「この自由な世界で」感想
凄く引き込まれて、後半はハラハラドキドキしながら見ました。 お金は殆どかかってなさそうな地味な映画だけれど、社会問題や人間の良識?を問いつつも解りやすい良い映画だと思います。凄く考えさせられる内容でした。4つ★~4つ★半
kono
仕事が出来るのに、上司のセクハラで会社を首にされる。でもめげずにバリバリがんばる主人公。シングルマザーでそれほど若くは無いものの、結構綺麗でナイスバディで、まだまだ全然イケている。バイクにまたがり圧倒的なパワーで仕事をやっている・・・。が、その影では息子は非行に走るわ、両親からは彼女の行き方について批判されるわ・・・(両方の言い分や気持ちが解って、とても切なかったな・・)

主人公に共感する部分も結構あったので、応援しながら見ていただけに・・・
★以下ネタバレ 白文字で書いています★
彼女の後半の変貌ぶりにはビックリ・・・。イランからやって来て寒さに凍えている一家を見ておられず、自分のところに連れて来ちゃって面倒をみてあげるような優しい主人公。その彼女がまさか・・・。
電話をするシーンで、衝撃。一緒に仕事をしていた親友と同じ気持ちになってしまった・・・。その後、彼女の息子を誘拐し・・・というシーンも凄くハラハラした。それでも懲りなかったんだな・・・。ストシーンは彼女は自らウクライナに出向いてる・・。人の良さそうなオバチャンから寄せ集めのお金を受け取る・・・
以上

たとえ故郷ではインテリでも、出稼ぎのためにイギリスだのフランスにやってきている外国人の仕事の無さや、労働条件の劣悪さなど・・・そういのを食い物にして使う側と・・・。最近日本で大流行中の「蟹工船」と通ずるものがありました・・・。

監督: ケン・ローチ 製作: レベッカ・オブライエン
出演: カーストン・ウェアリング アンジー ジュリエット・エリス ローズ
レズワフ・ジュリック カロル ジョー・シフリート ジェイミー

(内容・あらすじ) 一人息子のジェイミーを両親に預け、職業紹介所で働くシングルマザーのアンジーは、ある日突然解雇されてしまう。そこで彼女は、ルームメイトのローズを誘って、自ら職業斡旋の仕事に乗り出すことに。こうして、行きつけのパブの裏庭を集合場所に、外国人労働者の斡旋業をスタートさせたアンジーだったが、ある時、不法移民を働かせるほうが儲かると知り、気持ちが大きく揺れてしまう…。 all cinemaより
【2008/09/08 14:34】  コメント(9) | トラックバック(9) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「マッチ工場の少女」感想 アキ・カウリスマキ | ホーム | 「イントゥ・ザ・ワイルド」良かったけれど、ちょっと長過ぎ・・・>>
コメント

latifaさんも高評価ですね!
確かに、最後の方はアンジーがどんどん嫌な女になっていったけど
最初は共感するところもあったんだよね…
あの電話のシーンは、ホント嫌な気分になりました。

ラストは、アンジーは懲りなかったというより
ああせざるを得なかったんじゃないかなと思いました。
お金を手に入れて、彼女を脅迫した人たちに渡さなきゃいけないし…
なんか切なくなりました。
りお  【 編集】  URL |   2008/09/09 00:21   |  TOP ▲ |


りおさん、こんにちは!
そうそう・・・最初の方はガンバレーって応援しながら見てたのです。イラン一家を連れて来ちゃった時は「オイオイ!そこまでするなんて、馬鹿親切過ぎるぞや」とまで思ったし、男アサリする処も、不思議と嫌悪感も感じず見れてたのです。でも電話のシーンは嘘だろっ!!という衝撃・・・。

ラスト、ああせぜるを得なかった説、
確かに・・・。そうか・・納得・・。
懲りないというよりは、お金稼がざろう得なくなっちゃったのよね・・(;´_`;)
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/09 16:00   |  TOP ▲ |


この映画を観て、ヒトゴトだと
感じられる人はごくわずかですよね。
きっと。
みんな必死になって「この自由な世界で」
生き抜こうとしている。
だからこそ、アンジーは一線を
越えてしまったのだろうけど、
おっしゃるように社会問題、
そして人間の良識というのを
とても分かりやすく描いていて、
とても考えさせられました。
普段から、感じていたことを
はっきりとしたカタチで映画に
してくれたなぁ~って思いました。
miyu  【 編集】  URL |   2008/11/28 21:28   |  TOP ▲ |


miyuさん、こちらにもありがとう~(^O^)
世界各国で似たような問題があるのよね・・・。
主人公のお姉さんが、基本は良い人なのに、、、どんどん・・・って展開とか見せ方とかが、さすがケン・ローチ監督やるな!うまいな!と思わせられました。

日本でも派遣社員の雇用法が厳しくなって、結果、失業者が増えるとか・・・。私も5年ほど、派遣社員として働いていた時期があるんだけど、ある時、私が派遣されていた会社と、私の所属する派遣会社の取り交わした契約書みたいのが、ぼろっと置いてあったのを見ちゃったのね。そうしたら、両方の会社間の契約が、1時間のバイト代、2980円だか1980円でね(どっちかだったんだ、忘れちゃってゴメン。)その内、私には980円が支給されてたんだけど、それじゃ、派遣会社ってば、何にもしなくても、私の倍以上のお金がふところに入ってくるんだ~~@@ って、そりゃ~ビックリしたもんだったわよ。これもう約20年前の話しなんで(爆)今は違うかもしれないけど。。。いや、きっとあんまり変わって無いはず・・。
latifa  【 編集】  URL |   2008/11/29 10:45   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~。
この映画、大阪でもやっと公開になったんですよ。遅いよね~。
ケン・ローチ作品ということで楽しみに待っていたのですが、期待に違わぬ出来映えだったと思います。
私も、あの電話のシーンでは衝撃を受けました。。
劇場内の空気が変わった気がしたくらい。観てた人、みんな同じ気持ちだったんじゃないかな~。。
私も昔、派遣で働いてたことがあります。今思えば、あれは人生最大の失敗かも・・・。
考えさせられる映画でしたね。これはベストに入れたいわ~。
ではでは、また来ますね~。
真紅  【 編集】  URL |   2008/12/04 10:44   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんばんは!
>劇場内の空気が変わった気がしたくらい。観てた人、みんな同じ気持ちだったんじゃないかな~。
 うん、うん。あのシーンは衝撃的でしたよ、ほんと。私も固まっちゃったもん・・・。
今まで見たケン・ローチの作品の中では、最も自分に近いところにある問題を扱った作品だったので、凄く何ていうか・・心にズシーンと来ました。

真紅さんも、昔派遣で働いていたことがあるんですね?今は正社員なのかな・・・。
真紅さんの派遣の思い出?は良くないのですね・・。
私は今は派遣じゃないけど、相変わらずアルバイトなんです・・。時給凄く安くて・・・結構むなしいです。派遣の時は980円~1400円の間の時給だったけど、今はそれ以下なの・・・。はぁっ~~(;´_`;) 
私の派遣時代は、たとえがっぱりと派遣会社がもうけを持ってったとしても、楽な仕事の割に時給が高くて良かったな・・って印象です・・・とほほ・・・
latifa  【 編集】  URL |   2008/12/04 17:40   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2008/12/05 19:26   |  TOP ▲ |


こんにちは~♪

この映画、重かった・・。でも、良かった!
彼女がお父さんに「お前は息子さえ良ければ良いのか?」という問いに、しっかり答えてなかったと思いますが、その気持ちもわかるなぁとちょっと思いました。
人間誰しも、まずは自分とその家族・・という気持ちが心のどっかにあるもんだよなぁって。

でもです!だからって、他人の不幸の上に築いた幸せ、稼いだお金で、自分が本当に幸せになれるか、と言うとそれは無理ですよね。
苦しいだけかと・・。
そのあたりは、一人一人が持ってるモラルに任せるしかないんでしょうが・・。
いつものようにケン・ローチ監督は、簡単に答えの出ないような問題をなげかけてくれたなぁって思いました。

そうそう、蟹工船にも通じるものがありますね~・・・。
摂取する側とされる側、そういう構図が成り立ってしまってるかのような、この”自由な世界”なわけですよね~・・・。
メル  【 編集】  URL |   2009/04/25 10:22   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは~!
まず忘れない内に書いておこうっと^^ この前話した「事件」だけど、メルさんが思った事件です・・・。最近無いけど、数年前はそういう事件が結構ありましたよね・・・その人によって、かの地に行った・滞在していた理由は違ったんだけれど、一人だけ遊び気分の男性がいたじゃない?あの人の事・・・・。

> 彼女がお父さんに「お前は息子さえ良ければ良いのか?」という問いに、しっかり答えてなかったと思いますが、その気持ちもわかるなぁとちょっと思いました。
> 人間誰しも、まずは自分とその家族・・という気持ちが心のどっかにあるもんだよなぁって。
うん、うん・・・・。
彼女のお父さんの気持ちも凄く解るし、彼女の気持ちも解る(前半の方ね)
私も、ひろ~い心を持ちたいとは思っているけれど、まずは、自分の家族を最優先しちゃうわ・・・。

> そうそう、蟹工船にも通じるものがありますね~・・・。
> 摂取する側とされる側、そういう構図が成り立ってしまってるかのような、この”自由な世界”なわけですよね~・・・。
  日本でも派遣切りとか、就職難とか、大変な思いをされていらっしゃる方々が一杯いるけれど・・・・、でも職を選ばなければ(居酒屋さんとか、飲食業界は、人手不足みたいよね・・・)とりあえずは、何か見つけられるみたいだけれど・・・、でも他の国には、どんな職業でもいいから!と願っても、見つけられない国も一杯あるよね・・・(T_T)
latifa  【 編集】  URL |   2009/04/25 16:15   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/615-9dd081f7

この自由な世界で
映画三昧、活字中毒 (2008/09/09 00:21)
■ シネ・アミューズにて鑑賞この自由な世界で/IT\'S A FREE WORLD... 2007年/イギリス、イタリア、ドイツ、スペイン/96分 監督: ケン・ローチ ...


この自由な世界で
KINOMANIE (2008/09/20 11:29)
2007年 イギリス/イタリア/ドイツ/スペイン 原題:IT\'S A FREE WORLD... 監督:ケン・ローチ 脚本:ポール・ラヴァーティ 出演:カーストン・ウ...


「この自由な世界で」何をしても自由なの?
再出発日記 (2008/09/21 01:47)
「我々は働いた。しかし動物扱いだ。」監督:ケン・ローチ出演:キルストン・ウェアリング、ジュリエット・エリス、レズワフ・ジュリック、ジョー・シフリート、コリン・コーリン製作年:2007年製作国:イギリス=イタリア=ドイツ=スペインユーロは成功した、と聞いている...


「この自由な世界で」僕らも同じことをしている
soramove (2008/10/15 07:59)
「この自由な世界で」★★★ カーストン・ウェアリング、ジュリエット・エリス主演 ケン・ローチ監督、2007年、 イギリス=イタリア=ドイツ=スペイン、97分 舞台はイギリス、 かつての繁栄は夢のよう 失業率も高止まり状態。 それでも肉体労働は人気が無...


この自由な世界で
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/11/28 21:24)
 『幸せに、なるために。 ロンドン。彼女はただ生き抜きたかった。 息子を幸せにしたかった。 そのための「自由」があると彼女は信じた。』  コチラの「この自由な世界で」は、8/16公開となった名匠ケン・ローチ監督の最新作、心震え、笑い、涙し、いつしか声なき者...


あなたならどうする~『この自由な世界で』
真紅のthinkingdays (2008/12/04 10:38)
 IT\'S A FREE WORLD...  33歳のシングルマザー、アンジー(カーストン・ウェアリング)は、職業紹介所 の仕事を突然、解雇されてしまう。...


この自由な世界で●it`s a free World・・・・
銅版画制作の日々 (2009/02/08 10:54)
 名匠ケン・ローチが、久々にロンドンの片隅で描くのは、心震え、笑い、涙し、いつしか声なき者たちの声が聞こえる物語。 カンヌ映画祭でパルムドール大賞「麦の穂をゆらす風」から2年。久々のケン・ローチ監督の作品が公開されました。2月6日、京都シネマにて鑑賞し...


「この自由な世界で」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2009/04/25 10:17)
とてもシニカルで残酷な“Free World”でした・・・


この自由な世界で
小部屋日記 (2009/06/16 12:38)
It's a Free World...(2007/イギリス・イタリア・ドイツ・スペイン)【DVD】 監督:ケン・ローチ 出演:キルストン・ウェアリング/ジュリエット・エリス/レズワフ・ジュリック/ジョー・シフリート/コリン・コフリン、マギー・ハッセー 幸せに、なるために 『麦の


| ホームTOP ▲ |