「サマーウォーズ」なかなか良かったです☆
映画のOZが、家の子が以前大好きだった「ルイ・ヴィトンの可愛いCM動画」(製作 村上隆)に、そっくり!というのを聞き、そこ目当てで、すんごい今更なのですが私も映画館に同伴したのでした。
oz
思ったよりずっと面白くて良い映画でした。正直、私はアニメ映画は苦手です。ほとんど見ないし、見ていても、背景は凄いのに人間の絵やキャラがダメで途中で挫折するというのがほとんどなんです。そんな私が楽しめたなんて事はとってもまれな事です。

この映画は、背景も色も素晴らしく美しく(ジブリを担当していた有名な方が担当されていたんですね)、それでいて、人間が描けてる!って思いました。それぞれのキャラが立っていました。気高いおばあさん、気が弱いけど可愛い主人公の少年、ちょっとはすに構えた女子にモテそうなワビスケ他色々・・・ なんだか昔見たジブリ映画を見ている錯覚を覚えました。
昔の田舎の風景、大家族ならではの賑やかさ、子供の頃の夏休みのあの感じ・・などが凄く懐かしく感じられ、そこが一番好きだった処でした。ちょっと「歩いても歩いても」を連想する映画だったかも。

そして、同時進行で、OZの世界が。POPな色使いや、アバタのキュートな姿(リスやウサギとかとっても可愛い)などは、日本のカワイイアニメーションの良さが凄く出てたと思いました。でも、ゲーム感覚の部分が多く、メカやゲーム、ネットに非常に疎い私には解らない部分が色々あったのですが、同行者に色々質問してなんとか理解(^^ゞ

残念だったのは、花札のルールをほとんど知らなかった事でした。むか~し、教えてもらって何度かやったものの、もう全然覚えておらず・・・。それを知っていたらもっと良かったんだけど・・・。映画を見終わって調べたところ、細田監督が幼い頃、親戚でやる遊びといえば花札という印象があった・・というのと、花札というのは、あの任天堂のルーツ的な商品・・・というのを知りました。

☆以下ネタバレ 白文字で書いています☆
こんな重要な勝負に、花札でいいのか?という疑問が少々あったりもした・・・。
あと、最後の衛星が落ちて来るのを阻止しようと手を尽くし、なんとかするんだけど、一つだけ陣内家に落ちるのは阻止出来ず、でも進路を少し変えて近くに落ちた!って処が素直に喜べないぞ~!落ちた下に民家はなかったのか??
以上

とはいえ、全体的にとても映像が綺麗で、賑やかかつノスタルジーを感じる映画で、エログロシーンもなく、楽しめたのでした。4つ☆

サマーウォーズ(2009/日) Summer Wars 監督 細田守
脚本 奥寺佐渡子  美術 武重洋二
出演 神木隆之介 / 桜庭ななみ / 富司純子 / 谷村美月 / 斎藤歩 / 仲里依紗 /

山下達郎の最後の曲も良かったですね~♪ 
なんとなくですが、この映画を作った人達に40代の人が多かったのかな~って思いました^^
あと、村上隆のヴィトンの店頭CM『SUPERFLAT MONOGRAM』と、ほんとそっくりでした。
でも調べた処、そもそもあのヴィトンの動画というのは、村上隆が細田守監督の『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』という作品の大ファンだったことから、細田監督に頼んで作ってもらったんですね。だから、あのヴィトンのCMは、そもそも村上隆というより、細田監督の力による処が凄く大きい作品だったんですね。

ヴィトンの店頭CM『SUPERFLAT MONOGRAM』
【2009/10/03 13:25】  コメント(14) | トラックバック(21) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「ジェネラル・ルージュの凱旋」感想 | ホーム | 「教授と呼ばれた男」ジュゼッペ・トルナトーレの初作品>>
コメント

こんにちは。
オープニングのアニメーションが、どういう風になっていくの? と思いきや、思わぬところにつながってて、その融合はすごいなと単純に感心してしまいました。
私もどっちかと言いますと、アニメって苦手なんですよね。 普段もTVアニメはほとんど観ないんですが、ここまでまとめて来るとは思わなかったですね。

>花札のルールをほとんど知らなかった
そう。自分もそれが心残り。 何がどうコイコイなのかがわかると面白かったのかな? あるいはツッコミどころになったのか? 笑

山下達郎という時点でもう「夏」ですし、確かに40代なら持ってきそうです(笑
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2009/10/03 15:50   |  TOP ▲ |


あたしも、花札のルール知らないので
そこはちょっと乗り切れなかったですね~。
でも、あたしも普段はアニメを観ないのですが、
これは大丈夫、面白かったです。
そういや、昔のジブリ、最近のジブリはあんまり
観てないので分からないのですが、
そんな印象が確かにあった感じがしました♪
miyu  【 編集】  URL |   2009/10/03 19:03   |  TOP ▲ |


こんばんは~^^
今年のアニメの2大傑作の一つだと思います。(もう一つはエヴァ)
私はコイコイを知っていて尚且つツボでした。というのも、昔父方の祖父の家に親戚一同が集まると、子供と大人が共通で遊べるゲームがトランプか花札ぐらいしかなかったんですね。トランプは人数がいないとつまらないので、父やおじさんたちとコイコイで勝負したものです。
時代に関わらず人との繋がりの大切さをストレートに訴えてくれた作品性が大好きです^^
KLY  【 編集】  URL |   2009/10/04 00:23   |  TOP ▲ |


そうそう、ヴィトンのCMとよく似てたよね。
世界観っていうのかな、ホントそっくり。
ヴィトンのモノグラムに村上さんのキャラがデザインされたバッグや財布なんて、登場した時はエーー???って感じだったけど、今となってはレアアイテムなんだろうね。

私もアニメは敬遠しがちなんだけど、これは良かったです。
みなさんおっしゃるとおり映画の人物と一緒に「コイ!コイ!」って言えるくらいに花札を知ってればよかったな~と。
すっごくたくさんの登場人物がいるのに、みーんなキャラが立ってるところがお気に入り。
あと、自分だったらどんなアバターにしようかな~って思ったわ。
自分に似せるか、自分と正反対の理想形にするか(笑)
ミチ  【 編集】  URL |   2009/10/04 11:46   |  TOP ▲ |


こんばんは~♪
latifaさんはなかなか楽しめたようですね^^
私はイマイチだったのよ~これ。ハマれなくって・・・いや、感動したり笑ったりはしたんだけど、心底楽しめなかった感じかな。

ところで、今日ジュシュのヴァンパイア映画を観たんだけど、イマイチだったので、何かジョシュの主演映画を見たいなぁ~と思っていたのよ。そうしたらlatifaさんが「ホワイト・ライズ」の感想を書かれているじゃない~
☆だけ見せてもらったら4つだったので、今度レンタルしてみます!

セントアンナは今一つでした?
観に行こうかなぁ~と思っていたんだけど、、、パスしちゃおうかな。
由香  【 編集】  URL |   2009/10/05 00:07   |  TOP ▲ |


rose_chocolatさん、こんにちは!
>アニメって苦手なんですよね。 普段もTVアニメはほとんど観ないんですが、ここまでまとめて来るとは思わなかったですね。
 うわ~!同じですね^^ アニメに普段なじんでいない人も楽しめる映画に作ってあったってことですね。 アニメの女子キャラの声(きゃんきゃん、きゃぴ~)を聞くと、かなり萎えるんですが、そういうのは凄く控えめだったのも助かりました^^

rose_chocolatさんも花札がネックでしたか・・・。 検索したら、すごく多い人が「コイコイってなんですか?」とかって質問を映画の影響でされていて、似た様な人が一杯おるわ・・・wと可笑しくなりました。

> 山下達郎という時点でもう「夏」
ですよね~。それにしても山下ご夫婦は悪い噂も無く、仲良く暮らしているようで、微笑ましいです^^
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/05 09:52   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちは~
そっか~~miyuさんも花札知らなかったのね?こうしてみると、花札をよく知らない・・・って人って結構多いんだなぁ~。
それと、普段アニメを見ないけれど、この映画を楽しめたって人も多いみたい^^

ジブリと書いたけれど、となりのトトロとか魔女の宅急便とか、それらの感じがしたなぁ~ってだけで・・・。
実は、それ以前のナウシカとかラピュタとかは、世間のジブリ通の方々が絶賛するほど、私はハマれなかったのですよ(^^ゞ 
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/05 09:54   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは~!
ほんと、KLYさんと家の旦那と、ちょっと気が合いそうな予感(^^ゞ ってことは、、KLYさんと奥様と私も気が合うのかも^^ (発展しすぎ~~)
バンダイチャンネルっていうのは知らないのですが、スカパーとかケーブルTVで契約するチャンネルなのかな。家の旦那は現在は、ナルトとかワンピースとか、最近終わっちゃったんですが、深夜やってた絶望先生とかが好きみたいです。映画でも漫画でも何でもとにかく子供の頃から今に至るまで、一通り見れるもんは全部見ておきたい・・って人のようです。大友さんの初期の作品とか、甲殻機動隊とか、ああいうメカが細々しいSFチックなのが一番好きみたいですが、昔の懐かしいアニメもほとんど全部覚えてるようです。

> 私はコイコイを知っていて尚且つツボでした。というのも、昔父方の祖父の家に親戚一同が集まると、子供と大人が共通で遊べるゲームがトランプか花札ぐらいしかなかったんですね。トランプは人数がいないとつまらないので、父やおじさんたちとコイコイで勝負したものです。
 うわ~~ん!!羨ましいなぁ~~。そうそう。昔は今よりトランプでよく遊びましたよね~。人数がいないとつまんない、、ってのは言えてます。
家は大人が子供を相手に遊んでくれる・・・ってことが、あんまりなくて、子供同士で遊んでいなさい、って感じで、、、だから大人が遊びの相手をしてくれたKLYさんが羨ましい~。
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/05 10:01   |  TOP ▲ |


ミチさん~こんにちは!
わ~!ミチさんも似てるって思っていたのね?
> ヴィトンのモノグラムに村上さんのキャラがデザインされたバッグや財布なんて、登場した時はエーー???って感じだったけど、今となってはレアアイテムなんだろうね。
 実は・・未だに、その村上さんのすごさが、よくわからん私です・・・(小声・・)
モノグラムの白地に文字がカラフル版はカワイイと思うけれど、イラストがついてるやつとかは、良さが解らない・・(またまた小声)

ミチさんもそれほど花札のこと知らなかったのね~。ミチさんのお父様とか親戚の方々は一緒に遊んでくれたんじゃないかな~って思うんだけど、やっぱりトランプとかだったのかな・・。

> あと、自分だったらどんなアバターにしようかな~って思ったわ。
> 自分に似せるか、自分と正反対の理想形にするか(笑)
ぐふふ☆解るわ~。私は7年前、韓国ものにどっぷりだった時、韓国のとあるサイトに入り浸っていて、そこでアバタってのがあって、なんだこれは?って初めての出会いだったのね。(当時日本には、アバタって多分無かったのに、韓国では普通に既にあったの・・)
 
そこのサイトでは、コメント書いたり記事を投稿するとポイントが入るってシステムでね。元々コメント数が多かったのもあって、ポイントが既にたまり溜まっていたこともあって、アバタの服や髪型や靴とか色々手に入れられて、お友達同士交換したり、プレゼントとかも出来たりして、ハマったよ~。娘も、そのアバタの部分だけ気に入って、よく色々服装とか背景とかチェンジして楽しんでた。

最近は日本のブログとかでも、ヤフー始めあちこちでアバタが増えているよね。
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/05 10:10   |  TOP ▲ |


由香さん~こんにちは!
娘がさ、由香さんちの記事が好きなんだ~。写真が一杯で、絵文字使いが多く、選択具合が面白くて、ツボみたいなの。
だから、サマーウォーズの感想も、由香さんちのは飛びついて見てたよー^^
で、花札で勝負って・・・・って書かれていたのを見て「あ~同じ事思ってる人いたね!!」と、めっちゃ喜んでおったわ。

「ホワイト・ライズ」、見て見て!!!とはいえ、あまり期待せず、普通に見てね^^がっかりするといけないから・・・。私はホワイトライズのフランスの本元版のを見てから、ホワイトライズって順番で見たんだけれど、2本見比べて、すんごい愛着がわいちゃってね。なんとなく由香さんは、フランス版より、ホワイト~の方がお好きそうな予感・・・

セントアンナは、みなさんの評判はほとんど良いのよ。
私はね・・・・沢山人が出て来る映画は基本苦手なの・・・人を区別できなくなったり混同しちゃうので・・。それと長い映画も結構苦手なのよね・・・。それがOKなら、もっと楽しめたんだろうに・・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/05 10:22   |  TOP ▲ |


最後の勝負は花札じゃないとダメなんです。
というのも花札は栄おばあちゃんが夏希たちに教えたもの。

ですから最後の戦いにはその場にいなくても栄おばあちゃんも参戦しての、まさに家族総出での戦いでもあるんですよね。

栄おばあちゃんの力は凄いぞ!ってことを、とことん見せてくれるラストバトルに私の涙腺は崩壊しまくりでしたよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2009/10/09 22:06   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
今、にゃむばななさんちから戻って来たところです^^
こちらのTBも、なぜかダメでした・・・
ここんところ、不調だなぁ~!!すいません・・・

> 最後の勝負は花札じゃないとダメなんです。
> というのも花札は栄おばあちゃんが夏希たちに教えたもの。
> ですから最後の戦いにはその場にいなくても栄おばあちゃんも参戦しての、まさに家族総出での戦い
うん、うん。監督は、最後の勝負は花札で!って決めていたと思います。それからさかのぼる様にして、伏線の意味も込めて、最初の方で、何度も花札のエピソードをちりばめたんだな・・・ってそれは頭で理解出来るんですよ。
ただ、私は幼い頃に、家族や親戚で花札をしたという思い出が無かったものだから、しっくり来なくて・・・
でも、後から知った事には、やっぱり子供時代に花札を親戚としたという思い出があるという方もたくさんいらっしゃって、そうか~そうなんだな~って、知った次第です。
latifa  【 編集】  URL |   2009/10/10 11:06   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは☆^^

私もあまりアニメ映画は見ないんですが、これは地元が舞台ということと、凄く面白いらしいということを聞いていたので、DVDになったら是非・・と思っていたので、喜び勇んで見ました^^
期待度がとても高かったので、このくらいかぁ~・・と思ったところもあったんですが(^^ゞ
latifaさんが赤字で書いてくださってる部分、そこはまったくもって同意見で、良いなぁと私も思ったところです♪

そうそう、山下達郎の最後の曲も良かったですね~♪
ほんと、40代の人が製作者に多かったのかもしれませんね^^

私も花札のルールがよく分からなかったので、今ひとつその部分でノレなかったのも残念でした。
知ってれば、手に汗握る・・という感じで楽しめたんだろうなぁって思います。

植田さんの美術館、実家から近いッ手前も書いたと思いますが(^_^;)いまだ行ったことがなくて、帰省がなかなかできないというのもありますが、是非是非今度帰省したら行きたいなぁって思っています^^♪
メル  【 編集】  URL |   2010/03/22 07:43   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは!
そうっか~~。メルさんはかなり期待して見たのね?
やっぱり期待して見るのと、全く期待せずに見たのでは、違って来ちゃいますよね^^
でも、あのあたりがメルさんの地元だなんて、いいなぁ~~!!!
みずみずしくて、緑が一杯って感じで、住みたいわ~。

> そうそう、山下達郎の最後の曲も良かったですね~♪
なんだっけな・・・。最近ラジオで聞いたのですが、何か近日中に公開される昭和ノスタルジック映画のテーマ曲も山下達郎で、それでなんとか三部作だか・・・(すいません、うろおぼえで)って言われてるらしいです。

植田さんの美術館
身近過ぎる場所にあるモニュメントって、遠い処の人ほど行って、近い人は、いつでも行けるし・・・って行かない傾向ありますよね☆
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/24 09:05   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/786-37a19f19

サマーウォーズ
だらだら無気力ブログ (2009/10/03 13:37)
2006年に単館公開から始まり、最終的にのべ100館以上でロングランヒットした 『時をかける少女』の細田監督が前作に引き続き、脚本・奥寺佐渡子、 キャラクターデザイン・貞本義行とともにチームを組み、数学が得意な気弱な 高校生がある事をきっかけに世界に迫る危機に戦..


『サマーウォーズ』(2009)/日本
NiceOne!! (2009/10/03 15:45)
監督:細田守脚本:奥寺佐渡子主題歌:山下達郎声の出演:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、富司純子、斎藤歩公式サイトはこちら。<Story>小磯健二は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんで...


サマーウォーズ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2009/10/03 19:02)
 『「つながり」 こそが、 ボクらの武器。』  コチラの「サマーウォーズ」は、「時をかける少女」の監督・細田守、キャラクターデザイン・貞本義行、脚本・奥寺佐渡子などが再結集した8/1公開のアニメ映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  評判の良かった「


映画『サマーウォーズ』(お薦め度★★★★★)
erabu (2009/10/03 23:27)
監督、細田守。脚本、奥寺佐渡子。キャラクターデザイン、貞本義行。主題歌、山下達郎


サマーウォーズ
LOVE Cinemas 調布 (2009/10/04 00:06)
2006年公開のヒット作『時をかける少女』の細田守監督がおくるSFアドベンチャーアニメーション。脚本家に奥寺佐渡子、キャラクターデザインに現在『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が超大ヒット中の貞本義行という『時をかける少女』と同じスタッフが集結した作品で...


♯40 「サマーウォーズ」
cocowacoco (2009/10/04 02:23)
アニメ映画 「サマーウォーズ」            監督: 細田守  2009年 日本 (ネタバレあり) テレビゲーム等は、ほとんどやったことありません。 花札は子供の頃やったきりで、残念、忘れてしまった。 テレビゲームと花札を知ってると、きっと面白さ倍


映画 【サマーウォーズ】
ミチの雑記帳 (2009/10/04 11:38)
映画館にて「サマーウォーズ」 『時をかける少女』の細田守監督の最新作。 おはなし:天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった・・・。...


サマーウォーズ
★YUKAの気ままな有閑日記★ (2009/10/04 23:59)
特に目立ったイベントもなく、無駄に時間が過ぎていく夏休みなのに、、、何故か映画館に行く時間はとれない。子どもに振り回されっぱなしでおまけに得体の知れない毒虫に両足首を刺され(噛まれ?)、悲惨な目に・・・両足首が赤く腫れあがり、激しく痛み、歩けなくなり、...


サマーウォーズ
C'est joli~ここちいい毎日を~ (2009/10/06 14:38)
サマーウォーズ’09:日本 ◆監督:細田守「時をかける少女」◆出演:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、富司純子、 斎藤歩 ◆STORY◆小磯健二は少し内気で人付き合いが苦手な17歳。数学オリンピック日本代表の座をあと一歩で逃したことをいつまでも悔やんでいる理系...


サマーウォーズ (SUMMER WARS)
yanajunのイラスト・まんが道 (2009/10/06 15:03)
『サマーウォーズ』は、『時をかける少女』を手がけて一躍注目を浴びたアニメーション監督・細田守さんの最新作です。 キャラクターデザイン・貞本義行さん、脚本・奥寺佐渡子さんなど、『時をかける少女』のスタッフが再結集しました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導..


★「サマーウォーズ」
★☆ひらりん的映画ブログ☆★ (2009/10/07 03:49)
今週の平日休みの2本目。 観よう観ようと思って見逃してた、タイトルどおりの夏もの・・・映画。


『サマーウォーズ』
めでぃあみっくす (2009/10/09 22:07)
腹が減っては戦はできぬ。一人でも戦はできぬ。だから「よろしくお願いします!」 あの『時をかける少女』の細田守監督の最新作は笑えて、泣けて、興奮して、そして笑顔になれる、個人的には前作を超えた邦画史上最高傑作と賞賛したいくらいに素晴らしすぎるほど素敵な映...


サマーウォーズ ─ ネットもリアルも関係ない本当に大事なこと ─
Prototypeシネマレビュー (2009/10/11 10:17)
─ ネットもリアルも関係ない本当に大事なこと ─ 2006年に『時をかける少女』をアニメ映画として一躍ヒットさせた細田守監督の最新作『サマーウォーズ』(2009年/日本/アニメ)。前作では懐かしくなる青春の1ページを描いていましたが、今回は夏の田舎でのひととき&...


【映画】サマーウォーズ…これは良作。是非ジブリと世代交代してください。
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 (2009/11/10 07:43)
{/kaeru_fine/}週末です。 一週間なんて割とあっという間に過ぎてしまうものですなぁ{/ase/}… で、今から書くのは先週の近況報告です{/ase/} 前の日曜日の2009年10月18日{/kaeru_fine/} 娘が「松本清張生誕100年記念学童書道展」ってので入賞したので授賞式に行ってき


サマーウォーズ
単館系 (2009/11/13 00:53)
アニメ「時をかける少女」で一躍有名になった細田守監督の最新作 「サマーウォーズ」 セカンドライフというものがあるらしい。自分はやっ...


サマーウォーズ - SUMMER WARS -
むーびーふぁんたすてぃっく (2010/03/06 21:17)
「サマーウォーズ - SUMMER WARS -」 感想 アニメ映画だけど、めっちゃ面白くて、感動したからレビュー書きます 初めてアニメ観て泣きま...


「サマーウォーズ」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2010/03/22 07:37)
ロケーションが身近だったので、本筋以外でも楽しめました^^


サマーウォーズ
Addict allcinema おすすめ映画レビュー (2010/08/22 15:01)
「つながり」こそが、ボクらの武器。


『サマーウォーズ』 DVD鑑賞
映画な日々。読書な日々。 (2010/09/08 23:41)
天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されながらも大役を


サマーウォーズ
いやいやえん (2011/07/04 09:52)
近未来を世界としながら舞台は田舎だというのがいいですね。登場キャラクターが多いですが、描きたいのは「家族愛・人との絆」だと思います。 メールで送られてきた数字の羅列を主人公である健二が解いたばかりにめちゃくちゃになってしまうネット社会、それを救うのが田...


サマーウォーズ
我が頭に巣くう映画達 (2012/03/23 22:30)
71点 2009年の日本映画で、 監督は「時をかける少女」の細田守さんです。 主人公の高校2年の男の子は、先輩の女の子から頼まれ、 一緒に先輩の実家に行くことになる。 実家に着いたその夜、主人公...


| ホームTOP ▲ |