「おと・な・り」惜しい!
途中まで良かったんだけどなぁ~!!
00
隣同士で、音と気配で安心したり、愛着がわく・・みたいな設定は斬新でとても良かった!!
が・・・後半からの展開が・・・ズドーーンとがっかり・・・。
でも最後のエンドロールで少し持ち直し、トータル3つ★半

静かに流れていく・・って感じの映画の雰囲気を突然ぶちこわしにして入って来た、ずうずうしい女役の谷村美月にはイラッ!!とたのですが、餃子のエピソードやその後、悪い子じゃなかったんだなあ・・というギャップが凄かったです。「檸檬のころ」の時にも思ったけど、この黒い涙の女の子は、きっと将来大物になるだろうな~。

引っ越しの時、麻生さんが「ありがとうございました」と、ペコっと頭を下げるシーンが良かった。
とはいえ、こんな音がまるぎこえの部屋は、ちょっと困る!おならも出来ないよ~(^^ゞ 今まで何年間、こうやって隣合わせで生活してきたのかな? その間、お互いに彼氏彼女を部屋に入れて、、、どうのこうのっていうのは無かったと思われる・・・(^^ゞ なんかこの映画を見ながら、麻生さんの役を蒼井優ちゃんが演じても同様に良い感じだったかもな~と思われました。後から解ったことには、この監督(熊澤尚人さん)って「ニライカナイからの手紙」も作った人だったのですね?なんか納得・・。

あと、これはわざとそういう風に描いたと思われた部分で、ちょっと疑問に思ったところがありました。
もう枯れゆく花とはいえ、お花をばさっとゴミ箱に捨てるシーンが数回あって、お花の仕事してる人がみんなああいう風だとは、ちょっと思えなかったのですよね・・・ 後日その事をコンビニ店長から言われるシーンへの伏線なのかもしれないけれど・・・。

★以下ネタバレです 白文字で書いています★
文字色いい人だとばっかり思っていたコンビニ店長が、あんなイヤなヤツだったとは・・・。この前見た「全然大丈夫」では、凄く良い人を演じていただけに、すっかり騙されちゃったよ~。岡田義徳やるなぁー!
それにしても、中学の時のクラスメートって@@ そんなの有り?? なんかこの展開にがっかり・・。
とはいえ、その後、帰国した後も交際が続いている様な様子がわかるエンドロールだけは凄く良かったです!!
あ~~惜しい。別にクラスメートじゃなくったって良いじゃないかー!!ほんと残念だわ・・
あと「風をあつめて」を合唱コンクールで、、っていうのはびっくり。あれって、最近は、そういう曲なんですかね?お洒落で素朴なイメージがあったんだけど・・
以上

フランス語のお勉強で復唱してるシーンは、麻生さんが出演していたイラン映画の「ハーフェズ」でもコーランを学ぶ声・・シーンを思い出しました。
あの湖は、埼玉県の西武球場近くの狭山湖という場所だそうです。

おと・な・り (2009)
監督 熊澤尚人 脚本 まなべゆきこ 撮影 藤井昌之
出演 岡田准一 / 麻生久美子 / 谷村美月 / 岡田義徳 / 池内博之 / 市川実日子 / とよた真帆 / 森本レオ
【2009/12/17 10:24】  コメント(13) | トラックバック(6) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「(500)日のサマー」感想 | ホーム | 「全然大丈夫」なかなか良かったです>>
コメント

latifaさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

>麻生さんの役を蒼井優ちゃんが演じても同様に良い感じだったかもな~
えへへ同感ですね^^
でも優ちゃんだと年齢的にどうなのかなぁって気も(笑)
先輩後輩って感じかな(笑)
なんかつかみどころのない感じと、
イライラ感も否めない恋愛模様に、
年とともにこんな恋愛模様は二度と出来ないなぁって妙な後味感も(汗)
cyaz  【 編集】  URL |   2009/12/17 12:29   |  TOP ▲ |


latifaさ~ん、こんにちは☆ コメントとTBをありがとうございます~。
そっち(って、どっちや?)は寒いんじゃない? こちらも寒いよ~。。
この映画は後半の展開が「ええ~~??」だったけど、私は許せる範囲だったな~。
岡田くんと蒼井優ちゃんは、ちょっと同級生って感じではなくなるね。
今度岡田将生くんのほうと蒼井優ちゃんが共演するらしい・・・。観る気満々☆
ホント、売れっ子の二人よね~。
七緒が花をバッサリと捨てるシーンは、心がざわつきましたよね。
彼女の、花への愛があまり感じられないところは私も残念に思いました。
西武球場って、あんな風光明媚な場所にあるんですね。行ったことないです。。
真紅  【 編集】  URL |   2009/12/17 22:02   |  TOP ▲ |


いやオナラする前提で部屋選ばれても…。(爆)っていきなりそこからかい!と^^;
岡田義徳君はこの作品のあとちゃんと観たのが『のんちゃんのり弁』だったかな…、どっちもやな奴の役なんですよねぇ。
谷村美月さんは好きな女優さんの一人なんです。今丸坊主にしちゃったんですよね。撮影中の作品で白血病の女の子を演じるために。だから今現在の彼女の写真は全部ウィッグなんですって。
岡田准一くんの鼻唄で慰めるシーンが好きなんですよ。何だかこの作品の彼は自然体ですごく好感が持てます。エンドロールはやられました^^
KLY  【 編集】  URL |   2009/12/17 22:43   |  TOP ▲ |


latifaさん、おはようございま~す☆^^

さっむいですね~!
しっかりマイナスの世界に突入してしまいました。
最高気温も、1度くらいまでしかあがらないかも~(涙)
でも、長野と違って、こちらでは全く雪は降ってません^^
そちらも寒いですよね~。
風邪、ひかないようにしてくださいね♪

で、この映画ですが
私も谷村美月役の女の子にはイラッとしましたが
案外良い子だったのには驚き^^
それに谷村美月って良い女優さんに鳴るだろうなぁっていうのは、私も思います。
なんか彼女が出てる映画は、変なの・・というか(^_^;)ちょっと普通じゃないものしか見てなかったので
(見たのは「リアル鬼ごっこ」と「おろち」おろちの方は記事にしてないけど(^^ゞ)こういうリアルな女の子の彼女を見るのは初めてだったんですが、上手いなぁって思いました。
・・・と、今中断してちょっと調べてみたら、「酒井家のしあわせ」にも出てたんですね、見てますわ(^^ゞでも、すっかり忘れてました~σ(^◇^;)

あ、そうなんですね、ニライカナイからの手紙の監督さんだったんですね。
確かに納得^^
仰る通り、この映画も優ちゃんでも良かったですよね。雰囲気合ってるかも♪

エンドロールがとても良かったので、そこに救われました(*^^)v
にしても、やっぱりあの歌を学校での合唱に・・って似合いませんよね~(^_^;)
例によって、字幕付で見たのでわかりましたが、そうじゃなかったら、はっぴいえんどのあの歌だったなんて、もしかしたらわからなかったかも(^^ゞ
どっかでオリジナルを流して欲しかったなぁって思いました。
メル  【 編集】  URL |   2009/12/18 07:56   |  TOP ▲ |


cyazさん、こんにちは!
今さっき大きい地震が来ましたー。伊東では震度5だったらしいけど、家の処でも結構揺れました。震度3くらいあったかも・・・。cyazさんとこも揺れたんじゃないかな・・・。

> でも優ちゃんだと年齢的にどうなのかなぁって気も(笑)
> 先輩後輩って感じかな(笑)
そうっかー!そうですよね。優ちゃんって若いのに落ち着いてるから(もうすっかりTHE女優の貫禄)年齢よりも年を上に錯覚してました(^^ゞ

> 年とともにこんな恋愛模様は二度と出来ないなぁって妙な後味感も(汗)
はい・・・・。私もです・・・・(-.-)
latifa  【 編集】  URL |   2009/12/18 08:58   |  TOP ▲ |


真紅さん~こんにちは!
大阪人はサービス精神が~~過剰で~の件だけど、そうかなー。確かにお笑いに関しては厳しく鋭い目を持ってるとは思うけど、図々しいとか過剰とか思ったこと無いよ~。回りに関西人が結構多いんだ。(旦那の仕事の関係で) で、私が思ったことというのは、大阪とか神戸とか奈良とか、そのまた大阪でも出身地区によって、かなり違う!ということ。
昔は全部ひっくるめて「関西の人 関西弁」って思っていたんだけど、個性がかなりあるよね。私はさすがに地区とかは解らないけれど、大阪の人たち同士が、どこ出身?とか聞きあってるのを、しょっちゅう見かけてました^^ 

と、話を戻し。寒いけど、地震が怖かったよ~~。今朝2回くらい大きめのが来て・・・。
> 岡田くんと蒼井優ちゃんは、ちょっと同級生って感じではなくなるね。
そーなんだよね。上でcyazさんもおっしゃってたけど、言われてみれば、随分年が違うんだよね。岡田君は若く見えるし、優ちゃんは大人っぽく見えるから、一瞬いいかな?って思ったんだけど、同じ年の設定はちょっと無理過ぎる。

で、そっかー。岡田君といえば、将生くんも岡田君なんだよね♪ 
蒼井優ちゃんが共演? あっ!でもさ、ホノカアボーイでもちょっとだけだけど共演してたね。

> 七緒が花をバッサリと捨てるシーンは、心がざわつきましたよね。
> 彼女の、花への愛があまり感じられないところは私も残念に思いました。
ヤフー映画の感想で、お花やさんの人が、そこの部分にかなり憤慨してレビュー書かれてるのを見かけたわ~。だよね・・・。お花が好きでお花の仕事してる人も多いだろうに・・・、愛情が無い様にわざとだろうけど撮影されてた感じがしたな・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2009/12/18 09:31   |  TOP ▲ |


もう、いきなりの雪で、四苦八苦の状態でございます。
いくら雪には、慣れてるとはいえ、一日で数十センチは、やはり大変。
昨日なんか、通勤、送り迎えその他で、4時間以上、運転してましたよ!!
起きてる時間の3分の1は運転って、まったく無駄です・・・。
という愚痴はおいといて、うーん、予定調和過ぎましたかね。
あの中で、店長の方の岡田君の存在が、際立ってましたかね。
同級生にしなきゃなんないというのが、ネックになりすぎてしまったような気もします。
声でわかるだろ!みたいな・・・ね。

いやーー、岡田君、好きなんすよ。
息子にしたい。
いや、あんな息子だったら、緊張するかも。なは。
TVのインタビューに答えてたとき、「最近見た映画は?」に「『父帰る』・・・」って、言ってたんですよ。
ロシア映画の!!
思わずTVの前で、「あたしも!あたしも!」って手上げてました。
聞いてた方は、ぽカーーンでしたね。
どっか超然としてるとこがまたいいんですよ。
でも、蒼井優ちゃんじゃ、生々しすぎない?

あ、いろいろ見てくださったようで、ありがとうございます。
一番下は、かなり年食ってからなもんで、もう孫みたいなもんです。
カンフーなんて、珍しいものをやってますので、よろしければ、カンフー少年の雄姿も見てやってください。
sakurai  【 編集】  URL |   2009/12/19 15:58   |  TOP ▲ |


sakuraiさん、こんにちは~!
ニュースで見ましたよ!山形1日で積雪約1m、最高新記録って・・・
あ~~~今頃、sakuraiさん雪かきしていらっしゃるんだろうか・・・塾送迎はどうされてるのかな・・・なんて思ってたのですよ・・・。
> 昨日なんか、通勤、送り迎えその他で、4時間以上、運転してましたよ!!
ギャーー!!それはそれは・・・。
北海道も、雪が降ると交通が大変なことになってました。普通は15分でつく場所が1時間以上とかで・・・そちらもきっとそういう感じなのかな・・・(T_T)
事故にはくれぐれも注意してくださいね!

> 声でわかるだろ!みたいな・・・ね。
ぐふふ~。ですよねー。でも、あの様子じゃ、中学時代の岡田君って目立たない存在だったのかな・・・。普通あのルックスじゃ目立ちまくりだろうと思うけど・・・。学生時代ってスポーツ出来る子が目立って、写真部とか文化系の男子ってちょっと損する感じがするからな・・・。

> TVのインタビューに答えてたとき、「最近見た映画は?」に「『父帰る』・・・」
ほ~~!やりますね♪ そういや、先週、こっちで深夜に放映してたみたいです。もしや、そのインタビューはつい最近の事なのかな? 私も「父帰る」結構好きなんです。風景萌え入ってますが(^^ゞ

カンフー写真はまだ見てなかったです!今度探してみようっと♪
latifa  【 編集】  URL |   2009/12/19 18:42   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2009/12/22 11:32   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。
大阪は本日とても暖かいです。
「おと・な・り」で印象的なシーンといえば、やっぱりエンドロールですね。せっかく二人が出会ってもすぐそれぞれ外国へ行くことが分かっていましたから。
あと、ラストシーンのじれったいのも好きでした。(麻生久美子が)部屋の中にいることがわかっているのに、(岡田准一は)なかなかドアを開けないんですよね。
Bell Bottom Blues  【 編集】  URL |   2009/12/29 14:36   |  TOP ▲ |


Bell Bottom Bluesさん、こんばんは~!
「おと・な・り」は、やっぱりラストシーンが素敵でしたよね~!
あれで席を立って帰っちゃった人がいたら、もったいなさ過ぎますよ。
あのラストシーンは本当にこの映画で一番のシーンかもしれないですもんね。

> あと、ラストシーンのじれったいのも好きでした。(麻生久美子が)部屋の中にいることがわかっているのに、(岡田准一は)なかなかドアを開けないんですよね。
 そうそう。そこ、じれったかったです~。
文句は言ってるものの、なかなか良い映画だったと思っています^^
latifa  【 編集】  URL |   2009/12/30 19:30   |  TOP ▲ |


こんにちは。
最後のエンドロールは帰国後なの?
僕はまた、出発を止めちゃったのかと思ってた(笑)。再会して、いっしょに同棲しだしたのかと。
谷村美月は若いけど、もう充分、大物級かな。
kimion20002000  【 編集】  URL |   2010/03/01 13:42   |  TOP ▲ |


kimionさん、こんにちは!
> 最後のエンドロールは帰国後なの?
確か、外国に行って・・・その後、戻って来てからの会話だったと記憶しているのですが、でも確かじゃないので・・・違ってたらスイマセン!

> 谷村美月は若いけど、もう充分、大物級かな。
今後も楽しみな女優さんですね!
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/02 15:02   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/823-f9fdf09c

『おと・な・り』
京の昼寝~♪ (2009/12/17 12:07)
□作品オフィシャルサイト 「おと・な・り」□監督 熊澤尚人 □脚本 まなべゆきこ □キャスト 岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、とよた真帆、森本レオ、平田満■鑑賞日 5月23日(土)■劇場 恵比寿ガーデンシネマ■cyazの満足度...


はっぴいえんど~『おと・な・り』
真紅のthinkingdays (2009/12/17 20:56)
 カメラマンの野島聡(岡田准一)は、風景写真を撮りたいと願いつつ、高校時代か らの親友でトップモデルのシンゴ(池内博之)の専属カメ...


「おと・な・り」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2009/12/18 07:43)
“おと・な・り”と妙なところで切ってある題名には、そういう意味があったのか~!


おと・な・り
迷宮映画館 (2009/12/19 15:50)
ここは岡田君でしたねぇ。いや、准ちゃんじゃなくって


mini review 10446「おと・な・り」★★★★★★★☆☆☆
サーカスな日々 (2010/02/28 23:56)
都会のアパートの隣同士に暮らし、一度も顔を合わせたことはないが、音によって惹(ひ)かれ合っていく男女の恋の行方を描くラブストーリー。監督は『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人。進むべき道を模索するカメラマンを岡田准一、30代の女性として揺れ動きながら夢の...


おと・な・り
映画的・絵画的・音楽的 (2010/07/04 21:29)
 昨日の記事で触れたように、麻生久美子が出演する作品は、最近のものについてはかなり見ているつもりにもかかわらず、『おと・な・り』(熊澤尚人監督、2009年)については見逃したままでしたので、そのDVDを借りてきて見てみました。 (1)この作品は、偶然アパートの隣...


| ホームTOP ▲ |