメージがありましたが、今回はそうではなくて、ルコントらしからぬ?温かい物語でしたね^^
タイトルからしてルコントらしくないなぁって思ってたんです。
で、たしかにミリオネアが重きをしめるというのは、ちょっとミスマッチ感はあるかもしれませんね。
けっこう劇的でしたし。
そうじゃなくて、淡々とでいいから、温かい友情の物語を作ってほしかったなぁとも思いますね^^
でもミリオネアは、スラムドッグの記憶が蘇ってきて、高揚しました。あの音楽、世界共通なんですねw
ダニエル・オトゥールもダニー・ビーンも良かった。特にダニーのおどおど演技は可笑しくて、可愛かった?ですw
僕も本作の記事を書いてるので、よかったら遊びに来てください。まだトラックバックをする自信が無いので、こうしてわざわざ報告してすみません↓
ベルモンド  【 編集】  URL |   2009/07/04 02:47   |  TOP ▲ |


こんにちは~!ベルモンドさん。
> この作品はなかなか好きでした。ルコント作品というと、何か重いようなイメージがありましたが、今回はそうではなくて、ルコントらしからぬ?温かい物語でしたね^^
 ほんと、そうでしたよね。重々しさがなくて、コメディ色が強くて、楽しい感じの映画でした。これはこれで私も好きです。

> で、たしかにミリオネアが重きをしめるというのは、ちょっとミスマッチ感はあるかもしれませんね。
そうなんですよ~。まさか、こういう展開になるとは、、ってびっくりしました。

> そうじゃなくて、淡々とでいいから、温かい友情の物語を作ってほしかったなぁとも思いますね^^
そう、そう!!まさに、そういうのを望んでいたんですけれどもね・・・

> でもミリオネアは、スラムドッグの記憶が蘇ってきて、高揚しました。あの音楽、世界共通なんですねw
そうなのですよ~。スラムドッグでは、まさにミリオネアの番組自体が中心に出て来ちゃってましたよね。もし私が先にスラムドッグを見てから、こっちの映画を見たら、もうちょっとこの映画の後半の展開に違和感感じずに見れたかも・・・。
これから、お邪魔しに行きます~(^○^)
latifa  【 編集】  URL |   2009/07/04 12:00   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/573-d78fe146

『ぼくの大切なともだち』 Mon Meilleur Ami
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY (2008/06/23 23:13)
2人のオッサンの物語なのになんて微笑ましく愛おしいのだろう。ルコントは名匠だ。 美術商のフランソワは、ディナーの席の仕事仲間との会話から、自分のことを友達と思っている人がいないことを知り、同僚ととある賭けをして、たまたま乗ったタクシーの運転手のブリュ


ぼくの大切なともだち
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 (2008/06/24 09:47)
 フランス  コメディ  監督:パトリス・ルコント  出演:ダニエル・オートゥイユ      ダニー・ブーン      ジュリー・ガイエ      ジュリー・デュラン 【物語】 美術商のフランソワは、自分の誕生パーティの席で思いがけない事実を 突きつけ...


「ぼくの大切なともだち」
ヨーロッパ映画を観よう! (2008/06/24 21:17)
「Mon meilleur ami」...aka「My Best Friend 」2006 フランス 中年男の本当の親友探しを描くヒューマン・コメディ。 自己中の美術商フランソワに「あるいは裏切りという名の犬/2004」のダニエル・オートゥイユ。 実直なタクシー運転手ブリュノに「戦場のアリア/2...


ぼくの大切なともだち
象のロケット (2008/06/24 21:41)
美術商のフランソワは自分の誕生日のディナーで、顧客の葬式の参列者がたったの7人だったと話す。 すると、そこにいた全員から「お前の葬式にはだれも来ないよ。」と強烈な一言が。 理由は簡単、“ともだち”がいないから。 ショックを受けた彼は、10日以内に“親友”


*ぼくの大切なともだち *
Cartouche (2008/06/25 10:45)
{{{   ***STORY*** フランソワは、自分の誕生日のディナーに集まった全員から「お前の葬式には誰も来ない」と言われ、ショックを受ける。そして反論するうちに、「10日以内に親友を連れてくる」という賭けをする事に。早速、友人たちにコンタクトを取るフ


ぼくの大切なともだち
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/07/04 20:08)
 『あなたには親友と呼べる友達がいますか?』  コチラの「ぼくの大切なともだち」は、6/14公開となった「仕立て屋の恋」のパトリス・ルコント監督のヒューマン・コメディなのですが、映画の日に観て来ちゃいましたぁ~♪  主演は、パトリス・ルコント監督作品には「...


映画「ぼくの大切なともだち」を観ました。2008年79本目
Aspiring Bobby-dazzler Starlet (2008/07/30 23:17)
製作年 : 2006年 製作国 : フランス 主演: ダニエル・オートゥイユ 、 ダニー・ブーン 、 ジュリー・ガイエ 監督:パトリスルコント フランソワは「お前の葬式にはだれもこない」と言われて腹をたて、そんなことはありえない。 と娘と10日以内に親友を連れてくるとい


映画 【ぼくの大切なともだち】
ミチの雑記帳 (2008/09/13 15:52)
映画館にて「ぼくの大切なともだち」 パトリス・ルコント監督作品。フランス映画。 おはなし:友人と呼べる人間がいないことを指摘された敏腕美術商のフランソワ(ダニエル・オートゥイユ)。ショックを受けた彼は、共同経営者のカトリーヌ(ジュリー・ガイエ)と“10日...


ぼくの大切なともだち♪mon meilleur ami
銅版画制作の日々 (2008/10/19 08:52)
 皆さん、貴方には親友と呼べる人はいますか? ? じゃーん!フランス映画ですよ。主演はあのダニエル・オートゥイユです。「あるいは裏切りのいう名の犬」では渋い男を演じていた彼が今回はコミカルなハートフルムービーで、親友のいないちょいと寂しいフランソワとい


ぼくの大切なともだち
映画の話でコーヒーブレイク (2008/12/14 18:44)
「製作費***億円、超大作!」とか 「地球の運命はこの男/女に委ねられた!」 「構想10年、ついにあの人が・・・!」 「あなたはこの***に耐えられるか!」 「全米が泣いた!」 「全米が震撼した!」 な~んて、威勢のいいキャッチフレーズの映画が多い中、 本作は...


「ぼくの大切なともだち」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2008/12/16 15:54)
美術商のフランソワ(ダニエル・オートゥイユ)は、自分の誕生パーティの席で出席者に口を揃えて、 お前には親友がいないと断言される。反発するフランソワはビジネスパートナーであるカトリーヌ (ジュリー・デュラン)の挑発に乗って、10日以内に親友を連れてくるという...


ぼくの大切なともだち
小部屋日記 (2008/12/23 21:51)
Mon meilleur ami/MY BEST FRIEND(2006/フランス)【DVD】 監督:パトリス・ルコント 出演:ダニエル・オートゥイユ/ダニー・ブーン/ジュリー・ガイエ/ジュリー・デュラン/ジャック・マトゥー/マリー・ピレ/エリザベート・ブールジーヌ あなたには親友と呼べる


mini review 08345「ぼくの大切なともだち」★★★★★★★★☆☆
サーカスな日々 (2008/12/27 18:10)
人生の半ばを過ぎた2人の男が、偶然の出会いをきっかけに、不器用ながらも友情を育んでいくハートウォーミング・ストーリー。監督は『ハーフ・ア・チャンス』など、新作をコンスタントに発表し続ける名匠パトリス・ルコント。主演は『あるいは裏切りという名の犬』のダニ


『ぼくの大切なともだち』
シネマな時間に考察を。 (2010/03/19 13:22)
夜中の3時に電話をかけられる友達は何人いる? 『ぼくの大切なともだち』 Mon meilleur ami/MY BEST FRIEND 2006年/フランス/96min 監督:パトリス・ルコント 出演:ダニエル・オートゥイユ、ダニー・ブーン 【story】 美術商のフランソワは仕事仲間が集


| ホームTOP ▲ |