fc2ブログ
季節の中で(THREE SEASONS)見ました☆

先日BS2で深夜放映されるのを知って、やったー!ととても嬉しかったです。
日本で上映された時、とっても気になっていたけれど見れないままになって
いたからです。ベトナム戦争後、初のオールベトナムロケの映画で、
しかもベトナム人俳優によるベトナム語の「アメリカ映画」なんですね。
three_seasons.jpg

私はベトナム映画の「パパイヤの香り」L'odeur De La Papaya Verte
(1993年 仏・ベトナム トラン・アン・ユン監督)が大好きで、以後、
同監督の「夏至」も見ました(これはいまいち)が、残念ながら
「シクロ」(トニーレウォン出演)は未見です(T_T)(どこにも置いて無い・・)
そして遡れば、「愛人 ラマン」が凄く好きな理由の一つに、フランスの
影響下時代のベトナムが舞台であることが
大きいんです。


話を「季節の中で」へ戻り、
良かったです~!映像がとても美しくて、かつ内容も良かったです。
4つの話し(人達)を、それぞれ少しづつ同時進行する映画なのですが
こういう場合、中途半端でいまいち・・・な事が多いのに、この映画では
それぞれが短いながらもしっかりと深く描かれていました。


ベトナムのハノイを舞台にしているらしいのですが、私はこういう
喧噪と東南アジアの風景や緑、湿度感に、とっても弱い性分なので
開始早々の、音楽と、蓮池シーン(蓮のお花って凄く綺麗ですねー!!!)で
くらっとなってしまいました。
見終わった後色々調べて解ったことには、あのかつてのアメリカ海軍兵を
演じられた方は、「ピアノレッスン」の「ハーヴィ・カイテル」さんだった
んですねー(解らなかった)彼は企画から賛同、主役の一人を演じ製作総指揮も
務められたそうだし、音楽担当されていたのは坂本龍一さんと共に
「シェルタリング・スカイ」を手がけたリチャード・ホロウィッツさんという方
だそうです。

シクロの運転手のおじさんと、蓮の花摘みの少女(スローダンスに出ている
小林麻央さんを、もっとはかなげにした綺麗な人でした)はベトナム芸能界で
人気ある方達だそうです。納得。普通の人ではなさそうだな・・という気はした。
以下ネタバレ白文字なので、反転して読んで下さい。
ラストの火焔樹の並木のシーンが素晴らしかったけれど、あそこをポスターとか
宣伝に良く使っていましたよね。そこのシーンを使っちゃ、ネタバレし過ぎだろー
って気もしますが・・・まあ、いいか・・・。
ちょっとシクロのおじさんと、娼婦の関係部分は、あそこまで紳士的に、
そして、一途に思うおじさんの対応に、そこまでやるかーなんてちょっと
思ってしまいましたが、、(何もせずエアコン効いた部屋でぐっすり寝かせて
あげたりね・・・)
それでも、火焔樹の処に連れて行ったところでは不覚にも涙が・・・(^c^;)
あと、造花が売れて、生花が売れない処にやってきて、おじさんが言う言葉も
心に染みたです~~。
☆ネタバレここまで。

監督のトニー・ブイ監督の写真有り アメリカCNNの記事は26歳。
ヴェトナムのサイゴン(現ホーチミン市)に生まれ、2歳で両親とアメリカに移住。
ビデオ店経営の父の影響で、幼少から映画に親しんだ。
19歳の時ヴェトナムを訪れ、その時の強烈な印象から製作した短編“YELLOW LOTUS(黄色い蓮)”
(94)が認められ、本作の製作につながった。そうです

サンダンス映画祭史上初、審査員グランプリと観客賞のダブル受賞を果たし、
加えて撮影賞の計3部門を独占した話題作。
これが長編デビューとなるベトナム出身のトニー・ブイ監督が、4つのストーリーを
巧みに交錯させ、現代のベトナムの都市に生きる人々が織り成す人生模様を描いた
ヒューマン・ドラマ。(原題:THREE SEASONS)1999年映画
〔製作総指揮〕ハーベイ・カイテル
〔製作・監督・原案・脚本〕トニー・ブイ
〔出演〕ドン・ズオン、グエン・ゴック・ヒエップ、ハーベイ・カイテル ほか

私もベトナムに行ってみたい~~!!!
近年は成田から主要都市に直行便も飛ぶようになったみたいだし、
ベトナム料理も大好きだし。タイ料理よりもベトナム料理の方が更に
好きなんです。←辛いのが少ないからね
(レストラン「サイゴン」の味が凄く美味しい!カレーも!)
【2005/09/01 10:15】  コメント(3) | トラックバック(0) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<ビフォア・サンセット見ました☆ | ホーム | (韓国版)波浪注意報と、世界の中心で愛を叫ぶ>>
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2005/09/04 18:16   |  TOP ▲ |


。。。をあげられていたので又コメント入れてしまいました。美しい映画でしたよね。
殆どせりふのない彼女の顔が彼の書斎にあった仏像と良く似ていて美しかったなあ。最後にお腹に子供をもった彼女もきれいだった。最後のシーンが実に洒落ていた記憶があります。
seedsbook  【 編集】  URL |   2005/09/08 01:52   |  TOP ▲ |


こんにちは!日本はまだまだ暑さ爆発してます・・・
パパイヤの香りに反応してくださって、ありがとうございました^^
あの映画は、質感といい、あの少女といい、雰囲気も凄く好きなんですよ☆
latifa  【 編集】  URL |   2005/09/08 15:50   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/60-2436a8b3

| ホームTOP ▲ |