内田けんじ監督の原点「WEEKEND BLUES ウィークエンド・ブルース」 感想
「運命じゃない人」「アフタースクール」の内田けんじ監督の最初の監督作品と聞いて、絶対見てみたい!と思い、探し回ってやっと見れました。いや~やっぱり面白かった!!内田けんじさんって人やっぱり好きだ~っと思いました。
2001年の作品で、出演者は、みんな監督さんの友達(社会人)で、監督も準主役で出演しています。
00

自主制作なのかな?とっても荒削りで、ちゃんとした映画というより、個人がハンディカメラで撮った様な画像なんだけれど、脚本、内容、笑える小ネタ、一瞬の笑える間とか表情とかは、この頃の作品からもう既に才能を感じるものがありますね。

主演の男性は、むか~しの「愛と言う名の下に」で自殺しちゃう固太り気味の男性に少しだけ似てるルックス。この人がねぇ、いい人!って感じがビシバシ出てるんだなぁ。
00
その親友を演じるのが内田監督ご本人。監督さんは役者としても結構いい線行ってる気がする。ちょこっとだけ「ぐるりのとき」のリリーさんっぽい匂いがする感じもあるかな? 2人は小学校からの親友なんだけれど、とっても良い感じなんだなぁ~!!!あんな友人関係、憧れちゃうな。「運命じゃない人」でも「アフタースクール」でもそうだったけれど、監督はきっと良い友達に恵まれた人生を送って来たに違いないって感じるわ。

内容は、「運命~」「アフター」と、似たような感じの、えっ!と驚く予想外の展開で、とっても楽しませてもらえます。最初は色々な事が謎に包まれているんだけど、後半になって「あ~そういう事だったんだ」と徐々に解って行くのが楽しい!
色々可笑しい処や面白いシーンはあったんだけど、今思い出せるシーンでは、「男同士牛乳で話しあいましょう」ってのとか、校歌をたよりに小学校を探す為に電話ボックスから電話をしまくるシーンとか・・・

☆以下ネタバレです 白文字で書いています☆
ラスト、山本君はバットを握り外へ彼女を追いかけていく。途中失恋してボロボロになった監禁男と目が合う。そこで一言「がんばりましょーよぉっ」←このセリフと表情が大うけ!! さあ、あの後どうなったのやら・・・・。年収600万!と聞いて詐欺心を持ったらしいけれど、ここの年収1000万じゃなくて、600万って、やや低めの設定なのがまたクフフなんだよな。以上

次回作も楽しみ!!3作全部面白かったんだけれど、あえて個人的好みで順番をつけるとしたら、「運命」>「これ」>「アフター」かな。これは4つ☆~4つ☆半
いずれにしても3つとも、すごく面白い映画だし、内田けんじさんのファンです。次回作も楽しみー!!

(内容・あらすじ)山本健介は、心優しくて少し気が弱い28歳の平凡なサラリーマン。彼女を他の男に取られて以来、半年間抜け殻のような毎日を過ごしていた。金曜日の夜、健介が親友の健二の部屋に遊びに行くと、そこには健二の新しい恋人・あゆみがいた。美人で料理上手なあゆみにメロメロの健二は、彼女のためにフリーター生活に別れを告げ、就職するつもりだという。そんな2人を祝福しつつも、寂しさが募り、ますます落ち込んでいく健介。健二はそんな健介に、知り合いからもらったという謎の薬を手渡す。半ばヤケクソで薬を飲んだ健介、しかし何の変化も見られない。ところが帰り道、健介は強烈な眩暈に襲われ、気を失ってしまう。そして気がつくと、健介はこれまでに一度も来た事が無い場所にいるうえ、丸1日分の記憶を完全になくしていていた…。TBSチャンネルより

ところで知らなかったのですが、2007年に内田監督が手掛けたCM「高橋酒造 白岳」もアジア・パシフィック広告賞で銀賞を受賞していたんですね。以下で、CMの動画シリーズが見れます。
「White Lie? ~たわいない[罪のない]うそ~」全編
警察尋問編が私は一番面白かったな。

「運命じゃない人」の感想
【2009/08/19 16:38】  コメント(2) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「青い鳥」 小説>映画でした・・・ | ホーム | 「少年メリケンサック」ちょっと長かった・・>>
コメント

latifaさん、
ようやくご覧になったんですね( ̄▽ ̄)

>、むか~しの「愛と言う名の下に」で自殺しちゃう固太り気味の男性

ああ!確かに!たしか中野ひでおさん(漢字忘れました)でしたっけ。
確かににてますね。
出演のみなさん素人とは思えないほど雰囲気でてました。
誘拐犯(?)の人とか。副音声をちょっと聞いたのですがヒロイン役の女性は
あの時妊娠していたんだそうで、彼女のシーンだけを先に撮ったんだそうです。
その旦那とも友達なんだとか。
「映画作ろうぜ」っていって集まってくれる友達っていいですよね( ̄▽ ̄)
日月  【 編集】  URL |   2009/08/23 22:20   |  TOP ▲ |


日月さん、こんにちは~!!
そーなんです。やっと見れたんです。
今8月末までの間、GEOのネットでお届けDVDが100円だったので、頼めました。
近所のお店にはどこも置いてなかったんですよ。
最初かけた時は、ありゃりゃ~これは画像とか素人っぽいぞーー大丈夫かな?って思ったんですが、やっぱりこんな初期の作品から、内田監督のシナリオや、くすっと笑えるネタとかは、冴えてました♪
後ろでかかってる挿入歌ってうかBGMも、お手製なのかな?良い感じで、こういう処まで気配りしていて、ほんと凄いわ~って思いました。

> ああ!確かに!たしか中野ひでおさん(漢字忘れました)でしたっけ。
そう、そう!!中野さんでした。
元気な中野さんって感じでした。 

>ヒロイン役の女性はあの時妊娠していたんだそうで、彼女のシーンだけを先に撮ったんだそうです。
そうなんですかー!!知らなかったです。
そっか~ 副音声ではまだ見ていなかったんだ・・・。
次回見る時、副音声で見てみようっと。
latifa  【 編集】  URL |   2009/08/24 16:14   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/768-3d48891f

『ウィークエンド・ブルース』
映画批評ってどんなモンダイ! (2009/08/22 14:06)
 『ウィークエンド・ブルース』 2001年(日)監督:内田けんじ  『運命じゃない人』『アフタースクール』の若き才人内田けんじ監督の処女長編作品。恋人に別れを告げられたショックをまぎらわすために飲んだ怪しげな薬で一日記憶がないまま過ごしていたことに気付...


内田けんじ初作品 [映画] WEEKEND BLUES
日々の書付 (2009/08/23 22:09)
失恋男が、週末に体験した不思議な事件「WEEKEND BLUES」。 女にふられた山本健介は、金曜の夜、いつものように親友・けんじの部屋を訪れると、親友には彼女(あゆみ)ができていた。 落ち込む健介は、けんじから「自信がわいてくる」という少々怪しげな薬をもらう。


ウィークエンド・ブルース
つれづれおきらく (2009/09/12 09:55)
「運命じゃない人」の内田しんじ監督。ぴあフィルムフェスティバルという自主制作映画コンテストで賞を取った作品。この「ウィークエンド・ブルース」があって(賞を取って)、それで、もうちょっと予算が使える作品が作れる環境になって、「運命じゃない人」が作られたっ...


| ホームTOP ▲ |