「時をかける少女」アニメ版と原田知世版の感想と、深町君を演じた君の現在
まずはアニメ版から。 天ぷら・キャベツの男の子は、あのままでいいのか~?!
00
以前一度トライして10分で挫折しちゃったのですが、サマーウォーズが面白かったのと、回りの方の評判も良かったので、再挑戦。
前回は、開始早々、主人公の女子が元気一杯テンション高いキャラで、男子2人とその子と3人で、いつもつるんでる・・・って設定で、なんか見る意欲が無くなったんです・・・。

今回もやっぱり、どうせ男子2人からモテちゃうって話なんでしょ~?と思いつつ鑑賞。結果から言えば、面白く見ました。テンポも良かったし、ダレたり飽きるとかなかだるむシーンも無かった。でも、つっこみどころはあちこちあったけれど(普通、自転車のブレーキが壊れてるのに、ずっと気がつかないなんて事は無いよな~とか・・)。

でも一番良かったのは、高校の頃の夏休み前の季節のあの感じとか、学校の匂いとか空気とか、踏切前の商店街、川の側の土手の感じとか、古い造りのお家とか、そういった風景がすごく良かったですね。サマーウォーズでも懐かしい日本の田舎の風景が凄く好きだったのですが、こちらでもそういう部分が凄く好きでした。3つ☆

で、内容ですが、バタフライエフェクトっぽい内容だったんですねー。
でもね、バタフライエフェクトの1を愛する者としては、時をかける少女よりも、バタフライ~の方が好きです。というのも、バタフライは、自分の為じゃなく、いつも誰かを助けたい、という気持ちからなんですよね・・・。

で、こちらの時をかける少女ですが、何度でも簡単に戻れるならば、なんであの調理実習時に変わってもらった男の子を助けないんですか・・・? ここ、すんごく気になっちゃったな・・・。

★以下ネタバレです 白文字で書いています★
謎なのは、チアキに告白されて、こりゃやばい!友達でいられなくなっちゃう!って焦って回避するのに、ラストの方で、好きって、オイ!!!どういうことなんだ~~?
それと、チアキが未来で会えるから、と言って、去って行きます。これは後で家族と話した結果、チアキはきっとマコトの親類(孫とか、、)なんじゃないか?って事になりましたが・・当たってるんだろうか・・・
以上

時をかける少女 (2006/日)
監督 細田守 原作 筒井康隆 美術 山本二三 音楽 吉田潔
出演 仲里依紗 / 石田卓也 / 板倉光隆 / 原沙知絵 / 谷村美月 / 垣内彩未

///////////////////////////
元祖「時をかける少女」 原田知世版
00

1983年の映画なのですが、私が感じたのは、この時代(私も高校生でした^^)こんなにレトロだっただろうか?!ということです。話し方とか全体的な雰囲気が・・・。知世ちゃんがご近所に行く時、下駄をはいているのには、嘘だろ!?と突っ込んじゃいました。君、かしら・・、言ってごらん、などの日本語がとても品が良いのですが、こんな話し方は私の回りではしてる人はいなかったな・・・。

そして、なんと言ってもこの映画、すれた処の全く無い、純粋でウブな女子高生の知世ちゃんが、とっても可愛いです!!!でもこれを見た方々が、昔の女子高生はみんなこうだったと思うのは残念ながら違っていて・・・。当時も、今でいうギャル系タイプや、冷めたタイプやら・・が沢山いたのでした(^ー^)
今、もうこの年になって見ると、なんって可愛い少女だろう!!と楽しんで見れたのですが、83年当時は「こんな女子高生、幻影だぜ・・」と思っていたのを思い出しました・・・。すいません・・。

あと、舞台になった尾道なのかな?の瓦屋根の古い街並や、酒屋など、古き良き日本の風景も良かったですね~。そして、若き日の岸辺一徳さん、根岸季衣さんが先生役で出ていらっしゃいます。根岸さんはショートパンツの太腿がっ!!知世ちゃんのブルマー姿もウォ~^0^ですが、根岸さんもピチピチしていらっしゃいます♪ とはいえ、知世ちゃんと尾見君は現在もあちこちでご活躍中で、よく見かけるせいもあってか、あまり変わってないなぁ~という印象ですよね。2人ともこの頃から演技がなかなか上手です。

映画を見終わった後、深町君を演じた良一君は、今どうしているんだろう・・・と、ちょっと検索して、びっくり!!
生年月日は1964年1月産まれで、慶応高校在学中に「ねらわれた学園」の薬師丸ひろ子相手役オーディションに合格(1981年1月31日)、慶應大学法学部政治学部卒業までは映画やドラマで活躍するも、卒業後は、角川書店に入社、赤川次郎、北方謙三、吉本ばなななどを担当する編集者さんに!! その後角川を退社し、1994年にニッポン放送に入社、現在は総務部副部長さんになっておられるとのこと!!カッコイイ編集者さんということで密かに有名だったそうですが、きっと現在も素敵な40代になっておられるに違い無いですね☆ いやぁ~ 映画以上になんか感慨深いもんがありました・・・。
良一さんご自身のHP 写真が無いのが残念!!

時をかける少女 (1983/日) 監督 大林宣彦 原作 筒井康隆 音楽 松任谷正隆
出演 原田知世 / 尾美としのり / 高柳良一 / 岸部一徳 / 根岸季衣 /上原謙 / 入江たか子 /

2010年の仲さん版と、この2つと全部を見終わってみて、どれもそれぞれ面白かったです。出来ることなら、2010年版に、良一さんがちょこっと出てもらえたら・・・素晴らしかったのにな、、って思いました。
【2010/04/05 10:28】  コメント(17) | トラックバック(6) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「南極料理人」良かったです☆ | ホーム | 「第9地区」なかなか面白かったです>>
コメント

こんちゃ^^
TB間違えて実写版を打ってしまったので削除してくださいませ。^^;
さてさて、このアニメ版。私は大好きなんですが、でもlatifaさんが言うようにタイムパラドックス的な矛盾点は公開当時から結構話題になっていたようですね。観終わってあちこちのサイトですっごい議論されてるのをみて、感心しちゃいました。(笑)
KLY  【 編集】  URL |   2010/04/05 11:49   |  TOP ▲ |


アニメ版の主人公は今時の女子高生って感じで私は凄く共感が持てましたよ。
というか、あの調理実習の冴えない男の子を助けるほどの優しい10代の女の子って、少なくとも10年くらい前から皆無ですもん。

原田知世さんみたいな見た目の、中身も素晴らしい女の子って今では幻ですよ。
それよりもアニメ版の真琴ちゃんのような等身大っぽさが、私には10代の内面を巧く表現していると思いました。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2010/04/05 20:51   |  TOP ▲ |


お邪魔します~~
良一さんの現代の活躍に驚き・・
情報ありがとう・・・。
意外だったな・・・(失礼)
どうしたのかな・・・と気になっていたもので、ココで知ることができ
うれしかったです。(別に好きではなかったけれど、あの当時のことなので気になるじゃん)
<83年当時は「こんな女子高生、幻影だぜ・・」と思っていたのを思い出しました・・・。>
うふふ・・・、面白いよ・・・ここ。私は前にも書いたかもしれないけれど
知世ちゃん好きでこれもビデオ持っているんだけれど、それはきっと当時
夢見たいな♪・・・という気持ちが大きかったから好きなのかなと思っているよ・・笑  そうそう、現実的じゃなかったものね。
私も全然ああじゃあないしさ~~笑
当時は台詞も棒読みで、特撮もビックリだし、ラストで寝ていた知世ちゃんが起き上がって歌いだしたりと
ツッコミどころ多い内容だったけれど
いろんな思いがあるので愛おしいです。
記事にしてくれてありがとう。
ではではまたね・・・
明日は入学式なんだ。latifaさんは終ったのかな・・・★
みみこ  【 編集】  URL |   2010/04/06 08:33   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは^^
サマーウォーズと、これと、どこか通ずる部分があって、好感持ちました。
サマ~を見る前は、時かけのアニメは、今時のアニメなんだろうな(自分で書いておいてなんですが、今時のアニメって、どういうのか具体的には表現出来ないんですが・・(^^ゞ)って思っていたら、私にも馴染めて楽しく見れたので、嬉しかったです。

>タイムパラドックス的な矛盾点は公開当時から結構話題になっていたようですね。観終わってあちこちのサイトですっごい議論されてるのをみて、感心しちゃいました。(笑)
 やっぱり、そうでしたか。1回見ただけじゃ????だったのですが、そんな中、KLYさんのレビューはとってもその解釈の助けになりました!ありがとうございます☆
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/07 08:23   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> アニメ版の主人公は今時の女子高生って感じで私は凄く共感が持てましたよ。
そうなんですかー。
私は、あまり共感は出来なかったかな、年齢的にも違うけど、性格的にも、ちょっとわからない女子でした(^^ゞ
3つの作品の中では、2010年版の仲さんだけは、共感しやすかったです。

> というか、あの調理実習の冴えない男の子を助けるほどの優しい10代の女の子って、少なくとも10年くらい前から皆無ですもん。
 え~~っ・・・そうなんですか?
家は15才の娘と見てましたが、そこは助けるでしょう?普通・・って話しながら見てました。

> 原田知世さんみたいな見た目の、中身も素晴らしい女の子って今では幻ですよ。
私が男子だったら、ああいう女子は最高に萌えます^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/07 08:42   |  TOP ▲ |


★にゃむばななさん★
何故か、にゃむばななさんちに、書き込みが出来ません(T_T)
違う記事に2度づつトライしたのですが・・・。以前にも何度かそういう事があったような・・・とりあえず、ここにコピペさせて下さい。すいません!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先ほど、原田版の方に書き込みしようとしたら、何度やってもエラーで出来なくて・・・。こちらで再度挑戦です。

こんにちはー!わ~(^○^)記事があったんですね。嬉しいな~。
アニメ版の方は沢山の方がレビューを書いているのですが、こちらの原田版は滅多に無いので。

>優等生タイプの芳山和子と現代の等身大の女の子である紺野真琴との違いでしょうか
 確かに。
私は、静のイメージの女子が好きなので、和子ちゃんの方が断然好きですね。
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/07 08:49   |  TOP ▲ |


みみこさん~こんにちはー
良一さんの情報に反応してくださって、ありがとう~~^^
私は彼の事は全然覚えてなかったんだ。この映画以外にも出演されていて、その映画って昔私は見たことがあったのにね・・・。
でもね、この時かけ~を今回初めて見たけど、高柳さんが画面に出て来たとたん「2枚目オーラ」がバシっと漂っていて、彼がメインの男子だな、きっと・・・ってすぐ解ったわ。
顔をまじまじと見て、髪型とか服装がレトロなだけで、基本の造りはやっぱりイケメンだな~って思ったし、背も高くてスタイルも良いし、きっと今いたとしても(今は今なりのファッションとかになるわけで)カッコイイって言われてたにちがいない、って思ったんだ。

うん、うん、覚えているよ。みみこさん、知世ちゃん好きだったって言ってたもんね?
今更見て言うのもなんだけど、こりゃ~ホントに可愛いわ。少女性とノーブルさを合わせ持ってる感じっていうかね。気高い感じで素敵だよ~。今、こういう雰囲気のある女優さんっていないね・・・。

そうなんだよー。昨日入学式だったの。で、さっそく今日からお弁当!
バタバタして落ち着かないわ~。早く新しい環境に親子ともども慣れて、これが通常ペースになって欲しいー。みみこさんちの娘さんは、どうかな?クラスとか学校の雰囲気とか、楽しく通えそうかな^0^ 早く6月くらいになって、落ち着きたいねー。
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/07 09:02   |  TOP ▲ |


おっ、観ましたね。ではアニメ版のみコメントを。

前にも話したと思いますが、私的には名作『カリオストロの城』を抜いてベスト1となりました。最初は「どーせ」と思い無視してましたが、何かのキッカケでレンタルして観るやいなや、1週間の期限中ずっとBGM代わりで流し続け、ついにはオークションで初回限定版DVDを落札したぐらいです。もちろんサントラも持ってます。

おっしゃる通り背景が美しい!アニメならではでしょう。特に土手の彼方に見える高架道路の車のゆったりした動きには驚きました。
キャラクターも魅力的で、真琴の友人ユリや妹なども重要なアイテムだったと思います。
それからエンディング・テーマですね。奥華子さんの『ガーネット』という曲ですが、幸運にも生で本人の演奏する歌が聴けたのです(実は私、そのような仕事をしているので・・・)

と、まあ話しはつきませんが、とにかく面白く観て頂いて良かったです。
NARCY  【 編集】  URL |   2010/04/08 00:45   |  TOP ▲ |


お~!
さすがLatifaさんどちらも鑑賞されたんですね☆
あの、消火器ぶっ放しの男子の声は
アシタカ様の声をやってる方と同じらしいですよ(笑)
ちょっとショックでしたw

>ラストの方で、好きって、オイ!!!どういうことなんだ~~?

最初マコトはチアキへの恋心に気づかないフリをしてて(友達じゃいられなくなるから)、
というか恋だと認めたくないとか、
どういう気持ちが恋なのかイマイチよく分かってない感じだったと思うのですが、
チアキがいなくなると分かって初めて自分の気持ちに気づいて素直になれたのかなって解釈しました。
しかし、マコトが女でチアキが男って、名前ややこしくないですか?笑

『未来であおう』、意味深ですよね。
チューしちゃうのかと思いきやー・・
のシーンだったので身悶えました!!w
  【 編集】  URL |   2010/04/08 16:22   |  TOP ▲ |


NARCYさん、こんにちは!
> 『カリオストロの城』を抜いてベスト1となりました。
そうなんですかー。カリオストロは、もう何度も家で、ですが見かけています(ちゃんと見たのは1回なんですが、同居人達が好きならしく、放映されるたびにTVのチャンネルがついています)

ところで、このアニメ版、初回DVDを落としちゃうまでのファンになられていたんですねー。
> おっしゃる通り背景が美しい!アニメならではでしょう。特に土手の彼方に見える高架道路の車のゆったりした動きには驚きました。
 私もあの高架道路は見てました!!細かいところまで、ちゃんと仕事やってるなあ・・・と感心した部分です。

> 奥華子さんの『ガーネット』という曲ですが、幸運にも生で本人の演奏する歌が聴けたのです(実は私、そのような仕事をしているので・・・)
 うわ~~!!それは、それは・・・(^▽^)凄いラッキーですね。
でも、NARCYさんは、そういう関係のお仕事をされているなんて、羨ましいなー!!!色々なアーティストさんの歌とかを聞けるチャンスや、生芸能人(すいません、ミーハーで)を目前で見れるなんて・・・・!
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/09 08:47   |  TOP ▲ |


Cさん、こんにちは!
> あの、消火器ぶっ放しの男子の声は
> アシタカ様の声をやってる方と同じらしいですよ(笑)
え~~~っ!!!!それはショックだな・・・(^^ゞ 私はジブリアニメの中では、アシタカがかなりお気に入りキャラなので・・・。
でも、面白い情報をありがとうございまーす☆ さっそく家族に報告、みんなを驚かせてウハハハになりました。 

> 最初マコトはチアキへの恋心に気づかないフリをしてて(友達じゃいられなくなるから)~~~中略~~チアキがいなくなると分かって初めて自分の気持ちに気づいて素直になれたのかなって
 おおおお~~(^▽^)拍手!!!すごい納得。そういうことって、確かにある!!

> チューしちゃうのかと思いきやー・・
> のシーンだったので身悶えました!!w
そーなんですよ!!!あれは、絶対キスシーンだろうな?と、来るぞ、来るぞ・・・と思ってたら、はぐらかされて、キャー!!でした^^ とってもあのはぐらかされ方は好きでした。
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/09 09:04   |  TOP ▲ |


多分コメントがカキコできない理由は顔文字の口の部分、○があるためだと思います。
迷惑コメント対策として○のカキコを禁止させてもらっているので。

ご迷惑お掛けしてすみません。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2010/04/09 18:16   |  TOP ▲ |


latifaさんおはようございます♪
なるほどー
アニメは確かにテンション高めの高校生でしたね。終わった時は、小説との違和感を感じながらも、主人公に愛着が湧いている感じを思い出しました。

尾道ロケの原田さんのが一番印象的です。SF小説のありそうで、現実にはない要素がタイムスリップだけではなく、現実にはなかなかいないけど、「こういう女性に恋したい」という要素も大林作品には感じるところがありました。「さびしんぼう」の冨田靖子の向島に住んでいる高校生の役柄もそうだったと思います。
随分前になりましたが、シーンを思い浮かべながら尾道でロケ地を回るのも面白かったです。
存在する音楽  【 編集】  URL |   2010/04/10 08:14   |  TOP ▲ |


にゃむばななさんこんにちは!
お知らせ、すごく助かります。ありがとうございます!!
了解です。顔文字の○がダメだったのかもしれませんね。それは全くノーマークでした!
次回からは、注意して書き込みしてみます^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/10 18:04   |  TOP ▲ |


存在する音楽さん、こんにちは!

アニメの主人公って、テンションが高めになってしまうか?もしくは、すごーく暗いかのどっちかになっちゃう気がします・・・。あ、でも私が普段アニメを見慣れていないせいで、そう感じるだけなのかもしれません・・・。

> 「こういう女性に恋したい」という要素も大林作品には感じるところがありました。
確かに!! いそうでいない(すごい美人ってわけじゃなく、むしろ身近にいそうなんだけど、いない美しい少女、、気高さ?みたいなのを感じる知世ちゃんでしたよね^^)

>「さびしんぼう」の冨田靖子
す~~~~んごく好きです。もう、こういう女子は、ドツボです。可愛いですよねー。もうあの表紙の(ポスターかな?)富田靖子さん、ほんっとに可愛かった・・・。当時見て、一目惚れって感じです(同性だけど・・)
と、言ったものの、なんと映画はまともにちゃんと見てないんですよ(爆)

> 随分前になりましたが、シーンを思い浮かべながら尾道でロケ地を回るのも面白かったです。
キャー!!!そんな素敵な事、されたことがあったんですね。すごい羨ましいな。
かねがね、行ってみたいと思いつつ、行ったことがないんです。是非私もいつかそんな旅をしてみたいです。
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/10 18:09   |  TOP ▲ |


これは二つとも好きです。
原田さんは、薬師丸さんに比べ、イメージがいつまでも変わらないですよね。
しかし、相手が尾見としのりさんか、といつも(何回もテレビで見た)思っていました。
最近作られたのでは、中尾明慶さんかな?
深町くんだっけ。
それも・・・何か、線が細い感じのはかない顔つきの人がいいかなって思っていたから・・・まあ、中尾さん、すごく何やっても上手だけど。
DVDになったら拝見します。

アニメ版は、まあ、

>でもね、バタフライエフェクトの1を愛する者としては、時をかける少女よりも、バタフライ~の方が好きです。というのも、バタフライは、自分の為じゃなく、いつも誰かを助けたい、という気持ちからなんですよね・・・。

同感です。そうよね~、いいのを見てしまうと、欠点が目に付きますよね。
でも、同じ題名で作るっていう度胸とか、細かいとこはおいといて、大まかに筋は通るタイムパラドクスものを作った、という点で、とても好感を持ちました。
あと、細かい感情の揺れとか、あのハイテンションからこうきたか、ってとても興味深かったです。

今雨が沢山降っているんですが、桜が全部散ってしまいそうです。
桜が散ると、仕事場に飾ってある、作り物の桜を撤去しなくてはならず、(すごく多いんです・・・)しなければならないことが山積みで、「・・・」って感じです。
こいのぼり絵本のことは覚えていたんですが、母の日をすっかり忘れていて・・・あちゃ~、って感じで。



牧場主  【 編集】  URL |   2010/04/12 18:30   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
> 原田さんは、薬師丸さんに比べ、イメージがいつまでも変わらないですよね。
原田さんは独身なんだっけ・・?すごい若いですよねー。でもね、あの手の顔立ちの人って老けにくいのよ。小作りなパーツの人達・・・。
薬師丸さんとか、パーツ(特に目)のでかい人は、目の回りがやっぱりシワとかどうしてもなっちゃう・・・。

> 最近作られたのでは、中尾明慶さんかな?
> 深町くんだっけ。
あのね、深町君の役は別の方が演じています^^ 好みのタイプではないけど、一般的に誰が見ても2枚目の、ちょいとダンディなおじさまって感じの人。
で、中尾君は、前作とかアニメ版とか、全く無関係な、一般人の大学生って役なのです。
いつか、DVDで見てみてね。お薦め・・は、あんまりしないけれど・・・(^^ゞ
私なら、深町君は、ARATAさんとか、福山さんみたいなイメージだな~。すらっとしていて浮世離れした・・・。

牧場主さんもアニメ版はごらんになられてたのねー。
あの最後にチアキが近づいて来て、キスするか?と思ったら、うわ~~しなかったのね?!っていう展開が、意外感たっぷりで私はやられた~~って思ったんです☆

> 桜が散ると、仕事場に飾ってある、作り物の桜を撤去しなくてはならず、(すごく多いんです・・・)しなければならないことが山積みで、「・・・」って感じです。
> こいのぼり絵本のことは覚えていたんですが、母の日をすっかり忘れていて・・・
 そうかあ・・・・。季節、季節で、作ったものを下げる・・という仕事もありますもんね。作って飾るのよりも、むしろ片づける方が大変かも・・・。気持ち的にもせっかく作ったのになあ・・・ってのあるし・・。
その後、お仕事の方いかがですか・・・? お嬢さんのクラスのメンバーとかどうですか・・・?今度の担任はどうかな・・・?
latifa  【 編集】  URL |   2010/04/12 22:01   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/868-702c3d25

時をかける少女(2010)
LOVE Cinemas 調布 (2010/04/05 11:43)
言わずと知れた筒井康隆の不朽の名作を今再び映画化。母の代わりにタイムリープした主人公の切ない恋の行方を描いた青春ドラマだ。主演は2006年のアニメ版『時をかける少女』で主人公・真琴の声を演じた仲里依紗。共演に『ROOKIES -卒業-』の中尾明慶、安田成美。監督...


時をかける少女(アニメ版)
LOVE Cinemas 調布 (2010/04/05 11:45)
これまでも何度も映像化されてきた筒井康隆の同名小説をベースとした作品。とある事から過去に時間を遡る能力“タイムリープ”をみにつけた少女の物語です。監督は『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 』の細田守。キャラクターデザインは「エヴ


時をかける少女
Akira's VOICE (2010/04/05 14:54)
軽やかにジャンプしたくなる青春映画。


時をかける少女
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2010/04/05 17:35)
 『待ってられない 未来がある。』  コチラの「時をかける少女」は、7/15公開になったアニメ映画なんですが、何だかアチコチでかなり評判が良いみたいなので、思わず観て来ちゃいましたぁ~♪なかなか面白かったですよ~っ!  実を言うと筒井康隆の原作も読んだ事がな...


時をかける少女
めでぃあみっくす (2010/04/05 20:52)
筒井康隆先生原作のアニメ版『時をかける少女』。私は原田知世主演の実写版を未見のままで本作を見ましたが、言葉が出ないくらい素晴らしく、クオリティーの高い映画でした。 時間を逆のぼれるタイムリープという能力を得た女子高生・真琴。当初はカラオケを延長料金払...


『時をかける少女』(1983)
めでぃあみっくす (2010/04/05 20:55)
日曜深夜に1983年製作の原田知世主演の実写版『時をかける少女』を放送していたので、未見だったこともあって見てみました。大人の原田知世さんは本当にきれいな方ですが、少女時代もかわいらしい方だな~と思って見させてもらいましたよ。 アイドル映画ということもあ...


| ホームTOP ▲ |