私の頭の中の消しゴム感想 ちょっと辛口かな・・・?
私の頭の中の消しゴム 내 머리 속의 지우개 A moment to Remember
を、見ました。
韓国公開された時から、見たいー!と思っていて、意外と早く日本に来てくれ、しかもその当時、日本市場で韓国映画として最高額での上映権?になったとか・・確かにこの夏からの大規模な宣伝や展開は力が入っていましたね。

感想は、おおまかにだいたい良かったし、何度か涙が出ちゃったし、
でも、堂々と良い作品!お薦め!とまでは言えないかな・・・?

部分的に、う~ん・・という処が無いでもない・・・
ただ、私は元々、ソン・イエジンとチョン・ウソンが好きなので、点数が甘くなりがちかもしれません・・・。
冷静になって考えてみると、このイエジンが演じてる女の子って、純粋という感じではない設定なのですが、彼女が可愛いいお顔をしてるせいか、どうもつい良い方へ考えてしまう傾向があったかも・・・

そしてチョルス(チョン・ウソン演じる)が私の好みでしたし(一部除く)、やっぱり、若干ほっぺがふっくらしたかなあ・・とは思いましたが、でも許容範囲で、格好良かったです。薄汚れた作業着だけど、すらっとした抜群のスタイルにハンサムで、目が優しくて色っぽい、素敵ですっ!そういえば、ドカタ(韓国語で土方(ドカタ)・手直し(テナオシ)は日本語と同じなんですよね)

★以下ネタバレです★ 文字を反転して読んで下さい
この映画を見に行く人は、「記憶を失って行く・・」という部分をメインに思う人が多いだろうな・・と思うんですが、本格的に失って行く部分は後半で、しかも、ちょっと描き方が物足りないかなあ・・・という感じは確かにしました。
前半は2人が出会って、恋愛になって、結婚に至る経緯を、かなり時間を多く使っているんですよね。そこがあるから後半の部分が悲しさ倍増するという効果はあったと思います。私はここの前半部分好きでした。

あと細切れですが、私が思ったことをあげてみます。
後半、彼女の世話は誰が見て行くんだろう・・・どうなっちゃうんだろう・・・ってつい現実的に、ハラハラ見ていました・・・
(特に排泄関係が自分で出来なくなっちゃった後とか・・)

お母さん部分まで踏み込まなくても良かったんじゃないのかな・・・?
なんて少し思いました。いや、踏み込むならもっとその辺りをしっかり描いてチョルスの母や可哀想な幼少時代を見せて欲しかった様な・・・
(火の鳥でエリックの義母?というか、父のおめかけさん?で出てた人ですよね)チョルスが元カレを殴るシーンは、あまりに酷い殴り方でしたよね・・
小さい時に暴力を一杯受けたから、それがトラウマになって、時々暴力的な行動に出る・・って意味ももしかしたら含んでいたのかな・・・?

私は、置き手紙を置いて去った時が、記憶がちゃんと戻ってる瞬間?の最後のシーンで、それ以後、もう記憶戻らないままで終わった方が好きだったかも・・・(映画では、その後またコンビニシーンで記憶が戻ってるっぽいですよね)置き手紙後、何か風の便りか、彼女の家族からの情報で、チョルスが病院に彼女を見に行ったら、写真と絵だけ残していた彼女がいて(ここは同じ)
でも記憶がもう無くて・・・でも穏やかに微笑んでる彼女・・・って
処で終わる方が泣けたかも・・・
コンビニシーンは、私個人的には、要らなかった気が・・・
最後まるで記憶が戻っているような2人でのドライブシーンも、まあ、
綺麗に終わらせたかな・・って感じで、好きという訳じゃないです。

最後に、泣けたシーンは幾つもあったのですが、チョルスに向かって
「ヨンミン氏」と・・・その時のチョルスが・・・可哀想で{/hiyo_cry2/}


元々この題材が、人ごとじゃないぞ、って事で、私も物忘れが非常に激しくて心配しているし、自分の身近な存在で、年代はずっと上ですが、主人公と同様になって行った人がいたので・・・
真剣に怖ろしくなりながら、ちょっと色々思いながら見ました。
最近の記憶から先に忘れて行く・・・という部分とか・・・
良い薬や治療法が出来る事を切実に祈うばかりです・・・
日本のドラマ版を、是非見てみたいです。噂では、もっと感動的で良い
作品みたいですね
【2005/11/02 19:38】  コメント(2) | トラックバック(3) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
<<故郷の香り(暖) フォ・ジェンチイ 感想 | ホーム | Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス? 日米版比較>>
コメント

またまたTBさせて下さい。病気+引裂かれロマンスは典型的な韓国ドラマで、また「ラストコンサート」にも似てますねー^^;)。で、やっぱり苦手でした…。主演の二人はなかなか魅力的だったんですけど…。病気の描写が美しく描き過ぎという感じがどうも嘘っぽく感じてしまいました。同じ病気を扱った渡辺謙の「明日の記憶」もちょっと観てみたいなーと思いました。
ぶーすか  【 編集】  URL |   2007/01/20 21:07   |  TOP ▲ |


ぶーすかさん、こんにちは!
そうなんですよ・・・。回りが大絶賛する中、私は、そんなには泣けなかったし・・・。前半の恋愛部分は楽しめたのですが、後半のラストの部分とかが、ちょっと・・・・。
でも、それなりに楽しく見れました☆

渡辺謙の「明日の記憶」丁度先日見たばかりなのです。
が・・・・。こちらも、今ひとつだったかな・・・。それなりに良かったのですが、綺麗な部分だけ描いた感が私にはしてしまいました。
ぶーすかさんのレビューをいつか拝見するのを楽しみにしています!
latifa  【 編集】  URL |   2007/01/21 08:46   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/77-859a902c

死よりも残酷な生がある◆『私の頭の中の消しゴム』
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 (2005/11/02 22:11)
9月22日(木)試写会にてこのタイトルが、ストーリーの50%を語っている。私はどんな作品か、タイトルを聞いただけでどんな話かだいたい分かった。主人公は若い女性。彼女が『若年性アルツハイマー病』にかかり、新しいものからどんどんと記憶が消えて行く…という話だ。...


「私の頭の中の消しゴム」「MUSA 武士」
ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 (2007/01/20 20:58)
●私の頭の中の消しゴム ★★【地上波】「MUSA-武士-」のチョン・ウソンと「ラブストーリー」「四月の雪」のソン・イェジン共演が話題になった韓国純愛ドラマ。原作は永作博美、緒形直人、主演の日本のテレビドラマ『Pure Soul~君が僕を忘れても』らしいがこちらは未見。若


私の頭の中の消しゴム
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/03/30 19:52)
 チョルス(ウソン)とスジン(イェジン)は、コンビニで衝撃的な出会いをします。  第一印象は、お互い最悪。。。でも、自分が悪かった事に気付いたスジンは、チョルスが気になり始めていました。  チョルスは、スジンの父親(サンギュ)が社長を務める会社の社員で...


| ホームTOP ▲ |