「イントゥ・ザ・ワイルド」良かったけれど、ちょっと長過ぎ・・・
丁寧に作ってあって、とても良かったけれど、少し長すぎたかな・・・。4つ☆~4つ☆半
int

モーターサイクル・ダイアリーズと少し雰囲気が似ていたな~と思ったら、撮影担当がどちらも同じ人。映像や自分も旅をしている様な錯覚を覚える色々壮大なアメリカの風景は良かったです。私も一人旅が好きだし、ロードムービーも大好きなので。でも、この映画、アラスカの寒そうな山々という風景も多く、北海道育ちの私にゃ、げえ~~寒い風景はイヤだ~、濡れたジーンズは死ぬほど寒いのに・・という寒さ嫌いが体にしみついており、モーターサイクル~の時の風景ほどは満喫出来なかったかも・・・

☆以下ネタバレです 白文字で書いています☆
ただ、女の子に手を出さずに(少々もったいなぃ~!って思ったケドw)去る辺りは、とても良かったと思ったし、ヒッピーのカップルの女性に息子がいて、2年間音信不通というエピソードなども効いていました。 荷物をまとめて帰ろうとした矢先、川の増水で帰れなくなり・・・挙げ句の果てに食べるものが尽きて、間違って毒のある植物を食べて死んでしまう・・・というラストがとても残念だった・・。きっとこの旅から戻ったら、一皮むけ、将来が楽しみな青年だったのに・・・。
モーターサイクルはラストが川を泳ぎきり、そしてあの旅行の後、チェ・ゲバラとして名を残すひとかどの人間になる・・・というのがあるから、すごく爽快なんだけれど、こちらの映画は、残念だなあ・・・という気持ちが残ってしまった。
以上

親への反発や(かなり繊細な性分なのですよ・・この主人公)、金銭的にもお勉強が出来ることなど、恵まれて過ぎていることによって、物なんて要らない、自由を・・・という方へ意識が行っており、困難な所に飛び込み一人で生きてみたいというか、そういう気持ちみたいのはわからんでもないし、基本的にこの人の物欲主義と反する思想みたいのは結構好きなんだけど、でも自然の中で長時間一人きりで生きて行くというのは、やっぱり過酷・危険過ですね・・・。ヘラジカのエピソードは辛かったです・・・。(映像的にも)

主演のエミール・ハーシュはスピードレーサーではカッコ悪かったけど、こちらの映画では凄く合ってたし良かったと思いました。体重の増減なども凄かったっす・・・。

イントゥ・ザ・ワイルド(2007 アメリカ) INTO THE WILD   
監督  ショーン・ペン   原作 ジョン・クラカワー 『荒野へ』(集英社)    
撮影  エリック・ゴーティエ                  
音楽  パールジャム カーキ・キング        
出演   エミール・ハーシュ マーシャ・ゲイ・ハーデン ウィリアム・ハート ジェナ・マローン キャサリン・キーナー ヴィンス・ヴォーン クリステン・スチュワート ハル・ホルブルック
【2008/09/07 15:51】  コメント(17) | トラックバック(20) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「この自由な世界で」感想 | ホーム | 「この道は母へとつづく」感想 >>
コメント

latifaさんこんばんは♪


そうそう、エミールくんこちらの方が何倍も良かったですよね。

そっか~撮影はモーターサイクル・ダイアリーズの人なんだ!?
わたしはガエル好きなのにあの映画がどうもあんまり好きじゃなくて
でもこちらはなかなか良かったんですよね~
ラストがあんなだったからかも、、、、
リアリティ感じて恐ろしくて良かったです(笑)

でも確かにじっくり描きすぎでちょっといくらなんでも長過ぎでしたね。^^


mig  【 編集】  URL |   2008/09/07 21:36   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは~。
一緒に見た人が、あの主役の人ってスピードレーサーの人なんだよ、って言ったら「え~~っ!!全然わかんなかった」と驚いてました^^
顔的には、ディカプリオ顔ですよね。

で、そうなんだ~~!migさん、モーターサイクル、それほど好きな映画じゃなかったんですね。ガエル君の作品では一番私は好きなんだけどな~。
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/08 09:37   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2008/09/11 15:51   |  TOP ▲ |


お邪魔します~~
最後壮絶でしたね。
あのリアルな様子に胸が痛んだわ。
インテリぽく、眼鏡かけて
読書するシーンなんかなかなか素敵でしたけど。女の子に諭すシーンも良かったですよね。絶対チャンスだったけど・・笑・・。そうじゃないところなんか好青年って感じたわ。
<自然の中で長時間一人きりで生きて行くというのは~過酷・危険過ですね・>
私も感じたわ。気持はわかるけど
無茶だな・・って思うところもあってあと親御さんの気持ちとか
わかる分、複雑な思いもしたかな。
映像はダイナミックで映画館で是非・・という作品よね・・
みみこ  【 編集】  URL |   2008/09/11 15:58   |  TOP ▲ |


みみこさ~~~ん(^O^)嬉しいー!!お久しぶりです☆

メガネかけて読書ってシーン良かったよね。私はトレーナーのパーカーをかぶって歩く姿がカッコ良かったわん☆

無茶過ぎるシーン色々ありましたよね。カヌーで川下りは、誰かがヘルメット!って叫んでいたけれど、危なかったわ~。
で、ふと思ったんだけど、もしや彼の中には「死んじゃってもいいか」ってのがあったのかも・・・。

あの女の子は登場したシーンから「あっ!この子とは絶対ラブがらみの展開になるな!」とピ~ンと来ちゃった。

あのヒッピーのカップルの女性って、どこかで見たことがある・・って思っていて、映画館から家に戻って調べたら、色々な映画に出てた人で、あ~あの映画のあの人だったのね!って驚きがあったわ。でも、きっとみみこさんだったら、ちゃんと解って見てたでしょう~^^

ところで、TBなんだけど、今2回やってもダメだったみたい・・・どうしてダメなのか・・・グスン・・
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/11 17:31   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。
これ、すっごく好きな映画でしたよ・・・。
私ね、映画観てると時間の感覚がおかしくなるんですよ。
面白い、いい映画だと長くても全然気にならないし、面白くなかったら90分くらいでもすっごく長く感じるんです。
この映画は、観てる間まったく時間が気になりませんでした。「あ、エンドロールや・・」って感じでね。
『モーターサイクル~』、大好きですよ~。撮影、同じ人だったんですね♪
音楽もね、BBMで流れた曲とかあって、よかったな~。。
エミール・ハーシュ、これからも頑張って欲しいですね☆
TBさせていただきました!ではでは~。
真紅  【 編集】  URL |   2008/10/02 17:03   |  TOP ▲ |


真紅さま~、こんにちは!
映画で時間の感覚が・・っていうの、解ります!私もそういうのあります♪
ところが、若い頃は、4時間のヨーロッパ映画とか結構平気で見てたし、退屈系?の映画も集中して見れていたのに、今は随分自分の中の辛抱度?が凄く減ってしまったなあ・・・と常々感じているんです。
この映画も凄く良かったのですが、この映画でさえ、ちょっと長いかな・・って思ってしまた程だもの。イカンなぁ・・・。若い時分は、もっと年を取ったら今よりももっとじっくり見れる様になってるはず・・なんて思っていたのに、逆でした~。

モーターサイクルの方は、2人旅で、連れがああいうラテン系のおいちゃん、って事もあって、やんちゃな事をしながら旅をしてる・・って感じで、こちらは頑固なまでのストイックさと一人で旅をしてる、って意味で随分違った雰囲気でしたよね。
latifa  【 編集】  URL |   2008/10/03 08:36   |  TOP ▲ |


latifaさん ちょっとお久しぶり★
年末の慌ただしい中 元気でお過ごしですか?  (クリスマスやらなにやらとありますもんね・・・)
latifaさんと お話したいな~と思って遊びにきちゃいました♪♪

札幌は 雪がまだそんなに積もってないですよ~☆

これ、1ヶ月前くらいに見たのよ。
へぇ~ モーターサイクルの撮影担当の人だったんですね~。
雄大な自然は とっても素晴らしかったです。 (ラストはちょっと残念でしたね) でも素朴に なんで北へ行くのかな??って。 南へ旅すれば 
暖かいし、陽気になれたのに・・・なんて。 (主人公エミール・ハーシュ君のストイックさは感動モノでしたが)  私も同じロードムービー系なら断然「モーターサイクル」の方が感動も大きく、好きですね~★★

latifaさんも前に話してたデル・トロさんのゲバラ映画  すご~~く楽しみ★★★ うんうん 雰囲気似ていますよね~ 同じラテン系だし。なんかスゴク減量したそうじゃあないですか~。何十?も。(ゲバラがふっくらしてたら嫌だ!!) デル・トロの方が本家本元よりクールな感じがするな~
(本物のゲバラの方がもうちょっとマスクが甘いような気が・・・)
でも デル・トロさん演技上手いし期待大!!です  ガエル君とは また違ったゲバラが見れますね☆

そうそう 私ね~ 来年は、多分ベトナムへ行ってくる事になりそう★
今まで行った事ないんですよ~。latifaさんはある??
 




  
レナ  【 編集】  URL |   2008/12/17 10:16   |  TOP ▲ |


レナさん、こんばんは~!わ~~い(^O^)私もレナさんとおしゃべりしたいな~って思っていました♪ 来て下さって嬉しいです~☆

> 雄大な自然は とっても素晴らしかったです。 (ラストはちょっと残念でしたね) でも素朴に なんで北へ行くのかな??って。 南へ旅すれば 暖かいし、陽気になれたのに・・・なんて。
 ぐははは!! そうなのよね~。どうも雄大な、でも寒い系の大自然って北海道で暮らしてた(る)人にとっては、それほどものすごい憧れって沸かなかったりしない?
今ね、「世界の車窓から」って夜11:10分頃から毎晩やってる番組で、丁度アラスカをやってるんだ。で、音楽が、この映画で使われていた音楽や、そういう雰囲気のも結構かかってるの。
レナさんも、断然「モーターサイクル」の方が感動も大きく、好きなのね~?^^ 

デル・トロさんのゲバラ映画
今朝の芸能ニュースで、なんと、デルトロさん来日してたみたいね? 映画は来年の1月公開だって~。2回に分かれてるみたいだけど、歴史とか詳しくなくても、ちゃんと楽しめる映画なのかな?予備知識しっかりつけてった方が良いのだろうか? 私も見に行きたいって思ってます~。
そうなんだ~、すごく減量したのね?どおりで、なんか普段より精悍な感じがしたもの。
ガエル君も可愛かったんだけど、ほんと、あと10cm背が高かったらなぁ~~。

ところで、なんですとー!今度はベトナム??いいなぁ、いいな~~!私もベトナムには以前からすっごく行きたいと思っているの。まだ一度も行ったことはないんだけど、調査だけは結構しているのよ。
レナさんは、どこに行くの? ハノイとホーチミンとどっちに行くの?片方だけ?もしくは両方?私は両方行ってみたいんだけど、2つ回るとなると値段も張るんだよね・・・。ホーチミンの方がお店とか一杯あってお買い物が凄く楽しい反面、バイクだので空気が悪いとか。ハノイはやや静かで、奇岩のある有名な場所(名前忘れちゃった)川下りもセットになってること多いよね。あと、ホイアンとかフエとかいう昔ながらの街並みが残ってる小さい町にも行ってみたいし、あ~~羨ましいな~~~! 私ね、辛い料理が苦手なので(胃が悪くなってから控えてるの)、ベトナム料理なら安心して食べられるものが多いのも嬉しいんだ~。本場のフォーとか食べたいなー。
latifa  【 編集】  URL |   2008/12/18 08:58   |  TOP ▲ |


latifaさん 北海道育ちなんですか~
それで「寒さに強い」というより「寒さに懲りてる」っていう点が面白いなぁ・・・・
エミール・ハーシュ君は
「ロード・オブ・ドッグタウン」のとき素敵な青年だったね。
「スピードレーサー」は未見なの。
たしかにこのクリス役とは別人のようですね。
この作品,絶対劇場で観た方が感動するよね。
主人公の最期はかえすがえすも残念・・・・。
なな  【 編集】  URL |   2009/03/05 19:37   |  TOP ▲ |


ななさん~こんにちは!
そうなんですよ・・・24才までず~っと寒い処に育って来てたんで、ちょっと寒い処にはウンザリしてるんです・・・たたはは。
でも、恐怖のGが棲息していないというのが、素晴らしい事だと今になって思うのでした・・・。
寒いのを我慢するか?Gがいないという安心を取るか・・・究極の選択ですー^^

> エミール・ハーシュ君は 「ロード・オブ・ドッグタウン」のとき素敵な青年だったね。
> 「スピードレーサー」は未見なの。
そうかぁ~、ななさんは、カッコイイ印象がついているかな?^^
スピード~は、何ですかこの人は?って位、カッコ良くないんだよ~。
だから、スピードだけしか見たことない人は、カッコ悪い人って印象がついてる人も多いみたい。だははは~~
latifa  【 編集】  URL |   2009/03/06 08:42   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~♪
お目々の痒みはいかがですか~?
こちらは、主人がさんざんなことになっております~(涙)
私は今はほんのちょっとおかしいぞ・・という感じですが、もしかしたら今年から発症???と恐怖におののいてます。昨日からくしゃみと顔の痒みと(なぜかアレルギーになると顔が痒くてたまらなくなるんです~)、喉の痒みと、鼻水・・・あ~~これってやっぱり??(涙)

で、この映画ですが
ほんとにもったいなかったですよ~!
あたらあのような若き青年があのようなことになっちゃうなんて・・・
若気の至りというところもなきにしもあらずでしたが、立派な青年でもあったので、きっと帰ってきたら立派な人になってたでしょうにね~・・・
このような形で(映画になったり本になったり)社会に貢献することが彼が与えられた成すべき事だったのか・・とも思いましたが、はやり返す返すも残念です。

私もあの息子がいなくなった母親のカップルと彼の交流がとても印象的でした。
それにあのお祖父さんのも。

ロードムービー好きだし、実話もの好きだし、群像劇風になってたところも良かったし、好きな要素満載で、とても好きなタイプ。
見終わった後の切なさと、悔しさと、なんとなく優しい気持ちになったりしたこと等々で、とても印象深い映画となりました。
メル  【 編集】  URL |   2009/03/11 09:33   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは~!
ほんのちょっとおかしいぞ、の時に踏みとどまらなければ~~~!!
旦那さんは大変なのね・・・(T_T)
でもね、私はかれこれ、なん十年も花粉症なんだけど、最近は昔よりは
軽くなって来た気もするわ・・・。最初が一番キツイんだわよ~~

ちゃらけた青年よりも、こういう青年の方が私は好きよ~~(^0^)
もったいない~~って感じが残ったけれどね・・・。
最後にご本人の写真が出て、うっ・・・と思ったよね・・
メルさんちで、またあの写真を見れて、いい顔してるなぁ~って
再度思ったの・・・。
あ~~あ

> ロードムービー好きだし、実話もの好きだし、群像劇風になってたところも良かったし、好きな要素満載で、とても好きなタイプ。
  そうか~メルさんの好みのポイントを色々あわせもった映画だったのね♪
でも、これ、見ていて寒くならなかったですか?(^^ゞ

あのか細い綺麗な女の子、トワイライトとかいう吸血鬼映画にヒロインで出てヒットしたみたいですね。もしかして上映されたら、見てみるかも・・。
latifa  【 編集】  URL |   2009/03/11 09:51   |  TOP ▲ |


こんばんは~☆
latifaさんは、劇場で観られたそうで、大きなスクリーンで観たら、アラスカの壮大な風景など、堪能出来たでしょう? 羨ましいな・・、と思っていたんだけど、なんとlatifaさん、北海道育ちで、寒いのが嫌いって!?(笑)
そうですよね、私も夏は蒸し暑くて、冬は底冷えのする盆地の京都育ちなので、冬は苦手・・、嫌いですよ~~。

私も「モーターサイクル・・」を想い浮かべながら観ていたんだけど、やはりカメラマンが同じ方だったのね~、納得です!
彼の行動の根拠って、本当に本人にしか分からない部分が多くて、観ていて、あれこれ考えちゃったけど、結果がね、ああいう形でなく、今も活躍されていたら、また違った感想になったかもしれませんよね、ゲバラのように。
そうそう、そうなの、ヘラジカのシーンは参った!!(笑)
食欲が減退しそうなシーンだったので、ダイエットにいいかな・・なんて、不謹慎なことを思ってしまいました^^;
エミールはショーン・ペンを凄くリスペクトしていて、この映画は彼の入魂の演技が光っていましたよね。
ラストのご本人の優しそうな笑顔も印象的で、今思い出しても切なくなります。
カポ  【 編集】  URL |   2009/08/18 00:03   |  TOP ▲ |


カポさん、こんにちは~!
そうなんですよ。珍しくこれは劇場に出向いて鑑賞した作品でした。
確かに大きいスクリーンで見ると迫力はありましたが、寒い風景は個人的にあんまり・・・だったりするんです。とはいえ、北欧の寒そうな景色は好きなんですが・・・(←どう違うんだぁ~!)

カポさんは、京都ご出身なのですね?
なんか、そういう雰囲気がするー!!!会ってないのにこんなこと言うのもなんですが・・・
京都の方って、美意識が高いですよね。(お世辞ではなく) ちょっと個性的っていうか・・・。
カポさんの映画のチョイスや俳優さんなどのお好みも、よくある一般的な、大多数のと違って、何かオリジナリティーがあるっていうか~^0^

> 私も「モーターサイクル・・」を想い浮かべながら観ていたんだけど、やはりカメラマンが同じ方だったのね~
 そうらしいですねー。私はモーターサイクルの方が好きなんですよ・・・。
今、カポさんのコメント読んではっとしたんだけれど、確かにあの彼が現在も活躍されていたなら、感想が違っていたと思うわ~!!

ヘラジカって普通に日本で生活してると聞くことのない名詞よね~。
この前「ホルテンさんのはじめての冒険」って北欧映画を見たら、ヘラジカがどうやら特急列車に間違って飛び込んで来るらしいエピソードがあって、うお~~久しぶりにヘラジカって聞いたよぉ~って懐かしく思いました。 ちなみに、ホルテンさん~の舞台の寒そうな風景は好きだったので、コメントの一番上の寒い風景は苦手ってわけじゃない・・・って自分で気がついたというわけです。
latifa  【 編集】  URL |   2009/08/18 11:22   |  TOP ▲ |


こんにちは。
僕も寒いところが苦手です。そうかといって熱いところも苦手だけど(笑)
まあ温暖なところでヌクヌクして・・・と。
で、想像だけで主人公に感情移入しているんだからなあ。
kimion20002000  【 編集】  URL |   2010/04/15 22:38   |  TOP ▲ |


kimionさん、こんにちは。
> 僕も寒いところが苦手です。そうかといって熱いところも苦手だけど(笑)
私もそうですよ(^▽^)
寒いのも暑いのも苦手です・・・。

この映画は、ホントに見ていて寒い映画でした。
でも、内容というか、主人公の青臭いけどまっすぐな気持ちとか、凄く良かったです。
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/16 08:56   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/616-039c0b90

イントゥ・ザ・ワイルド/INTO THE WILD
我想一個人映画美的女人blog (2008/09/07 21:32)
名優、ショーン・ペンが10年の歳月をかけて実現{/star/}監督、脚本した会心作{/atten/} 試写行って来ました。 全米で大ベストセラーとなったジョン・クラカワー原作の「荒野へ」で実話。 持ってたチラシをじっくりみてなかったから、てっきりショーン・ペン主演してる...


イントゥ・ザ・ワイルド/Into the Wild
Kristen Stewart News (2008/09/09 13:14)
監督:ショーン・ペン共演:エミール・ハーシュ、ヴィンス・ヴォーン、キャサリン・キーナー 他 ステータス:撮影中 原作邦訳あり Watch the l...


イントゥ・ザ・ワイルド(2007)
ちょっとお話 (2008/09/11 15:59)
イントゥ・ザ・ワイルド  (2007  アメリカ) INTO THE WILD 上映時間 148分 監督: ショーン・ペン 製作: ショーン・ペン アー...


★「イントゥ・ザ・ワイルド」
★☆ひらりん的映画ブログ☆★ (2008/09/18 03:03)
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。 ショーン・ペン監督作品で、 「スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。 実話ものらしいけど、アラスカ・・って、見るからに寒そう。


「イントゥ・ザ・ワイルド( INTO THE WILD)」映画感想
Wilderlandwandar (2008/09/20 15:35)
「名優ショーン・ペンが久々に監督を務めたロード・ムービー。ベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」を基に、アラスカで謎の


映画「イントゥ・ザ・ワイルド」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2008/09/20 17:58)
原題:INTO THE WILD 予告も見ず、予備知識も何一つ得ないまま、ただタイトルに興味を惹かれての映画鑑賞だったけど、魂を揺さぶられると言っていい~衝撃の実話の映画化~ 本当に実話ということを知ったのは映画の最後のほうだったけど、最初のほうでは長くて


イントゥ・ザ・ワイルド
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 (2008/09/21 13:13)
 アメリカ  ドラマ&青春  監督:ショーン・ペン  出演:エミール・ハーシュ      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ウィリアム・ハート      ジェナ・マローン 【物語】  1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、 ク


イントゥ・ザ・ワイルド
映画、言いたい放題! (2008/09/21 22:06)
試写会で見ました。 ショーン・ペンが10年かけて構想して作った映画らしい。 ショーン・ペンはあまり好きではないが、興味津津。 ウィリアム・ハートを見るのも久しぶりかも。 原作はアメリカでベストセラーになったジョン・クラカワーの ノンフィクション小説『荒野...


『Into the Wild』イントゥ・ザ・ワイルド
キマグレなヒトリゴト (2008/09/22 17:21)
ナイーヴすぎた彼の軌跡。 ぽちっとプリーズ。 Into the Wild


120●イントゥ・ザ・ワイルド
レザボアCATs (2008/09/23 14:54)
忘れ難い作品になりそう。自分にとっては、ジャック・ケルアックの『路上』と、ヘミングウェイの『海流の中の島々』を足したような、大好きな作品になった。


イントゥ・ザ・ワイルド
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/09/28 17:47)
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンドレ...


『イントゥ・ザ・ワイルド』
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー (2008/09/28 23:46)
ショーン・ペン監督最新作で、エミール・ハーシュ主演の『イントゥ・ザ・ワイルド』のeiga.comさん主催の試写会に行ってきました。 ロケーションの美しさと放浪を続ける主人公の姿を静かに追った映像が、とても印象に残る作品になっていると思います。 **************...


荒野へ~『イントゥ・ザ・ワイルド』
真紅のthinkingdays (2008/10/02 16:50)
 INTO THE WILD  優秀な成績で大学を卒業したクリストファー・ジョンソン・マッカンドレス(エミール ・ハーシュ)は、誰にも告げるこ...


イントゥ・ザ・ワイルド 2008-56
観たよ~ん~ (2008/10/09 19:32)
「イントゥ・ザ・ワイルド」を観てきました~♪ 1990年夏、エモリー大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は、ハーバードのロースクールに入学する予定のお金を寄付し、身分証明書もクレジットカードも棄て旅に出る。彼が最終的に目指したのは、...


イントゥ・ザ・ワイルド
C\'est joli~ここちいい毎日を~ (2008/12/11 22:05)
イントゥ・ザ・ワイルド’07:米 ◆原題:INTO THE WILD◆監督・脚本: ショーン・ペン「プレッジ」「クロッシング・ガード」◆出演:エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー?、ウィリアム・ハート?、ヴィンス・ヴォーン ◆STORY◆1990....


イントゥ・ザ・ワイルド
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2009/03/05 19:39)
そして,僕は歩いて行くまだ見ぬ自分と出会うためにあらすじ: 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れるための放浪の旅に出る。労働とヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。アラスカ山脈の人気のな


「イントゥ・ザ・ワイルド」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2009/03/11 09:34)
徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました


イントゥ・ザ・ワイルド
Addict allcinema 映画レビュー (2009/07/06 12:39)
そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために &nbsp;


mini review 09392「イントゥ・ザ・ワイルド 」★★★★★★★☆☆☆
サーカスな日々 (2009/09/22 02:43)
すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた人間ドラマ。ショーン・ペンが監督を務め、原作は冒険家ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説「荒野へ」。前途有望な未来を捨て自由を選択したすえに悲惨な最期を遂げる若者を演じるのは『ロー...


映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を観て
KINTYRE’SDIARY (2011/02/09 22:11)
81.イントゥ・ザ・ワイルド■原題:IntoTheWild■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月27日、テアトル・タイムズスクエア(新宿)ス...


| ホームTOP ▲ |