「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」あらら・・・・
は??という感じで終わってしまいました。2つ☆
ただ、あの変なオブジェは、すごいな・・と思った。あの作品は、虫歯があってはいけないね(^^ゞ
00
デビュー作の「青いパパイヤの香り(1993)」より、トラン・アン・ユン監督には注目していて、その後全部見て来ているんですが・・・残念。これなら「シクロ」の方がもっと出来が良かった気がする・・・。
とはいえ、予告編で、香港のビルを下から写した空間が十字架に見える!ってショットでは、これは期待出来そう!って思ったんだけどね・・・。
元々、雰囲気先行アート系ミニシアター映画なんだけれど(シクロ以外は)、今回はメジャーな俳優さんとお金も一杯使える大きい映画になってしまったがゆえに、大失敗(おっと・・・失礼・・)になってしまったのかもしれない。
この映画に、メインの3人の男優が使われておらず、無名の人が出てる映画だったら、どんな評価になっていただろうか? 誰も見なくなっちゃうか・・・。
暗雲がたちこめるのは、この後、トラン・アン・ユン監督が撮る「ノルウェイの森」果たして大丈夫であろうか・・・。

なんか男の上半身が無駄に一杯出て来る映画だったな・・・。せっかく豪華な男優3人揃えてるのに、これじゃあ・・・・。
で、ボスが寵愛する女リリーが、監督の嫁のトラン・ヌー・イェン・ケーさんなのだけれど、失礼ながら・・・特に綺麗でもなく・・・。魅力もあまり感じず・・・。なんかキムタク嫁とそういや遠目には似てるか・・・。
あと、キムタクの傷や痛みを受け入れられるというのは、乙一さんの小説と映画でもあったけれど。リリを介抱してる時は(結構数日がありましたよね?)誰も客は来なかったのかな?(^^ゞ その後、治してもらいたい人が列をなしてたけど。

あの殺人鬼アーティストと、ジョシュ・ハートネットの間に、何か特別な事があるんだろう!、それは一体何だったんだろうか?って事がずっと気になっていたのだけれど・・・・う~ん、特に無かったっぽいし・・・。

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (2009/仏) I Come with the Rain
監督 脚本 トラン・アン・ユン
美術 ブノワ・バルー
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
出演 ジョシュ・ハートネット / 木村拓哉 / イ・ビョンホン / トラン・ヌー・イェン・ケー / ショーン・ユー / エウセビオ・ポンセラ
【2010/05/18 09:08】  コメント(8) | トラックバック(4) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「ベルサイユの子」「夏時間の庭」感想 | ホーム | 「ノーボーイズ、ノークライ」感想 >>
コメント

これってちょうど1ヶ月ほど前に見たので、
まだ見たばかりと言ってもいいはずなのに
かなり記憶がおぼろげ~ですw
印象だけの映画ってかえって印象に残りにくいのかもなぁ。
miyu  【 編集】  URL |   2010/05/18 14:21   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちは!
私ったら、なんかこのところ、体調絶不調のせいか、miyuさんちの記事は、インデックスから探したんだけれど、最近見たばかりって思わなくて、きっと公開の時に見たんだろうな・・・って勝手に解釈しちゃって、随分前に見たから~なんて、とんちんかんなこと言っちゃって、ごめんね。
なんか最近ホント元気になれなくて、どん詰まりなんだ。
また元気になったら、バンバンTBとかコメント送らせてもらいますね
latifa  【 編集】  URL |   2010/05/18 15:21   |  TOP ▲ |


えとね、覚えてるのはキムタクが倒れててヒルかなんかがくっついてるのと、イ・ビョンホンの腹筋、以上。(爆)なんか創作物がえらいこと気持ち悪かったなぁ、どんなだったかよく覚えてませんけど…。
KLY  【 編集】  URL |   2010/05/18 20:16   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
> えとね、覚えてるのはキムタクが倒れててヒルかなんかがくっついてるのと
うわっ・・・ありましたね。
虫が一杯うようよ系は特に苦手です・・・。

>イ・ビョンホンの腹筋、以上。(爆)
以上!って爆笑~。あの画はCMでも写真でも、イヤというほど見せられました。
私は、正直ビョンホンさんって、ナルシストな感じで(俺様の肉体見よ!みたいな・・)ちょいと苦手なんですよ・・・

>なんか創作物がえらいこと気持ち悪かったなぁ
あぁ、あれですね。あれは凄かったですね。そのオブジェ?が印象に残ってます。
latifa  【 編集】  URL |   2010/05/19 08:17   |  TOP ▲ |


おお,これ,アップされたんですね!
ところで体調の方はもうすっかり万全ですか?


いやはや,もったいない作品でしたね。
私はこの監督さん
この作品が初見で,だからこそ
他の作品を見る気が失せたのですが
いい作品も撮ってるそうですね~
これだけ例外なのかしら?
でも,これだけハズした作品を見せられると
確かに「ノルウェイの森」大丈夫か?と
つっこみたくもなりますね。

無駄に出てくる男性のヌードの上半身・・・
ビョンホン映画には
もはやお約束もかもしれませんね。
なな  【 編集】  URL |   2010/05/23 01:39   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは。
いやはや、体調はまだ完全じゃなくて、なんとか踏みとどまってる・・って感じなんです。
で、先日ななさんちにお邪魔した時に、これをアップしたつもりでいたのに、実は下書きに入ったままになっていたことに後日気がついた次第・・・
TBは最初お邪魔した時と、気がついた後と2回送ったんですが、ダメだったみたいです・・・TBの調子が悪いです・・・。

> この作品が初見で,だからこそ
> 他の作品を見る気が失せたのですが
でしょうね・・・。ななさんは、アジア映画もお好きだから、「パパイヤ~~」や「シクロ」なんかは、もしかしたら・・・って思ったりもするんだけれど・・・。でも、あまりお薦めはしないかな・・・。
私は今まで(と言ってもこれ含めてたったの4つ)見た中では、これが一番良くなかったと思いました・・・。

> 確かに「ノルウェイの森」大丈夫か?と
もともと、ノルウェイの森の小説も自分に合わないお話だったので、なおさら心配・・。
latifa  【 編集】  URL |   2010/05/23 15:34   |  TOP ▲ |


こんにちはー。
パンネタにも温かいコメント有難うございます☆

こちらの作品ですが、(一応ですが)私、ビョンホンssiファンなんですが、
「虫系らしい」という噂と、
鑑賞した方のあまりの評判に、今日に至るまでスルーしております(苦笑)
無駄に上半身ハダカ。。。 ここ笑ってしまった。 たぶんスルーのままの方が
いいんだろうなあ~。 みなさんにお任せしたよ(笑)
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2010/05/29 14:50   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは!
いやいや、roseさんちに行く度に映画だけじゃなくて、美味しそうな手作りの食べ物にも釘付けになってしまいます^^
roseさん、仕事とかお家の事などとてもお忙しいのに、映画もお出かけもアクティブで、羨ましいです!

あらっ。。。roseさん、ビョンホン氏のファンだったんですか(^^ゞ
すいません、色々書いちゃって・・・
私の友達にも大ファンがいます。彼女は、すごい昔はキムタクの大ファンで、ここ数年はビョンホンファンなので、この映画が出来るって解ったは凄い嬉しかったと思うんですが・・・。

> 「虫系らしい」という噂と、
> 鑑賞した方のあまりの評判に、今日に至るまでスルーしております(苦笑)
そうです・・・虫とか、気持ち悪いものが色々出て来ます・・・。
それでもそういうシーンがあっても良い映画なら別ですが・・。あまりお薦めしません・・
latifa  【 編集】  URL |   2010/05/30 11:15   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/876-43572d1c

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2010/05/18 14:21)
 『男たちの運命は、 美しく、そして切ない…』  コチラの「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」は、ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホンという、アメリカ、日本、韓国のスター俳優3人が共演したPG-12指定のサスペンスです。監督は、「青いパパイヤの香り


アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
LOVE Cinemas 調布 (2010/05/18 20:04)
主演のジョシュ・ハートネット、そして共演の木村拓哉、イ・ビョンホンというイケメン人気俳優トリオが評判となっている作品ですね。劇場もキムタクファンの30代女性から、イ・ビョンホンファンのおば様方まで幅広い観客が訪れていました。監督はトラン・アン・ユン、と...


受難~『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』
真紅のthinkingdays (2010/05/19 00:08)
  I COME WITH THE RAIN  LAに住む元刑事のクライン(ジョシュ・ハートネット)は、世界有数の製薬企業 オーナーから、行方不明の息子シタ...


『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』
京の昼寝~♪ (2010/06/14 17:18)
□作品オフィシャルサイト 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」□監督・脚本 トラン・アン・ユン □キャスト ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、トラン・ヌー・イェン・ケー、ショーン・ユー、イライアス・コティーズ ■鑑賞日 6月7日(日)■劇場...


| ホームTOP ▲ |