「KIDS」ワイルド玉木がカッコイイが・・映画自体は・・・
野性的な玉木さんがカッコ良かった以外は、うぬ~~~な作品でした。2つ☆半
KIDS
この映画の原作である乙一さんの短編の小説版は以前読んだことがあったのですが、正直その時からあまり好きなお話ではなかったんです・・・。 どうして他人の傷を身代わりになって受けまくるのか・・・その優しさがあまり理解出来なかったというか・・・。

さて映画版はというと、傷を移動出来る少年役の小池徹平くんは、浮世離れした優しい子というかんじでとても合っていましたし、玉木さんも熱演してましたし、マスク少女は栗山千明さん、役者さんたちは何も悪く無いのに、脚本が良くなかったのかな・・。 元々短いお話を、2時間に合わせて長く伸ばした様な感じ・・・でした。
どこかで、この映画と似たような雰囲気のを見た気がした・・・と思ったら、同じく乙一原作の映画化「きみにしか聞こえない」の監督さんだったのですね・・・。実はこの「きみにしか聞こえない」も、なんだか退屈というか・・長く感じてしまって、何度かトライしたものの結局最後まで見れずに挫折した映画だったんです・・・。多分このKIDSも玉木さんが出てなかったら、早々に挫折していた気がします・・・。

ラストの方の交通事故現場の様子とか、すごく安っぽくて興ざめでした・・・。
それにしても、ワイルドなルックスの玉木さんは、す~~~っごく私の好みのドストライクで、それはとても目に愉しかったです。それだけに残念・・・。またああいう感じの役を他の映画やドラマで是非是非見たいですっ!!そういや「ミッドナイト・イーグル」は1時間で挫折してしまいました。何度かトライしたけれど、どうしても見続けられません・・・。

KIDS (2007) 監督 荻島達也 脚本 坂東賢治 原作 乙一
出演 小池徹平 / 玉木宏 / 栗山千明 / 永岡佑 / 仲野茂 / 斉藤由貴 / 泉谷しげる
【2008/08/31 20:14】  コメント(4) | トラックバック(4) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「この道は母へとつづく」感想 | ホーム | 「ハンコック」前半は面白いけど・・・>>
コメント

Latifaさんこんにちは~
昨日から札幌は27度とかあり、八月が寒かったのに何故?という感じです。

私は元々乙一作品のファンなので、映画化と聞くと嬉しくて見てしまうのですが、latifaさんは原作もあまり合わなかったのなら映画は尚って感じですね。

小学生だった原作を大人にしてしまったこととか、あの短編をここまで伸ばしたこととかの無理が出てしまったような感じがします。
あのラストの事故は本当にどうにかして欲しかったですね。

laifaさんもO型だったのですね!お仲間嬉しいです~♪
hito  【 編集】  URL |   2008/09/01 12:17   |  TOP ▲ |


hitoさん、こんにちは~。今時期で27度だったら暑いですねー。はぁ~っ、涼しかった北海道が懐かしい今日このごろ・・・。年を取るにつれて、暑さが体に堪えるようになり、北国が恋しいです・・。ゴキもいなかったしなあ・・。ふぅ~~。

私も元々乙一さんの小説の結構ファンなんです!
「暗いところで待ち合わせ」が最初の乙一作品で、ハマってしまいました。ラストの展開以外は、5つ☆ですし、映画も良かった~。

で、このkids、そういや小学生のお話でしたよね・・・。
乙一さんの書く「孤独」、いつも素晴らしいな!!と思っています。
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/02 09:47   |  TOP ▲ |


こんにちは。
僕は我慢して最後まで付き合いましたが(笑)
レヴューにも書きましたが、僕はサウンドトラックが耳について、いやでいやでしかたなかった。
kimion20002000  【 編集】  URL |   2008/11/28 16:54   |  TOP ▲ |


ぷふふ(^^;) kimionさんにとって、苦痛な映画でしたかw
確かにねえ・・・
でも私はワイルドな玉木さんを見てるだけでも、とりあえず楽しめました(*^_^*)  
latifa  【 編集】  URL |   2008/11/29 08:54   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/613-78b793da

【KIDS】
日々のつぶやき (2008/09/01 12:15)
監督:荻島達也 出演:小池徹平、玉木宏、栗山千明、泉谷しげる、斉藤由貴 乙一の原作「傷」 はかなり以前に読みました。 ものすごく短い短編で、これを二時間の映画化・・原作はとても好きで泣きましたけど、あまりにも切なくて読み返したことないです。 原


【2008-26】KIDS
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! (2008/09/03 22:42)
人気ブログランキングの順位は? 純粋だから、分かち合える傷がある。


『KIDS』 試写会鑑賞
映画な日々。読書な日々。 (2008/09/05 12:19)
町の工場で働くタケオは、いきつけのダイナーで見慣れない少年、アサトと出会う。テーブルの塩を手を使わずに引き寄せているアサト。彼には、特殊な能力があるのだった。チンピラに絡まれたタケオを不思議な力で救い、二人に友情が芽生える。しかし、タケオはアサトがその


mini review 08323「KIDS」★★☆☆☆☆☆☆☆
サーカスな日々 (2008/11/28 16:52)
若者に絶大な人気を誇り、“切なさの達人”と称される乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」を映画化した感涙ファンタジー。人の傷を自分の体に移すことができる特殊な能力を持つ少年と、孤独な青年の友情を描く。監督は、『きみにしか聞こえない』の荻島達也。ダブル主演を果


| ホームTOP ▲ |