「白いリボン」感想
00
いかにもハネケ映画に出て来そうな顔立ちの少年だわ↑
「白いリボン」というのは、罪を犯した子供たちの腕に巻く白いリボンのことなんですね・・・。
全編モノクロ画像が印象的です。雪のシーンとか、時々美しいショットがありました。
ハネケ映画ってことで、ドキドキしながら見たけれど、直接的な表現は少なかったけど、映画全体を覆う重苦しい雰囲気や、ただならぬイヤ~な空気感が漂ってました。
犯人は誰なのか?というのはハッキリ解らないまま、色々な事件が起きます・・。
この後、ナチス支配の世の中に入って行くんだなぁ・・・というのを見ている側は知りつつ見るわけなんです。
事なかれ主義や隠蔽、一部の富める者と大勢のその他一般の者、虐待・・などなど・・・、現在の私達の暮らす世界と似ているんですよね・・・。
唯一、男性教師の純朴な?恋物語が織り込まれていて、そこだけ、ほっとしました。
ダークな雰囲気ながら、飽きる事なく最後まで見せてもらいました。3つ☆半

白いリボン(2009)
DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE  THE WHITE RIBBON
監督 ミヒャエル・ハネケ
出演 クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、ウルシーナ・ラルディ
【2010/12/10 16:25】  コメント(12) | トラックバック(13) | ドイツ・デンマーク
TOP ▲HOME
 
<<「アジョシ おじさん」感想! | ホーム | 「湖のほとりで」「ザ・バンク 堕ちた巨像」感想>>
コメント

これ見たことないです~!
新しい映画なんですね!
全編モノクロなんですね?
モノクロは苦手だけど、
これは見てみたい気がしてます!
ってか見てみようと思います!

昨夜はコメディの
(2008)フォー・クリスマス Four Christmases【米】
[セス・ゴートン監督 リース・ウィザースプーン/ヴィンス・ヴォーン】
を見ました!
面白かったけど それほど気にいる作品でもなかった(笑)
ただヴィンス・ヴォーンの太りっぷりには驚いたけど・・・
海外の俳優さんってホント太る人多いですよね~・・・
今日は
(1985) クリスマスに届いた愛 One Magic Christmas【加・米】
[フィリップ・ボーソス監督 メアリー・スティーンバージェン/ハリー・ディーン・スタントン]
を見ようと思ってます!
シーズンなんでクリスマスものを今のうちに見ないと
来週は色々忙しくて見れないですからね。
昨日今日とゆうたんは義父母の家なので絶好のチャンス!
めぐ  【 編集】  URL |   2010/12/19 20:05   |  TOP ▲ |


めぐさん、こんにちは。
いやぁ・・・これ・・・あまりめぐさんにオススメしたくないような気持ちです・・・。
体調が良くて、凄い精神的にも元気な時じゃないと、なんか、どーーんと暗くなりそうな感じ・・・

> (2008)フォー・クリスマス Four Christmases【米】
> (1985) クリスマスに届いた愛 One Magic Christmas【加・米】
知らない・・・。
ほんとめぐさんが紹介してくださる映画って、知らない事が多いわー。
勉強になるー。いつも年代や、詳細を書いてくれるから、検索しやすいし、ありがとう!
めぐさんは、アメリカものの映画とか、コメディものとか、すごく詳しいよねー^^
ヴィンス・ヴォーンさんって人も知らないよ~~アタフタ・・・(^^ゞ

> 昨日今日とゆうたんは義父母の家なので絶好のチャンス!
そうなんだー。ホントにお泊まりの頻度が高いよね?
嬉しいような、微妙な様な・・・(^^ゞ
latifa  【 編集】  URL |   2010/12/20 10:01   |  TOP ▲ |


latifaさんこんにちは☆

>いかにもハネケ映画に出て来そうな顔立ちの少年だわ

ほんとそうですね、
ハネケのは全部観てるけど、これは直接的なシーンは鳥の殺害だけでしたけど陰湿な空気が画面から伝わり
ハネケ!って感じ(笑)
もう一度観たいんだけど年内あと4本観る予定、時間あるかなぁ、、、、
もう今年も終わっちゃいますね、、、
latifaさんのベストはいつ頃かな?
私も楽しみにしてます♪
mig  【 編集】  URL |   2010/12/20 16:17   |  TOP ▲ |


正直愉快にはなれない、というかむしろ不快な作品だよねぇ。でもまあそれがハネケなのかな。韓国映画とかとはまた違った形で、人間の心の奥に潜む闇とか醜悪なものを描き出しているんだろうと思いました。あまり激情型でないだけに余計怖いという気もしますけど。あ、韓流の感情が迸る様なのも好きなんですけどね。(笑)
KLY  【 編集】  URL |   2010/12/20 16:53   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは!
migさん、全部ハネケ作品見てるっていうのは凄いわ~。私もまだ見てないのが幾つかあるから、見たいんだけど、なかなかレンタルショップに置いてないのもあるのよ。
鳥のシーン、印象に残ってます・・。
動物の死といえば、豚だったかな・・・ベニーズビデオ?冒頭でズドーンと来るやつ、あれも凄かったですよね。

>年内あと4本観る予定、時間あるかなぁ
そりゃ忙しいですね! お家でDVD4本見るのと、映画館で見るんじゃ全然違いますもん。
latifa  【 編集】  URL |   2010/12/21 18:52   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
> むしろ不快な作品だよねぇ。でもまあそれがハネケなのかな。
ですねー!!まさに、ハネケ作品を一言で言うと、そういう感じ。
でも、見たくなっちゃうという・・困った魅力がありますよね。

>韓国映画とかとはまた違った形で、人間の心の奥に潜む闇とか醜悪なものを描き出しているんだろうと思いました。あまり激情型でないだけに余計怖いという気もしますけど。あ、韓流の感情が迸る様なのも好きなんですけどね。(笑)
 言えてますねー!!韓国のは、じとじとっと湿度が高くて、ハネケのはちょっと冷たくシャープというか、乾燥してる感じかな?
私も両方好きです^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/12/21 19:00   |  TOP ▲ |


去年のうちに観ておくんだったと後悔しきりの傑作でした。
見ていたら間違いなく昨年のマイベスト10入りしたのになあ~。
もうあのいや~な感じの空気を出させたらこの監督さんは天才ですよね。
なのに映像は美しくて。
モノクロ映像が活きてましたね。こんなにドロドロした人間模様を描いているのに、格調高くすらありました。
ただよく判らなかったのが、あのドクターと助産婦とその子供はどうなったんでしょう?
事件の犯人とかそれぞれ示唆されていましたが、ここだけ顛末がまったく判らなくて……
まあ事件をはっきりさせる映画ではないとは思いますが、気になります。
リュカ  【 編集】  URL |   2011/01/18 00:51   |  TOP ▲ |


リュカさん、こちらにもありがとうございます^^
そうっかー、これ、リュカさんは凄く良かったんですね?
今見ちゃうと、2011年の12月まで、まだ1年弱あるから・・・。ベスト映画選出の時期には、かなり昔に見た感覚になっちゃって、若干損なんですよねー(^^ゞ

> もうあのいや~な感じの空気を出させたらこの監督さんは天才ですよね。
そうそうw モノクロが良い感じに、あのイヤな感じを更に際立たせてましたよね。

> ただよく判らなかったのが、あのドクターと助産婦とその子供はどうなったんでしょう?
どうなったんでしょうね?私も気になります。
色々な事件が起こって、でもこうなった!っていうのは示されてない系映画でしたね。ハネケ作品って、そういうあやふやというか、ハッキリしないのが多いですよねー。
latifa  【 編集】  URL |   2011/01/19 09:05   |  TOP ▲ |


こんばんは。

ハネケさんにしては、控えめな描写でしたね(笑)
それでも十分末恐ろしくなりましたが…。
オリーブリー  【 編集】  URL |   2011/01/21 23:34   |  TOP ▲ |


オリーブリーさん、こんばんは!
> ハネケさんにしては、控えめな描写でしたね(笑)
> それでも十分末恐ろしくなりましたが…。
うん、うん。
ギャッ!ってシーンは、少な目だったかな・・。
でも、何か来るぞ、来る、来る・・って身構えて見ちゃったわ。
実際は、それほど身構える必要は無かったのだけれど(^^ゞ でも充分怖かったですね。
latifa  【 編集】  URL |   2011/01/22 18:39   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは!
最近、更新が滞ってますが、腱鞘炎がまた良くないのかしら?

この作品、賞を獲ってるし評判も高いようだけど、
私は、わざと出しているであろう不快感が苦手で、
もう一度観直そうと言う気にはならない作品だったな。。。(^^;

結局latifaさんの言うように、
ナチス支配の世の中に限らず、現在にも通じる世界でしたね。
白いリボンって純粋無垢の象徴って言うより、
行き過ぎた抑圧の象徴のようで、やっぱり皮肉が上手い監督です。

YAN  【 編集】  URL |   2011/07/22 16:50   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは!
あれっ?メールの方では確かにYANさんの文章見れたのに(コメントが届くと、メールが届くようになっていて、内容も見れる設定なの)何故かブログの方には届いてないのよ。
勝手に、YANさんの名前でコメント載せちゃった。後で重複したら片方消しますね。

いやいや、元気なんですよ^^
すっかり、なんだか理由もないんだけど、更新止まっちゃってて、心配してくれて、ありがとうです☆

>わざと出してあるだろう不快感
爆笑!!
すごいズバリな表現♪
この監督さん、そういうの好きよね~^^
私ももう一回見たい作品ではないなぁ~。
でもハネケ監督の映画の毒は、嫌いじゃないわ。
latifa  【 編集】  URL |   2011/07/22 16:55   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/869-28844ce4

不可解な事件
笑う学生の生活 (2010/12/19 00:51)
9日のことですが、映画「白いリボン」を鑑賞しました。 第一次世界大戦前夜のドイツ北部のある村 そこで不可解な事件が次々と起こり・・・ なんだろうか ジワジワと感じる恐ろしさというのか 事件の犯人は誰か? なぜ起きたのか・...


白いリボン
LOVE Cinemas 調布 (2010/12/20 16:55)
『ピアニスト』『隠された記憶』のミヒャエル・ハネケ監督最新作。昨年のカンヌ国際映画祭のパルム・ドール授賞作品だ。第一次世界大戦直前の北部ドイツの村を舞台に次々と起こる不可解な事件と、そこに暮らす人々の心の闇を描き出す。出演は『善き人のためのソナタ』のウ...


白いリボン
ひでの徒然『映画』日記 (2011/01/12 23:26)
Comment: 辺境の村で起きる怪事件の数々。 その年のカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督の作品です。 全編モノクロによるこの作品。浄化の「白」に潜む悪意の「黒」を...


白いリボン
菫色映画 (2011/01/18 00:52)
The White Ribbon [DVD] [2009]by G-Tools 白いリボンから解き放たれるには。 ネタバレ有りです。 その村はひとつの悲劇を皮きりに、歪に形を変えていった。 ドクターが落馬で重症を負っ ...


映画「白いリボン」その白いリボンが象徴するものは?
soramove (2011/01/23 19:27)
「白いリボン」★★★★ クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、 フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ、ブルクハルト・クラウスナー出演 ミヒャエル・ハネケ監督、145分、2010年12月4日公開、 2009,ドイツ、オーストリア、フ


『白いリボン』 恋の行方も?
映画のブログ (2011/01/30 12:20)
 【ネタバレ注意】  涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こ...


『白いリボン』
・*・ etoile ・*・ (2011/02/04 00:35)
'10.12.22 『白いリボン』@銀座テアトルシネマ rose_chocolatさんのお誘いで見に行く! 共通のお友達migちゃんが大好きなハネケ作品。気になってたのでもちろん行く! *ネタバレありです 「第一次世界大戦直前のドイツの小さな村。ある朝、村でただ1人の医者が何者かに...


白いリボン(2009)☆★DAS WEISSE BAND
銅版画制作の日々 (2011/02/07 23:55)
美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音 京都シネマにて鑑賞。公開2日目でしかも日曜日、その上第1回目の上映ということもあってか、多くのお客さんでロビーは賑わっていました。1時間前に行ったのですが、すでに64番目。 ハネケ監督作品がカンヌでパル...


映画『白いリボン』を観て
KINTYRE’SDIARY (2011/02/28 23:18)
11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1月15日、新...


『海の沈黙』『白いリボン』:モノクロ、ドイツ、戦争の2本立て @名画座
りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど (2011/05/22 22:42)
キネカ大森にて鑑賞です。名画座としてはトップクラスのラインナップを連発している感があります。 鑑賞から1週間、じっくりレビューを書こう・・・と思いましたが、映画の出来栄えをうまく伝えられるか、自信がありません。 とはいえ・・・


白いリボン
いやいやえん (2011/06/30 09:58)
「美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音」…観る人を不快にさせる作品を作る奇才ミヒャエル・ハネケ監督の新作。 決して万人受けする作品ではありませんし、結局なんだったのといわれればそれまで。でもまるで本当にあったことのような錯覚に囚われてしまうほ...


白いリボン
RockingChairで映画鑑賞 (2011/07/22 16:29)
2009年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。 私はどうもこれまでハネケ監督とは相性が良くないのよね・・・(- -;) でも今作は、やっぱり後味は良くないけれども、 伝えたい事の雰囲気は何となく伝...


白いリボン
こわいものみたさ (2011/07/29 18:06)
『白いリボン』  DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGE 【製作年度】2009年 【製作国】ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 【監督】ミヒャエル・ハネケ 【出演】クリスチャン・フ...


| ホームTOP ▲ |