「ボクの彼女はサイボーグ」感想
監督は、「猟奇的な彼女」「ラブストーリー」のクァク・ジェヨン。の2作品が私はとても好きだったのですが、3作目の「僕の彼女を紹介します」で、もの凄いズドーンと外されてしまい・・・
その後もこの監督さんの動向には注目していたのですが・・・・この「ボクの彼女はサイボーグ」にしても、最新作の「最強☆彼女」(シン・ミナがやっぱり強い女性を演じるらしい)、この監督さんって、そういう内容ばかりですよね・・・う~~ん、何か違った色合いの作品を作ってもらいたいなあ・・・。

で、全然この「ボクの彼女はサイボーグ」も期待しないで見てみたんです。
まずは、主役の2人は、とても合っていたと思いました。綾瀬はるかは、実はあんまり好きな女優さんって訳じゃないのだけれど、体にフィットしたサイボーグスタイルスーツがとても似合ってました!スタイルが良かったですね~。胸もお肌も白くて柔らかそうだし。小出君は、猟奇的な彼女の時のキョヌに雰囲気が少しにていた^^ でも最初のシーンで、モテ無い、生活も大変そう・・・というキャラなのか?と思えば、クラブで女の子とお近づきになれる程度だし、住んでる家もありえん程カッコイイのではないか?と、突っ込んでしまった。

☆以下ネタバレです 白文字で書いています☆
ジローが最初に会った彼女は実は人間で、オークションで買った自分そっくりのサイボーグの記録に感情移入しすぎて過去にタイムスリップしてきていた彼女だった・・・というのが、ビックリ。
まあ、そこまでは良いとしても、彼女が東京震災直後に再度タイムスリップしてきて、今掘り起こしたサイボーグの上半身を抱えて泣いてるジローの前に登場。今後ずっと一緒に暮らす・・・みたいなハッピーエンドは、一体なんなんでしょうか?! 
あと、中盤で、ジローを故郷に連れて行くエピソードが不要だった気がしたな。ちょっとこの映画、長すぎた感じもあったので・・・そこをはしょって、ラストを変えたら、☆1コアップしたかもしれないのにな。
あとね、小ウルサイ事は言いたくないんだけど、屋上から缶をポイ捨てとか、無銭飲食・万引きとかが数回出て来て(ちょっとなら気にならんのだけど、何回も出て来たんで・・)、ちょっと道徳的にうぬぬ・・・と思ってしまったな。
以上

トータル3つ☆。
クァク・ジェヨン監督、また日本に来ているそうです。北海道を舞台にした映画を撮るそうだとか・・・。
いつか、また感動出来る作品を作って欲しいな~。
【2008/11/03 15:50】  コメント(7) | トラックバック(4) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「ギフト」ヘヴンを見た後見ると^^ | ホーム | 「ピエロの赤い鼻」「明日への遺言」感想>>
コメント

latifaさんー♪
こんばんは。

これね、劇場公開の時観ようか迷って結局そのまんまでした、、、
latifaさんフツウですか~☆
じゃあわたしも同じくらいかなあ。笑

猟奇的な彼女は好きだったんですけど。。。

あ、そういえばもこみちのドラマでこういうのありましたよね、
マネしてたのかな?^^
mig  【 編集】  URL |   2008/11/04 21:02   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは~。
うん・・・。お金を払って見るほどの作品ではないかも・・・と思ったりします。
いつかTVとかで見れる機会があったら、migさんもどうぞ(^o^)

猟奇的な彼女は、私も面白くて、韓国映画を見る目が変わった作品でした・・。この監督さんって、基本的に強い(凶暴な)女性が好きなんだろうなあ・・・と思わずにはおれません・・。

もこみちのドラマ、娘につきあって見ていました^^ 女サイボーグっていうのは漫画とかでも結構よくある設定ですが、男ロボットっていうのは珍しかったし、私も欲しいですw 
latifa  【 編集】  URL |   2008/11/05 08:46   |  TOP ▲ |


つい最近私も見ましたー。
小出くんがちょっとおとなしすぎというか。もうちょっと周りの人間も関わっていればよかったのになあ、と思いました。一つわからないところがあるのですが、再会したときケーキに頭をつっこんだのは、なぜだろう?と。
初めに現れた人間、の時の彼女がお店でほかの客(ラグビーかなんか)のバースデーお祝い風景を真似てやったのはわかるんだけど、再会したときはサイボーグになってすぐ地上に来た時ですよね。おじいさんになった時の小出くんがインプットしたのかなあ。すいません、独り言のような問いで。
私も綾瀬はるかってあまり好きな方じゃなかったんですが、この映画でロボットダンスとか、色んな動きとか、女優さんとして頑張りを感じたというか、好感度アップしちゃいました。サイボーグ役がはまってたんですかね・・・
長くなりましたが奥田英朗さんの本もいくつか読んだのでまた感想書かせてください。ではまた。
みどり  【 編集】  URL |   2008/11/18 13:16   |  TOP ▲ |


わーーい!みどりさ~~ん(^O^)こんにちは☆
みどりさんとお話出来るのも嬉しいし、この映画を見た人とお話するのもこれが初めてで、ダブルで嬉しいです!!

小出君は、のだめの時の真澄ちゃんと、キサラギの中の役が凄く好きなので、それと比べるとこの映画では、あんまり個性が光ってなかったな・・・と思いました・・・。猟奇的な彼女のキョヌの2番煎じ日本版って感じだったというか・・・。

で、ケーキのシーンですが、すごい!みどりさん、良くシッカリとご覧になっていらっしゃる!!言われてみればおかしいですね。ほんとだ。全然気が付きませんでした。
この映画って全部見終わって細かい処を一つ一つ振り返ってみると、つじつまが合わない部分がちらほら有る気がするんですよ・・・。ケーキの件もその中の一つですねっ!

綾瀬はるか、がんばってましたよね。お肌も綺麗だしナイスバディだし、サイボーグ役に合ってたと思いました。

奥田さんの本、またまたお読みになられたんですねー!また奥田さんの本でも、他の本でも、みどりさんとお話したいので、お気軽にいつでもこちらのブログでも、gooの方でもどっちでも良いので、是非遊びに来て下さい~(^O^)
latifa  【 編集】  URL |   2008/11/18 16:08   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2009/01/25 17:57   |  TOP ▲ |


こんばんは~♪
何故この映画を観たのか想像がつきますか?
ピンポ~ン!そうです!!絶対彼氏のナイト君熱が収まらないので、サイボーグ物を観たんです!(笑)

多分、ロボット系に極端に感情移入しているせいだと思いますが、なかなか面白く観れました。
綾瀬サイボーグが上手かったし。
お話はグダグダしていたけど(汗)、健気なサイボーグって泣かせてくれるわ~
由香  【 編集】  URL |   2009/03/28 23:56   |  TOP ▲ |


由香さん、こんにちは~!
そうかあ・・・そういう経緯で、これを見たのね?
私ね、しばしサイボーグもので、ラストが楽しい映画って何かあったっけか・・・?と、色々考えてしまったわ・・・。 ちょっと楽しいどころか、酷いヤツを思い出しちゃった・・・。「AI」
あれも酷かったわよぉ~~~~!!!(ごめん、また暗い気分にさせちゃったな・・・)

>健気なサイボーグって泣かせてくれるわ~
うん、うん・・・・(T_T)

ターミネーター4も、段々近づいて来たよね。楽しみ~~。これを「劇場」で見る!ってのが、今から楽しみでたまらない~~~~(^▽^)
latifa  【 編集】  URL |   2009/03/29 09:12   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/632-e05b4580

なんで日本で撮っちゃったの?『僕の彼女はサイボーグ』
水曜日のシネマ日記 (2008/11/03 17:30)
未来から来たキュートなサイボーグと、さえない青年のラブストーリーです。


僕の彼女はサイボーグ
Akira\'s VOICE (2008/11/03 17:33)
ラブストーリーなの?  


映画「僕の彼女はサイボーグ」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2008/11/04 12:22)
彼女シリーズ第3弾、と言っても「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」とは似ていず非なるもの・・大食いチャンピオンで破壊的な彼女と寂しい男の恋・・・ 友達(吉高由里子)と一緒に訪れた22世紀のオークション会場でのこと、彼女(綾瀬はるか)は自分に...


僕の彼女はサイボーグ
★YUKAの気ままな有閑日記★ (2009/03/28 23:53)
レンタルで鑑賞―【story】21歳の“僕”(小出恵介)を救うために、未来の“僕”が現在の自分に送ったキュートな“彼女”(綾瀬はるか)は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。“彼女”は“僕”のピンチを幾度となく救ってくれるが、感情を一切持たない


| ホームTOP ▲ |