「ザ・ビーチ」「28日後・・・」ダニーボイル
「スラムドッグミリオネア」を見た後、ダニーボイル監督の他の映画も見てみようかな・・・と思い立ちました。
bea
「トレインスポッティング」は、なかなか楽しめたのですが「28日後・・」はホントふつ~~に見てしまったんですよ・・・。多分、上映当時見たら面白く見れたんだと思うのですが、もう2009年で、2007年のウィルスミスの「アイ・アム・レジェンド」を見た後だったのもあって、ちょっと似た感じもあり・・・。内容にしても特に何か感じることがなかったのは残念でした。その後「28週後」を見る気持ちになってないです・・・

次に見たのが、「ザ・ビーチ」 こちらも、もう9年前の映画になります・・・。
公開当時はタイタニックの後ディカプリオがようやく仕事を受けた映画って事で注目されていたのと、ピピ島が舞台ってこと位しか知らずにいました。

で、映画を見た感想は、結構色々考えさせられる内容でありました。
開始早々、ディカプリオ演じるリチャードが、バンコクの安宿街を、ぶらり一人旅をしている映像が流れます。ここらへんは、「スラムドッグ~」のムンバイの下町ををほうふつさせられる白人が見たアジアンな魅力?を感じさせられる部分で、私もこういう怪しげな感じは結構好きです。この監督さんらしい映像だな~と思いました。

その後、リチャードはホテルでちょっと知り合った人つながりで地図を受け、楽園と言われている場所に、隣のフランス人カップルを誘って3人で冒険旅行に行くわけです。
たどり着いたその楽園が、私から見て、あんまり楽園じゃなかったワ(^^ゞ 私的には、すんごい居心地悪そう~って感じの集団生活・・・。ちょっとヒッピーちっくな感じもあるかな? 表向きは、若者達が自給自足で暮らしている・・・という雰囲気ながら、実際のところ、そこに住む若者達は、文明的なモノを、たまの買い出しで買い込んで、そこで暮らしているんです。

すっかりその楽園が気に入ったリチャードは、その、たまの買い出しに、ちょっと外の島(リゾート観光地)へ行ってみたら、そこには、自分と同じような欧米人旅行者が、酔っぱらったり騒いでるのを一杯見かけ、ウンザリし、またあの楽園に戻りたいと強く願うわけです。(私から見て、そっちも、あっちも、そんなにひどくかけはなれてるとは思えず、まあ似たり寄ったりな部分を感じたりもしましたが・・)

でも、その楽園とは、ケガをした人間を、森の中に放置してしまう様な奴らからなってる集団だったりするんですよね・・・・。そこらへんは、ウギャッ・・・・と衝撃でした・・。

ちなみに、リチャードが一目惚れするフランス女性フランソワーズ(ヴィルジニー・ルドワイヤン)は、「スラムドッグ~」のラティカに似てて、監督の好みのタイプが少し解ったかもw 「8人の女たち」の長女役で出演していたらしいのですが、残念!もうあんまり記憶に残ってない~。
で、そのフランソワーズの彼氏が、「戦場のアリア」に出演していたギョーム・カネ。途中でリチャードに彼女をとられちゃって、それでも島にはいて(??)って役・・・。

後半はリチャードがゲームの中に入り込んでしまったかのようなシーンがあったり、アワワ・・・な展開で、楽園は解散!となり、リチャードは故郷に帰り、普通の生活に戻る・・・という訳です。
う~~ん、面白くないって訳じゃないんだけど、好きな映画というわけでもなく、まあ普通に見ました。

ディカプリオは、タイタニック時の少年ぽさが少し残りつつも、現在のがっちりした雰囲気になりかかってる・・・って過渡期だったのかな。きっと、タイタニックの次にどんな映画に出ようか?大ヒットしてしまったが故に、す~ごく悩んで、「トレインスポッティング」を撮った監督ということもあり、この映画に出演を決めたのかもしれないなぁ~って思いました。

で、この「楽園」を撮影したピピ島は、悲しくも、この映画以後、わんさか人が来るようになり、凄く観光地化してしまい、すっかり姿が変わってしまったと聞いていました。2004年の津波で多大な被害が出ましたが、現在は復旧されている様子。昨日、久しぶりにピピ島の写真を見て、びっくり!私がピピ島に行った1992年頃は、だ~れもいなくて、静かで、なんか・・・・漁村の中にぽっかりある神秘的なプール?みたいな印象の場所だったんです。欧米人なんてほとんど見かけず、タイ人がほとんどで、たまに少し観光客がいるかな?って程度でしたが・・・。

ザ・ビーチ (2000/米) The Beach
監督 ダニー・ボイル 脚本 ジョン・ホッジ 原作 アレックス・ガーランド
出演 レオナルド・ディカプリオ / ヴィルジニー・ルドワイヤン / ロバート・カーライル / ティルダ・スウィントン / ギヨーム・カネ
【2009/05/08 20:08】  コメント(14) | トラックバック(4) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「ワンダフルライフ」自分なら・・? | ホーム | 「ガチ☆ボーイ」感想とロケ場所>>
コメント

へぇ~!!!!
あの島に行かれたことがあるんですか?
すご~い!!!
確か撮影で環境破壊もあったとか
話題になりましたよね~。
そっかぁ観光地化しちゃったんだね~(;・∀・)
miyu  【 編集】  URL |   2009/05/08 20:38   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちは~。
そーなんですよ。プーケットってタイの島からだと、結構近いのです。
途中で、コウモリが一杯いる洞窟みたいな処も見て行ったりするんだけど、それもなんか凄かったんだわよ~。
自分がまだ10代後半~20代前半にこの映画見たら、またもっと違った感想持ったかもしれないな~って思いました。
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/09 08:55   |  TOP ▲ |


「28日後」、ダメでしたかぁ。残念。僕がオススメしたんでしたっけ?それだったら、かなり罪悪感を、、↓
すみません。
僕はこれは「アイ・アム・レジェンド」を観た後に観たんですが、たしかに似ている部分はありますが、あれはCGをかなり多用していたし、けっこう単純で、奥行きが無かったかなぁと思いました。面白いことは面白いのですが。
その意味で「28日後」はストーリーに奥行きもあったし、ロンドンの無人化しか街並みの再現は凄かったし、映像、編集のセンスがみなぎってました。
僕が思うに、latifaさんにとって、この作品は「本物」じゃ無かったんじゃないでしょうか。本当に面白い作品なら、公開当時に観ていたら面白かった、という感想は出てこない気がします。良い作品は、いつまでも色褪せずいつ観ても面白いもの^^だからじゃないでしょうか、、。って違うかなぁw何か僕の身勝手な推測で。すみません↓w
そういえば、ラブコメの古典的傑作は’34年に作られていて、ラブコメが大量生産?されている今でも輝きを失わない面白さを放っていますし。
でもダニー・ボイル監督の映像ってやっぱりどこかエッジが効いてるし、正攻法でないっていうか。独特ですね。
オスカー監督となった今、商業主義の監督になってほしくない!と思う今日この頃です^^
マキシ  【 編集】  URL |   2009/05/09 17:12   |  TOP ▲ |


マキシさん、こんにちは!
「28日後」は、沢山の方々からタイトルを聞いていたし、スラムドッグと比較されていらっしゃる方も凄く多かったので、特に誰の影響で・・・って事はなく、是非見てみよう!と思っていたんですよ^^
だから、マキシさんがそんな罪悪感持っちゃったら、困りますよ~! 
それに、もし何か他の映画をお薦めして頂いて、それが仮に私がつまんなかったとしても、それは、それ!!そういう事もあるって事で、お互いに気にしないで、また一杯お薦め・お話出来ればな~って思いますので、今後も遠慮しないでお願いしまーーす(^○^)

> 僕はこれは「アイ・アム・レジェンド」を観た後に観たんですが、たしかに似ている部分はありますが、あれはCGをかなり多用していたし、けっこう単純で、奥行きが無かったかなぁと思いました。面白いことは面白いのですが。その意味で「28日後」はストーリーに奥行きもあったし、ロンドンの無人化しか街並みの再現は凄かったし、映像、編集のセンスがみなぎってました。
 そうなんですかー。マキシさんも、アイアム~の後、ごらんになったんですね。まあ、あっちはハリウッド映画ってことで、ガチャガチャ(^^ゞはしてましたが、その分、ウィルスミスの魅力ってのでもっていたかな~って映画でした。後半はゾンビの怖さばかりが印象的で・・。
かたや「28日後」は、主役がキリアン・マーフィーだったのは、嬉しかったです。彼の他の作品を幾つか見て、あの人がこういうSFチックな映画も出てたんだなぁ~と思って。あと、確かに、じっくり人間の心理を描いた部分とかありましたよね。

> 僕が思うに、latifaさんにとって、この作品は「本物」じゃ無かったんじゃないでしょうか。
そうかもしれませんねー。体調とか気分とかも関係あったのかもしれないですが、何かコレっていうひかれる部分が無かったみたいです・・・。

> そういえば、ラブコメの古典的傑作は’34年に作られていて、ラブコメが大量生産?されている今でも輝きを失わない面白さを放っていますし。
 そうなんですか? ラブコメについては疎いので、何かその時代のお薦め映画があったら、教えてください♪

> オスカー監督となった今、商業主義の監督になってほしくない!と思う今日この頃です^^
そうですね!次回作が楽しみです☆
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/10 11:36   |  TOP ▲ |


ではではw、罪悪感は持たず、良いと思う作品、オススメさせていただきますね^^
僕、’34年のラブコメの傑作って言って、タイトル言ってませんでしたね!↓wありゃま。書いてるつもりでしたw
僕の言うそれは、「或る夜の出来事」で。latifaさん、観ていらっしゃる可能性が高い気がしますが。
これは本当に笑えて、感動出来るので、好きですねぇ。何か全然笑いが古びてないんですよ。今観ても(’34年ですよw)、新鮮で笑えて、楽しい。何となく、なんとなくですが、主演のクラーク・ゲーブルがウィル・スミスに似てるような。って思いました。ストーリーも、演出も、みんなの演技も卓抜していて、これこそまさに傑作!だと言い切れます。作品賞を含む5部門受賞の快挙がそれを物語っていますね。て、こんなに語って?観ていたら何か恥ずかしい(汗)
あと、最近のラブコメだと、「ブリジットジョーンズの日記」シリーズが大好きです。主人公の女性が自堕落的なところにすごく共感出来るっていうか^^
ダニーの次回作、どうなるんでしょう。かなりヒットしてミリオネア$になっちゃた?ので、大作とか作るのかなぁ。そうゆうのはちょっとやだなw
マキシ  【 編集】  URL |   2009/05/10 21:23   |  TOP ▲ |


プチ・ダニー・ボイル祭りですね!

私は彼の作品,「28日後」だけ好きでした。
疾走してくるゾンビ,もとい感染者がお気に入りで・・・
というか,なんとなく作品全体に漂っている絶望感が好きだったのかも。
キリアン・マーフィーやクリストファー・エクルストンが好き!
っていうのもあったかも。

で,ビーチも見た覚えはあるのですが
そっちはさっぱり感動せず・・・・
今では,あのサメに噛まれた気の毒な青年のことしか記憶にないのですよー
レオ君は作品選びに失敗しちゃったかな?と当時思ったのを覚えています。

あの島,行かれたんですかー!すごいわ。
映画でも,あの島の海の色や砂浜の色は鮮明に覚えてますよ。
なな  【 編集】  URL |   2009/05/10 23:08   |  TOP ▲ |


マキシさん、こんにちは(^○^)
「或る夜の出来事」未見ですー!こういうクラッシックな映画って、ほとんど未見なんですよ。
クラーク・ゲーブルが主演なんですね♪ 彼は「風と共に去りぬ」ですんごい良い印象が焼き付いているものの、他の作品は見たことがありませんでした。是非近く見てみようと思います。

’34年って、すごい昔ですよね。それなのに今も見れるって凄い事ですよね。風と共に~も、1939年映画で、うわっ@@第二次世界大戦後じゃないの??って、すんごい驚いたことがあるのですが、それよりも、また更に前なんですね。

>クラーク・ゲーブルがウィル・スミスに似てるような
あっ!!そういわれれば、体格がでかくて、寛容な微笑みかつ、ウィットに富んで、スマートな感じが似てるかも!!!私は2人とも好きだワ♪

「ブリジットジョーンズの日記」は、私も見ました。面白かったんですが、2の方は、あまりにブリジットが太りすぎでは・・?と思っちゃったんですよ・・・。太っている人がダメっていうんじゃなくて、あそこまでわざわざ太ったり(更にCGでそれ以上に太って見える加工をしたそうですよね)しなくても・・・って思っちゃいました。

私は、ヒュー・グラントが出てる「ラブソングができるまで」が、近年のラブコメの中では、結構好きでした。あほか?って部分もあるんですが、懐かしい80年代のダサ系音楽とか一杯出て来たのもポイントアップしてしまいました。
マキシさんも音楽お詳しいしお好きなので、映画で使われてる音楽が自分のツボに来ると評価が上がっちゃう・・っていうの、解って頂けるかな~^^
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/12 09:44   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは~!
そうなんです、プチ・ダニー・ボイル監督作品、今更ですが、全然見ていなかったので、色々見てるんです。
ななさんは、「28日後」だけお好きなんですね~。
> 疾走してくるゾンビ,もとい感染者がお気に入りで・・・
こういう風におっしゃっている方多いんですよね~!先にその感想を読んじゃってから見たのもイカンかったかもしれません。やっぱり予備知識無く見なくちゃダメだわ~~(^^ゞ

> というか,なんとなく作品全体に漂っている絶望感が好きだったのかも。
> キリアン・マーフィーやクリストファー・エクルストンが好き!
なるほどね~~!確かに絶望感ありました! こりゃ~ラストは絶対辛い感じで終わるんだろうなあ・・・と、そう思って見ていたんですが、以外にも明るいラストで^^
この監督さんは、ややハッピーエンドっぽい終わり方が多いのかな?
キリアンが出てたのは、もうけもん!って嬉しかったです。
でも最初の登場シーンで、びっくり!!!ギャッ@@ 見ていいのか???と焦りました。

> 今では,あのサメに噛まれた気の毒な青年のことしか記憶にないのですよー
ぐふふ・・・・ あの傷のアップは目を背けてしまいました。映画館で見たら、ギョエッッ!だっただろうなあ・・・。 まさか放置されてしまうとは・・・。僻地で住むとなると病気にはなれんなあ・・・と思いました。

あの島、今じゃセブンイレブンとかコンビニも数軒あるそうです・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/12 09:49   |  TOP ▲ |


「或る夜の出来事」、未見でしたかぁ。おぉ、これはお手柄のチャンス?w
ほんとに’34年って!有り得ん!wって思っちゃいますよね。すごいわぁ。古きよきアメリカ、というかんじでしょうか^^
やっぱり~!何かちょっぴり似てますよねぇ。嬉しい。同意しえくれるなんて^^
ほんと或る夜、でのクラークの演技は面白いと思うので、堪能してみてください。
たしかに太りすぎな感は否めないですねぇ。でも何か許せちゃいますね。まあとにかくレニーを好きになったのはこの作品なので、太っちゃっても大好きですけど、とにかく、ブリジットの太っちょでお酒飲みで、タバコぷかぷか、って何が悪いの?っていうかんじが何か好きで^^ヒューとコリンの決闘も笑えますw
それはすごく分かります!良い音楽が流れてるだけで、好きになっちゃう。そのいい例は、「ジュノ」かなぁ。これは全編にかわいらしい音楽が流れてて、監督センスあるわぁって思いました。この作品の監督、脚本家の新作、気になります^^
あと全然何も関係ないんですが、「ダークナイト」のノーラン監督の新作のキャストがすごくて、ディカプリオ、マリオン・コティアール、エレン・ペイジ、渡辺謙etc..。これは楽しみだけど、内容はどうでしょうか。「ダークナイト」の監督最新作!となるといやでも期待しちゃいますよね^^
マキシ  【 編集】  URL |   2009/05/12 16:22   |  TOP ▲ |


マキシさん、こんばんは(^○^)
「或る夜~」は、図書館に置いてあることが解り、リクエストしました。楽しみです。

> たしかに太りすぎな感は否めないですねぇ。でも何か許せちゃいますね。まあとにかくレニーを好きになったのはこの作品なので、太っちゃっても大好きですけど
 こういう発言を聞くと、世の女性の多くが、嬉しい気持ちになりますよ(^^ゞ 別にそのへんにゴロゴロいる小太りの女性と、レニーは全く別ものだ!とは、みんな解っちゃいても、スタイルやお顔の美しい人じゃない人でも、こうやって好きと言ってくれる男性がいるんだな~っていうのは、やっぱり嬉しく思う人は多いもんですよ^^ (これは太ってる人ばかりじゃなく、逆に痩せすぎでぎすぎすの人も、体型悪くても好きだという男性がいるってのは嬉しい事だと思う)
 家の旦那なんて、ブリジットのレニーを見て「無理!」の一言でしたよ・・・。

「ジュノ」って音楽も良かったんですね? 実は若い娘が赤ちゃんを産む~系の話が苦手で(似た題材のを偶然色々見て来たせいもあって、見る気がしなくて・・・) でも、凄く評価が高い作品だし、主役の女の子も可愛い感じだな~と思ってはいたんです。今度機会があったら見てみようかな?と思います。

>「ダークナイト」のノーラン監督の新作のキャスト
知らなくて今検索して来ました。ほんとですね!すごいメンバー。ダークナイトは凄く面白かったので、期待が高まりますね♪
ただ、名優をそろえると、今ひとつな内容になってしまう・・・・って事もあるので、大丈夫だと良いな~。
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/12 18:21   |  TOP ▲ |


或る夜、リクエストしたんですね!何か嬉しい^^latifaさんも楽しめるといいな^^
で、僕、いつもコメントのお返事をする前に自分のコメントを見るんですよ。自分はちゃんと文章書けてる?っていうのを見るのもあるんですがw、コメントのお返事をするために見てます。基本的に。するとけっこう誤字脱字が多くて。すみません↓気になったりしたら、削除でも何でもしてもらって構わないので↓(汗)
で、話は戻って、女性は嬉しいんですね。あれですもんね、女性はダイエットをとにかく頑張ってますもんね。全然痩せてるのに、自分は太ってる~とか嘆いている女の子とかいますが、太ってないやん!てかちょっとぽっちゃりしてるほうが可愛いのに。って僕は思います。旦那様はそうゆうことではないようでw
「リトル・ミス・サンシャイン」のアラン・アーキンが、「わしは肉づきのいい女のほうが好きだ」っていうシーンがありますが、僕は「うんうん。」僕もです、おじいちゃん。ってなりましたもん^^
「ジュノ」観られてないんですねぇ。何かもったいない気がするなぁ。すごく好きそうなかんじするんですが。安易に妊娠したらダメ!っていうことを隠喩的にメッセージとして送ってますし、全然重くないし。でもlatifaさんに何か事情があるなら、妊娠騒動などというものは辛いものがあるかもしれませんが。でもいい意味で軽快に優しく描かれているので、かなりオススメですね^^意外と深いし。
「ダークナイト」を超せ!なんてもちろん言いませんが、こんな素晴らしいキャストを集めたなら、素晴らしい作品を作ってほしいですね。ディカプリオの代表作にもなってほしいし。とにかく、何より脚本でしょうね。演技力はみんな申し分ないと思うので、本が良ければ^^
あの、聞いていいですか?
あの、図書館で借りるのはタダなんですか?あと、ネットで予約みたいなかんじでしょうか?
マキシ  【 編集】  URL |   2009/05/12 20:13   |  TOP ▲ |


マキシさん、こんにちは!
いやいや、マキシさんの文章はいつも凄くちゃんとしてますよ。それに、そういう事が元々気にならない性分なので全然okです^^ ただ、、、その性分のせいか、自分の記事やらコメントやらが、誤字とか脱字だらけ・・・。前に書いた記事とか見直すと、アワワ・・・間違いだらけ!って事も多数です。

>全然痩せてるのに、自分は太ってる~とか嘆いている女の子とかいますが、太ってないやん!てかちょっとぽっちゃりしてるほうが可愛いのに。って僕は思います
 これは私も全く同感です。そういう人いますよね~。限度問題だと思いますが、どうも近年は、女性の痩せ願望が強いようで・・・。 
 で、ぽっちゃりっていうのも、その人によって度合いが違う様な・・・(^^ゞ
この程度ならぽっちゃりで、ここまで来ちゃうと、ぽっちゃりじゃないぞ~みたいな。

> 「リトル・ミス・サンシャイン」のアラン・アーキンが、「わしは肉づきのいい女のほうが好きだ」っていうシーンがありますが、
 私もそれ、覚えてます♪ 

「ジュノ」、評判も良いので、そのうち無料で(爆)見られる機会があったら見てみようと思っています。いやいや、特に若い子の妊娠について、な~んにも事情は無いんですよ(^^ゞ 一杯見たなぁ~もうこの題材はいいかぁ・・・って感じなだけなのです。

> あの、図書館で借りるのはタダなんですか?あと、ネットで予約みたいなかんじでしょうか?
そうですよ(^○^) 完全無料です。 数年前から私が行ってる図書館(自分の街と隣町と)は、ネットで検索予約が出来る様になりました、すんごい便利で最高です!(近くに図書館がある場合は)  本なんかは、9割買わずに借りて読んでます。DVDは数が少ないので、まれ~にあってやった!!って感じです。古い映画だとビデオテープが置いてあることが多いです。
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/14 08:29   |  TOP ▲ |


latifa さん お久しぶりです。 ザビーチ見ました。

見ました。内容はとっても良かった・・・

が、・・・

 厳しいことをいいます。はっきりいって このディカプリオ演じた若者はもちろん サルたち仲間たち・・・

 みな 楽園(ビーチ)を求める資格はないですね。

 サルは仲間がサメに噛まれて重傷を負ったのに 楽園の暗黙の掟である 秘密保持を優先して医者を連れてこようとしなかったこと それに 仲間も 身を案じてはいるのに その掟を優先してほかの場所に隔離なんて・・・

 命がかかってるのに これ おかしいやろ!!!


 ディカプリオ案じた若者にも 軽率な振る舞いが多々めだちましたね。

 普段の生活なんか退屈でクソみたいだと吐き捨てていた割に いざ刺激を求めて自由の生活を求めたはいいが 秘密にしないといけないことを勝手に 他の旅行仲間に 地図の書き写しを渡してトラブルをもちこんだり

 近くに住む 武装農民たちの 危険を目の当たりにしてようやく 島を後にする決心をしたリチャード


後半は リチャードも精神が追いつめられて 一時的に気が振れた状態を表してたんでしょうね。この自由の楽園の表と裏をしっかり描いてました。

観終わって この彼に対して言いたいのは
 「若気の至りは仕方ないにしても どこにいても人間社会では 秩序と決まり 自由を求めるにしても 決め事は守らないといけない。 何もかも自分の思い通りにしたいなんてのは あんたの身勝手だよ。命がけで学んだ教訓を今後に活かしてください」、と

 まあ 他の仲間たちに対してもそう言いたいです。

 厳しい感想ですみませんが これが本音です。
zebra  【 編集】  URL |   2015/07/14 18:47   |  TOP ▲ |


zebraさん、こんにちは!
台風が接近中ですが、zebraさんのお住まいの場所は、雨とか暴風とか大丈夫でしょうか・・・
関東は、今朝はちょっと大変でしたが、今は落ち着いています。
被害がどこにも及ばないと良いのですが・・。

で、これ。
ご覧になられたのですね。
そうですね、彼らは、ひどいなー!って行動を取りますよね。
私も見た時、そう思いました。
でも、こういうことって、集団生活の中で、有りそうな感じがします・・・。
上手く行ってる時は良いんだけど、何かトラブルが起こった時、それを隠そうとしたりすると、どんどんドツボにはまって、大変な事に・・・って。

>  「若気の至りは仕方ないにしても どこにいても人間社会では 秩序と決まり 自由を求めるにしても 決め事は守らないといけない。 何もかも自分の思い通りにしたいなんてのは あんたの身勝手だよ。命がけで学んだ教訓を今後に活かしてください」、とまあ 他の仲間たちに対してもそう言いたいです。

いやいや、全然厳しくないですよ。
その通りだと思います。
見てから暫く経ってしまったため、残念ながら、私の記憶がだいぶ薄まってしまって、思い切り反応出来なくて、歯がゆいですー。
latifa  【 編集】  URL |   2015/07/16 18:18   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/710-3fe5ff4c

ザ・ビーチ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2009/05/08 20:37)
 刺激を求めバンコクへ来たリチャード(ディカプリオ)は、ダフィ(カーライル)と出会い、秘密の孤島『ビーチ』の伝説を聞きます。  信じていなかったリチャードでしたが、翌日ダフィは自殺、部屋のドアには島への地図が貼られていました。  リチャードは、偶然出会...


ザ・ビーチ
◎俺のオススメ映画を越えてゆけ◎ (2009/05/09 11:31)
●2000年【米・英】 上映時間:118分 ●監督 :ダニー・ボイル ●キャスト レオナルド・ディカプリオ、ティルダ・スウィントン ザ・ビーチ (...


ザ・ビーチ
Addict allcinema おすすめ映画レビュー (2009/09/25 10:10)
それは禁断の場所――やがて恐怖が始まった。


「ザ・ビーチ」
ドゥル的映画鑑賞ダイアリー (2010/08/26 13:37)
お勧め度:★★★★☆ 製作年 : 2000年 製作国 : アメリカ 配給 : 20世紀フォックス映画 レオナルド・ディカプリオ (Richard) ティルダ・スウィントン ティルダ・スウィントン (Sal) ヴィルジニー・ルドワイヤン (Fran?oise) ギヨーム・カネ (Etienne)


| ホームTOP ▲ |