「マリアの受難」トム・ティクヴァ監督のデビュー作
「パフューム ある人殺しの物語」とコレ、共通する何かがある・・・。マニアックというか、変態ちっくというか・・・(とはいえ、スプラッターとか・卑猥・グロ・下品じゃない)偏執的な処が、とても素敵♪ 私はこういうの凄く好きです(^○^) 5つ☆でいいかな・・・
maria
 
全体的な映像といい、音楽といい、何か起きるに違いない・・・と、普通じゃない何か・・・ゾワゾワと緊張感がみなぎる雰囲気が素晴らしい!!
お部屋の雰囲気ライティングが暗く、バラ色や深いグリーンなどの壁の色や、どうも落ち着かないインテリアのテキスタイル・・(パク・チャヌクも、こういう色合いや柄のお部屋好きですよね)が痺れる~^^

内容は?というと、これは結構多くの日本人のツボと合うお話の気がする・・・。
中年の寡黙な主婦マリア。抑圧されて家政婦の様に何の楽しみも無く、下半身不随の父を介護しつつ、暴君のような旦那と暮らす。朝早く、きっちり同じ時刻に起き、朝食を作る際、ぼんやりと外を見る時に良く見かける向いのアパートに住む中年の男性。お互いにちらっと見つめ合い、意識はしているものの、両方引っ込み思案なタイプ?なので、ただ、それだけ。この男性というのが、「暗い日曜日」 (1999)のラズロことヨアヒム・クロールですよ!!「プリンセス・ウォーリアー」にも出てました)

こんなマリアの子供の頃からの唯一の楽しみというか・・・日課が、現状を書き綴った手紙を書いて、タンスのちょっとした隙間に、ぽとんと落とすこと。(このスキマに・・・って処がもう最高にツボ) それと、大事にしている細長い木彫りの人形の底に毎日少しづつお金をへそくりとして貯めること。そして、自分が殺したハエなど害虫を捨てずに種類別にコレクションしている~~(*△*) ギャ~~~!!かなりこれは凄かった。

そんなある日、勇気を出して向かいに住む男ディータがマリアの家に電話をかけて来た。マリアはディータのお家にお邪魔する。と!!このディータって男も相当マニアックな男であった!なんと部屋の中は新聞だか本だかが山の様に積んである。趣味は人名録作り。21年かけてやっとPまでできたそうだ・・・。ちょっと会話がもつれたりして人づきあいは苦手な様である。真面目でオタクで、でも優しそうな中年男なのです。

初日はマリアが産まれた日に母が死んだという話題に触れたとたん、マリアは急に家に戻る。
しかし、家に戻ったマリアは、タンスの内壁をペンチで開ける。と、そこから、数十年間そこに溜まっていたもの凄い数の手紙が溢れ出て来る。その手紙を色々開けて行くと同時に、マリアの過去がフラッシュバックする・・・という映画の展開も、すっごく面白かった。
マリアの子供の頃から大人になるまで、どんな風に暮らして来たか?が解る・・・。

★以下ネタバレです 白い文字で書いています★
後半、父を放置、珈琲をドリップしている最中、熱湯を旦那の頭からかけ、旦那が椅子ごと後ろにひっくりかえったその場所に、例のお人形さんが!!(こういう使われ方をするとは♪ ナイス!って思いました。 またてっきり、あのお人形はエロ系統に使われるんだろ~なぁ~(´o`) なんて思っていたのに、そういう使い道はされなかった事も、やっぱりこの監督さん好きって思った♪)
最後、ディータがマリアの家にやってきて、死んだハエまみれの旦那を目撃し、アワワ・・・と逃げ出す。マリアは呆然と窓際に座り、窓から飛び降り自殺する・・・が、下にディータがかけつけ受け止める(っていうか、マリア重そうだから・・・上から押しつぶされて肋骨3本くらい折ってるだろう・・w) 2人とも生きてるみたい・・・という、どこか救いの有る処で終わる 
以上

マリアの受難(1993 ドイツ映画) DIE TODLICHE MARIA  DEADLY MARIA
監督:脚本: トム・ティクヴァ
出演: ニナ・ペトリ カーチャ・シュトゥット ヨーゼフ・ビアビヒラー ペーター・フランケ ヨアヒム・クロール

元々、トム・ティクヴァ監督の作品は「ラン・ローラ・ラン(1998)」「ヘヴン(2000)」「プリンセス・アンド・ウォリアー(2000) 」「パリ、ジュテーム(2006)の中の盲目の青年とナタリーポートマンのパート」と、全部面白く見て来ているので、この監督と相性が合うんだと思います(^▽^)
「ウィンタースリーパー(1997)」だけは未見なので、いつか必ず見たいです。
小川洋子さんもきっとこの映画好きな気がする・・。
【2009/05/22 16:32】  コメント(14) | トラックバック(4) | ドイツ・デンマーク
TOP ▲HOME
 
<<「チョコレート・ファイター」ジージャーはブレイクしそう | ホーム | 「ハーフェズ ペルシャの詩」感想>>
コメント

latifaさん、こんばんは!
私もコレ大好き~~♪
でも大きな声じゃ言えない~??(笑)
そうそう・・始まりからただならぬ雰囲気かもし出してましたよね。
ラズロにも同感!私もビックリしました(≧▽≦)
「プリンセス・・」は未見なので、こっちも早く見たいです。

余談ですが、実は、レンタル屋で目的の物を探すのが苦手なんですよ~しょっちゅう場所変わってるし・・
でも店員さんに聞くのは、なんか負けた感じがするので(なぜ?爆)タイムリミットになるまでいつも自力で頑張ってます・・
結果、行き当たりバッタリで何の情報もない、その時に目についた作品を借りる事のが多いかも・・(^^;
tsurubara  【 編集】  URL |   2009/05/23 00:15   |  TOP ▲ |


なんだか この映画面白そうです!
早速見てみます!

そういや私以前latifaさんに勧めた映画で
【エル・オルファナート】ってスペオンのホラーなんですけど、
邦題が変わりました。
【永遠のこどもたち】です。
これlatifaさん的にはどう感じるか分からないけど、
私にはかなり来ましたね(鳥肌もんの感動と涙が)
是非一度拝見してみてください!
めぐ  【 編集】  URL |   2009/05/23 02:45   |  TOP ▲ |


tsurubaraさ~~ん、こんにちは!!
わ~~い、わ~~い、この映画、誰も見てないよな・・・って諦めてたんだけど、tsurubaraさんがお好きだったとは(^○^)凄く嬉しいな~。

ぐふふ(^^ゞ ↓ そうなのよね・・・ でもこの映画見てる人少ないから平気よん~♪
> でも大きな声じゃ言えない~??(笑)

> ラズロにも同感!私もビックリしました(≧▽≦)
ラズロはね、最初の方では彼だ!って気がつかなかったの。見ながら、この人絶対何かで知ってる人だ・・・この切ないまなざしはいつかどこかで見たオッチャンだな・・・と思って、一時停止して、検索したら、あのラズロじゃん!って思ってね(^^ゞ 
確か、みみこさんが、ラズロを結構気に入っていた記憶があって、後日お薦めしたいぞ~とか思っちゃったわ。

> 「プリンセス・・」は未見なので、こっちも早く見たいです。
そちらも私は好きだった~★テンポが良くてなかなか楽しめました。ラズロも脇役ですが出てます!

で、レンタル屋で目的の物を探すの、すんごい私も苦痛だわ~。ジャンル分けに、出演俳優分けとか、ごちゃごちゃ、もう訳わかんない! 昔は「ミニシアター系」ってコーナーがあって、そこらにあるのが私の好みの映画が多かったから助かってたんだけど、そのコーナーが無くなっちゃって。最近はアメリカのドラマや韓国ドラマのコーナーがドンドン拡大。他の映画は新作扱いの時だけ輝いていて、新作落ちしたら・・・もう探すのも困難に・・。

> でも店員さんに聞くのは、なんか負けた感じがするので(なぜ?爆)タイムリミットになるまでいつも自力で頑張ってます・・
 エラいっ!!私は時々聞いてるんだけど、聞いても店員さんご本人さえ、解らないって始末よ~。PCで調べてくれて「う~ん、ここらへんにあるはずなんだけどな・・・」と、解らない。いつもこうだよ・・・はぁ~。お店に誰でも検索出来るPCを設置して、そこでピピッ♪って、ある場所が解るってシステムにしてくれないかなぁ~
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/23 10:50   |  TOP ▲ |


こんばんは!
私メのBBSにもコメントを有難うございました!
ラズロ・・(←もう俳優名よりもこっちのが分かり易いね・笑)
みみこさん、お好きだったのね~。私も結構好き・・と言うか、ちょっとボクシングの渡嘉敷に似てない~?(古いですが)
彼、「ラン・ローラ・ラン」にも出てたでしょう?
最初私全然気付かなくて、後でたまたま出てるって聞いて見たら、確かにしっかり出てました・・しかも二役。(^^;
「プリンセス・・」にもラズロ出てるのね~。もうレギュラーみたいですね?( ̄m ̄*)

レンタル屋、こちらも米TVドラマシリーズと韓流ドラマが増殖してて、先日からビデオは全くなくなってしまい、ボーゼンとしてしまいました。
「ミニシアター系」って言う分け方は有難かったですね。それだけでも残しておいてくれると良かったのにね~。
>新作扱いの時だけ輝いていて、新作落ちしたら・・・もう探すのも困難に・・。
・・・・・ソレソレ!本当にその通りですね。店員さんもあまり頼りにならない時あるし、確かに、本屋さんみたいに検索機があれば助かるわ~。←私の場合はモタモタしそうだけど・・(^^;

あ、それから、↑めぐさんが書かれてる「永遠のこどもたち」、私もツボでした。(^^ゞ良かったですよ~♪
tsurubara  【 編集】  URL |   2009/05/23 22:29   |  TOP ▲ |


お邪魔します~
そうなんです★悲しげな眼差し中年には弱いみみこです。ちょうど、「プリンセス~」と「マリア~」同時期に続けてみたのだけれど、マリア~の感想ではラズロについて、ふれていなかったよ、自分。いや~~、気付いていなかったからか・・も・・・笑。
マリア~では、小汚いしパッとみ、分からない感じじゃない?気付くなんてすごい★。
ところで、↑のネタバレ部分読んで
うけました★。本当マリア重そうだものね~~。あの女優さんの顔もかなりインパクトあったし・・・。人形もね
微妙な形だしね・・・・笑
いろんな意味で語りがいのある作品ですよね。私も好きよ、これ。
ではまたね~~
みみこ  【 編集】  URL |   2009/05/24 01:11   |  TOP ▲ |


めぐさん~こんにちは!
昨日はめぐさんの前の方までコメント返しを書いたんだけど、出かける時間になっちゃって、お返事が今日になっちゃって、ごめんなさい~~~(>_<)

これ、私は凄く好みだったのだけれど、好き・嫌いが分かれそうな映画の気もするんだ・・・
めぐさんがお好きなら、すごく嬉しいんだけど・・ でも、気持ち悪い部分もあるから、期待しないで見てみてね^^

> そういや私以前latifaさんに勧めた映画で
> 【エル・オルファナート】ってスペオンのホラーなんですけど、
> 【永遠のこどもたち】です。
知ってますとも!覚えてますとも!覚えてるどころか、お財布の中に、見たい映画リスト(TSUTAYAで近々レンタルする予定リストが入ってる)の上位にず~っといる映画ですよん☆
最近レンタル開始になったばかりのはず♪

ここんところ、見る映画が溜まっていて(無料で見れたやつとか、借りれたやつとか)それを消化するのが大変で、TSUTAYAに行けてないんだ~。
ちょっと待っててね~、必ず見るからね(^○^)v
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/24 08:52   |  TOP ▲ |


tsurubaraさん~こんにちは(^○^)
> みみこさん、お好きだったのね~。私も結構好き・・と言うか、ちょっとボクシングの渡嘉敷に似てない
みみこさんちにお邪魔しようと思っていたら、タッチの差で、みみこさんが来てくださったわ~↑
渡嘉敷、爆笑ー!!!ほんとだ。 私はこの映画では、ポール・サイモン似かな?と思ってたわ。
暗い日曜日では優しいダンディさがあったけど、こちらの映画ではちょっとマニアな中年・・・って感じだったので、結構別人??って雰囲気だったよねw

> 彼、「ラン・ローラ・ラン」にも出てたでしょう?
> 最初私全然気付かなくて、後でたまたま出てるって聞いて見たら、確かにしっかり出てました・・しかも二役。(^^;
 それ、全然覚えてないんだ~~。「ラン・ローラ~」はティクヴァ監督の映画では、最初に見たのね。しかもすんごい昔に。だからその時はラズロを知らなくて・・・。ちょっと今度、ラン・ローラ~を、再見してみようかな?

今レンタルショップでは、そういうシリーズものが一番回転してるのかもね・・・・。関係ない私にとっちゃ、この量、場所、少し普通の映画の処に分けてくれぇ~!!っていつも思ってるんだけど・・・。だってさ、ああいうシリーズものって、だ~~~っと解りやすい場所で大々的に1巻からだ~~っと並べなくても、すぐ解るじゃない? それにくらべて1本、1本で成り立ってる映画は、探すのがホントに困難なんだから・・・。

「永遠のこどもたち」、私もツボでした。(^^ゞ良かったですよ~♪
是非近く見てみますよ~。レンタル開始になるのを楽しみに待っていたのですよ。5/22日レンタル開始ってmemoに書いてあったわ(^^ゞ
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/24 08:59   |  TOP ▲ |


うわ~~い!ナイスタイミング~☆みみこさん~こんにちは(^○^)
> そうなんです★悲しげな眼差し中年には弱いみみこです。ちょうど、「プリンセス~」と「マリア~」同時期に続けてみたのだけれど、マリア~の感想ではラズロについて、ふれていなかったよ、自分。いや~~、気付いていなかったからか・・も・・・笑。
 今見て来た!!さっすが、みみこさん、ずいぶん前にマリア~もごらんになっていたのね♪
ラズロはさ、このマリア~では、ちょっとダンディな感じじゃなくて、オタクっぽい雰囲気だったもんな~。
別人って感じがしたもの・・・。暗い~はみみこさんの好みでも、マリアのオッチャンはそうでもなかったのかも・・・^^
それにしても、この俳優さんって、カメレオン俳優?色々な役が出来て凄いねー。ドイツじゃきっと名優さんってことで有名なのかもね。

ネタバレのところ、反応してくれて、ありがとうー。
そうそう、あの女優さん、そんなに綺麗って人じゃなかったから、うわぁ~、この人が主役なの?って最初ちょっと思ったんだ。でもさ、ラズロのお家にお邪魔する時、赤いワンピースとかに着替えて髪の毛も下ろしたら、まだまだイケてるじゃないかー!って思ったわん(^▽^)
そもそもマリアとラズロの出会いのきっかけとかが、すんごいツボで~~~。ああいうの、好きだなぁ~!!!
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/24 09:10   |  TOP ▲ |


latifaさんならお好きだと思っていました♪
『パフューム』、似てますよね。
偏執的、という言葉が的を射ていると思います。

いや~、あの手紙とか虫とか奇妙な人形とか、マリアの行動に釘付けでした。でも彼女の人生が明かされるにつれて、同情的に…。
ラストはたしかに肋骨何本もいっちゃってる感じですが(笑)、あの男性、文字通りマリアを受け止めてましたよね。救いがある感じが良いです…。
トム・ティクヴァは『ザ・バンク』を見逃してしまったので後悔しきりです。とにかくこの監督さんを追いかけていこうと心に決めた作品でした。
リュカ  【 編集】  URL |   2009/05/24 15:11   |  TOP ▲ |


リュカさん、こんにちは~!
私もマリアに割と最初から同情的な目で見てしまいました。 過去が解るにつれて、もっとそれが強くなって・・・だから、向かえの男性と良い仲になって幸せになってくれよ!と思っちゃいました。
でも、まさか、ああいう展開になるとは・・・。
2回目にお邪魔してキスした後、帰っちゃったので、次回はきっと・・・・って思ってたら、急展開でびっくり。

> トム・ティクヴァは『ザ・バンク』を見逃してしまったので後悔しきりです。とにかくこの監督さんを追いかけていこうと心に決めた作品でした。
 解ります! 私もこの監督さんを追いかけて行こうと思っています。 ザ・バンクは世間の声をあちこちネットで見た限りでは、ティクヴァ監督らしさがあまり感じられない作品のようで・・・。また次回は、ミニシアター系的な多い人には受けないかもしれないけど好きな人には凄く好かれる?映画を作ってもらいたいです(^○^)
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/25 15:59   |  TOP ▲ |


こんにちは、latifaさん★

これ変わってて、トムティクヴァらしい映画でしたよね!
好みに分かれそうだけどわたしも嫌いじゃなかったです、惹き込まれちゃいましたよ~
mig  【 編集】  URL |   2009/05/26 10:02   |  TOP ▲ |


migさん~こんにちは!
全部の見た映画を全部記事にするのって、やっぱりなかなか出来ないですよね~。
私も幾つかまとめてアップすることあるし、アップもしてもらえず、うかばれない映画も結構あったりします・・・。
私の場合、つまんなかった映画がアップされないって訳じゃなくて、なんとなく気分が乗らなくて記事に出来なかったとか、忙しくて時間がないまま、そのまま・・とか、そういう感じなんですけれども・・・

ところで、この映画、migさんも嫌いじゃなかったのね~(^○^)それは嬉しいな!
なんだか、この映画、キモイって思われそうなのに、偶然なのか?好評な声しか今の処コメント頂いてなくて・・・。誰か嫌い~苦手~って方の意見も是非聞いてみたいんだけどな~。
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/26 19:38   |  TOP ▲ |


はじめまして。
TB、2つ入ってしまったので、お手数ですが1つ消してください。
すみませんでした。

トム監督「影のない男」も製作?してますね。
これもいいです。
感想も書いてます。
アリエル  【 編集】  URL |   2009/05/28 11:56   |  TOP ▲ |


アリエルさん、こんにちは!
コメント、TBありがとうございました(^○^)

> トム監督「影のない男」
これも絶対に見たいです~。近くのレンタルショップにこういう映画が置かれてないもので、見るのがなかなか大変なのです・・・。また、こういう特殊な映画を見たいがために、ディスカスでも申し込もうかしら・・・。
アリエルさんはごらんになられているんですね~、いいな~!羨ましいな~。
latifa  【 編集】  URL |   2009/05/28 18:02   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/721-c04ce80f

マリアの受難
菫色映画 (2009/05/24 15:03)
マリアの受難ニナ・ペトリ ペーター・フランケ ヨーゼフ・ビアビヒラー ブロードウェイ 2007-09-07by G-Tools 1993年 ドイツ 監督:トム・ティクヴァ 主婦マリア。 毎朝、愛していない夫にコーヒーを淹れる。 半身不随の父親に呼び出されて介護する。 笑った


[ マリアの受難 ]トム・ティクヴァ監督の長編デビュー作
アロハ坊主の日がな一日 (2009/05/24 19:25)
[ マリアの受難 ]をイメージフォーラムで鑑賞。 鬼才トム・ティクヴァ監督の長編デビュー作。トム・ティ クヴァ監督といえば[ ラン・ローラ・ラン ](98)。アップ テンポな高揚感や疾走感のある[ ラン・ローラ・ラン ]と 比べると、本作はトーンこそ異なるが、抑圧と...


DVD簡単レビューまとめて4本☆
我想一個人映画美的女人blog (2009/05/26 10:05)
最近は前みたいに観たDVDひとつひとつレビューしてる時間もなくなってきて その中でもちょっと書いておこうかなと思う作品をまとめて{/apple_up/}することにしてるのだ☆ 前回まとめて7本ってやったけどかなり大変だったので今回は4本。ちょこっとレビュー {/hikari_pi...


マリアの受難
銀の人魚の海 (2009/05/28 11:53)
「ザ・バンク」ドイツのT・ティクバ監督新作を見て 何本も見てる旧作も好きなのが多いので、 さらに古いこれをネットで。 これもよかった。 男優、ヨアヒム・クロール。 暗い、暗い映画なの。{/kaeru_alone/} 夫婦と父の密室劇みたいな感じ+男性が入ってくる。 「パ


| ホームTOP ▲ |