「ゴッド・ディーバ」感想
「ゴッド・ディーバ」と「ナイト・オブ・ゴッド」両方トーマス・クレッチマンさんが出演しているという理由で見ました。まずは「ゴッド・ディーバ」
god

監督さんは、フランスのアニメーション界ではゴットと言われているらしいエンキ・ビラル。『ブレードランナー』や『フィフス・エレメント』など、1980年代以降の近未来SFに多大な影響を与えた鬼才ビジュアリストだそうです。実はこの映画を見る前は私は知りませんでした。彼の書いた絵を幾枚か見たら、スタイリッシュで大人な漫画でカッコイイですね~。
00

トーマス・クレッチマンさんは長年冷凍されていた革命リーダーのニコポールを演じています。(こういう設定がすんごいカッコイイし、ニコポールって名前もカッコ良い)、そして青い髪の女性を、ミス・フランスだかに選ばれた過去のあるリンダ・アルディという綺麗でナイスバディな女性が演じており、そして何かありそうな医師役を、ニヤリと笑いつつも内に怖いものを秘めた女性を演じさせたら誰もかなわないであろうシャーロット・ランプリングが演じています。

近未来SFというジャンルは私はほとんど見ないので、最初の30分くらいは、え?え??と、話に入っていけなくてどうしようか?と思ったのですが、段々全貌が見えて来てからは面白く見れました。
神と人間、そしてミュータントが混在する2095年のニューヨークを舞台。このころの人間の多くは、古くなって来た内蔵やら皮膚やらを、人工の臓器に移植しているという設定。だから全身が生身の自分の物であるという人が少ないんです。で、ある犯罪を犯した神様ホルスが、人間の体に乗り移ろうとするんだけれど、全身生身の人間っていうのがなかなかおらず、探していてみつけたのが、トーマスクレッチマンさん演じる革命家なんです。この3人の出演者以外はすべてCGのアニメーションの人間とかなのです。街の風景とかが凄く細かく作り上げられてるのと逆にこの人間のCGが安っぽく見えちゃいました・・・(こういうSFもののアニメーション映画って、どれもそういう傾向があると思うな・・・。メカや風景はすんごいのに人間のCGってなんだか違和感が・・)
00
神様って普通偉い人、いい人っていうのが一般的なイメージなので、犯罪を犯した神様がいるっていう設定がぶっとびでした。そして、この神様が性欲旺盛なんですよねぇ~。
この神様のヴィジュアルもCGなのですが、エジプトの神様風です。
黒い鳥の羽根を使って空を飛ぶ映像とかは、すごく雰囲気があって良かったです。近未来の町並みはモノトーンにちょっとさびたグリーングレーを基調とした色合いで、なかなか素敵でした。何故だか不思議と「ベルリン天使のうた」を思い出しました。 ハリウッドの映画というよりは、やっぱりフランスとかドイツの匂いのする映画だったかもしれません。

トーマスクレッチマンさんはカッコ良かったので見れて満足でした。が、革命家!というわりには、その辺りが感じさせられなくて残念。革命家で冷凍人間にされちゃって・・・っていう前置き部分が、非常に見たかった~~!!2時間という範囲内では難しい内容だったんだろうな~。連続ドラマとかで長い時間見せてくれたら、さぞや面白くなっただろうにと思います。原作はきっと凄く良い作品なんだと推察されます。

☆以下ネタバレです☆ 白文字で書いています。
ホルス+ニコポールは青い髪の女性を妊娠させ、彼女は子供を出産しており、その子供はどうやら鷲のDNAを引き継いでいるようですね。以上

制作年 : 2004年 フランス
脚本 : セルジュ・レーマン , エンキ・ビラル
監督 : エンキ・ビラル
出演 : リンダ・アルディ、トーマス・クレッチマン、シャーロット・ランプリング

(内容・あらすじ)movieウォーカーより
2095年、ニューヨーク。マンハッタンは3つの階層に分けられ、人間とエイリアン、ミュータントが混在して生きていた。人間たちは巨大企業ユージェニック社が独占的に提供する様々な人工臓器や合成皮膚を買いあさり、肉体のバージョンアップに夢中になっていた。セントラル・パークは雪と氷に覆われた異常な空間となっていた。宇宙から現れたと言われているこの謎のエリアは“侵入口”と呼ばれ、立入禁止エリアだ。そして今、もう一つの異常気象が人々の関心を集めていた。ハドソン河上空に出現した巨大なピラミッド。そこから飛び立つひとつの影。ひとの体と鷹の頭を持つ古代エジプトの神ホルス(声: トーマス・M・ポラード)である。反逆罪により他の神々から死刑を宣告されたホルスは、7日間の猶予を得ていた。残された時間を使い、彼はひとりの女を探し出そうとする。青い涙を流す、髪の青い美しい女、ジル(リンダ・アルディ)を。その頃、エルマ・ターナー医師はユージェニック社で働く夫ジャックから、違法な実験に捕われていたジルを譲り受けた。ジルは自分が何者で、どこから来たのかも覚えていない。彼女の肉体の特異性に気づいたエルマは、ホテルの一室をジルに与え、研究対象になってもらう。一方ホルスは、政治犯ニコポルの肉体に入り込み、ジルを探すが。

ティコ・ムーンってのも、表紙やイラストを見たら、カッコ良くて興味が沸いて来たので見てみようかな?と思っています。


で。。。ナイト・オブ・ゴッド
00

なんと!あのターミネーター2のエドワード・ファーロングが主役ですか??と、びっくり。
この映画では元のとおりに痩せていたけれど、なんかやつれ感が激しかった・・・。小柄なんだね・・・。一時薬だかアルコールだかの中毒で大変だったが復活したって聞いたけれど、これじゃあ、まっとうになったとしても、ターミネーターシリーズの4や5で、ジョン・コナーは演じられまい・・・。残念だけど、強くてカリスマ性がある役がやれるとは思えなかったな・・・。

で、トーマス・クレッチマンさんは、、、出てるんだが、別に・・・これと言って印象に残る役ではなく・・・。他には結構有名俳優さんも出演してるんだが、、。元々私は、こういう中世の海外舞台の宗教聖戦みたいなアドベンチャーものが苦手ってこともあって、途中で何度か寝ちゃって、ちゃんと見れませんでした。ロードオブザリングとかああいうのでさえ寝ちゃう人なんで・・・。でも風景とかは壮大で綺麗でした。

2001年 イタリア / フランス映画
原題:I CAVALIERI CHE FECERO L’IMPRESA/THE KNIGHTS OF TH
監督 : プピ・アヴァティ
出演 : エドワード・ファーロング、トーマス・クレッチマン、ラウル・ボヴァ、F・マーリー・エイブラハム
【2009/09/09 11:28】  コメント(5) | トラックバック(1) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「親密すぎるうちあけ話」「フェリックスとローラ」感想 | ホーム | 「カールじいさんの空飛ぶ家」感想>>
コメント

latifaさまへ ごめんくださいませ。ご覧になられたんですね~。セクシーな場面もあって 足が鋼鉄でホルスの言う事聞かないと重くなったりして.....。ニコポル三部作のうち二作を映画にしているらしいので コミックを読んでないとわからない所ありますよね。でも主役なんでお姿観られるだけで 嬉しいなあと(笑)。
ナイト・オブ・ゴッドは完全ノーマークでした。latifaさんの文で観た気持ちです(苦笑)。ラウル・ボヴァも出てるんですねえ。そのうちどこかで放送しないかなあ。

ティコ・ムーン私は結構好きでした。なんとも言えないのですが エンキ・ビラルの世界観は好みです。
Lovely HHH  【 編集】  URL |   2009/09/10 20:15   |  TOP ▲ |


Lovely HHHさん、こんにちは!
見ましたよ~~(^○^) セクシーな場面は、うはは~^^って見ました。露骨な描き方じゃ無かったので、素敵でした~♪さすがに水泳で鍛えただけあって上半身ナイスですね~~。

>足が鋼鉄でホルスの言う事聞かないと重くなったりして.....。
そうそう。最初足が無くなっちゃった時は、ウギャ~~って思ったんだけど、合体して、歩ける様になるとは・・・^^ 

>ニコポル三部作のうち二作を映画にしているらしいので コミックを読んでないとわからない所ありますよね。
 そうなんだ~。なんかこの漫画も読んでみたい!って思いました。購入しないと回りで誰も持っていそうにないなあ・・・。

> ナイト・オブ・ゴッド
いや・・・・見なくて良いかも・・・。とはいえ、ロードオブザリングとかナルニアとか、、ああいうジャンルが得意な方がごらんになると面白く見れるのかもしれないです。私はああいうジャンルは全くダメなので・・・。

> ティコ・ムーン私は結構好きでした。なんとも言えないのですが エンキ・ビラルの世界観は好みです。
 おっ!そうですか、じゃあ、今度ティコムーンも見てみようっかな!!
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/11 08:52   |  TOP ▲ |


Lovely HHHさん、追加です。
ぐすん、、、残念。家の近所のレンタルショップには絶対無いとはいえ、宅配DVDならあるだろうと思っていたのに、ティコ・ムーンありませんでした・・・(T_T)
いつか見れる機会があるのを辛抱強く待ちます。
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/11 08:55   |  TOP ▲ |


latifaさま こんにちは。
追伸までありがとうございます。「ティコ・ムーン」は気長にお待ち頂く感じで大丈夫かと思います。ナイト・オブ・ゴッド 気長に待ちます。ジャンル的に大好きなので(笑)。ナルニアよりリングの方が好みです。FTは本もすきで デヴィッド・エディングス アン・マキャフリー タニス・リー等など。日本では中山星香(漫画)。SFではダン・シモンズの「ハイペリオン」シリーズを誰か映像化して欲しい~~~と心の中で祈ってます。
と余計なことをつらつら失礼致しました。ではまた寄らせて頂きます。

追伸:「トランスポーター3」が意外といけました。「G.I.ジョー」よりは好みです(どうしてもシエナ・ミラーに食指が動かず....)。
Lovely HHH  【 編集】  URL |   2009/09/11 17:26   |  TOP ▲ |


Lovely HHHさん、こんにちは~!
そうですか、ジャンル的にLovely HHHさんが大好きなタイプの映画なんですね。それじゃ、楽しめるかも。カッコイイ人は結構一杯出演してましたよ(私は役者さんに疎いのですが、有名な人が多かったみたいだし・・・)

>ナルニアよりリングの方が好みです。FTは本もすきで デヴィッド・エディングス アン・マキャフリー タニス・リー等など。日本では中山星香(漫画)。SFではダン・シモンズの「ハイペリオン」シリーズを誰か映像化して欲しい~~~と心の中で祈ってます。> 追伸:「トランスポーター3」が意外といけました。「G.I.ジョー」よりは好みです(どうしてもシエナ・ミラーに食指が動かず....)。
 
かなじい・・・。全然見てない映画や小説ばかりです・・・(T_T)
知っていたら反応出来るのに、残念!!ごめんなさい・・・
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/12 10:22   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/775-224637c2

「ゴッド・ディーバ」
★☆ひらりん的映画ブログ☆★ (2009/09/09 23:48)
偶然ですが、最近神様系??のDVD鑑賞が続いてます。 「太陽」・「THE MYTH/神話」なんですが・・・。 フランス映画なのに、舞台はニューヨーク。 主人公ら3人以外はほとんどCGで作ってるという変わりモノ。


| ホームTOP ▲ |