「リリィ、はちみつ色の秘密」なかなか良い映画でした♪
思いがけず、良い映画だった・・・。映像と風景が、きらきらと透明感があって、そこにアコースティックな音楽がかかって、そこに優しくて寛容でニコニコと何でも受け止めてくれるオーガストさん・・・。
riri
この映画、脇役も凄く豪華。一緒に家出する黒人女性をジェニファー・ハドソン(ドリーム・ガールズ)、三姉妹の長女をクィーン・ラティファ、二女をアリシア・キース(こんなに美しい人だったとは!!びっくり。普段彼女の曲はFMなんかで流れて来て聞いていたけど・・・)、三女をソフィー・オコネドー(ホテル・ルワンダの奥さん役の人)が演じています。

この姉妹の名前も季節の名前になっていて可愛いのよね。メイ、ジュン・・・。メイには双子のエープリルって姉妹がいたのだけれど、エープリルが死んでから過度に落ち込みやすい性格になってしまっており、敷地にある石垣に、小さなmemoをはさんでは、その不安を解消する・・という行動をしているんですよね・・・。メイもジューンもスタイルが抜群!!この頃のファッションが昔の「mcシスター」や「DO!family」の様で可愛かった。
でも、やっぱりなんといっても、長女のクィーン・ラティファ演じるオーガストおばさんが、凄く良かった~!ちなみに私のHNのlatifaは、彼女とは関係ありません(^^ゞ

実はダコタちゃんって、ちょっと苦手だったのだけれど、さすがに演技は上手いし、しばらく見ない間にお姉さんになっていた。このまま成長して、美女になる確率凄く高いとみた。
お庭で、ダコタちゃんの金髪が光に透けてハチミツ色に見える様なショットが凄く美しい。

尚、舞台となっている時代背景が公民権法が制定されたばかりの頃1964年。法が制定された後も黒人に対する差別意識が高い白人社会の実態が描かれています・・・。つい最近まで、こんな事が普通だったなんて・・・。弁護士になりたいと言った青年・・・・。でも現在、黒人の大統領ですよね・・・。そんな風にここ40数年でアメリカは変わったんだなあ・・・と、そういう事も考えさせられる作品になっています。

内容は違いますが、「西の魔女が死んだ」(←映画は未見ですが)をどこか連想させられる、傷ついた繊細な少女が、田舎のある場所に暮らすことで成長していく・・・って感じの作品でした。
この作品のプロデュースを務めたのはウィル・スミスご夫妻だそうです。7つの贈り物よりも、こちらの方がず~っと良かったです(^^ゞ 4つ☆

アメリカ映画なんだけど、しっとり作ってあって、ハリウッドのドカーン映画ではなく(そういう映画が嫌いって訳じゃないですよ。T4も凄い楽しみだし)、どっちかっていうとミニシアター系の雰囲気のする映画で、好感度大でした♪

リリィ、はちみつ色の秘密 / The Secret Life of Bees
【2009/03/23 14:49】  コメント(4) | トラックバック(12) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「それでも恋するバルセロナ」3タイプの美女~ | ホーム | 「容疑者Xの献身」小説<映画でした^^>>
コメント

こんばんは^^
私もクイーン・ラティファのあの笑顔に癒されました。あの慈愛の笑顔は菩薩に通じるものがあるような気がします。

「西の魔女が死んだ」の場合はどちらかというとおばあちゃんが主人公ですね。あのおばあちゃんもすっごく優しかった。大好きな作品です。是非ご覧になってみてください。^^
KLY  【 編集】  URL |   2009/03/23 23:22   |  TOP ▲ |


こんばんは★latifaさん

あー、そういえばlatifaさんクイーンラティファと同じだ~^^

ほんと毎回ラティファさん、いい感じでした♪
優しくて包み込んでくれる感じがありますよね~
この映画もそんな優しさに溢れた作品で好きです♪
ダコタちゃん、今後もいっぱい出演作待機してるんですよね、楽しみです♪
mig  【 編集】  URL |   2009/03/24 00:31   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは~(^▽^)
> 私もクイーン・ラティファのあの笑顔に癒されました。あの慈愛の笑顔は菩薩に通じるものがあるような気がします。
 うん、うん!!ありますねっ!!菩薩って言葉が、すごく合ってる。
かっぷくが良いんだけど、なんか素敵なのですよね~。

> 「西の魔女が死んだ」の場合はどちらかというとおばあちゃんが主人公ですね。
そうなんですか? 小説ではあくまでも少女の目線で描かれていたのですが、映画とは違っていそうですね~♪ 今ね、図書館でDVDの順番待ち中なんですよ。数週間後には借りられそうなので、楽しみです。
latifa  【 編集】  URL |   2009/03/24 09:18   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは~(^▽^)
そうなんですよ。数年前、あるブロガーさんから、私のHNは、クィーンラティファから来たものなんですか?って質問されて、恥ずかしながらその時、私は彼女の事知らなくて・・・(^^ゞ
その後、彼女が出演されている映画を見て、結構素敵な女性だったので、ちょっとほっとしたりもしたんです^^

> 優しくて包み込んでくれる感じがありますよね~
> この映画もそんな優しさに溢れた作品で好きです♪
ほんと、そういう感じですよね~。見た後味も良いし、老若男女が安心して見られる映画で、なかなか良い映画だなぁ~と思いました。

> ダコタちゃん、今後もいっぱい出演作待機してるんですよね、楽しみです♪
migさんちで、出演予定作品のリスト見て、ひょえ~~っと一人びっくりしていました。
大人になったら(今もだけど)美人さんになりそう~~。
latifa  【 編集】  URL |   2009/03/24 09:31   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/692-2400a46f

*リリィ、はちみつ色の秘密*
Cartouche (2009/03/23 22:42)
{{{   ***STORY***            2008年  アメリカ 1964年の夏、14歳のリリィは幼い頃に自分のせいで死んだ母の愛を確かめたくて、父T・レイに黙って旅に出る。制定されたばかりの公民権法の甲斐もなく白人の嫌がらせを受け怪我をした挙げ句


[映画『リリィ、ハチミツ色の秘密』を観た]
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 (2009/03/23 23:14)
☆・・・神は世に、二人の「ダコタ」と言う名の美少女を生み出した。  かたや、天性の美貌を誇るダコタ・ブルー・リチャーズ。        そして、もう一方は、天才の子、ダコタ・ファニング。        今回は、このファニング嬢の新作を観に行った。   ...


リリィ、はちみつ色の秘密
LOVE Cinemas 調布 (2009/03/23 23:18)
主演のリリィを演じるのはダコタ・ファニング。リリィが家出して身を寄せる養蜂家の主人オーガストをクイーン・ラティファが演じる。ただ本作の場合、むしろウィル・スミス夫妻がプロデュースしたことの方が話題になっているかもしれません。『7つの贈り物』ではさんざん...


リリィ、はちみつ色の秘密 / The Secret Life of Bees
我想一個人映画美的女人blog (2009/03/24 00:27)
抱え込んだたくさんの悲しみと、めいっぱいの愛と、きらきらした優しさ詰まった物語。{/m_0150/} 14歳になった主演のダコタちゃんがもうとにかく素晴らしい{/hakushu/} 今さら言うこともなく上手いし、可愛いしで、ダコタ最高{/ee_1/}(←大絶賛{/ee_3/}) 全米で50...


映画「リリィ、はちみつ色の秘密」
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ (2009/03/28 11:06)
原題:The Secret Life of Bees アメリカで1964年といえば7月2日の公民権法制定、ジョン・F・ケネディ亡き後ジョンソン政権下で成立、キング牧師も登場する時代背景に~様々な愛の形~ 原作は全米で500万部以上、映画は全米3位スタートながらクチコミで広がり


リリィ、はちみつ色の秘密
心のままに映画の風景 (2009/03/30 02:04)
1964年、アメリカ南部サウスカロライナ州。 14歳の少女リリィ(ダコタ・ファニング)は、4歳の時に誤って拳銃で母親を殺してしまった。 薄情...


映画 『リリィ、はちみつ色の秘密』
きららのきらきら生活 (2009/03/30 22:06)
『母はやさしい人だった。そして私を捨てた。』


『リリィ、はちみつ色の秘密』 試写会鑑賞
映画な日々。読書な日々。 (2009/03/30 22:33)
1964年の夏、14歳のリリィは幼い頃に自分のせいで死んだ母の愛を確かめたくて、父T・レイに黙って旅に出る。制定されたばかりの公民権法の甲斐もなく白人の嫌がらせを受け怪我をした挙げ句警察に連行された黒人家政婦のロザリンを助け出し、向かった先は母に縁のある町テ


『リリィ、はちみつ色の秘密』
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー (2009/04/03 00:11)
新宿明治安田生命ホールに、『リリィ、はちみつ色の秘密』の試写会で行ってきました。 今回の試写会は、この『リリィ、はちみつ色の秘密』のPRを担っている学生さんの有志団体「チームリリィ」の方にお声かけいただいて、参加させていただきました。 「チームリリィ」の...


「リリィ、はちみつ色の秘密」(アメリカ 2008年)
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 (2009/06/01 21:28)
母の愛を探しに旅立った14才の少女の養蜂場でのひと夏。


リリィ、はちみつ色の秘密
銅版画制作の日々 (2009/09/10 01:02)
 原題:The Secret Life Of Bees 京都での上映はないと思って諦めていた作品「リリィ、はちみつ色の秘密」がRCSで公開された。主演はダコタちゃん。天才子役として注目を浴びている彼女も、今年15歳だそうで・・・・。大きくなっちゃった!そんな彼女の10年後は...


『リリィ、はちみつ色の秘密』 (2008)/アメリカ・カナダ
NiceOne!! (2009/09/10 20:09)
原題:THESECRETLIFEOFBEES監督・脚本:ジーナ・プリンス=バイスウッド原作:スー・モンク・キッド出演:ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、クイーン・ラティファ、ソフィー・オコネドー鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこ...


| ホームTOP ▲ |