fc2ブログ
「太陽の少年」感想 姜文「芙蓉鎮」他女性遍歴?
夏に「鬼が来た!」姜文(チャン・ウェン)を見た後、「太陽の少年」も
見てみよう!と思い、さっそくレンタルして見ました。
映像が良かったです。特に自然光の具合や、水の動きや色づかいが
とても美しくて、姜文初監督作という事ですが、すごいなーと
思いました。こういうのを作りたいな・・って前から思って
溜めていたんでしょうね。

内容は不良仲間(まあそれほど刑法に酷くひっかかる様な事はしてなくて
かわいい程度の不良)と、年上のお姉さんへの恋、そんなある夏休みを
描いた映画なのですが、仲間でのやんちゃぶりとか、こまごまとした
エピソードは若々しい感じで面白かったです。

ただ、夏雨(すごく素敵な名前ですよね)君という青年が主役なのですが、
えなり君を細長くして、鼻を広げた感じなんです(まさしく監督である
姜文に似ていて、彼の凄く若い頃は、こんなんだったんじゃないか?と
思うほど
)悲しいかな、演技も上手くて好感度も高いと思われるの
ですが(演技賞も受けたそうです)残念ながら私の好みではなくて・・・
仲間の内で、女の子の知り合いが多いという、ハンサムどころを演じて
いるはずの青年の顔も苦手・・・。
そして、主役の女優さんである寧静(ニン・ジン)顔はキツめの美人、
体型もガッチリ逞しい。「産後戻ってない体型みたい・・」とプールで
言われちゃうのもうなずける体型かも・・・
映画の中で、足首からふくらはぎ上までの足のアップが、何度も出て来る
のですが、監督さんは、どっしりとした力強い足が好きな様ですな・・・
もっと主要人物らが、自分の好みの外貌だったら、この映画は素晴らしく
面白く感じたでしょうに、残念でした・・・。

ところで、女性週刊誌の芸能ネタみたいになっちゃうんですが
監督の姜文さん(紅いコーリャンのおじさん)は、87年の『芙蓉鎮』で
中国の大女優と言われる「劉暁慶」さんと共演したことがきっかけで
恋仲になったそうです。
その時、姜文は24歳の新人、劉暁慶は
8歳年上の32歳。既に大女優でした。

(映画の中では劉暁慶より年上男性の役を演じました)

次の作品『春桃』の時はラブラブだったそうなんです。
しかし、この「太陽の少年」で姜文は、主演女優の寧静(ニン・ジン)
に惚れてしまい、劉暁慶を捨てて、ニン・ジンに走ったそうです。

(劉暁慶さんは、『西太后』のヒロインも演じた方。2004年脱税
で逮捕され、名声は一気に地に落ちてしまったそうです)

しかしながら、その後、姜文は寧静とも別れて、フランス人と結婚した
そうです。(寧静はその後実業家と結婚)
それは、香川照之「中国魅録―「鬼が来た!」撮影日記」にも
フランス人の奥さんの事が少しだけ触れられていました。
amazon
この本読んだら、どれだけ「鬼が来た!」の撮影が過酷で大変だったのかが良く
解りました。香川さんはさすが東大!と思いました、やっぱり頭良いんだな~
語彙が広いなぁ・・・と実感しました。中国の常識?には、もうびっくり@@
驚く事や、ギョエッ・・という出来事も多くて面白く読みました。

最後に話を「太陽の少年」に戻し・・・
陽光燦爛的日子 英語題:In the Heat of the Sun
音楽は、途中で使われている「カヴァレリア・ルスティカーナ」の
中の曲も映画にマッチしていて素晴らしいです。
前奏曲が米蘭(ミーラン)の「遠飛的大雁」というチベットの歌だそうです。
この曲は最初の部分他で、効果的に非常に印象に残る曲です。

監督・脚本=チアン・ウェン(姜文)/原作=ワン・シュオ(王朔)小説「動物凶猛」
撮影=クー・チャンウェイ(顧長衛)
出演=シア・ユイ(夏雨)/ニン・チン(寧静)/1994年/中国・香港合作
【2005/10/17 10:11】  コメント(2) | トラックバック(1) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<大いなる遺産 美形の子役達のその後、他 | ホーム | セブンソードseven swords いまいちでした・・>>
コメント

映画の中で、足首からふくらはぎ上までの足のアップが、何度も出て来る
のですが、監督さんは、どっしりとした力強い足が好きな様ですな・・・

>>>中国では足は性的な意味を持ちます。また、女性も太めの方が良しとされています(特に昔は)。監督の指示もあって彼女は撮影のために肉をつけたそうです。それもより性的で女性的な印象を増すためなのでしょう。
chiapet  【 編集】  URL |   2007/04/13 12:34   |  TOP ▲ |


chiapetさん、コメントありがとうございました!
そうなんですか。わざわざこの映画の為に、肉をつけたのですね。
中国でのこと、大変勉強になりました。ありがとうございました♪
latifa  【 編集】  URL |   2007/04/16 11:08   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/73-e9587133

ポジティブレビュー〔トラックバック〕
blolog〔ブロログ〕 (2005/10/17 19:21)
映画・漫画・音楽・テレビなどの作品に対する、ポジティブな感想を書いているブログを集めています。


| ホームTOP ▲ |