「僕のピアノコンチェルト」感想
ロードショー時、とても見たかった映画。チラシを見て想像したのと、実際の映画は全然違った内容でした。3つ★半
boku
ある少年のピアニスト成功物語かと思いきや、天才少年とその両親とおじいちゃんの話し・・・という感じでした。見終わった感想としては、面白かったのだけれど、有り得ないな~という処があって、そこが引っかかっちゃったかな・・・
★以下ネタバレです 白文字で書いています★
株で大もうけ・・・って部分が、なんかなぁ・・・と。私個人的に、この映画にかかわらず、どうも・・・こういう株とかで一攫千金とか、そういうのはあんまり好みじゃなく、それで成功したとしても感動出来ないんです・・・。
プロペラ飛行機が着陸出来るほどの広大な敷地を持つピアノの先生のお城みたいな邸宅!ってのも、さすがわヨーロッパ・・と思いました。このピアノの先生が素敵な雰囲気だわ~と思いました。
以上

それでも、じいちゃん演じるブルーノガンツはやっぱり良い感じの役者さんだなぁ~と思ったし、とても作りが丁寧でした。お母さんの苦悩も良く伝わって来ました。(中でも、途中で息子が普通の子になってしまったと知り、気が抜けてしまうシーン・・・。引き留められつつもキャリアを捨てて子育てに専念したのに・・・と思っただろうなあ・・) 

ドイツ映画だと思っていたら、スイス映画だったのですね。
この監督さん、「山の焚火」(1985) の監督さんだったとは!もう20年ほど前、映画館に見に行って、山に住む兄弟の結構凄い問題作?なのに、大自然の風景のせいか、ねっとり感が全く感じられないという不思議な映画だったのを覚えています。今回のこの「僕のピアノコンチェルト」も年上のちょっとむっちり系の普通の隣のお姉さん的女の子と、年下の男の子という組み合わせでしたよね。東南アジアレストランで、彼女を説得するセリフが、もっともだなあ~と妙に納得してしまったw そのレストランのメニューに、なぜか天ぷらとか寿司とか入っていたのが笑えたw

監督 リストフレディ・M・ムーラー 
僕のピアノコンチェルト (2006/スイス) Vitus
監督 フレディ・M・ムーラー
出演 テオ・ゲオルギュー / ブルーノ・ガンツ / ジュリカ・ジェンキンス / ウルス・ユッカー / ファブリツィオ・ボルサニ / エレニ・ハウプト / タマラ・スカルペリーニ
【2008/09/28 10:28】  コメント(8) | トラックバック(6) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「中国の植物学者の娘たち」ラストに呆然・・・ | ホーム | 「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」感想 個性的な映画>>
コメント

スイス映画で,日本食がけっこう出てきるのにびっくりしました。
スイスじゃ日本食は人気の御馳走なんでしょうか?
ま,そんなことはさておいて・・・
これってまさかこういう展開とは思わずに観たので
意外な面白さがありました。
天才少年の真面目な成長物語じゃなかったのね~
でも株で・・・というのは確かに現実味がないなぁ。
あそこだけ「お伽話」のようでした。
なな  【 編集】  URL |   2008/09/28 22:05   |  TOP ▲ |


latifaさん、「山の焚火」ご覧になってるんですね~!!!!!
すごい~♪
この映画を見たときに、ちょっと調べてたらその題名が。是非見てみたいなぁ、と思ったものの、どこにも近所にはどこにもレンタルされてなく、あ~・・ダメだ~・・と泣く泣く諦めてる状態です。そうですか、問題作なのに・・不思議な?映画だったんですね~(笑)

おじいちゃん、それにお父さんお母さんがとても良い人でしたよね~。
ブルーノ・ガンツはほんとに良い感じの役者さんでした。
こういう人好き~!って思っちゃいました。彼の出てるほかの作品も見たいのに、やっぱりなかなかなくて。

そう、株の話しやら、その他もろもろ
考えればありえない話でしたよね~(^^ゞ
でも、自分のところのコメントバックにも書きましたが、ありえないもの(創造物)が出てこなかったので、まだ良かったです。
ファンタジー系の映画やSF映画に出てくる、人間が作り出した想像物・創造物が出てくる映画が苦手な私(^^;;)
そういう映画が苦手なんだ、って
近年やっと気づいたトロいやつですが(^^;;)
なんでみんなが良いとおっしゃってる
「ハリポタ」やら「スターウォーズ」やらがそんなに好きじゃないんだろう?SFでも好きな映画もあるのに・・と自分で自分の好みがよくわからなかったんですが(^^;;)
やっと、あ~そうか、そういう”もの”が出てきてるものが結果的に好きじゃない映画になってしまってるんだ~、と気づいた次第です(^^ゞ
「パンズ・ラビリンス」も思ったよりも良かったものの、やはり皆さんが絶賛なさってるほど好きにはなれなかったし(^^;;)

・・と直接関係ないことをまたまたぐだぐだと書いちゃいましたm(_ _)m

で、この映画のあの日本食ですが
私もビックリ!アジアっぽいレストランで日本食・・スイスでもやはり日本食は人気なのかな~?^^
精一杯気取って彼女を連れて行く場所としてそこを彼は選んだわけだから、かなりの人気スポットだろうと思われ、ちょっと嬉しかったです^^
メル  【 編集】  URL |   2008/09/29 07:28   |  TOP ▲ |


こんにちは~

いい映画でしたよね!
私も想像していた内容とは全然違っていました。予告からはもうちょっと暗く重い印象だったのですが、とても爽やかささえ感じる素敵な映画。

おじいちゃんの存在がとても良かったですね~

株のシーンは私はよくわかりませんでした・・一体何が行われていたのか・・あまり必要のないエピソードかと思いましたが、彼の天才な頭脳は健在っていうのに必要だったのかもしれないですね。
hito  【 編集】  URL |   2008/09/29 12:36   |  TOP ▲ |


こんにちは~ななさん☆
スイスでは、日本料理もインドネシア料理も一緒なのかもw
家らも、チーズフォンデュと、スパゲティと、ソーセージと、洋食レストランとかで一緒に普通に食べちゃってますもんね(^^;)

この映画、ありきたりじゃない内容でしたね。結構予想外なお話と展開には、楽しませて頂きました☆
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/29 15:49   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは☆
「山の焚火」は、メルさんちで拝見したんだったかな・・・どなたかもおっしゃっている通り、凄い名作とか、絶対見なくちゃ損!な作品ではないと思われます・・・。
問題作というのは、近親相姦(姉・弟の)という内容なのです。でも全然エロくなくて、それが不思議なんですが・・・。

ブルーノガンツさんがドイツ出身じゃなかった!というのが驚きでした。私も彼の出演作って、ベルリン天使の~と、ヒトラー最期の・・と、バルトの・・・(松平健が出てる日本映画)
位しか見たことがないです・・・。

>人間が作り出した想像物・創造物が出てくる映画が苦手な私(^^;;)
 解ります!!私は、かぶり物っていうんですかね?ああいうのが安っぽく感じたり、どうも違和感あって、好みじゃないんです。スターウォーズは好きなのですが、異星の生物(かぶりもの系)部分は、あんまり好きではないです。ハリポタは、私もなんかあんまりハマれなくて・・・。1作目はそれでも普通に見れたのですが、2作目は寝て、3作目もダメで、それ以後はもう映画館に行くのを諦めました・・・。「パンズ・ラビリンス」に至っては、皆さんの絶賛の声の中、私はそれほどでもなく・・・。
 おまけに、こんな暴言吐いていいのか?と思いますが・・・作り物の町とかも好きじゃないんです・・・。だから、恐れ多くも、ディズニーランドも、それほど・・・。

>精一杯気取って彼女を連れて行く場所としてそこを彼は選んだわけだから、かなりの人気スポットだろうと思われ
 そうですね~~!!そう考えると、ちょっと嬉しかったりしますね♪
私だったら、あの彼のプロポーズは、結構心が動きますな~w
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/29 16:00   |  TOP ▲ |


hitoさん、こんにちは~☆
>予告からはもうちょっと暗く重い印象だったのですが

そうなんですか!私は予告編は見たことがなくて、映画のチラシを見ただけだったのですが、音楽好き・ピアノ好き・ヨーロッパの子供が主役の映画が好きなこともあって、もう見るしかないっ!という意気込んでいたんです。結局劇場まで行けず、レンタルになってしまいました・・・。

株のシーンは私も、どんな風に大金をget出来たのか?仕組みとか、よく解らないです・・・。
でも、あのお金を儲けたことによって、じいちゃんは飛行機に乗れたし、お父さんも会社首にならなかったし、良かったには良かったんですが・・・
latifa  【 編集】  URL |   2008/09/29 16:12   |  TOP ▲ |


latifaさん、初めまして!
突然お邪魔させてもらいましたが、
数ある映画ブログを書いてる人の中でも結構いろんな種類の作品を見てるし、
マニアックな作品も紹介されてたので、私も仲間に入れてもらいたく
初コメントです(笑)

【僕のピアノコンチェルト】
なかなか想像とは違った内容でしたが面白かったですね。
この主人公の男の子の指使いを見てて、
どうも本当に弾いてるようにしか思えなく、調べたら
本当のピアニストなんですってね!それまたビックリ!!

あと、【山の焚き火】!
かなりの勢いでマニアックな作品なのに、見てたなんて嬉しい限りです。
問題作ではありますよね。
でも大自然の風景美が印象深く残ってます。

昨日【ラストコンサート】も見ました。
もう大体先が読めるので最初から泣きっぱなしでしたよ!!

あれ、長くなってしまいました(汗)
これから少ずつlatifaさんの映画の感想を読んで行きたいと思います。
又遊びにきます♪よろしくです!!!
めぐ  【 編集】  URL |   2008/11/22 07:07   |  TOP ▲ |


めぐさん、はじめまして~(^O^)コメントとっても嬉しいです!!今後ともお気軽に遊びに来て下さいまし~☆ いやいや、ろくでもないクダラン感想ばかり書き留めていまして、お恥ずかしいかぎりです・・・。めぐさんも面白かった映画とか、みっけもん!な映画があったら、どうぞ教えて下さいね。

僕のピアノコンチェルト
そうなんですってね、本当にピアノが弾ける男の子を選んだそうで、あの子の将来も楽しみです。凄いピアニストになれたりするのかな。スイス映画って珍しいですよね~。山の焚き火も、めぐさんご覧になっているんですねー。私は随分前に見ただけなので、今改めて再見したら、どんな風な感想を持つのかな~と興味があります。そうそう!スイスの自然美が凄く出てた映画でした。ハイジとはまた違ったスイスの美しさを堪能出来ました。

で、なんと!ラストコンサートですか^^ モンサンミッシェルとか北フランスの風景も素晴らしいし、ベタな内容ではありますが、主人公の女の子も可愛かったし、出来たらリアルタイムに、自分がまだピュア?だった頃に見たかったなぁ~と思いました。
latifa  【 編集】  URL |   2008/11/22 11:51   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/622-909c09bd

僕のピアノコンチェルト
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2008/09/28 22:09)
ラスベガスをぶっつぶせだの,奇跡のシンフォニーだの,最近多い天才もの。これもその一つだから,天才くんの感動のサクセスストーリーかと思いきや,ヒューマンドラマというよりは,なかなか痛快で面白い洒落たお話だった。主人公のヴィトスは,ピアノだけでなくIQも測定...


「僕のピアノコンチェルト」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2008/09/29 07:53)
僕のピアノコンチェルトポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 人並み外れたIQを持ち、ピアノを弾かせればまるで巨匠のような腕前を披露する天才少年、 ヴィトス(6歳=ファブリツィオ・ボルサニ。12歳=テオ・ゲオルギュー)。やがて両親のレオ (ウルス・ユッ


「僕のピアノコンチェルト」
日々のつぶやき (2008/09/29 12:33)
監督:フレディ・M・ムーラー 出演:テオ・ゲオルギュー、ブルーノ・ガンツ 「天才少年ヴィトスは頭脳も抜群IQは測定できない程、ピアノの才能があり両親の誇りだった。でも彼は天才ゆえの孤独でおじいちゃんと一緒にいる時間だけが自分らしくいられるのだった。彼


僕のピアノコンチェルト
心のままに映画の風景 (2008/10/08 22:02)
高いIQを持つ6歳のヴィトス(ファブリツィオ・ボルサーニ)は、ピアノの腕前にも才能ある天才少年。 両親のレオとヘレンは、一流ピアニスト...


『僕のピアノコンチェルト』\'06・スイス
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2008/11/03 07:18)
あらすじまるで別世界から来たような天才児、ヴィトス。初めて触ったおもちゃのピアノで『ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー』を弾きこなし幼稚園で地球温暖化について語り、お遊戯そっちのけで辞書を読みふける。なんとIQは高すぎて計測不能・・・。感想正真正銘の神童...


映画「僕のピアノコンチェルト」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2008/11/15 18:07)
原題:Vitus 少年とおじいさんの物語といえば「ウォルター少年と、夏の休日」を思い出す、男の子にとってリタイヤして余裕のできたおじいさんはとても親しみやすい存在~ この映画、ただ単に現役天才ピアニスト少年が主役を演じたというだけではない、いわば少


| ホームTOP ▲ |