「カンゾー先生」感想
どんな病気も肝臓炎と診断するカンゾー先生(^^ゞ
カンゾー先生はいつも走っている。
kan
「開業医は足だ!」ってのがポリシーで、時間や場所を問わず往診にかけまわる。
人間的に良い人なんですよね・・。

で、この映画を見た感想は?というと・・・
面白くないわけじゃないんだけど、すごい面白いとか名作だ、と思うほどでもない・・・。
反戦映画というか・・・テーマにあるんだろうけれど、どうも話が散漫というか・・・色々なエピソードが詰め込まれているわりに、ちぐはぐというか、繋がりが悪いというか・・・。
とはいえ、出征前に男にしてやってくれ~と頼む母・・・や、モルヒネ漬けの世良医者とか、印象に残る部分もありました。3つ★~3つ★半 今まで見た今村監督の映画の中では、明るい雰囲気の映画だったかも・・・。これ以外の作品の方がやっぱり凄い気がする・・・。

で、麻生久美子さんのデビュー作なのかな?淫売な娘の役というのがびっくり。思いがけず、おっぱいも、お尻も見れてしまいました@@
特におっぱいは、上向きに寝ている状態で、あばらが浮き出るほどお腹は痩せているのにもかかわらず、あれだけプリンとあるというのは、素晴らしいですねー!
あと、この頃はまだ、松坂慶子さんが、綺麗どころの色っぽい女将としての役で出演されていました。(最近は可愛いおっかさん・おばあちゃん役がメインだけど)

この映画を見たかった理由のひとつに、ジャック・ガンブランが出演してるから・・・だったのですが、アップで写らないので、若かったはずなのに、さほど若さを感じず・・。そして、ちょっとしか出演していなかったのね・・・。
他の登場人物もカメラが引き気味なのですよ・・・。
とはいえ、麻生さんと柄本さんはハッキリ見えましたが・・。

カンゾー先生 (1998/日)
監督 脚本 今村昌平 原作 坂口安吾 音楽 山下洋輔
出演 柄本明 / 麻生久美子 / ジャック・ガンブラン / 松坂慶子 / 世良公則 / 唐十郎
【2010/01/24 22:46】  コメント(3) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「スモーク」感想 | ホーム | 「インスタント沼」感想>>
コメント

atifaさん、こんばんは☆

おぉぉ!そういえば、ジャック・ガンブランが出てたんですよね~!
もうおすっかり忘れ去っておりました(^_^;)
どこに出てたかも思い出せなかったりします・・やばい・・(^_^;)

そうそう、松坂慶子はこのときはまだ
色っぽい艶っぽいきれいどころとして
出てましたよね^^
最近、可愛いんだけど、どっか肝っ玉母さん系が多いですもんね(^^ゞ

多分再見はしないと思うけど、ジャック・ガンブランや、麻生久美子のおっ○いを^^もう一回観たいなぁ~(^ー^* )フフ♪
メル  【 編集】  URL |   2010/01/25 00:01   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2010/01/25 00:05   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは!
すごく多忙で大変な時期なのに、コメントすいません!!
メルさんちにコメント残そうと思ったのだけれど、そうなるとまたレス返しをしなくちゃいけなくなるよな・・・と思い、とりあえず1週間くらいは間を置いてから、お邪魔しますね。
色々本当にお疲れ様でした・・・。
これから数日大変だと思いますが、体調に気をつけて、なんとか乗り切ってください。

> おぉぉ!そういえば、ジャック・ガンブランが出てたんですよね~!
> もうおすっかり忘れ去っておりました(^_^;)
> どこに出てたかも思い出せなかったりします・・やばい・・(^_^;)
ですよね。ほんのちょっとしか出てないし、アップにならないんだもの・・。
逃げた捕虜で、治療して、かくまってもらったオランダ兵の役でした。

それにしても、メルさんちにお邪魔した後、他のブロガーさんの感想見よう~って検索してみたんだけれど、みごとに誰も記事書いてないんですよ。
メルさんだけが、アップされていたみたいです☆
latifa  【 編集】  URL |   2010/01/26 08:32   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/846-88d13c0f

「カンゾー先生」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2010/01/24 23:54)
カンゾー先生東映このアイテムの詳細を見る 終戦を間近に控えた昭和20年の夏。赤城(柄本明)は、 この町の開業医で患者を誰でも“肝臓病”と診断することから 人々から“カンゾー先生”と揶揄されていた。そんな赤城の下に この町にはめずらしい美人の看護婦ソノ子(麻生...


| ホームTOP ▲ |