「ハーフェズ ペルシャの詩」感想
視力検査の絵が、日本のCと違ってEだったのにちょっと驚いた。
ha
いやぁ~~そんなことで(って言ったらイカンけど)、むち打ちの刑なんですか?!ってびっくり・・・。これは現在もそういう地方があるのか?それとも昔の事なのか?よく解りませんが、、この映画の舞台が、ファンタジーなのか、ホントの事なのか?今も解らないままです・・・。
これを見ながら、こんなところには絶対私は住めない・・・(すいません・・)って何度も思いました・・・。

麻生久美子ちゃんは綺麗だった~。赤い刺繍が一杯入った服とか、とても美しかったです。そもそもこの映画を見ようと思ったのも、彼女がイラン映画に出演しているという、アンバランスさに惹かれてでした。それと、予想外に主人公の男性2人が、それぞれなかなかカッコイイ人だったのは助かりました。
途中何度か、うとうとしながらも、最後まで見れたのも、主要3名のルックスが良かったからかも・・・。夫になったタッキー&翼の翼風の人、ふわっと肩くらいのロン毛のバンデラス風の顔の人も、明らかに他の登場人物とは全く違うかっこよさオーラを放っていたので、この人誰だっけ?って解らなくなることがありませんでした。 3つ☆

最初の山のシーンなんだろうけれど・・・(そこで2人は恋いに落ちる訳なんだが)、壁ごしにコーランを復唱・・・というシーンでの、麻生久美子たんの声が、日本人がアラビア語をしゃべってます!!って声だったのが、妙にカワイイというか可笑しくて・・・。日本人が喋る外国語って、日本人同士だと、あ~こういう風に言っちゃうよな、こういうイントネーションになっちゃうよな、ってのが解りますよね。

コーラン暗記するのって、イスラム教の国では学校の必須科目なのでしょうね、男女ともに、結構大変みたいなんですよね。私が数週間居候させてもらってたお家でも、子供らがあの「肩ゆらし」をしながら、一生懸命覚えて、お父さんの前で暗記を披露・・・ってのを、やってました。

さて、この映画はイランなので、ペルシャ語を普段喋っているのですよね・・・ペルシャ語については全然解りませんが、アラビア語とは違う言葉ですよね。。普段使ってる日常会話と、宗教的な言葉とかコーランに基づく言葉と2種類覚える(使える)っていうのは、すごいな~と思います。

アボルファズル・ジャリリ監督、麻生久美子 メヒディ・モラディ  メヒディ・ネガーバン
この監督さんの映画は、キシュ島の物語(1999)と ぼくは歩いてゆく(1998)を見たことがありますが、あんまり相性良い訳じゃ無いのかも・・・・イランの監督だと、 モフセン・マフマルバフ監督の方が好みかも・・・。
【2009/05/21 15:33】  コメント(4) | トラックバック(3) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「マリアの受難」トム・ティクヴァ監督のデビュー作 | ホーム | 「覆面ダルホ~演歌の花道~」面白かったです>>
コメント

こんにちは~♪
麻生久美子がイラン映画に出るんだからやっぱり見とかなきゃ~っていうノリでした。
DVDだったら眠くなりませんでしたか~?
こういう映画を見ると、あちらの生活様式とか風俗とか考え方がわかって、そういう点は面白いな~って思います。
それにしても暮らしにくそうな国(土地)ですよね。
ミチ  【 編集】  URL |   2009/05/21 20:15   |  TOP ▲ |


ミチさん~☆
麻生久美子さんの情熱大陸かな・・・?なんだろう(ホント最近やばい、記憶が・・・・)1ヶ月くらい前に彼女を追ったドキュメンタリーみたいのをやってて、たまたま見たんだけど・・・ミチさんはごらんになっていなかったかな?
普段の彼女を見たら、もっと好感が増したわ~。
時効警察でのオダギリジョーとのコンビが凄く良くて、大好きだったことから、麻生さんに興味が少しわいて・・・って感じで。

DVDだったから、もう・・・何度もウトウトでした。一回寝ちゃって、大変!って起きて、また少し前に戻して再見・・・の繰り返しをしちゃった・・・アワワ・・・・
元々、ハリウッドもののドカーン!映画に少々毒されてしまってるところがあるから、起伏が少ない映画は眠くなっちゃうのよ・・・。

ここでこっそり・・・。
「60歳のラブレター」、ミチさんいまいちだったのね・・・? いやぁ~~こんなこと言うのなんですが・・・。予告編とか番組宣伝見て、私が家族に言ったのは「私、こういうのすんごい苦手」(爆)見る前からダメそうだ・・・と思っていたの・・・。(夫婦愛とかって、ちょこっと感じさせられる作品は好きなんだけど、こう全面にバーンと出すのは、こっぱずかしくて見れないよぉ~~!! って意味で苦手)
でも実際見たら、意外と良いわって事もあるじゃない? でも今回は、もう見なくて良し!と確信(←勝手に決めてどうする~~)
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/22 10:12   |  TOP ▲ |


こんにちは~
鞭打ちの刑って、もしかしたら今でもあるのかもしれないですよね。
もう、私たちには想像もつかない世界ですもんね。。。
報道されていなかったり、古い慣習が残る地域では、何がどうなっているのかなんてわからないですよね。

この映画、すっごく矛盾が自分はいっぱい出てきてしまいました。
厳しいイスラムの戒律なら、あのラストはあり得ないので、これはファンタジーなんだと結論出ました^^
ですけど私にはとんでもなく難しいファンタジーでした。。。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2009/08/23 16:52   |  TOP ▲ |


rose_chocolatさん、こんにちは~!
私もこの映画には、なんだかなじめないというか、入り込めない感じでした・・・。

> ですけど私にはとんでもなく難しいファンタジーでした。。。
私もです。

麻生さんが出演してるイラン映画ってのにソソられて見たものの、麻生さんが出る意味もあまり解らず・・・・。ただDVDの表紙とかは、非常に良い感じですよね(^^ゞ
latifa  【 編集】  URL |   2009/08/24 16:03   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/718-1db8701b

映画 【ハーフェズ ペルシャの詩(うた)】
ミチの雑記帳 (2009/05/21 20:12)
映画館にて「ハーフェズ ペルシャの詩(うた)」 イランの名匠アボルファズル・ジャリリ監督が描く、イラン版“ロミオとジュリエット” おはなし:コーラン暗唱者の聖なる称号“ハーフェズ”を与えられた青年が、高名な宗教者の娘ナバート(麻生久美子)と詩を詠みあう...


『ハーフェズ ペルシャの詩(うた)』'07・イラン・日
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ (2009/06/24 08:00)
あらすじシャムセディン(メヒディ・モラディ)はコーランを諳んじている者だけに与えられる称号を受け“ハーフェズ”と呼ばれるようになり、高名な宗教者の娘ナバート(麻生久美子)にコーランを教えはじめる。ナバートは外国育ちのため、コーランの知識が少ない。見つめ合う...


【DVD】『ハーフェズペルシャの詩(うた)』(2007)/イラン
NiceOne!! (2009/08/23 16:48)
原題:HAFEZ監督:アボルファズル・ジャリリ出演:麻生久美子、メヒディ・モラディ、メヒディ・ネガーバン、ハミード・ヘダヤティ、アブドッラー・シャマシー、ミカイール・シャレスタニーBittersEndによるサイトはこちら。<Story>青年・シャムセディン(メヒディ...


| ホームTOP ▲ |