「セントアンナの奇跡」登場人物の区別が出来ず・・・
1983年NYで、黒人郵便局員が窓口に来た客を撃ち殺す(突然の行動にびっくり!)。彼の部屋からイタリアの彫像が発見される。何故彼はあの客を殺したのか?
そして場面は、1944年第二次世界大戦中のイタリア・トスカーナ地方に。
という冒頭部分はこれからどんなドラマが始まるんだろう!とワクワクした。
00

その後、生々しい戦闘シーンが続き、カワイイ少年アンジェロと4人の黒人のアメリカ兵が小さな村で過ごすことになる・・ と、ここで、4人の兵隊さんのうち、いつもイタリアの彫像を持ってる体格良いお兄ちゃん以外の3名の顔と名前がハッキリ区別つけられず困る・・・。(それは最後まで結局続くのであった・・・(T_T))

ビショップ(マイケル・イーリー)、彫像を持ってるチョコレートの巨人トレイン(オマー・ベンソン・ミラー)、イタリア語が話せるヘクター、リーダーのスタンプス(デレク・ルーク )と、一応書き出しておこうっと・・。もう1回見たらハッキリ解るかもしれないんだけど、、、でも2回見たくなる映画ではなかったような・・・(汗)

スパイクリー監督の映画は、随分昔、多分20年くらい前は何本か見たことあったものの、最近オムニバス映画の「それでも生きる子供たちへ」「10ミニッツ・オールダー」以外は全く見ておらず、久しぶりでした。
今回のこの映画も、人種差別(黒人のおかれていた状況とか・・、彼らが母国のアメリカよりも、イタリアの方が自由を感じるとか・・・)は見応えがあったし、特に第二次世界大戦中においての黒人の待遇とかっていうのは知らなかったのでためになりました。ただ、頭の悪い私には、そこにパルチザンまで出て来ちゃうと、何がなんだか、頭が混乱状態・・・。お話の筋も最初の謎とか、「奇跡」とかが、それほどガツンと来なかったし、ちょっと長すぎた感があったので、3つ★

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
それにしても、最後まで観て最初のシーンを振り返ってみると、長年ピストルを、郵便局の窓口の仕事をしながら、こういう出会いが来た時に撃てる様にと、常にしのばせておいたんだろうか? 40年も経って顔も変わってるだろうしすぐ解るものなんだろうか? あと、どうしてドイツ兵の人は、殺さずに見逃してくれて、しかも自分の身を守れと言ってピストルを置いて行ってくれたんだろう・・?
とはいえ、とにもかくにも、アンジェロ君が成功者になっていたという事実は、良かったなぁ~って思いました。これが実話っていうのは凄いですねー!
以上

セント・アンナの奇跡 (2008/米) Miracle at St. Anna
監督 スパイク・リー 脚本 ジェームズ・マクブライド
出演 デレク・ルーク / マイケル・イーリー / ラズ・アロンソ / オマー・ベンソン・ミラー / マッテオ・スキアボルディ / ヴァレンティナ・チェルヴィ / ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
バッファロー・ソージャーという名前が出て来てびっくり。ボブ・マーリーの曲で同名のがあったので。
【2009/09/24 08:40】  コメント(15) | トラックバック(7) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「フィッシュストーリー」感想 それほど・・・・ | ホーム | 「休暇」死刑執行・・・>>
コメント

これが実話じゃなかったらまた違ってたんでしょうが、
実話って言われちゃうと何とも言いづらいですよね。
見応えはあるけど、ちょっと心に響いてこなかったですよね~。
miyu  【 編集】  URL |   2009/09/24 10:31   |  TOP ▲ |


こんにちは♪
なんか嘘みたいな実話だよね~。
私の中ではファンタジー見たいに感じる部分もあり・・・・っていうか、それは「奇跡」のための布石なんだろうけれど・・・・ギリギリオッケーな作品でした。
これ以上思わせぶりなところがあるとダメだったかも。
黒人兵3人の見分けは本当につきにくかった。
ヘルメットを被ってたら尚更ねぇ。
ミチ  【 編集】  URL |   2009/09/24 17:39   |  TOP ▲ |


こんばんは^^
スパイク・リー監督らしい直球勝負の作品だったなって思います。ドイツ兵は多分裏切ったパルチザンと対になってるのかなーと。要は敵にも良い人もいれば見方にも悪い人もいる、人間は肌の色なんかでは区別できないっていう、監督のメッセージかなと思ったりもしました。
しかしあの愚かな上官はもはや犯罪者ですね。
KLY  【 編集】  URL |   2009/09/24 21:07   |  TOP ▲ |


latifaさん お久しぶりです♪
北海道は、すっかり秋モードですよ~
でも、まだまだ日中は、暖かいです☆
食欲の秋!!って感じで もうもう(汗っ) 
この映画って実話だったんですかっ?
(驚き) 私は、イタリアが好きという個人的な偏見プラス、アンジェロ君がとても可愛いという理由でそれなりに楽しく見れました♪
ホント ドイツ軍といってもいい人っているんですよね~ 殺されてしまって可哀そうだったな・・・
でも、そうよね 奇跡ってゆーからどんな奇跡??って期待しちゃうよね~☆
しっかし・・・昔は黒人の人の扱いが酷かったんだね・・・。
あんな扱いだったら自国のために戦えないよね~。

ところで、旅行だけどまだどこか決めてないのよん☆ 行きたい場所は沢山あるんだけど・・・♪latifaさんは、何処かへ行かないの??
レナ  【 編集】  URL |   2009/09/25 12:03   |  TOP ▲ |


ミチさん、こんにちは!
ほんとですよね~。実話っていうのが凄いと思います・・・。

> 私の中ではファンタジー見たいに感じる部分もあり・・・・っていうか、それは「奇跡」のための布石なんだろうけれど・・・・ギリギリオッケーな作品でした。

うん、うん。ファンタジーっぽく感じたわ~。でもホントの話なんだよな・・・って何度も思い直しました。
あの彫刻を持って歩いてる人、彼はああいう感じだったのかな?あの人が・・・ってシーンは、ガーン!と来ちゃった・・・・彼とアンジェロ君の交流とか微笑ましくて良かったよね~。

> 黒人兵3人の見分けは本当につきにくかった。
> ヘルメットを被ってたら尚更ねぇ。
そーなの~。ロングエンゲージメント、おぼえてる・・?
あれを連想しちゃった・・・。あちらはフランス兵士が一杯出て来て、だれがだれだっけ?状態だった・・・
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/26 09:08   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
スパイク・リー監督の映画ってずいぶん久しぶりに見て、かつて見た映画のこともほとんど忘れちゃっていて・・。黒人の映画!って印象だけが残ってるって状態なんです・・・。

>ドイツ兵は多分裏切ったパルチザンと対になってるのかなーと。要は敵にも良い人もいれば見方にも悪い人もいる、人間は肌の色なんかでは区別できないっていう、監督のメッセージかなと思ったりもしました。
 うん、うん!そうですね。そういう部分は個人的に凄く好きです。

> しかしあの愚かな上官はもはや犯罪者ですね。
そうそう。言い忘れましたが、KLYさんちで最後の一言に書かれていて、まったくその通りだよな、って思ってました。(いつもこのKLYさんちの最後の一言、なかなかの名言が多いって思ってます^^)
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/26 09:13   |  TOP ▲ |


レナさ~~ん(^▽^)わ~い!!こんにちは~☆元気ですか~?
私も最近ダイエットしていて、色々試した結果、夜だけ炭水化物抜きってのが良いみたい。
そのかわり朝と昼はガッツリ食べれるんだけど、夜にごはん、パスタ、パン、お菓子がダメってのがとっても辛い~~~!でもそれまで色々やってダメだったのが、これで1,2週間で3キロ落ちたんだよ~。
ただ、続けられるかどうか不安・・・(+_+)

> 私は、イタリアが好きという個人的な偏見プラス、アンジェロ君がとても可愛いという理由でそれなりに楽しく
 そおっか~!レナさんはコレ、面白く見れてたのね~^^ 確かにイタリアの風景とか言葉とか、アンジェロ君のかわいらしさとかは楽しめたわん。
2週間ほど前に、アマルフィの町歩きってのをNHKの金曜の夜10時頃の番組でやってるのを見て、すごく素敵で行きたくなっちゃった~。
ドイツ軍も全部悪に描いておらず、数人良い人がいたよね。そういう描き方は好きなんだけどな~。
黒人の扱い方、ひどかったね~。でもさ、60年代(もう私が産まれてる年代だよ)って、まだまだアメリカでも酷い状態だったみたいだし、結構最近までそうだったってことだよね(`ヘ´)
人種差別とかって大嫌いだわ~!
でもさ、オバマさん、結構やるね~。核放棄みたいなことも言ってくれちゃって、すごいじゃないのー!って思ったわ^^

> ところで、旅行だけどまだどこか決めてないのよん☆ 行きたい場所は沢山あるんだけど・・・♪latifaさんは、何処かへ行かないの??
 そっか~。まだ決めてないんだね?私は来年の春に、と思ってるんだけど、場所はヨーロッパのイタリアかプラハかドイツが第一希望。
でもそれ以外にベトナムと台湾も行きたいし、行きたい場所は一杯あって困るわ~
またレナさんの次の旅行先決まったら、教えてね~♪
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/26 09:27   |  TOP ▲ |


はじめまして。Cさんのところから来ました。

私も、兵士達の区別がつきませんでしたよ~。でもすごい面白い話だったので、2回観ました。どのヘンが奇跡なのか、最初わかんなかったけど、きっとSt.アナの人たちが、殺されるとわかっていてもバタフライのことを売らなかったことが奇跡だったんだと思いました。
チュチュ姫  【 編集】  URL |   2009/09/29 23:51   |  TOP ▲ |


チュチュ姫さん、こんにちは~!!
はじめまして!コメント、TBすっごく嬉しかったです~(^▽^)
Cさんのところ経由で、来て下さったのですね~♪
> はじめまして。Cさんのところから来ました。

> 私も、兵士達の区別がつきませんでしたよ~。でもすごい面白い話だったので、2回観ました。
すごい!2回見たんですね?
2度見れば、もっとハッキリ解って(今まだ解ってない部分が多々有るだろう自分です・・) 面白さが増すかもしれません。

>どのヘンが奇跡なのか、最初わかんなかったけど、きっとSt.アナの人たちが、殺されるとわかっていてもバタフライのことを売らなかったことが奇跡だったんだと思いました。
 なるほどー!!
それにしても、あの村人達がダダダダー!!っと・・・赤ちゃんまで・・・ってシーンはキツかったです。
まさかとは思ったけど、、やっぱりか・・・と。
latifa  【 編集】  URL |   2009/09/30 11:45   |  TOP ▲ |


latifaさまへ ごめんください。
最近やっと鑑賞しました。スパイク・リー作品は恐らく初めてかなあと思いつつ 奇跡に引かれて観ました。結構楽しめたというか 長いとは思いましたが 最後の戦闘シーン~はうるうるしてました(苦笑)。奇跡は1つではなくすべて連鎖になっていたような気がします。米上官がばかな攻撃をしてせいでアンジェロニ会って~あの村にたどり着いて~足止めをされて~村の戦闘~現代の奇跡に....。それと詩を読んでいるドイツ将校の上官に対する気持ちは良くわかりました。ヘクターを助ける伏線があそこにあったんですね(あの将校も奇跡の一つかなあ)。そしてそれぞれのキャラに あの時代の人々が凝縮されていたように思います。パルチザンのロドルフォはパンフに書かれていたように ユダ的な役割なんでしょう。 「セントアンナの虐殺」は辛いシーンでした。ヘクターはすべてを背負って あのドイツ将校の拳銃をずっと仕事中持っていたんですね......。せつないです。
 凄く受けたのは ジョン・レグイザモがゴーヂャスに使われていて 何かに絡むのか?と思っていたら アンジェロに新聞落とす役割だったんですね(笑)。それと新米新聞記者役の彼も割りと気にいってるので(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)「500日のサマー」も楽しみです。

戦争はだめです.....。と強く思いました。
 
Lovely HHH  【 編集】  URL |   2009/10/01 19:31   |  TOP ▲ |


Lovely HHHさん~こんにちは(^▽^)
これ、ごらんになったんですね~。Lovely HHHさんは、かなり楽しめたようで^^
>奇跡は1つではなくすべて連鎖になっていたような気がします。
言えてますね。一つだけじゃなくて、つながってた感じがありました。

>パルチザンのロドルフォはパンフに書かれていたように ユダ的な役割なんでしょう。
パンフレット購入されたんですね。パンフを読むと、色々解ったり、へー!って処があったりして良いですよね。なるほど、ユダ的な役割かー!

>ヘクターはすべてを背負って あのドイツ将校の拳銃をずっと仕事中持っていたんですね......。せつないです。
  これ、私も色々考えてたんですが、ず~っと持っていたんでしょうかね・・?あの時、既にへクターは結構なお年で、奥さんも先に亡くなっていて、躊躇することがなくなったから、ドカーンと撃てたってのもあったんじゃないかな・・とも思ったりして・・。

> 凄く受けたのは ジョン・レグイザモがゴーヂャスに使われていて 何かに絡むのか?と思っていたら アンジェロに新聞落とす役割だったんですね(笑)。それと新米新聞記者役の彼も割りと気にいってるので(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)「500日のサマー」も楽しみです。

キャー!全然知らない人たちで、お恥ずかしい!!上記の2名の名前インプットされてなくて・・・。
Lovely HHHさんは、ほんとに映画や役者さんとかにお詳しいですねー☆
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/02 09:17   |  TOP ▲ |


うわ~~!
ここもコメントが一杯!
この作品も私見ようと思ってました~!
あんまし感動的ではなかったのね?
でも、時間が出来たら一度は見てみたいです~♪

ところで、また私映画のアップしました。
latifaさん的にはどうかわからないけど、
今回は結構良い作品が多かったかも!
勿論【縞模様パジャマの少年】もアップしてます。
でも色々感想を書くのは難しく
(その時感じる、言葉で説明しにくい野生的な感情・笑)
なので、ほとんど画像で誤魔化してますが(;^ω^)
と言うか感想や解説を書くのが面倒になった,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、
次回からはもっと短縮して、映画のワンシーンを何枚も載せて
「この作品は良かった」 「この作品はまぁまぁ」 「この作品は最悪」
だけの一言コメントにしようかな~~≧(´▽`)≦アハハハハハ 
めぐ  【 編集】  URL |   2009/10/04 14:01   |  TOP ▲ |


めぐさん~こんにちは!
私は人の顔覚えが酷く悪いので、置いてけぼりをくらった感じだったけど、世間の評判はなかなか良いよ!めぐさんの感想も是非聞かせて~~。
時間は2時40分だっけな・・・。かなり長いから、気軽に見れないかもしれないね・・・・

わ~~い!めぐさんの映画の感想またアップされたのね^^
さっそく今から遊びに行くね☆
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/05 10:14   |  TOP ▲ |


もう チェックしたかもだけど
ちなみに映画の記事は10/4です~~♪
めぐ  【 編集】  URL |   2009/10/05 23:34   |  TOP ▲ |


めぐさ~ん、ごめんねー!!!(T_T)
さっきお邪魔したよん~☆
心配かけちゃって、ほんとにごめんなさい!
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/06 09:25   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/783-81b75e84

セントアンナの奇跡
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2009/09/24 10:11)
 『女神は<奇跡>を、 人に託した 運命より強く、 この子を守りたい』  コチラの「セントアンナの奇跡」は、第二次世界大戦下の1944年のフィレンツェと現代1983年のニューヨークを舞台に、実話を基にしたスパイク・リー監督による7/25公開のR-15指定の戦争サスペン...


映画 【セントアンナの奇跡】
ミチの雑記帳 (2009/09/24 17:35)
映画館にて「セントアンナの奇跡」 スパイク・リー監督が同名の小説を映画化。 おはなし:1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた・・・。 ベトナム戦争モノ


セントアンナの奇跡
LOVE Cinemas 調布 (2009/09/24 20:33)
スパイク・リー監督最新作。社会派で常に人種差別問題を提起してきた監督らしく、今回もその信念が息づいている戦争ドラマです。メインの出演者は「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」デレク・ルーク、『7つの贈り物』のマイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オ...


『セントアンナの奇跡』
きららのきらきら生活 (2009/09/29 21:46)
「セントアンナの奇跡」観てきました♪


『セントアンナの奇跡』-スパイク・リーって身近かも
姫のお楽しみ袋  (2009/09/29 23:52)
Miracle at St. Anna 人間っていうのは、個でも集団でも互いに似ているところと全く違うところを持っていて、「苦手な人」っていうのは、「違う」...


セントアンナの奇跡 / MIRACLE AT ST. ANNA
我想一個人映画美的女人blog (2009/10/03 01:12)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click スパイク・リー監督の3年ぶりの最新作。 スパイク・リーの映画では音楽も最高!な「モ・ベター・ブルース」が好き。 その後の作品もけっこう観てるんだけど


mini review 10438「セントアンナの奇跡」★★★★★★★☆☆☆
サーカスな日々 (2010/02/08 21:55)
第二次世界大戦中のイタリアで実際に起きた虐殺事件を基に、兵士の葛藤(かっとう)と心の交流をサスペンスタッチでつづる戦争ドラマ。『マルコムX』のスパイク・リー監督が同名の小説を映画化し、リアルな戦闘シーンだけではなく、人種を超えた人間の尊厳と希望を見事に


| ホームTOP ▲ |