故郷の香り(暖) フォ・ジェンチイ 感想
もうもう、ず~~っと待ちこがれて、見たかった「故郷の香り」
結局レンタルで見ることになってしまいました。
山の郵便配達が私の非常にお気に入りの映画だけに、期待しちゃいけない
とは解っていつつも、ついちょっと期待してしまいます。
「ションヤンの酒店」がいまいちだったこともあって・・・
 以前書いた文山の郵便配達  故郷の香り
結論からいえば、とってもじっくりと腰を据えて撮影されていて、
主要3人を中心に深く丁寧に作られた作品ということで、好印象でした。
何よりも、中国の片田舎の風景がとても美しく、みずみずしく、音楽も
ぴったりで、サントリーのウーロン茶のCMに出来そうなショットの連続(^_^;)
 以前書いた文 ウーロン茶 サントリーCM、日本での普及の歴史
個人的にこういう風景やたたずまいが大好きなので、その点では大満足。

実際にJTBでロケ地ツアーもあるんですよ(近くその辺りの文アップします)


ポスター写真出所 及び幾つかの写真見れるサイトent.tom.comさん

nuan

上の中国版のポスター(本題:暖 ヌアン)は、日本版とは随分雰囲気が違っていますよね。

amazon故郷(ふるさと)の香り 日本ポスターは、こんなかんじ。
映画内容や写真をもっと大きく見たい方はamazonをクリック♪
有る意味映画の内容をズバリ表現してるのは中国版なのですが、でも
どちらが好きか?と言われても、ちょっと選択出来ない感じ・・・・
(両方とも、私の好みには、ばしっと来ません)

まずは主役の2人、本当にお似合いでした。
そんな2人が何故に結ばれないままになってしまったのか?という謎を
最初に持って来て、過去に遡ったり、現在に戻ったり、を繰り返しながら
映画は進みます。
ブランコのシーンが印象的で、ちょっと全然無関係なのですが、
韓国映画「春香伝」や、ブラジル映画「ビハインド・ザ・サン」のブランコ
シーンを思い出しました。(ブランコシーン好きです。ハイジもね^^)


なんだか、私がこの映画に、ぐぐっとまでは来なかった理由は
★以下ネタバレ 文字を反転して読んで下さい★
聾唖のヤーバと片足が不自由になってしまった女の子、っていう部分が
どうも引っかかっちゃって・・・・割れ鍋に綴じ蓋ってセリフがありました。
もしヤーバが聾唖でもなんでもなく、単にちょっと汚っぽくて見た目が
宜しくなくてなんとな~く、隅っこに追いやられている人って感じで村での
印象が決まってしまっている人だったらな・・・
そして、女の子(村一番の美人)、足をちょっと引きずる様になってしまった
事が、なんだかとても価値の低い人間になってしまった・・みたいに彼女が
思う・・そんな雰囲気が、ちょっとイヤだったんです。
そりゃ、ちょっと足を引きずる様になったかもしれないけれど、彼女はとても
美しかったし・・・日常生活に著しい支障がある・・という程じゃないように
見受けられたし・・・
丁度先日「ロング・エンゲージメント」を見たのですが、こちらの映画も
主役の女優(アメリのオドレイ・トトゥ)が足を引きずっていましたが、
受ける印象は全然違うものでした・・・
どうも、この故郷の香りでは、障害持った同士・・ってことで、まとまったか
のように(これは多分違うんですけどもね!ヤーバの一途な愛っていうのが
成就したと考えたいです!)一瞬錯覚しないでもない設定が、引っかかってしまって。

ジンハーとヌアンが遠距離恋愛になって、段々都会に行ったジンハーが
ヌアンへの思いが薄れて行くのは、よくある話しですが、切なかったです。
ジンハーは凄く悔いていたけれど、しょうがなかったんだよ・・・とも思う。
「ヌアンからの返事がなかったら、それを自分に都合良く解釈し・・・むしろ
ほっとした」みたいな処・・・(;_;)
ジンハーがあの娘に最後に言った言葉、あれで自分の中での懺悔?みたいに
思ってるみたいだけど、それはなんだか違う様な気がしました。
この映画の一番の見せ場?は、やっぱり最後の必死のジェスチャー「一緒に連れて行け!」のシーン。
うっく・・・(;_;)と一瞬なってしまいました。
ネタバレ終了★

ヤーバを演じたのは、香川照之さん、何度も彼の事は触れていますが、彼は
ハンサムでもなくスタイルも小さいのに、演技が光ってます。
鬼が来た!の時とはまた全然違った役どころ。
  以前書いた文 鬼が来た!・姜文(チャン・ウェン)

あの一人娘もとっても可愛い子でしたね。
驚いたことには、あの少女が綺麗な飴の包み紙を水の中に浮かべて眺めたり
大事にしてるのを見て、私も凄く小さい頃、あれ、やってたわ!!と
思い出したんですわ。いやぁ~日本も30余年前は、たかが飴の包み紙
でも綺麗だな~ってとっておいてる様な子供が存在してたんだな・・・と
人ごとのように妙に感慨深くなっちまいました。

霍建起:フォ・ジェンチイ
出演:グォ・シャオドン/リー・ジア/香川照之/グァン・シャオトン/グォ・ズーシン
原作:モォ・イエン「白い犬とブランコ」(NHK出版)
脚本:チウ・シー 撮影:スン・ミン 音楽:サン・バオ
【2005/11/19 16:21】  コメント(1) | トラックバック(3) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<映画NANA感想と、フランス版漫画NANA他 | ホーム | 私の頭の中の消しゴム感想 ちょっと辛口かな・・・?>>
コメント

突然で申しわけありません。現在2005年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。トラックバックさせていただきましたので、投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://forum.nifty.com/fjmovie/nma/です。
日本インターネット映画大賞  【 編集】  URL |   2005/12/22 23:32   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/78-bbeaba3d

日本インターネット映画大賞
日本インターネット映画大賞 in ブログ (2005/12/22 23:27)
 映画ファンの皆様、毎年恒例の日本インターネット映画大賞(旧称:ニフティ映画大賞


故郷の香り
ちょっとお話 (2006/06/29 16:55)
故郷の香り (2003) (中国)NUAN暖 監  フォ・ジェンチイ 原作 モー・イェン 「白い犬とブランコ」脚本: チウ・シー  撮影: スン・ミン  音楽: サン・バオ    出演: グオ・シャオドン 井


故郷の香り
cinema note+ (2006/09/08 00:02)
故郷の香り暖2003年 中国『山の郵便配達』のフォ・ジェンチイ監督の作品。 <ストーリー>10年ぶりに山あいの村に帰郷したジンハー。思いがけず初恋の女性、ヌアンと再会する。彼女は幼なじみで聾唖のヤーバ(


| ホームTOP ▲ |