20年ぶりに再見「太陽の帝国」
1987年映画。先日バットマン・ダークナイトのクリスチャンベールが、この映画の少年だった!!という衝撃的事実を知りまして(^^;) 再見することに。20年前映画館に見に行って、自分の中では3つ☆半くらいの映画で、もう詳しい内容は殆ど忘れてしまっていました。
tai
で、見た感想はとうと、いやぁ~~!クリスチャン・ベール、少年の頃から、すんごく演技が上手い! だってこの映画って、クリスチャンベール一人が主役!ってホントそういう映画なんですよね。この子がダメだったら映画もダメなわけです。いいところの坊ちゃんという役が子供の頃も今もピッタリ^^ この少年が20年経ってもバリバリ映画界でトップで活躍してるんだ、ってことをつい踏まえて見てしまい・・感慨深かったです。子供の頃可愛かった子って、大人になると・・・・(x_x)って事が多い中、彼は子供の頃も可愛かったのに、大人になってもハンサムでカッコイく成長しましたね~♪

最初に「太陽の帝国」を見た時は、自分は20代前半だったけれど、今はこの少年の母の年代になっちゃっており、だからかどうか解りませんが、このジェイミーを、生意気だな~とか、けなげだな~、可哀想だな~とか、親の目線で見ている自分がいました。今回の方が4つ☆半くらい行っちゃいました。前回はラストシーンは、なんだかハッピーエンドなのに悲しいというか、、、そういう感想を持ったのですが、今回は前回よりも、違った良い意味での期待感を感じました。
☆以下ネタバレです 白文字で書いています☆
両親と再会出来たものの、この3年間壮絶な暮らしをし、すっかり変わってしまったジェイミー。しかし、絶対この子はこの後、大物になるだろうな!と思ったんです。この3年間で、生きる力や世渡りの人生勉強を積んで、将来父の会社を継いだとしても、また違う職業に就いたにせよ、絶対成功する大人になれるはず!って思ったんです。このラストシーンの瞬間は可哀想だけれど、この後長い50年以上の人生は、あの3年間があったからこそ!って事になってる予感がしたんです(勝手にね^^ いや、そうなってくれなきゃ!!) まあ・・逆に戦場暮らしの過度な緊張から開放され虚無感からドラッグに走る・・・って可能性も無いわけじゃないけど・・・。以上

この映画を最初に見た時は、87年頃に見た映画と色々重なるシーンがあって、たとえば、83年の戦場のメリークリスマス(イギリス少年がボーイソプラノでコーラスを歌う←デビットボウイの弟役+英国の良家の子が通う学校のブレーザースタイル)、87年ラストエンペラー(主役溥儀少年が、自転車を大邸宅の中で乗り回す)そして両方とも、日本兵(日本人俳優)が重要な割合で出演してる映画ということで、自分の中では共通点があるな~って思った覚えがあったんです。

あと、何故かジブリ映画のことも頭に浮かんでしまいました。そもそも飛行機マニアというのが宮崎駿さんと同じであり、こういう坊ちゃんが過酷な状況におかれて、どんどん強くなる・・という状況は、千と千尋を思い出したり、船と家の中から電気モールス信号?で通信するというのはポニョを思い出したりしました(^^;)

で、再見した気がついたことには、あのヤクザ?なアメリカ人が、シェルタリングスカイや、マルコヴィッチの穴の、ジョン・マルコヴィッチが演じていたんですねぇー!!やっぱりこの頃からいい味出してたし上手かった~。

太陽の帝国 (1987/米) Empire of the Sun
監督 スティーヴン・スピルバーグ 脚本 トム・ストッパード 原作 J・G・バラード
撮影 アレン・ダビュー 音楽 ジョン・ウィリアムズ
出演 クリスチャン・ベール / ジョン・マルコヴィッチ / ミランダ・リチャードソン / ナイジェル・ヘイバース / 伊武雅刀 /ガッツ石松

【2008/10/06 15:59】  コメント(8) | トラックバック(1) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「落下の王国」感想  | ホーム | 「ダークナイト」「バットマン ビギンズ」感想>>
コメント

おおお~!!latifaさん、これを再見されたんですね~
とか言いながら私は未見なんですよ~(泣)
ちょっとクリスチャン・ベールの若い日の写真をみる機会があったもので、物凄く美しい青年で、萌え萌えになっちゃって、昔の映画を見たいんだけどなぁ~
私が見て、思わず保存しちゃったベールの写真は17才くらいで、、、超可愛いの♪
今も素敵だけど、彼はうまく成長しましたよね~バンザーイ!!
最近時間がなくってレンタル店に行けないんだけど、少しずつベールを堪能したいわ~コチラの映画はlatifaさんの評価が高いし、絶対観たいな♪
由香  【 編集】  URL |   2008/10/08 17:29   |  TOP ▲ |


由香さん~こんにちは!
そもそもこの映画を再見してみよう・・って思うに至ったのが、由香さんとお話したことがきっかけになったの。
もうすっかりクリスチャンベールの子供の頃の姿が思い出せなくて、でも上品な雰囲気のある可愛い男の子だったというのは覚えていて、その割には栗毛色(金髪に近い)と思ってたら、それは太陽に髪が輝くシーンが多数あって、それでそういう印象がついてたんだわ・・って事が今回判明(^^;)

これね、お馴染みの日本人タレントさんが出て来たりするので、そういう点でも楽しめるよー。ただ、ちょっと長いかな・・・。
でも、男の子のママさんでもある由香さんなら、絶対楽しめると思うんだ~。
いつかご覧になったら、是非由香さんのレビューを拝見したい~~!!
latifa  【 編集】  URL |   2008/10/09 13:36   |  TOP ▲ |


ご無沙汰しております~。
あまりに懐かしくてうれしくなっちゃいました。そうそう、クリスチャン・ベールなんですよね。スピルバーグ作品に出た子役は皆消えていくというセオリーを破ってくれてこれも嬉しい限りです。
わたしはコレを『ラストエンペラー』と二本立てで観ました(上映時間長っ!)。当時小学生だったので、時代背景とか全く判らなかった(いや今も不勉強であまり変わらないか…)ので、ただただ健気に生きていく少年に心を奪われていました。マルコヴィッチもミランダ・リチャードソンも出ているんですよね。贅沢な映画だ~。
latifaさんのレビューを読んで、ますますもう一度見たくなってきました。わたしも今見直したら色々感じるところは違いそうです。
リュカ  【 編集】  URL |   2008/10/13 19:04   |  TOP ▲ |


リュカさん、こんばんはー!暫く家を留守にしていたので、お返事が遅れてしまってゴメンなさい!
これにコメント頂けて、すごく嬉しかったです。ありがとうございます~(^O^)

>スピルバーグ作品に出た子役は皆消えていくという
 あら・・・。そういわれればそうですね・・・。子供の頃可愛くても大人になったら、ありゃりゃりゃ・・・って事が多いので、クリスチャン・ベールは非常に貴重な俳優さんですなー。

ええっ!これとラストエンペラーと2本建てですか?!そりゃトータルすると5時間以上ですよーお嬢さん!!
そういう私も昔は結構平気で半日とか座って見てたなぁ・・・(遠い目)
それにしても、これを見た当時、リュカさんは小学生っすか?! 若い!!そして、おマセさんだったのね~。小学生時代に、この2本って・・・(^^;)
 私なんて小学校の時は、こっぱずかしい映画ばかりでしたよ・・・。産まれて初めて劇場で見た外国映画が、小学校高学年で、確かナイル殺人事件・・・そういう感じでしたもん。
・・・って!!そうか、ブルースリーもあれは一応洋画なんだ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2008/10/16 20:26   |  TOP ▲ |


latifaさんー
おはようございます♪

これ、ベン・スティラーのデビュー作で。。。
この映画の時から先日観た自身の監督作『トロピックサンダー』を考えてたらしく、、、
わたし未見だったんですよぉ、、、
観なきゃと思ってたところでlatifaさんの記事発見!
へぇークリスチャンベールだったんですか?!
しかもマルコビッチまで出てたとは、
本当、近々観ようと思いマス☆
mig  【 編集】  URL |   2008/10/25 09:53   |  TOP ▲ |


migさん、こんばんは~!
そうなんですよ。私も知らなかったのですが、この記事を書く際に、ベン・スティラーが・・ってのを知って、しかもここのシーンのここで出てますよ、って書かれてるサイトを発見し、巻き戻してもう一度確認しちゃったんです。いやぁ~若かったですよ。

クリスチャン・ベールもマルコビッチも、それに日本の俳優さんも色々出てるので、楽しめますよ~。昨日家の母も見て、面白かったって言ってました。でも、ちと長いです・・・。
migさんの感想、楽しみにしていますね~☆
latifa  【 編集】  URL |   2008/10/25 18:11   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~☆^^

latifaさんは20年ぶりの再見だったんですね。
私は初見だったけど、すでに母となって20年以上経ってるのに(^^ゞlatifaさんみたいに優しい母の気持ちで見れなかったところに修行の足りなさ?!(^_^;)を感じました~(^^ゞ
寛容さが足りない!σ(^◇^;)
それに優しさが足りない!σ(^◇^;)(笑)

でも、ネタバレの部分
確かに!と思いました。
これまたlatifaさんが書いてくださってたからこそ、あ~そうだよね~!!!って思えたんですけどね(^^ゞ
きっと将来は・・と期待できますね。
あれだけの修羅をくぐってきた彼ですから。
そうなってもらいたいし。

で、その彼を演じたクリスチャン・ベイルはまさしくひとかどの人物・・とういか素晴らしい大人の俳優さんになりましたね~♪
感慨無量でした。
子供の時にこれだけ上手くて、どんな大人の俳優になるんだろう?という気持ちは、その後を知ってしまってるので味わえませんでしたが(^^ゞ ほんとに子役でこれだけ可愛くて上手くて・・という彼が、きっちり大人になっても素晴らしい俳優さんになって・・と感激しました。
子役で成功して、大人になっても主役晴れる素晴らしい俳優さんになって、ほんとにレアーなケースですよね。

それに私はジョン・マルコヴィッチが大好きなので、彼が見れたこともすごく嬉しかったです♪
彼らしい役柄でしたし^^

それに私は知らずに見ちゃったんですが、ベン・スティラーに似てる人がいる・・と思ってたら本当に本人だったんですよね~!
ベンも好きなんです^^
それもこれがデビュー作?だったんですね。
上記のコメントを読ませてもらって初めて知りました(^_^;)
いやいや、彼のデビュー作が図らずも見れたなんて、感激です♪^^
メル  【 編集】  URL |   2009/07/06 10:04   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは~!
やだぁ~メルさんったら、そんなこと無い~~!!! 
確かに、この子ダメじゃん~!って思ったシーンは多数あったもん。
寛容さと優しさが足りない~ってのは、私の事れす・・。今日「クリクリのいた夏」を見て、リトン(ジャック・ヴィルレ)に腹が立ってしまったのー。後で「クリクリ~」は感想アップして(もうほとんど書いた)、改めてメルさんちにコメント・TBしに行きます(記事、今拝見させて頂いちゃった) ほんっとに良い映画だった!!私見たことなくて、初見だったことが判明。見たと思ったのは、似たタイトルの違う映画だったのかな?謎
これ見て、ジャック・ガンブランが好きになってしまった(*^ー^*) 他にはどんな映画に出演されてるのかな?って、すぐ検索に出ちゃった。全然見てないので、今度別の映画も見てみようと思ってるんだけど、メルさんは、「マドモワゼル -24時間の恋人-」なども見てるのね~♪

> 子供の時にこれだけ上手くて、どんな大人の俳優になるんだろう?という気持ちは、その後を知ってしまってるので味わえませんでしたが(^^ゞ ほんとに子役でこれだけ可愛くて上手くて・・という彼が、きっちり大人になっても素晴らしい俳優さんになって・・と感激しました。
 うん、うん(T_T) よくぞ立派な大人の俳優さんになったものだ・・・と思いますよね~。ダメになっちゃう子が多過ぎるから・・・。

そういえば、前にメルさんちで、クリスチャン・ベイルが出演する次回作が思い出せない・・って言ってたのが思い出しました。ジョニーデップと共演してる、ギャング映画でした。ホントはヒース・レジャーが演じるはずだった役をジョニーが・・ってあの映画です。

私もジョン・マルコヴィッチ好きです~。
そうそう、ベン・スティラーのデビュー作ってのを、後から知って、思いがけずこの作品って、結構色々見所の多い映画だな~って思いましたー。
latifa  【 編集】  URL |   2009/07/06 20:25   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/626-bb496fae

「太陽の帝国」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2009/07/06 09:52)
クリスチャン・ベイル・・子役の彼を見たのはこれが初めて


| ホームTOP ▲ |