「ゴールデンスランバー」感想
だいぶ前に見て来たのに、感想書くのがやたら遅れてしまいました・・・。
結果から言えば、原作を2時間でよくまとめたなー、そこそこ良かったんじゃないかな、って思いました。3つ☆半。
00
とはいえども、やっぱり、原作を先に読んじゃって、しかも凄く面白かった人間にとって、映画化はどんなに上手に作ったとしても、それよりは劣って感じてしまうものです・・・。

今回、普段はお人好しで気の弱い役を演じる事が多い濱田岳君が、連続通り魔殺人犯人をやるって事で、どんな役になっているのか?すごく期待したんだけれど、普段のあの感じでしたね。毒のあるキラっと光る悪役みたいのを・・今まで見たことのない表情を見せてくれるんじゃないか?って勝手に思ってたので、ちょっとがっかりかな・・・。
主役の堺さんは、良かったです。安心して見ていられたし。でも、配送業のお兄ちゃんって風にあんまり見えなかったかもしれないな。以前小説を読んだ後、色々な方とお話して映像化するなら誰が合うか?って話して、チュートリアルの徳井さん!って話していたんだけど^^

この映画で、一番原作のイメージにピッタリ合ってたのは、配送会社の仲間の岩崎英二郎。演じるのは、渋川清彦さん(ちょこちょこ色々な作品に出てますよね)。あと、予想外に良かったのは、ライフルをぶっぱなす永島敏行さん。出番は少なかったけど、不気味な感じが映画のスパイスになってました。
お父さん役に伊東四朗は、ちょっとイメージ違ったな・・・。

あと、残念だったのは、森田さんの出番がほんとに少ししかなかったこと。影の主役と言ってもいいほど、原作では森田さんに味があったのに、、「森の声」というエピソードが映画版ではカットされているし、吉岡君が演じるってことで、こちらもかなり期待してたんだけどな・・・。

原作では、20年後かな・・・青柳によるレポートが載っているんだけど、映画ではそういうのは無かったですね。小説では感じなかったのに、映画だと最後の方の展開が、無理だろ~~!と、つっこみ入れたくなっちゃったのは何故なんだろう・・・。

原作の感想
「ゴールデンスランバー」面白かったです

ゴールデンスランバー (2010映画) Golden Slumber
監督 脚本 中村義洋 原作 伊坂幸太郎
音楽 斉藤和義
出演 堺雅人 / 竹内結子 / 香川照之 / 吉岡秀隆 / 劇団ひとり / 濱田岳 / 柄本明 / 渋川清彦 / ベンガル / 大森南朋 / 貫地谷しほり / 相武紗季 / 伊東四朗 / 永島敏行 / 石丸謙二郎 / ソニン / でんでん
【2010/03/13 14:13】  コメント(16) | トラックバック(18) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「ニューヨーク、アイラブユー」感想 | ホーム | 2010年版「時をかける少女」感想>>
コメント

こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!

私はこの原作を読んでいなかったので
結構ボコボコな感想を書いてしまいました(^^;

やっぱり原作を知っているのと知らないのとでは
映画の汲み取り方や感じ方に
大きな差が出るのかもしれませんね…。

残念ながらまだ原作を読んでいませんが、
これは是非とも読んでみたいと思っています!
テクテク  【 編集】  URL |   2010/03/13 15:32   |  TOP ▲ |


う~ん原作を読んでないので分かりませんが、
嘘もじっくりと論理的に語られると
より真実味が増すものなのかもしれませんね。
それをコンパクトにまとめちゃうとより
嘘っぽく感じてしまうんでしょうか?
徳井さんにトレースしてみると結構ハマるかもですね♪
miyu  【 編集】  URL |   2010/03/13 16:19   |  TOP ▲ |


私もlatifaさん同様、原作をとっても面白く興奮して読み展開が最初から最後までわかってしまっているので、やっぱり比べてしまいますよね。かなりの期待をしていたんですが…。
堺雅人さんは『南極料理人』のほうが良かった(←この映画、なかなか味わい深かったです)
徳井さん、いいかも! 永嶋敏行さんはサイボーグみたいでハマってましたよね。全体的にまとまってたしそれなりに楽しめましたけど、読書での私のイマジネーションのほうがスケールが大きかったかな。

わかめ  【 編集】  URL |   2010/03/13 19:59   |  TOP ▲ |


あらら、私も原作大好きで、逆にこの作品ほど原作に忠実で両方見事なほど面白いのって稀有だなって思ってるぐらいなんです。
細部はもちろん原作に譲りますが、その分俳優の良さがある映画って感じかなぁ。受け取り方にも色々あって面白いですねぇ。^^
KLY  【 編集】  URL |   2010/03/13 22:09   |  TOP ▲ |


テクテクさん、こんにちは!
こちらこそTB&コメントありがとうございます。

> 私はこの原作を読んでいなかったので
> 結構ボコボコな感想を書いてしまいました(^^;
いや、映画って原作読んでから行くものじゃ無いと思います!
何も知らない人が見て楽しめる映画を作ってなんぼだって思いますよ。

> やっぱり原作を知っているのと知らないのとでは
> 映画の汲み取り方や感じ方に
> 大きな差が出るのかもしれませんね…。
そうですね。
一緒に見に行った友達は、映画を見る前に、原作をちょっと読んだけど挫折しちゃった・・って言ってました。映画なら大丈夫かな?って思ったけど、ダメだったみたいです(^^ゞ その子は伊坂さんと相性が悪いみたいで・・・
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/14 13:52   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちは!
> 嘘もじっくりと論理的に語られると
> より真実味が増すものなのかもしれませんね。
私もそこんところは、なんで小説版は、ありえんってそれほど思わずに読めたのかな?って自分に聞いてみたい(^^ゞ
再読したいな・・って最近思ってるんだけど、図書館の棚には並んでおらず、またリクエストして待って・・って手順をふむのが面倒で・・・
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/14 13:54   |  TOP ▲ |


わかめさん、こんにちは!
わーい!!わかめさんも、この原作、とっても面白く読んだんですね^^
そうなんですよ・・・。最初に内容解って映画見ると、やっぱりハラハラドキドキ度も下がってしまいますよね。
特に伏線部分とか・・・
あ~来た来た!!って嬉しさはあるんだけれども^^

> 堺雅人さんは『南極料理人』
見ようと待ちかまえています^^
レンタル、割と最近になりましたよね♪
劇場公開時は行きたかったんだけど、結局行けなかったんです。
食事シーンのお料理を、かもめ食堂などを手がけていらっしゃるフードコーディネーターさん?がやっているそうですよね。その方のお料理本は先に読んじゃいました。

> 読書での私のイマジネーションのほうがスケールが大きかったかな。
うん、うん、同感です!
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/14 14:02   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは。
確かKLYさんはかなり早く試写でご覧になられていましたよね。
KLYさんの感想がかなり良い感じの評価だったこと覚えています^^(あ、だからと言って、そのせいで期待して見に行ったってわけじゃないので、大丈夫ですからね☆)

> 細部はもちろん原作に譲りますが、その分俳優の良さがある映画って感じかなぁ。受け取り方にも色々あって面白いですねぇ。^^
 そうですねー、KLYさんとは感想が同じって事も多いんですが、今回は、キルオの部分とかは、私はちょっと期待ハズレでした。
でも世間では、かなり評判良いですよね。
役柄としては、いい人ばかりの印象がある彼が、殺人犯の役をやる!ってのは、すごくインパクトがあって良かったんですけれども。
昔、踊る大走査線だっただろうか・・・。それまでアイドルで可愛い印象のあったキョンキョンが犯人で、ニヤッって不敵に笑うシーンがぞくっとして、ああいうのを見てみたかったんですよ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/14 14:08   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは。
私は原作未読だったせいか、面白かったですよ。
ただ原作がそれだけ良くできていたということなんでしょうね~。

やっぱり小説とはエピソードも情報量も違いますから。。。
個人的には後日談がかなりツボで涙腺が緩んでしまいました(苦笑)
GAKU  【 編集】  URL |   2010/03/14 20:04   |  TOP ▲ |


まぁ原作のイメージが強すぎると、映画は楽しく見れないですよね。
ですから原作を読んでいる場合は出来るだけ映画と原作は別物としないと。

これができない時はいつも自分の甘さを痛感しますよ。
ここらへんは本当に難しいところです。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2010/03/14 22:18   |  TOP ▲ |


GAKUさん、こんにちは!
そうなんですよー、原作、すっごく良かったんです。
去年だかの読んだ本の中のトップ5だか、、ベスト3に入れた程です。
痴漢のところは、本を読みながら涙が出たところです。

> 個人的には後日談がかなりツボで涙腺が緩んでしまいました(苦笑)
本でもそうでしたよ!小説では、堺さん演じるあの主人公が、どんな風に暮らしてどんな職業なのか?もうっすら解る部分があって、そこも凄く良いんです・・・
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/15 09:52   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> ですから原作を読んでいる場合は出来るだけ映画と原作は別物としないと。
そうなんですよねー。
なかなか難しいです。

とはいえども、最近原作よりも映画の方が良かったっていう珍しいケースも幾つかあって、それがどうしてなのか?は、自分でも分析??出来てないんです。
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/15 09:56   |  TOP ▲ |


ここのコメントを眺めていて、昔、角川映画で読んでから観るか?観てから読むか?というキャッチを思い出しました。
私もそうですけれど、本を読むときには自分の中である程度映像的なものを創造するんですよね。主要人物にいたっては具体的な俳優とか身の回りの人とかを当てはめていたりする。それが映画化されて自分のと違っていたら、がっかりするとか冒涜された気になるという印象は当然だと思います。思い通りにトレースされていたとしても、なんだか詰まらない(私はダン・ブラウンの映画化はそうでした)という感想を持ちます。小説の方がより自分の感性をフルに活かした、クリエイティヴな部分を使っているのでしょう。
私はこの映画でがっくりしたのはビートルズナンバーを斉藤和義がポールマッカトニーのフルコピーをしていることとその割には出だしのOnce there was a wayというところの thereを強く発音することに物凄い違和感を覚えました。劇団一人も映画の中で歌っているのですが、こちらは斉藤和義バージョンになってるし。
脱線しました。私は後で小説を読んだので映画としては結構良かったです。


真吉  【 編集】  URL |   2010/03/19 14:48   |  TOP ▲ |


真吉さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
> ここのコメントを眺めていて、昔、角川映画で読んでから観るか?観てから読むか?というキャッチ
懐かしいですね~。よく覚えています^^
真吉さんも、読んでから見る・・の場合、やっぱりがっかりされることあるのですね。
ダン・ブラウンの映画化は、そういう声が凄く多かったですね・・・。
ダビンチ~は、凄い宣伝を世界各国で展開したのにもかかわらず、、、小説の評価は高くても、映画は・・・って感じだったようで・・・。天使と悪魔は、インフルエンザ流行の時期と重なってしまったという運の悪さで興行成績に響いてしまったとか・・・。

> 私はこの映画でがっくりしたのはビートルズナンバーを斉藤和義がポールマッカトニーのフルコピーをしていることとその割には出だしのOnce there was a wayというところの thereを強く発音することに物凄い違和感を覚えました。劇団一人も映画の中で歌っているのですが、こちらは斉藤和義バージョンになってるし。
 そうなんですかー。私はビートルズの元ナンバーをほとんど知らないんですよ・・。
だからなんのきなしに見る事が出来ましたが、なるほどこの曲を良くご存知の方だと、凄い違和感があったことでしょうね・・・。

> 脱線しました。私は後で小説を読んだので映画としては結構良かったです。
そうでしたか。やっぱり、見てから読む、の方が2回楽しめる事が多いですよね♪
latifa  【 編集】  URL |   2010/03/20 10:30   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは!
原作の感想のほうも読ませてもらいましたが、
ひょっとして森田が生きている?って所にびっくり。
そうだといいんだけど★

>映画だと最後の方の展開が、無理だろ~~!
そうなの、あれだけの花火を仕掛けるのにも、
古い車をバッテリー替えただけで走らせるのにも、
突っ込み入れたくなった(≧▽≦)ノ☆
でも全体的にコミカルな味わいだったから許せました。

原作では、latifaさんはハラハラしたと書いてましたが、
コミカルさやほのぼのしたムードはありましたか?
YAN  【 編集】  URL |   2010/09/07 17:25   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは!
わわ・・・原作の感想の方まで読んで頂いたなんて、すいません(++)
多分死んじゃってると思うんですけど、森田さんって人が好きだったので、死んでないといいなぁ~って願いを込めて・・って事で(^^ゞ
映画だと、森田さんの良さが見てる側にあまり解らない気がしたのが惜しかったです・・。

> >映画だと最後の方の展開が、無理だろ~~!
> そうなの、あれだけの花火を仕掛けるのにも、
> 古い車をバッテリー替えただけで走らせるのにも、
> 突っ込み入れたくなった(≧▽≦)ノ☆
ですよねー。

> 原作では、latifaさんはハラハラしたと書いてましたが、
> コミカルさやほのぼのしたムードはありましたか?
そうだなぁ~、ちょこちょこコミカルな部分は散りばめられていましたよ♪

PS デビットボウイのコンサートに行った事があるなんて、YANさん、すごーーい!いいな~!
latifa  【 編集】  URL |   2010/09/08 08:52   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/857-a661811e

ゴールデンスランバー
Akira's VOICE (2010/03/13 15:04)
「よく出来ました」止まりだけど面白い。  


真実は闇の中で終わらせていいのか?!『ゴールデンスランバー』
水曜日のシネマ日記 (2010/03/13 15:10)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。首相暗殺事件の犯人にでっち上げられた男性の逃走劇を描いた物語です。


ゴールデンスランバー
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2010/03/13 16:19)
 『無実の男、首相暗殺犯に断定』  コチラの「ゴールデンスランバー」は、The Beatles最後のアルバム「Abbey Road」に収められている「Golden Slumber」をモティーフに仙台で凱旋パレードをしていた首相暗殺事件の犯人に仕立てられた男の逃走劇を描いた伊坂幸太郎の同


ゴールデンスランバー
LOVE Cinemas 調布 (2010/03/13 19:31)
伊坂幸太郎が2008年の本屋大賞と山本周五郎賞を受賞したベストセラー小説の映画化。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』と伊坂作品お馴染みの中村義洋。主演はこれまた中村監督の『ジェネラル・ルージュの凱旋』で共演した堺雅人と竹内結...


ゴールデンスランバー
映画、言いたい放題! (2010/03/13 19:55)
完成披露試写会に招かれて行ってきました。 舞台挨拶もあったのですが、 これが豪華メンバー! 中村義洋監督を始め、主演の堺雅人さん、 竹内結子さん、吉岡秀隆さん、劇団ひとりさん、 香川照之さん、濱田岳さん、渋川清彦さん、貫地谷しほりさん。 豪華!\(^0^...


『ゴールデンスランバー』
京の昼寝~♪ (2010/03/13 22:21)
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「ゴールデンスランバー」□監督・脚本 中村義洋□脚本 林 民夫、鈴木謙一□原作 伊坂幸太郎(「ゴールデンスランバー」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季       大森


何気ない思い出一つ一つが心をつなぐ ─ 映画『ゴールデンスランバー』 ─
Prototypeシネマレビュー (2010/03/14 12:18)
─ 映画『ゴールデンスランバー』 ─ 最近、やたらと伊坂幸太郎の原作小説が映画化されてますね。『陽気なギャングが世界を回す』『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』『フィッシュストーリー』、そして今作『ゴールデンスランバー』 個人的には予想以上に心に...


ゴールデンスランバー
心のままに映画の風景 (2010/03/14 17:46)
仙台。 宅配ドライバーの青柳は、金田首相が凱旋パレードを行う日に、大学時代の同級生・森田(吉岡秀隆)に呼び出された。 パレード中に爆発...


ゴールデンスランバー
めでぃあみっくす (2010/03/14 22:19)
びっくりした?いや~びっくりした!まさか「痴漢は死ね」という書初めと「ダンナさん、キャバ嬢と浮気してましたよ」という告げ口に泣かされるとは思いもしませんでした。やはり伊坂幸太郎先生と中村義洋監督のコラボは本当に素晴らしい!そして個人的にはキレ者だけどほ...


ゴールデンスランバー
だらだら無気力ブログ (2010/03/17 01:03)
2008年の本屋大賞や山本周五郎賞を受賞した人気作家・伊坂幸太郎の同名 ベストセラーを『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』 に続いて中村義洋監督が映画化。 仙台を舞台にある日、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられた男が、決死の 逃避行をする様をスリリ..


『ゴールデンスランバー』(2010)/日本
NiceOne!! (2010/03/17 16:08)
監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、貫地谷しほり、相武紗季、ソニン、大森南朋、柄本明、香川照之試写会場 : 東宝試写室公式サイトはこちら。<Story>首相の凱旋パレードが行われているそのすぐ近くで青柳(堺雅人)...


ゴールデンスランバー
★★むらの映画鑑賞メモ★★ (2010/08/10 00:33)
作品情報 タイトル:ゴールデンスランバー 制作:2009年・日本 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季 あらすじ:凱旋パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライ


ゴールデンスランバー(映画/DVD)
映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評 (2010/08/23 20:59)
[ゴールデンスランバー] ブログ村キーワードゴールデンスランバー(GOLDEN SLUMBER)キャッチコピー:無実の男、首相暗殺犯に断定事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲製作国:日本製作....


ゴールデンスランバー
RockingChairで映画鑑賞 (2010/09/07 17:28)
意外にもコメディ・タッチで、なかなか面白かった! 無数の伏線の張り方とその収束が上手いのなんのって。 この主人公、本当に真面目に生き...


DVD『ゴールデンスランバー』
みかんのReading Diary♪ (2010/11/17 21:18)
&amp;nbsp;凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられてい...


映画・ゴールデンスランバー
お花と読書と散歩、映画も好き (2010/12/17 22:00)
面白かった!ほぼ原作通りキャスティングもバッチリです無表情で幽霊みたいな警察の人間たち佐々木役の香川照之さん大男・小鳩沢役の永島敏行さんキルオ役の濱田君印象深かったです彼も伊坂幸太...


『ゴールデンスランバー』'10・日
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... (2010/12/30 09:54)
あらすじ首相の金田が、仙台市内で凱旋パレードを行うその日、数年ぶりに大学時代の友人・森田に呼び出された青柳は「お前、オズワルドにされるぞ」という忠告を受け・・・。感想本...


No.202 ゴールデンスランバー
気ままな映画生活 (2011/04/03 14:28)
【ストーリー】 山本周五郎賞を受賞した伊坂幸太郎の逃亡劇を、「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」でも伊坂作品の監督を務めた中村義洋が映画化。主演に堺雅 ...


| ホームTOP ▲ |