ネタバレ「遠い空の向こうに」「ルディ/涙のウイニング・ラン」感想
最近アメリカンフットボールとか、ラグビーなどの実話映画をたて続けに見ているな(^^ゞ
00 00
先に見たのは「遠い空の向こうに」で、去年の年末に見てました(^^ゞ なかなか良かったんだけれども、バタバタしていて今になっての感想アップです。「ルディ」は見たばっかりです。2つとも少年時代の夢をかなえたお話で、実家がそれぞれ炭坑、鉄工所で、そこで働きながらも夢を捨てきれず・・・って処が同じだったので、まとめてアップしちゃいました。

「遠い空の向こうに」
これが実話っていうのに驚く。とっても良い話で、好きな映画でした。4つ☆
ジェイク・ギレンホールが、まだ少年で、とってもカワイイ。私は「ブロークバックマウンテン」で初めて彼をインプットしたのだけれど、それを見る前に、この映画を見ていたら、また「ブローク」を見た時の印象と感想が違っていたにちがいない・・・って今更ですが思いました。

この主役のホーマー(ジェイク)が、なんというかまっすぐというか、純というか、良いんだよなー。
メガネをかけたマジメ君に近づいて、結局はホーマーの回りの友人も、みんなでロケット作りの仲間として頑張る。
途中、挫折しながらも、学生サイエンス・コンテスト?みたいのに出品し、結果、特待生として大学に行けるようになる・・・。本当に良かったー!!って思いました。なんとなく見ながら、ホーマー以外の子達はどうなったんだろう・・・って気になってたんだけど、みんなそれぞれちゃんとその筋で学校に行けたり、奨学金だかもらえたり・・(つい2ヶ月前見たばかりなのに、もう忘れちゃってるのが怖い・・・)していて、ほっとしました。

昔見た、英国の「リトルダンサー」をちょっと連想させられるところがあったかな。この町で一生働き骨を埋めるというのは、夢の無い将来でもあること・・・。父との確執みたいな部分もあり(この父にはムカーっと来たところもあったけど、兄と比較しちゃったりね~) あと女の子のエピソードもちょっとだけだけど、ある、ある・・って感じでした。あの理解者だった女の先生のお話も実話なのかな・・・。

(1999/米) October Sky
監督 ジョー・ジョンストン 脚本 ルイス・コリック
原作 ホーマー・H・ヒッカムJr.
出演 ジェイク・ギレンホール / クリス・クーパー / ローラ・ダーン / クリス・オーウェン / ウィリアム・リー・スコット / チャド・リンドバーグ / ナタリー・キャナディ

(内容 あらすじ) 1957年、史上初のソ連のスプートニク衛星打ち上げ成功に刺激された、高校生のホーマーは、ロケットを作ろうと思い立つ。小さな炭鉱で、4人の仲間が、幼いロケットを発射する・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
「ルディ/涙のウイニング・ラン」
こちらも実話。
う~~ん、、、困ったー。
良い話なんだと思う。
思うんだが、私の価値観というか・・とは、ちょっと感動がズレてたみたい。

ルディは凄く一生懸命夢に向かって必死でがんばった。応援しながら見てました。
ただ、私は最後は実力をかってもらって試合に出ることが出来るんだとばっかり思っていたので・・・・。こういうラストだったのか・・と、ちょっとびっくり。
彼の誰にも負けないほどの努力を見たチームメイトが、彼を出させてあげて!という嘆願運動?をおこし、試合の最後にちょっとだけ出させてもらえる・・・って内容だったとは・・・。

厳しい事を言うようだけど・・・。人一倍努力したからって、レギュラーになれるわけじゃない。努力をしなくても才能のある人はいる。それが現実であり、スポーツのレギュラー争いは、がんばりではなく、実力なんですよね・・・。
これ、日本におきかえてみたらどうでしょうか・・・。
彼のがんばりが回りの人の意識を変えた・・・なかなかそういう部分は良かったんだけれども、何か、、、こう、、う~~ん。
すっごく評判がよくて、感動した!ってコメントが多い映画だけに(ヤフー映画で見た)・・・こんな感想はとても書きにくかったです・・・。

直接関係ないけど、漫画「ピンポン」で人の何倍も練習してるけど才能の無いアクマの描き方が私は凄い好きなんです・・・。才能が無い人と、才能のあるペコ、才能が無いと思ってたのに憧れてたペコを負かしてしまうスマイル、強いドラゴンが試合前にトイレにこもる・・・など、こういう話に私は泣かされちゃいます・・・。

ルディ/涙のウイニング・ラン (1993/米) Rudy
監督 デヴィッド・アンスポー 脚本 アンジェロ・ピッツォ
出演 ショーン・アスティン / ジョン・ファヴロー / ネッド・ビーティ

(内容・あらすじ)鉄鋼の町ピッツバーグの労働者家庭に育ったルディは高校のアメフト部で遂にレギュラーを獲得できず、当然のように父と同じ製鉄所で働くと思われ、事実、一旦は失望を抱えながら就職する。だがフットボールの夢断ち難く、何事もなし得ない自分にいらだち、青年はアイルランド系の子弟を集めるフットボールの名門、難関のノートルダム大への進学を目指す……。幾度挫けても目標に立ち向かう青年を描いた青春映画。 (yahoo映画より)
【2010/02/25 09:02】  コメント(14) | トラックバック(6) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「プレイス・イン・ザ・ハート」感想 | ホーム | 「しあわせの隠れ場所」感想と「はなのすきなうし」>>
コメント

≧(´▽`)≦アハハハハハ
確かにlatifaさんの言う通りに努力すれば何でも叶うわけじゃないよね。
私は逆に努力の末に実力をかわれて試合に臨み
点数を取る的なありふれた内容と違って
スポーツを通してラグビーのがんじがらめの鎧のような
選手達の心を動かした人間ドラマが気に入ったのね(笑)
でもlatifaさんの好まない作品の為に時間を使わせちゃって
ごめんね(*・ω・)*_ _))ペコリン

ジェイク・ギレンホールを初めて見たのは
【バブル・ボーイ】でした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239631
空の向こうに~より後の作品だと思うけど
この時のジェイクも可愛かった!
だから、その後彼の出てる作品を片っ端から見たんだけど、
どうやら私の期待してた可愛気のあるコメディアンには成長しなかったようで、
今では興味なくなってしまった。
【ブロークバック・マウンテン】もヒースの方が味のある役をしてたしね。

http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-80.html
↑でここでも書いてあるけど、この映画の元になった
【プラスチックの中の青春】こっちは実話を元にしたまじめな映画だけど
私かなり好きな作品で古くて画像悪いけど
最近DVD化されたので思わずかっちゃった(プラスティックの青春の方ね・笑)

めぐ  【 編集】  URL |   2010/02/25 12:12   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございました。
『ルディ』は未見なんで『遠い空~』だけ。
これは本当に隠れた名作だと思いますよ。
実話ってところがまた凄いよね~。
この前一体何年ぶり?くらいで『アポロ13』再見したんだけど、もう胸がジ~ン、よ。
なんか人間って、やっぱり空とか宇宙とかに惹かれるんだね~。
自力では飛べないから? かな。

BBMの感想も拝見したけど、latifaさんは結構面白く観れたんですね♪
しかしやっぱり、嫌う人はとことん嫌う映画なんだな~、と思いました。つくづく。
真紅  【 編集】  URL |   2010/02/25 21:25   |  TOP ▲ |


ご存知ですか?
『遠い空の向こうに』の原作である「Rocket Boys」のスペルを並び替えると、この映画の原題になることを。

これを教えてもらったときは衝撃でしたよ!
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2010/02/25 21:59   |  TOP ▲ |


こんばんは~

そうですね~,「遠い空~」は「リトルダンサー」に似てます。
けっこう万人のツボを刺激するのよね。
実話,というのがいいです!
夢はかなう・・・って,みんな信じることができるから。
実際はそんな人は一握りにすぎないとしても
思春期にある子供たちにこんな作品を観せて
大志を抱いてほしいですね~

ジェイクは雰囲気と言い,ルックスと言い
確かな演技力と言い,ハマり役だったと思います。
お父さんのクリス・クーパーもよかったな~
あと,あのメガネくんも好き。
なな  【 編集】  URL |   2010/02/26 00:13   |  TOP ▲ |


「遠い空の向こうに」は、父と息子が和解して打ち上るロケット見るのが印象的でした。
丸場盆山  【 編集】  URL |   2010/02/26 08:07   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~☆^^

今日はこれからフィギュアのフリーですねぇ~。
やることあるけど見なきゃ・・です(笑)
latifaさんはお仕事かなぁ~?
今回のオリンピックは時差の関係で、私が家事をさぼれば見れる時間帯なので嬉しいです^^
そしてどんどん部屋が汚く・・・(^_^;)
ヨーロッパとかだと、午後がメインになっちゃうので、そうすると仕事で全く見れないので、見れる今回はちょっと楽しませてもらおうかな・・と(^^ゞ

で、「通り空の向こうに」ですが
大好きです! さすがに今見ると、ちょっと最初のめくるめく感動(?^^)はなくなってきてますが、何度見ても、やはりこれは好きな映画だわ~~って思います。
DVD買っちゃったので、買ってから後にも5回以上見てるかなぁ~。
こういったタイプの実話ものの中では一番好きです。

炭坑が出てくる映画ってほんと多いですよね。で、大抵私は好きだったりします^^
リトル・・もだし、「ブラス!」も大大大好きですし。
別に炭坑ものが好きな訳じゃなくて、たまたま好きな映画に炭坑で働く人たちが出てくるんですが、もしかしたら実話ものでも”炭坑もの”が好きと言っても良いのかも~?!(^^ゞ

「ルディ・・」も大好きですが、確かにlatifaさんが書いてらっしゃるようなところがあったなぁと思います。
頑張っても頑張っても無理・・ということはありますもんね。
でも、あのラストを見ると、人と人との繋がりって大切だなぁ~・・とつくづく思いました。元気がもらえる作品ではありました(^^ゞ
メル  【 編集】  URL |   2010/02/26 08:33   |  TOP ▲ |


めぐさん~こんにちは!!
ごめんよ~、せっかくルディ、紹介してくれたのにさ・・・(T_T)
> 私は逆に努力の末に実力をかわれて試合に臨み点数を取る的なありふれた内容と違って
そうなの! ありふれた内容展開じゃなかったのは、他の一般的な映画と違って、すごく新鮮だったの。そういう、ありきたりじゃない話っていうのは基本大好きなんだけどねー。
なにか、こう・・・私は運動神経がゼロで小さい頃~学生時代は、かなり体育トラウマっていうか、恥ずかしかったり辛い思いでが色々あってさ、だから素直に見れない処が何かあったのかもしれない。屈折しちゃてるところがあったかも。
いやいや、時間を使わせちゃってだなんて、とんでもないよ!!
こういうことが実際にあったんだ、ってのはやっぱり驚きだし、見て良かったと思うよ!

> ジェイク・ギレンホールを初めて見たのは
> 【バブル・ボーイ】でした。
> http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=239631
> 空の向こうに~より後の作品だと思うけど
> この時のジェイクも可愛かった!
> だから、その後彼の出てる作品を片っ端から見たんだけど、
そーーーーだったんだね。
凄く昔からチェックを入れて色々見てたのね?

> どうやら私の期待してた可愛気のあるコメディアンには成長しなかったようで、
うふふ★ めぐさんの好みのアダムさんをちょっと連想したわん「可愛げのあるコメディアン」って処が^^

ところで、リンク2カ所ありがとう!
いや~~びっくり。こんなコメディタッチのぶっとんでる系映画に出てたなんて・・・。
で、
> 【プラスチックの中の青春】こっちは実話を元にしたまじめな映画だけど
これ、昔、トラボルタがサタデーナイトフィーバーでブレイクした当時、話題になってたので、ちょっと知ってるわ。でも見たことはないんだ。
内容は、もの悲しさを感じるね~。
私も機会があったら是非見てみたいな。
なかなかレンタルショップとかじゃ置いてなさそうだねー。

いよいよ今日のお昼は、女子フリーだね、どうなるんだろうー!!気になる~~。
latifa  【 編集】  URL |   2010/02/26 08:36   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
> これは本当に隠れた名作だと思いますよ。
> 実話ってところがまた凄いよね~。
うん、うん。
リトルダンサーとかは、良く話題に出るしメジャーな作品なのに、どうしてこの映画は地味目だったんだろう・・・。ジェイクさんが主演してた・・って事で、数年経って見る人が増えた傾向があるみたいね(^^ゞ
リアルタイムよりも、数年経って、どんどん評判が・・・って映画の一つなのかな。

> この前一体何年ぶり?くらいで『アポロ13』再見したんだけど、もう胸がジ~ン、よ。
アポロ13も良い映画だったよねー。

ところで嘘かホントか解らないけれど、なんでも人間が月に立って一歩を・・ってあれ、嘘だったかもしれないんでしょう?それがホントなら、すんごいショックだわ・・・。

> BBMの感想も拝見したけど、latifaさんは結構面白く観れたんですね♪
> しかしやっぱり、嫌う人はとことん嫌う映画なんだな~、と思いました。つくづく。
そうなの。私は絶対ダメだと思うって言われて見たら、意外と面白く見れたの。
ダメ・・つまらん・・って言った人も確かにいるんだよね。
でも、全員に受ける映画なんて無いですよね。
latifa  【 編集】  URL |   2010/02/26 08:42   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> 『遠い空の向こうに』の原作である「Rocket Boys」のスペルを並び替えると、この映画の原題になることを。
そうなんですってね。
実は映画を見終わった後、その後の彼らはどうなったのか?とか、色々気になって、ネットサーフィンしてて、ウィキペディアだったかな・・・どこかで書かれているのを見て、うわっ!洒落てるなーって思ったんです。
良い映画でしたよね☆
latifa  【 編集】  URL |   2010/02/26 08:43   |  TOP ▲ |


こんにちは、ななさん
> 実際はそんな人は一握りにすぎないとしても
> 思春期にある子供たちにこんな作品を観せて
> 大志を抱いてほしいですね~
ほんと、そうよね。
この映画の場合は大成功したけれど、たとえ、その夢がかなわなかったとしても、若いある時代に夢中になったこととか、数人の仲間と一生懸命にやったこととか・・・絶対かけがえのない経験になるし思い出になりますよね。

> ジェイクは雰囲気と言い,ルックスと言い
> 確かな演技力と言い,ハマり役だったと思います。
> お父さんのクリス・クーパーもよかったな~
> あと,あのメガネくんも好き。
うん、うん、みんな、すごくハマり役だったわーー。
少し前の映画だけど、今見ても全然色あせない良い映画でした。
latifa  【 編集】  URL |   2010/02/26 08:51   |  TOP ▲ |


丸場盆山さん、こんにちは!
> 「遠い空の向こうに」は、父と息子が和解して打ち上るロケット見るのが印象的でした。
ここのシーンは、見ていてほっとしました。
あのまま、お父さんずっと心を開いてくれなかったら、どうしよう・・・なんて心配してたので^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/02/26 08:52   |  TOP ▲ |


メルさん~こんにちは!
そうなのよね、今日の1時半過ぎだっけ?あ~~困ったー。仕事中になっちゃう。
で、今日行く場所の側に電機屋さんは無いか?昼休みを遅く取って、TVが流れてる系の店で見れないだろうか?とか、頭を悩ませてます・・・。
> 今回のオリンピックは時差の関係で、私が家事をさぼれば見れる時間帯
そうそう!!私もこの時間帯は助かる~って思ってたの。
なんかいつも深夜・・とか、早朝開始・・とか多くて、見れずにいたんだけれど、今回の放映時間(リアルタイム)って見やすいんだもの♪

で、「通り空の向こうに」ですが、メルさんってば、5回も見てるのね?^^
炭坑が出てくる映画って、そういえば、「フラガール」もそうだったね。
私もそういや、炭坑舞台の実話ものって好きだわー。

で、「ルディ・・」
メルさんもごらんになられてたのねー。レビュー無いのが残念。。
そうっか、メルさんは大好きでしたか!
そういう意見も聞けて、とても嬉しいな。
遠い空の~の方が見ている人や、レビューを書いてる人が、結構いらっしゃったんだけれど、ルディは、何故か全然無くて・・・。だから、メルさんの感想は貴重よ~^^
ルディも炭坑じゃないけど、鉄工所みたいな処が舞台で、やっぱり夢を諦めずーって処も応援したくなりました。

ところで、メルさんちのレスに、またここでレスさせてください^^
>4年前の今頃は、荒川静香の金メダルを見つつ、ちっとも落ち着かなかったよな~・・
そうかぁーー!!!あれって4年前だったんですよね。そしてちょうどそのころ、メルさんは、ハラハラ落ち着かない日々だったんだ・・・。今でもその荒川さんの演技のシーンとか見ると、その頃の自分の精神状態とか蘇って来たりするのかも・・・。
そういうのってありますよね、あるヒット曲を久しぶりに聞く時、その曲が流行ってよく耳にしていた頃の自分のことが蘇って来たり。

で、またまた大恥!!共通一次じゃなくて、センター試験ですよね。アワワワ・・・こんなかんじで、全然まだ大学受験について、全然知らないヤツで、、、今後勉強しなくては。
それにしても、息子さんは高校の時もだけど、大学の時も色々受けずに、マトを絞ってそこに向かって進撃!って感じなのね♪ でもすごい難関大学だったのに、ほんとに良かったですね!! で、今になっても新入生と間違えられて声をかけられるなんて~~^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/02/26 09:16   |  TOP ▲ |


latifaさん、再び(^^ゞ

感想がちょっと違ったりしてるので
latiaさんが遠慮(?)なさって「ルディ・・」の方にはTBなさらなかったんだろうなぁと思い(私も時々そういうことある、笑)あえてTBしなかったんですが
”感想は貴重よ~”と言っていただいたので気をよくして(笑)TBさせていただきますね~(^^ゞ

で、フィギュア、私はちゃっかり見ちゃいました~(*^^)v
いやぁ、ちょっと残念。でも、日本人選手、みんな頑張った!
これまで、ルディじゃないけど、どれほど努力しただろうと、ここに出てくるまでの努力と苦労を推し量って、ドキドキもしたけど、なんだか涙がでてきそうでした。
で、結局latifaさんはご覧になれたのかなぁ?と心配?しております(^^ゞ
でも、何度も再放送とかありますよね、これから(*^^)v

入試話ですが(^^ゞ 私の時は共通一次もまだ始まってなくて、弟のときからだったんですよね。
なので、私の年代ではまだ国立一期校、二期校の時代でございまして、年がばれますね(笑。もうばれてるけど(≧▽≦))

>マトを絞ってそこに向かって進撃!って感じなのね♪

良い方にとっていただいて、ありがとうございます^^
そういっていただけると、なんだか良い感じですが、たくさん受ける根性がなかった・・と、そういうことです(^◇^;)
メル  【 編集】  URL |   2010/02/26 15:35   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは!
お返事遅れてしまってすいません!!すっかり真央ちゃんにずっぽりやられてしまってました。
それにしても、いつの間にキムヨナってば、あんなに上手になっていたんだろう・・。007のを最初に見た時、やばいっ!!って思ったんだけど(1年くらい前だったかな・・)
確か2,3年前は、真央ちゃんの方が上手いしな、って落ち着いていられたんだけど・・。

と、この映画。
いやいや、違うんですよ。さっきメルさんちで書いたとおり、どこを見てたんだか・・・。
節穴っていうか、どこを見たんだろう?自分は・・・。はぁ~~っ・・・。
でも、メルさんからお声をかけて頂けて、すっごく嬉しかったです。
だって、メルさんの記事見なかったら、実在のご本人の写真を見る機会もないままだったもの!!

> これまで、ルディじゃないけど、どれほど努力しただろうと、ここに出てくるまでの努力と苦労を推し量って、ドキドキもしたけど、なんだか涙がでてきそうでした。
 そーーーーーーーなのよね!
私は、最近年のせいか、自分の子供のような、、選手の母の気持ちでつい見てしまうんですよ。だから、こんなにがんばって長年練習してきただろうに・・・とか、なんかね、もうがんばってオリンピックの舞台に立った、というだけでも凄いな!って思うんですよ。

> 入試話ですが(^^ゞ 私の時は共通一次もまだ始まってなくて
そうかー、そうだったのかもしれないです!
私は大学を受けてないので(大学受験をしてないの)全然解らなくて、お恥ずかしい限りです!!今後勉強します!!また受験の時はメルさんに相談にのって頂いちゃう事があるかもしれませんが、よろしくお願いしますっm(_ _)m

いや、マトを絞って、一本狙い!っていうの大好きです!!
latifa  【 編集】  URL |   2010/02/28 14:47   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/855-e39fe1f7

少年の夢は宇宙へ~『遠い空の向こうに』
真紅のthinkingdays (2010/02/25 21:11)
 1957年10月4日。人類史上初めて、ソ連が人工衛星スプートニク号の打ち上げに 成功した。ウェストバージニア州の小さな炭鉱町コールウッドに...


『遠い空の向こうに』
めでぃあみっくす (2010/02/25 22:00)
大空への憧れをずっと持ち続けているジョー・ジョンストン監督が描いた凄く地味ですけど、凄く心から感動できる実話です。炭鉱とロケット開発という対比を効かせたお話で、しかも父親と息子を基軸としているので『リトル・ダンサー』と似ているところは多々ありますが、そ...


遠い空の向こうに
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2010/02/26 00:16)
NASAのロケット・エンジニアホーマー・ヒッカムの自伝を基にしたヒューマンドラマ。観賞した人はほぼ例外なく,爽やかな感動を味わえる好感度100の作品。若くてみずみずしいジェイク・ギレンホールの魅力も満載だ。ウエスト・ヴァージニアの小さな炭鉱の町コールウッド...


「遠い空の向こうに」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2010/02/26 08:18)
のちにNASAのロケット・エンジニアになったホーマー・ヒッカムの 自伝を基に、ロケットへの夢に賭けた若者たちの挑戦を描いたドラマ。 1957年10月、ソ連が人類初の人工衛星スプートニクの 打ち上げに成功し ウエスト・ヴァージニア州の炭坑の町 コールウッドで、その...


「ルディ 涙のウィニングラン」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2010/02/26 15:37)
ルディソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 幼い頃からフットボール選手に憧れていたルディ(ショーン・アスティン)は、ノートルダム大学の名門チーム “ファイティング・アイリッシュ”でプレーすることをずっと夢見ていたが、経済状態と学...


遠い空の向こうに ~ 勉強というより「企み」に近い感じ ~
Prototypeシネマレビュー (2010/03/03 00:21)
~ 勉強というより「企み」に近い感じ ~ 炭坑の村に育った4人の少年達が、ロシアのロケット打ち上げに感動し、自分達でもロケットを作りたいという夢をかなえようとする青春ドラマ。 炭坑夫を継がせたい父親や周囲の無理解と、あらゆる困難を乗り越え、遂にはロケット...


| ホームTOP ▲ |