「プレイス・イン・ザ・ハート」感想
30年くらい前の映画なのに今見ても全然色あせてない作品ですね。4つ★半~5つ★
00
実は恥ずかしながら、今までこの映画の存在を知りませんでした・・(´o`)
なにげなく、BS2で映画の予告を見たら、なんか面白そうだな・・・と思い見てみました。一杯賞ももらった名作だったんですね。それも納得!って感じで、すっごく良かったです。
主人公のサリーフィールド演じる、根性の有るがんばる女性が、性格の良い?「風と共に去りぬ」って感じもあるかな。この主人公が好きでした。気丈にがんばる姿を応援しながら、結構一喜一憂しちゃいましたよ。

で、脇役の豪華なこと!!今から観るとそうそうたるキャストですが、この頃はみんな無名に近かったんですねー。エド・ハリスさんは、まだ髪の毛が今より多かったんですね~あまり現在と変わっておらず、若い頃から薄かったんだな。今も昔もカッコイイです☆
ただ、このエドさんの不倫エピソードが無駄に長いのが残念。その時間を半分にして、もっとメインのお話(主人公と黒人と盲目の同居人)を長く見たかった。
何かあの不倫に意味があるのか?と考えてみて、美容師という仕事を持っている(1人でも生きていける)主婦と、主人公の主婦では、いざ旦那がいなくなったら?って時の意識が違う・・・って事を比較するためなのかな?なんて思ってみたりもしました。

この地方の風景も美しく、ただタイフーン?竜巻?は凄く怖いですね・・・。あんな地面の下に逃げる場所も作られているなんて・・・。ここで住むのは大変そうです・・。あと、綿花をつまむ作業があんなに過酷だったとは・・。傷だらけの指のシーンはギャー!でした。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
ラストでいきなりKKKが登場(>_<) 盲目でも機転の効くジョンマルコビッチ! 
しかし・・・モーゼス(ダニー・グローバー)が、出て行かなければならないの???と、ここで涙!!!ずっとここにいて欲しいのに・・・。そしていきなりラストシーンは教会で、こういう風だったら・・・という理想の妄想シーンが流れる。
ジョン・マルコヴィッチが「あなたがどんな人か教えてください」と尋ねるシーンも良かったな~。
以上
プレイス・イン・ザ・ハート (1984/米) Places in the Heart
監督 脚本 ロバート・ベントン
出演 サリー・フィールド / リンゼイ・クローズ / エド・ハリス / ダニー・グローヴァー / ジョン・マルコヴィッチ / エイミー・マディガン

(あらすじ 内容) 1935年のテキサス州。酔払いの黒人の少年が誤って銃を発砲してしまい、保安官の夫を失ったエドナ(サリー・フィールド)。幼い子供を2人抱えて途方にくれる。ある日、モーゼスという流れものの黒人がふらりと立ち寄り、ここの敷地で綿花を・・・という話を聞く。
85年アカデミー主演女優賞・脚本賞、ベルリン国際映画祭監督賞、ゴールデングローブ主演女優賞他。
【2010/03/06 13:27】  コメント(6) | トラックバック(2) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「NINE」期待したほどでは・・・ | ホーム | ネタバレ「遠い空の向こうに」「ルディ/涙のウイニング・ラン」感想>>
コメント

あたしは観る順番がlatifaさんとは
逆だったのだけど、
確かにこの主人公ってスカーレット・オハラに
通じるところがあるように感じました。
いい映画でしたね。
真央ちゃんも良かったね( ´艸`)
miyu  【 編集】  URL |   2010/03/06 14:42   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちは!
> 確かにこの主人公ってスカーレット・オハラに
> 通じるところがあるように感じました。
わっ^^ miyuさんもそう思われましたか☆

> 真央ちゃんも良かったね( ´艸`)
うん、うん。映画以上に真央ちゃんには感動させてもらったよー!
あれ以上の感動をもらった映画は今の処ないな(って・・・スケートは映画じゃないけどね)
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/07 15:22   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは☆^^

今日はべちゃべちゃ雪が降ってるんですよ~。
一昨日は春だったし(初夏?)、今日は雪。
気温も一気に違っちゃったりしてるし、老齢の私は(^_^;)体がついていきませんわ(^_^;)
そちらはいかがでしょうか?雨かな~?
latifaさんも、どうぞご自愛くださいませ♪
でも、私よりずっと若いからなぁ~(*^^)v

で、この映画、見応えあったし、良かったですし、とっても好きなタイプの映画でした~♪^^
それにしても同日アップで、嬉しい驚きです!!!
最近の映画だったら、それもありだけど、同じように下書き(草稿?)に温めておいた時間があったにもかかわらず・・ですから、運命を感じます~(って、またしても大げさ。笑)

私も、サリー・フィールドを応援しつつ、一緒に一喜一憂しました。
様々なことがありましたもんねぇ~・・。
それに、マルコヴィッチの、お風○のシーンと、latifaさんが、ネタばれの部分に書いてくださってるシーン、とっても好きというか、印象的でした。
やっぱりマルコヴィッチは良いわ~~~、上手いわ~~~と思いました♪
好き!^^

そうそう、それとマルコヴィッチとエド様と、二人とも若いけど、あまり今と変りませんよね^^
見違えた!ってことはなかったです。
というのも、二人とも既に頭が・・・あぁ?!(笑)
二人とも今よりはありますが(爆)

それとラスト、私もあのシーンにはちょっとピンと来ないものがありました。
latifaさんのコメントバックにも書いたんですが、あれ?戻ったの?って一瞬思ったんですが(^_^;) 次々と映る方々を見て、あ~・・そういうことね・・と。ああいった非○○的なシーンじゃない風に終わって欲しかったなぁ、なんて欲張りですね(^^ゞ

でも、とにもかくにも取っても良い映画で、様々賞をとったりノミネートされたというのがよく分かる作品でした♪見て良かったです(*^^)v
メル  【 編集】  URL |   2010/03/07 16:38   |  TOP ▲ |


こんばんは~~
古い作品BSでやってくれるのね~
いいな~~
これ、エド・ハリス目当てで観ましたよ。奥さんになるエイミー・マディガンとのきかっけがこの作品だって
きいてね・・・♪
確かに不倫はメイン話にはあまり関係ないわりには長いよね…
夫を亡くした奥さんの話って
前に別の映画でもしたけれど
実際は↑のようにすごっく大変なのよね。そういう意味でも主人公を
応援したくなるお話だったわ。
みみこ  【 編集】  URL |   2010/03/07 18:14   |  TOP ▲ |


メルさん、こんにちは!
こちらもまた寒い日に逆戻り・・・ちょっと前はやたら暑い日があったのに・・。
布団と毛布のチェンジがもう最高に面倒くさい!!一定の温度にしてくれ~~っ
で、メルさんと私はほぼ同じくらいの年ですよ、絶対。それに私は肉体年齢が実年齢よりもずっと高そう・・・体力無いのよね・・・。

>同じように下書き(草稿?)に温めておいた時間があったにもかかわらず・・ですから
そうなのよねー。ほんとにびっくりしちゃった。ほら、新作の映画(上映中とか、レンタル開始になったばかりの作品)なら、偶然同じのを見る・・って可能性はあるんだけど、なかなかこういう旧作となるとね・・・^^

サリー・フィールドが最初登場した時は、普通のオバチャンだな~って思ったの。ところがどんどん見て行くうちに、応援したくなったり、可愛く見える様になったりと見てるこっちの気持ちが変化していきました。

> というのも、二人とも既に頭が・・・あぁ?!(笑)
> 二人とも今よりはありますが(爆)
私も同じ事思ってた!若い頃から、ちょっと薄かったですよね。
でも私は頭の薄い人とか全然OKなので、平気です~^^

>あれ?戻ったの?って一瞬思ったんですが(^_^;) 次々と映る方々を見て、あ~・・そういうことね・・と。ああいった非○○的なシーンじゃない風に終わって欲しかったなぁ

同感ー。私も最初、あれっ?って一瞬思ったんだけど、もう死んじゃってる人が2名いたので、ああ・・・そういうことか・・・って。
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/08 20:48   |  TOP ▲ |


みみこさん~こんにちは。
やっと終わったけれど、みみこさんのところも色々と忙しく暮らしているんだろうな~^^

> これ、エド・ハリス目当てで観ましたよ。奥さんになるエイミー・マディガンとのきかっけがこの作品だってきいてね・・・♪
そうなんだってねー。私は見終わった後に知って、ウワウワ!!!って思っちゃった。

> 夫を亡くした奥さんの話って
> 前に別の映画でもしたけれど
> 実際は↑のようにすごっく大変なのよね。そういう意味でも主人公を
> 応援したくなるお話だったわ。
覚えてるよ!あのお家は、奥さん生活余裕ありそうっていうか、全然大変そうじゃなかったよね・・・。こちらの方が、親近感も凄い感じちゃったし、明日は我が身かも?って思う処もあって、リアルな感じで良かったわ。がんばれー!って友達みたいな感じで見れちゃった^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/08 20:51   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/856-4f59d308

プレイス・イン・ザ・ハート
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2010/03/06 14:42)
target=_blank&gt;  コチラの「プレイス・イン・ザ・ハート」は、35年のアメリカ南部テキサスを舞台に1人の女性の力強い生きざまを通して、様々な人間模様を描いたヒューマン・ドラマです。主演は、「マグノリアの花たち」のサリー・フィールド。本作で自身2度目となる


「プレイス・イン・ザ・ハート」
心の栄養♪映画と英語のジョーク (2010/03/07 16:24)
マルコヴィッチが良い!ダニー・グローヴァーが若い!そして、やっぱりサリー・フィールドも良かった・・


| ホームTOP ▲ |