「さまよう刃」映画と小説比較感想
どんなに酷い事をしても、少年犯罪保護法で制裁を受けずにすむ犯人を、被害者が自らの手で・・・というのが主題の話。他人ごととは思えない、とても興味深い内容。
sama
小説版は、以前非常に面白く読みました。さて映画版は・・というと、う~ん、何か気持ちが沸き立って来ないというか・・少々盛り上がりに欠ける様な気がしました・・・。
私的には、本>>>映画でした・・。本は読みながら、もうドキドキしたり腹が立ったり色々感情を揺さぶられたのですが・・・。そして長峰さんが指名手配され追われているのとと同時に、捕まる前に犯人を見つけだせて復讐出来るのか?という緊張緊迫した状況が、あ~!!どうなるんだ??とページをどんどんめくってしまったんです。

映画版は、ちゃらちゃら感とか安っぽさは無い反面、ラストシーン以外はハラハラするとか、手に汗握るとか、許せない!という怒りがわき起こってくるとか、そういうのがあまり無かったんです(私は)
2時間という範囲内では難しいんだと思いますが、「復讐の為に犯人を1人殺してしまい、更にもう1人の犯人を追っている殺人者になってしまった被害者の父親に、気持ち的には同情しつつも少年を守らなくてはいけない警察と、世間」っていうのをもっともっとガツンと描いて欲しかったです。

主演の寺尾さんは、娘を酷い殺され方をして、気が狂いそうになるほどの怒りで復讐に・・・っていう激しさみたいのは、あまり感じられなかったんです。きっと、そういったタイプの役作りをしなかったんだろうな、と思います。どちらかというとたんたんと怒りよりも悲しみや絶望や寂しさを強く出していた気がしました。小説ではライフルの腕もある人でしたが、映画版ではそういう人ではなかったです。

殺されるに至る暴行レイプなどのビデオシーンは、子供が見ても大丈夫な様に凄く控えめにしていました。ただ、そこが控えめな分(言葉では語られますが)、見ている側が、この犯人達死ね!!という怒りが若干少なくなったかな・・・。小説では、この犯人達は鬼畜で死んで良し!って読んでる側が思ってしまう様な感じなんですよね・・・。

ラストは小説版と映画版では違うとのことで・・・
★以下ネタバレです 白文字で書いています★
違っていたのは、ペンションの女性の存在が、映画版ではほんの少しになっていました。ペンションのお父さんが銃を渡して逃がしてくれる・・ってのも違っていました。小説版では、このペンションの女性と父親と長峰さんのエピソードがなかなか良かったのですが、まあ2時間では無理か・・。
ラスト。最後に解った事には、弾を入れていなかったことが解ります・・・。映画版のこの意味が・・・微妙・・・かな・・
以上

キャスト
長峰重樹:寺尾聰
織部孝史:竹野内豊
真野信一:伊東四朗
菅野快児:岡田亮輔
伴崎敦也:黒田耕平
中井誠:佐藤貴広
木島和佳子:酒井美紀
木島隆明:山谷初男
島田:長谷川初範
伊藤:木下ほうか
田中:池内万作

監督: 益子昌一  音楽: 川井憲次
川崎チネチッタなどのロケで、地元の方は風景とか知っている処が映っているかも。

原作小説さまよう刃 東野圭吾の感想
【2009/09/19 17:56】  コメント(20) | トラックバック(12) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<映画「ひゃくはち」 小説と比較感想 | ホーム | 「ファニーゲーム」「隠された記憶」感想>>
コメント

小説が面白かったから映画も気になってるんだけど、感想をさっと読ませていただいたら見なくてもいいか~という気になってきました。
10月は見たいものがたくさんあるので「絶対見たい」リストからは外そうっと!
ミチ  【 編集】  URL |   2009/09/19 23:31   |  TOP ▲ |


ミチさん~こちらにもありがとう!
うん・・・。劇場までは足をのばさなくていいかもしれない・・・。
小説は面白かったんだけれどもね・・・。

ミチさん、10月は見たい映画が一杯あるのね~いいなあー。
私はここんところ、新作映画で見たいのが全然来なくて(ミニシアター系の東京にだけ来るのなら見たいのは色々あるんだけど・・・)はぁ~~っ・・・・田舎に住んでると辛いわあ・・・
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/21 10:31   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは!
公開前の作品をlatifaさんはもうご覧になったんですね!早いなあ~

いつも小説も読んで、それと比較しながら
作品に対して理解を深めているところがすごい!って思います。

ひどい罪を犯しながらも犯人を護る少年犯罪保護法には
疑問を持つ事が多いですよね。
自分の身に置き換えて考えると、主人公に同情してしまいます。
グッと辛くなりそうな作品ですね。
YAN  【 編集】  URL |   2009/09/23 17:09   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは~!
ラッキーにも試写会に行くことが出来たんです^^

いやいや、小説と映画とそれぞれ見比べるっていうのが好きなんです。
最近は、小説が話題になったり人気があると、映像化される事も結構多くて、前に読んだ小説がその後映画化される!って事もあって、それはそれでまた楽しみが沸きます★

> ひどい罪を犯しながらも犯人を護る少年犯罪保護法には
> 疑問を持つ事が多いですよね。
> 自分の身に置き換えて考えると、主人公に同情してしまいます。
そうなんですよ!!
この「さまよう刃」は主犯の男が、凄い悪いヤツで、こんなヤツ死んで良し!って思う設定だったので、犯人を自分の手で・・・って追う被害者の父に完全に身方し感情移入してしていました。
 とはいえ、同じ東野さんの小説だったら、やっぱり「手紙」の方が私はより一層見応えもあるし、好きかな~。
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/24 08:36   |  TOP ▲ |


うーん、役者の演技は良かったとおもうだけに、変にいい加減な設定とかが気になってしょうがなかったです。何で歩いて捜してんの?とか菅平にいるのに、何故に川崎駅にもってこさせるの?とかね…。密告されたか疑ってたのに。そういう部分でいちいち醒めちゃいました。^^;
一番納得いかないのは、最後は殺さなきゃだめだろってこと。未来なんてないって真野刑事いわせて、しかも一人殺してて、銃までもってるのに。結局更正の機会を与えるのでは、作品のテーマ的にどうなのよと思ってしまいました…。
KLY  【 編集】  URL |   2009/10/12 10:35   |  TOP ▲ |


どこか感情を抑えているような演出で描かれていた映画だっただけに、後半どこかでその抑圧された感情が爆発してほしかったですね。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2009/10/12 14:50   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
あれっ、KLYさんで良いのかな・・・なんだか頭が混乱してきちゃったな。もしかしてKLYさんちでは、奥様がたいむさんで、KLYさんが旦那様とか・・?

最後、銃殺させてくれるかな・・・?ってそこが見ているこっち側としては気になるんですが、多分させてもらえないんだろうな・・・と少し諦め気分で見ていました。そこがああいう終わり方だと、なんだったんだ・・・?って感じで、脱力感がありますよね・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/12 17:56   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> どこか感情を抑えているような演出で描かれていた映画だっただけに、後半どこかでその抑圧された感情が爆発してほしかったですね。
 そうなんですよね・・・。
ちょっと感情を爆発させるシーンがあって欲しかった気がしました・・・
あの同じ様な目に遭わされた娘のお父さんの様子の方が普通なんじゃないかな・・・と思ったりもして・・
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/12 17:58   |  TOP ▲ |


はじめまして。
通りすがりなのですが、今日たまたま「さまよう刃」見てきたものでコメントさせていただきました。
私はたまたま映画館で予告を見て、面白そう!と思って原作の存在を知らずに見て参りました。
原作を知らないので結構ハラハラ楽しめました。また、犯人の少年達の犯行は確かに押さえた感じで
描かれていましたが、あれで私には充分「こいつら生きてる資格ねえ!お父さんに殺させてやれ!」
という怒りを感じることができました。原作を読んでらっしゃる方にはちょっとあれ?という感じなのかもしれませんね。
ただ、ラストがなんだかよくわからなくて…結局発砲したのは織部だったのでしょうか。最後真野は普通に通勤しているシーンがあったし彼のモノローグで終わっていますが、織部はどうなったの?
よろしければお教えください。
私としては、軽い刑を終えてすぐに出てくる菅野を恐れた中井が殺して「どうせ未成年だからたいしたことないでしょ」とうそぶく、というラストを期待していたのですが。中井は最後までへなちょこでしたね。

はな  【 編集】  URL |   2009/10/14 23:01   |  TOP ▲ |


はなさん、こんにちは!
コメントありがとうございます~^^
> 原作を知らないので結構ハラハラ楽しめました。また、犯人の少年達の犯行は確かに押さえた感じで
> 描かれていましたが、あれで私には充分「こいつら生きてる資格ねえ!お父さんに殺させてやれ!」
> という怒りを感じることができました。
そうでしたか!それをお聞き出来て、ほっとしました。
私が一緒に見た人は原作を読んだ人だったので、未読な方が読んだらどういう風に感じるかな・・・って事が気になっていたので、こういう感想をお聞き出来て嬉しいです。

以下ネタバレです

少し前に見たばかりだというのに、もはや、記憶が曖昧になっていて、自信が無いのですが、
確か、織部は「やめろ~」とか他の警察官を止めるのに声を上げていたかと思います。でも、結局お父さんは犯人を撃つ前に射・殺され(誰か警官に・・。どの警官が撃ったのか忘れてしましたが、この人が撃ったってシーンは無かったような・・・) しかし、お父さんの銃の中には元々弾はこめられていなかった・・・というのが死後解る・・って感じじゃなかったですかね。
その後しばらく経ち、織部とかは普通に今も警官の仕事をしている・・・って風だったと思います。

> 私としては、軽い刑を終えてすぐに出てくる菅野を恐れた中井が殺して「どうせ未成年だからたいしたことないでしょ」とうそぶく、というラストを期待していたのですが。中井は最後までへなちょこでしたね。
  そうなんですよね~。私もあの中井が何かやらかすんでは?と思ったのですが、そういう展開ではありませんでしたね。

是非原作も機会があればお読みになって見てください。色々深く重く書いてあって楽しめるかと思いますよ~^^
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/15 17:06   |  TOP ▲ |


早速のご返答ありがとうございます!
やはりあれは真野や織部が撃ったのではなかったのですね。確かに誰かが撃つシーンはありませんでした。誰が撃つのかは重要ではなく、お父さんの銃が空砲だったって事に焦点が当たっていましたね。
そのあたりが原作とは違うということなので、ぜひ原作も読んでみようと思います。
最後の真野のモノローグは織部にあてた手紙っぽい感じがしたので、もしかして織部は警察官として生きていく自信がなくなって辞職したのかしら…と思ったりしたのですよ。もしくは密告がばれてクビになったとか。
原作読んでない者の意見が少しでも参考になってよかったです。いくつか「?」って思う点もありましたが、(中井はどうしてお父さんの家に電話できたのか、とか)色々考えさせられる映画でした。織部の葛藤をもう少し描いても良かったのかと思ったりしますが、まあ2時間ですものね。音の使い方はよかったなと思いました。最後の雪を踏みしめる音とか胸に染みました。これは映像ならではですね!
ちなみに、ペンションの親子のエピソードはなんだか意味ありげなわりにはスルッと描かれていて、見ながら(あれ?ここって何かもっとあるんじゃないのー)って気分になりました。やはり原作では大切なエピソードになっているのですね。うん、原作絶対読んでみます!
ありがとうございました。
私も映画結構好きで、思いつくまま色々見ているので他のページものぞかせていただきますね。
はな  【 編集】  URL |   2009/10/15 20:40   |  TOP ▲ |


はなさん、こんにちはー!
>確かに誰かが撃つシーンはありませんでした。
あ、やっぱりそうでしたか~^^ よかった~。ほっ・・・。
記憶が確かじゃなかったので、間違った事言っちゃったらどうしよう・・と、ちょっと不安だったのです、良かった。

> 最後の真野のモノローグは織部にあてた手紙っぽい感じがしたので、もしかして織部は警察官として生きていく自信がなくなって辞職したのかしら…と思ったりしたのですよ。もしくは密告がばれてクビになったとか。

ここなんですけれども、お恥ずかしい話、もう原作の方の内容も忘れかけてしまって・・・
伊東四郎演じる警察官は、確か、定年まで間近という設定だったような記憶が・・・。
このまま大人しく問題も起こさずに、定年退職すれば、安定した退職金と年金?がもらえるけれど・・・でも・・・って処があった様な記憶が少々あります(ほんと、すいません!ハッキリ覚えて無くて・・・)
本が手元にあったら、読み返せるのですが、もう無いので確かめられなくて、ごめんなさい!!

>最後の雪を踏みしめる音とか胸に染みました。これは映像ならではですね!
私も!!そこは、いいな、って思いました~。

> ちなみに、ペンションの親子のエピソードはなんだか意味ありげなわりにはスルッと描かれていて、見ながら(あれ?ここって何かもっとあるんじゃないのー)って気分になりました。やはり原作では大切なエピソードになっているのですね。
 そーーーーーーーなんですよっ!!
実は、そのペンションの娘は、かなり重要な存在なのです。そしてお父さんとのからみも、なかなか良いんです。

いえいえ、なんだか全然お役に立てなくてスイマセン!これを機会に、また、はなさんとお話出来たら嬉しいな~と思います♪ またいつでもお気軽に遊びに来て下さい~☆
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/16 17:04   |  TOP ▲ |


こんにちは~
遅くなりました。。。 ぜいぜいはあはあ(汗

寺尾さんの前半はよかったんですけど、後半がいろいろ不可思議なことが出てきちゃってましたね。
明らかに普通に考えておかしいつながりとかが多くなっちゃってまして。
やっぱり2時間では無理ですよね。 この映画化。。。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2009/10/17 10:54   |  TOP ▲ |


rose_chocolatさん、こんにちは!
あ~今rose_chocolatさんのお名前拝見したら、マフィンとかパンとかの映像が急に頭に浮かんで来ましたよ~~。
この前見せて頂いたマフィンだったかな・・・すごく美味しそうで・・・。
3つ×2段の焼き型っていうのかな?ああいうのがあると便利だなぁ~って思ってたの。
今日は日曜日だし、何かまた焼いたりしているかな・・・・・?

と、この映画。
悪くは無いんだけれど、何かいまひとつズドンと来ない映画だったなあ・・・と思いました・・・。
ラストを何故わざわざ長距離移動させて、川崎に?って部分も、原作では何か理由があったっけか・・・?と、もう思い出せないというありさまです・・・。最近自分の記憶力のひどさには呆れるばかり。
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/18 09:12   |  TOP ▲ |


今日、映画を見てきました。
小説は感情を揺さぶられながら、読み映画になった事を知り、暴行シーンなど映像に出来ないでしょうと思われていたシーンがどのように構成されたのか興味しんしんで行ったのですが・・
つまらなくはなかったのですが、小説を読まないで見た人には、長峰さんの感情や刑事の葛藤が伝わらないのではと思いました。
少年法の話だったのか?光母子殺人事件の本村さんの事も思い出しながら見てきました。
みんちゃん  【 編集】  URL |   2009/10/19 20:56   |  TOP ▲ |


みんちゃんさん、こんにちは!
コメントありがとうございます^^

> 小説は感情を揺さぶられながら、読み映画になった事を知り、暴行シーンなど映像に出来ないでしょうと思われていたシーンがどのように構成されたのか興味しんしんで行ったのですが・・
みんちゃんさんも、小説はガツンと読まれ、映像化されたらどういう風になるのかな・・・と興味を抱きつつの鑑賞だったんですね。私も同じです!

> つまらなくはなかったのですが、小説を読まないで見た人には、長峰さんの感情や刑事の葛藤が伝わらないのではと思いました。
  そうなんですよね・・・・。小説で色々解って見ると、ちゃんと頭でそういう部分をカバーしながら見れるものの、小説読んでいない人が見たら・・・って考えが浮かんでしまいますよね・・・

> 少年法の話だったのか?光母子殺人事件の本村さんの事も思い出しながら見てきました。
私もです。 最近あちらの方も、実名が載った本を出版する人が現れてどうのこうの・・・と話題になってましたが、実名だの実名じゃないだのという、そういう事はさておき、 少年に情状酌量を増すような方向に動くようになっちゃったら・・・と、ちょっと気がかりだったりします。私は完全に本村さん側の身方というか応援している側なので・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/20 08:43   |  TOP ▲ |


こんばんは。
確かに小説版の方がハラハラドキドキがありましたね。
ラスト(白抜きで書かれている分部の最後)はあれでよかったんじゃないかな、と思ったんですが、 latifaさんはイマイチでしたか。微妙なところですね。
masako  【 編集】  URL |   2009/10/20 20:38   |  TOP ▲ |


masakoさん、こんにちは!
そうっか~masakoさん的には、ラストのはあれで良かったかな・・って思われたんですね。
私は小説版も映画版も両方あんまりで、銃で撃たせてあげたかったな・・・と思ったりもして・・・。
でも、そんな内容が、こういう大々的な映画や小説で認められるわけないしなあ・・・とも思います^^

原作→映画といえば、もうすぐ「重力ピエロ」がレンタル開始なので、レンタル初日に借りに行く予定です~♪
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/21 13:33   |  TOP ▲ |


こんばんは。
ふらりと図書館に立ち寄ったらなんと「さまよう刃」原作があったので即借りてきました。
細かい心理描写、映画より多彩な登場人物達の動き…ハラハラしながら一気に読みました。
なるほど、あの長い小説を2時間の映画にするためにかなり変更した部分があるのですね。メインの刑事が3人いるのに映画では2人にしてしまい、そのために最後のオチというかどんでん返し?「あっ!」という部分がなくなってしまっていますね。娘が自殺に追い込まれた別の男性も映画ではビデオを見て苦しむシーンしか出てこないし。
でも何より小説に描かれていて映画に出てこなかったのは、犯人の少年達の親の醜さではなかったでしょうか。特に母親。同じ女でありながら少女に対するあの無惨な犯行に対する態度には吐き気を覚えるくらいです。これは映画にも描いて欲しかったです。
それはおいておいて、私も小説を先に読んでいたら、多分がっかりしてしまったと思うのですが、映画を先に見たせいか、2つの作品は同じテーマから発した別の作品、というように感じました。ラストのまとめ方というか、一番言いたかったことも変えてあったし。そのために映画では空砲を使ったのかな、とか。
「少年犯罪」をテーマに読者や視聴者に投げかけられたきっかけになる作品という意味ではどちらも成功ではないかと思ったのでした。
私の想像ですが、作者の東野氏もラストを原作通りにまとめるよりも言いたいことが映画全体として描かれているからこれでOKされたんじゃないかな、とか。
なんだかうまくまとまらなくてごめんなさい。言いたいことを文章にするって難しいですね!
これまで東野さんの本も読んだことないし映画もあまり見たことがなかったので、これをきっかけにちょっと読んでみようと思います!


はな  【 編集】  URL |   2009/10/22 00:23   |  TOP ▲ |


はなさん、こんにちは!
さっそく一気読みされたのですね~☆
読み終わった後、すぐまた来て下さって、とっても嬉しいです。ありがとうございました!
はなさんの文章読みながら、色々なこと、蘇って来ました。

> でも何より小説に描かれていて映画に出てこなかったのは、犯人の少年達の親の醜さではなかったでしょうか。特に母親。
 そう、そう。そうでしたね。酷い親だ!!と私も憤りを覚えたんだっけか。

> それはおいておいて、私も小説を先に読んでいたら、多分がっかりしてしまったと思うのですが、映画を先に見たせいか、2つの作品は同じテーマから発した別の作品、というように感じました。
 言えてますね。
でも、たいがいの場合、最初に映画やドラマを見て、その後に原作を読むってパターンは、2度楽しめる!って事が多い気がします。
逆に最初に小説を読んでから、映画を見ると、あ~あ・・・って私は思っちゃう事が多いです。
いずれにしても、この作品、はなさんは、2通りの内容をそれぞれ楽しめた様で良かったです☆

> 「少年犯罪」をテーマに読者や視聴者に投げかけられたきっかけになる作品という意味ではどちらも成功ではないかと思ったのでした。
ですよねー!! やっぱり、そういう社会的に問題を投げかける作品って好きだし、興味があります。
東野さんの本では「手紙」が、私は最高に好きです。東野作品の中で一番のお気に入りです。
この映画と同じ様に、犯罪者、しかも加害者の家族を描いた内容です。
映画もありますが、小説が素晴らしいんですよ。良かったら、是非!
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/22 18:39   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/777-81c64ff1

さまよう刃
LOVE Cinemas 調布 (2009/10/12 10:18)
東野圭吾の同名のベストセラー小説の映画化。主演は『半落ち』、『博士の愛した数式』の寺尾聰。共演に竹野内豊、伊東四朗。監督・脚本は益子昌一。残虐な殺人を犯した少年たちを、被害者の父が復讐のために追いかける…少年犯罪と少年法というデリケートな問題を取り上げ...


『さまよう刃』(2009)/日本
NiceOne!! (2009/10/12 14:03)
監督・脚本:益子昌一原作:東野圭吾出演:寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗、長谷川初範、木下ほうか、池内万作、岡田亮輔、佐藤貴広、黒田耕平、酒井美紀、山谷初男公式サイトはこちら。<Story>残虐な犯罪を続ける少年犯。彼らは“少年法”に保護されている。最愛の娘...


『さまよう刃』
めでぃあみっくす (2009/10/12 14:55)
感情のない映画のようでした。でもその実は感情を抑えに抑えていた映画でした。そして最後まで感情が爆発することのない映画でした。だからでしょうか、見終わった後も少年法などについて凄く考えさせられる映画であるはずなのに、『39刑法第三十九条』ほどの衝撃がない。...


さまよう刃
映画君の毎日 (2009/10/15 02:33)
<<ストーリー>>むごたらしい事件によって、大切な一人娘を亡くした長峰(寺尾聰)。ある日、娘を殺した人物の名前と居場所を偶然知った長峰は、犯人の少年の一人を殺害。後日、もう一人の犯人を追う長峰から、殺害の自供と現行の少年法への憤りをつづる手紙が警察に届...


さまよう刃
心のままに映画の風景 (2009/10/17 17:55)
大切な一人娘を殺害された長峰(寺尾聰)。 妻を亡くし、娘の成長だけを支えに生きてきた彼のもとに、犯人の名を密告する匿名の電話が入る...


『さまよう刃』
京の昼寝~♪ (2009/10/18 10:18)
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 『さまよう刃』□監督・脚本 益子昌一 □原作 東野圭吾 □キャスト 寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗、酒井美紀、山谷初男、長谷川初範、木下ほうか、池内万作、岡田亮輔、佐藤貴広、黒田耕平■鑑賞日 10月11日(日)■劇場 チネチ...


「さまよう刃 」少年法に守られた悪魔を誰が裁くのか
soramove (2009/10/19 07:44)
「さまよう刃 」★★★ 寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗主演 益子昌一監督、114分、2009年、2009-10-10公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ...


『さまよう刃』 試写会鑑賞
映画な日々。読書な日々。 (2009/10/20 20:34)
むごたらしい事件によって、大切な一人娘を亡くした長峰。ある日、娘を殺した人物の名前と居場所を偶然知った長峰は、犯人の少年の一人を殺害。後日、もう一人の犯人を追う長峰から、殺害の自供と現行の少年法への憤りをつづる手紙が警察に届く。一方、長峰を追う捜査本部の


さまよう刃
だらだら無気力ブログ (2009/10/23 02:07)
人気作家・東野圭吾原作のベストセラー小説を映画化。 一人娘を未成年の少年達に殺害された父親が少年達に復讐を図る姿と殺人犯 となった父親を追う二人の刑事の姿を描く。ある日、女子中学生の遺体が荒川河川敷で発見される。未成年の少年達に よって暴行の上、クスリを打..


【さまよう刃】少年法への報復
映画@見取り八段 (2009/10/23 19:15)
さまよう刃 監督: 益子昌一    出演: 寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗、佐藤貴広 公開: 2009年10月 警察が守っているのは市民ではないの...


さまよう刃  警察が守るのは警察なのか!!
もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) (2009/12/12 22:10)
タイトル:さまよう刃 2009年製作、日本・東映/112分 ジャンル:ベストセラー小説を映画化した社会派ドラマ。 映画館:福知山シネマ1 2人/146席 鑑賞日時:2009年12月9日(水) 18:55~  私の満足度:65%  オススメ度:65% 【序】 定時退社の水曜日、映画館へ直行。...


さまよう刃
映画、言いたい放題! (2010/07/27 00:26)
東野圭吾原作。 映画作品、多いですよね~。 映画化を前提に書いてるとか。 そういうの、何だか嫌だなぁと思いつつ、 気になって観てしまいます。 主演は寺尾聰さん。 「半落ち 」は今一つでした。 この映画では、 最初脚本を頼まれて書いたけれど、 せっかく


| ホームTOP ▲ |