ネタバレ「あの日の指輪を待つきみへ」感想
実話らしいのですが、どこまでが実話部分なのかな・・・検索してみたけれど、解りませんでした・・。気になる~。3つ☆
00
☆今日はネタバレで全部書いていますので、未見の方、注意です。☆

う~~ん、、、なんかみんなが可哀想・・って映画だったな・・・・。特に旦那のチャック。だって、なんぼ約束したからって、40年くらい一緒に連れ添ったのに、ありゃ~あまりに冷たい・・・。愛にも色々な種類があるわけで、違った意味で、旦那を愛してはいなかったんだろうかね? いや、百歩譲って、エセル・アンがずっと亡き男を愛していたとして、葬儀の日の態度とか、娘に対してあの態度は酷いんでは・・・?と思っちゃいました。

とはいえ、是枝監督の「ワンダフルデイズ」で死ぬ直前に一つだけ願いを・・ってシーンで、長年連れ添った旦那じゃなくて、やっぱり若い頃戦死しちゃった恋人を思った貞操そうな奥さんのことが、ちらっと頭によぎりましたわ。そういうもんなのかな・・・。

若い時代の3人の男子で、私はジャックが一番格好いいと思ったんだけどな~。私の好みの顔でした♪
ジャックもこんな老年になるまで、ずっとアンの側で友人でいつづけながらも心に秘めていた・・っていうのは切なすぎた(T_T) アンもそこんところ、薄々解っていたに違いないのにな・・・。

あと、指輪を拾った少年が住む舞台が、90年代の北アイルランドで、IRA過激派の起こす内政不安が背景になっているというのと、アメリカの話が交互なので、ちょっと混乱。。
それと拾った指輪の名前から戦死者リスト経由で、そのままリストに記載されていたのと同じ場所に住んでいたとはいえ、連絡がついてしまうというのにはびっくり!50年間、目の前で死んだ男との約束のために、土を掘り続けたベルファストの男の人は、指輪は見つけられなくても、そんなにまでに彼の死に間際の遺言が気になるのなら、リストから、持ち主を捜して、最後の言葉だけでも伝えるとか・・連絡を取れなかったんだろうか。なんて言ったらイカンですね。

ちなみに、『西の魔女は死んだ』の美しきおばあさまサチ・パーカーさんは、前にも書いた気がするけど(忘れちゃうんだよな、あまり似てないし)シャーリー・マクレーンの実娘さんなんですよね。

あの日の指輪を待つきみへ (2007/英) Closing the Ring
監督 リチャード・アッテンボロー 脚本 ピーター・ウッドワード
出演 シャーリー・マクレイン / クリストファー・プラマー / ミーシャ・バートン / スティーブン・アメル / ネーヴ・キャンベル / ピート・ポスルスウェイト / ブレンダ・フリッカー / グレゴリー・スミス
【2010/06/14 12:38】  コメント(8) | トラックバック(3) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<2010年夏公開ウォンビン主演「アジョシ」予告編~♪ | ホーム | ネタバレ「マイ・ブラザー」と「ある愛の風景」比較感想>>
コメント

うん、これはやっぱりヒドイよねぇ。
悲しいお話はキライじゃないけど、
あまりに後ろ向きな人を見ると
うんざりしちゃったりするよねぇ。
若い頃のエピはナニゲに良かったし、
シャーリーは好きだけど、
彼女のパートはいまいちだったかなぁ。
miyu  【 編集】  URL |   2010/06/14 15:57   |  TOP ▲ |


latifaさんこんばんは☆
本作、全体的にはびみょ~~な評価なんですよね。
エセル・アンって不器用な女性なんじゃないかなって。 一番無難なのは、好きな人が過去にいても現状を受け入れてやって行くってことなんでしょうけど、彼女はそこのところの割り切りができなかった人なんでしょうね。
そりゃ、旦那さんと娘さんにしてみればやりきれない想いとかはしちゃうと思います。 そのことにアンがどう感じていたかっていうのは確かあまり描かれてなかったんですよね。 これはちょっと片手落ち。
ですが倫理観に当てはめたらアンは許せない! っていう意見は多いように思いますが。。。。

倒れた兵士を見つめるアン。 昔、恋人にしてあげられなかったことを、せめて今この瞬間にしてあげたい。 そう思ったんじゃないかな。
叶わなかった恋を抱えて生きていかないといけない人って、決して少なくないようにも思います。 周りに当たるのは確かにいいとは言えませんが、その想いの片鱗を抱きしめるくらいのことはさせてあげてもいいのかなって。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2010/06/14 18:27   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちは。
ここんところ連日miyuさんとお話してる気がする^^
何度もお邪魔しちゃってゴメンね(^○^)

あのジミーだっけ?miyuさんもカッコイイって言ってた、マカヴォイ君似の人、
あの人の経歴調べてみたんだけど、他は見た事ないんだよな~。

> シャーリーは好きだけど、
> 彼女のパートはいまいちだったかなぁ。
そうだねえ・・・・今ココシャネルとかいう映画も先日録画して持っているんだ。
近々そちらも見て見る予定。
latifa  【 編集】  URL |   2010/06/15 15:08   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは☆
そうなのよね、、悪くはないんだけど、なんか微妙なのよ~。難しい題材ではあるよね(^^ゞ
誰に共感するかで、評価が凄く変わって来そうな映画というか・・・。

> エセル・アンって不器用な女性なんじゃないかなって。 一番無難なのは、好きな人が過去にいても現状を受け入れてやって行くってことなんでしょうけど、彼女はそこのところの割り切りができなかった人なんでしょうね。
 おおおー。そうだよね。言われてみればそうだ・・・。
それだけ真面目というか、律儀というか・・・。

> 倒れた兵士を見つめるアン。 昔、恋人にしてあげられなかったことを、せめて今この瞬間にしてあげたい。 そう思ったんじゃないかな。
 あそこは、なんだかジーンとしたわ・・・。やっぱり、ホントにホントにあの彼を亡くした事、彼女にとっては終わってない事なんだな、って。

> 叶わなかった恋を抱えて生きていかないといけない人
そういう経験をした人が、この映画を見たら、きっとボロ泣き状態になってしまうんだろうな・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2010/06/15 15:14   |  TOP ▲ |


latifaさん ご無沙汰してました!
ワタクシ完治でございます~(o^―^o)ニコ
心配ありがとうございました。
見ましたよ!これ・・・
私も そんなにタイトルほど感動しなかったな・・・
ホントどこまで実話か分からないけど
無理やり映画化したような感じがしたし、
皆が皆切ない・・・
でもその発端はエセル・・・
エセルもそこまで一途に思う人がいたなら、
他の人とは結婚するべきじゃなかったし、
相手が男同士の約束を果たすために結婚したなら
子供は作るべきじゃなかったし・・・
でも、実際に軍人の奥さんとかは色々と
共感できる部分があって凄く気に入った人もいました。
見方によっては素晴らしいのかもしれないし、
似たような境遇を経験した人だと
皆の気持ちが手に取るようにわかるのかもしれませんね。

あと ある愛の風景とマイブラザーを
見比べようと思ったんだけど
マイブラザーがまだ見れてません・・・
最近又夜に時間がある時は映画三昧してます!
夏は気分さっぱり笑いあり涙ありでハッピーエンドの
気楽に見れる映画を選んでますが(;^ω^)

latifaさん 本当にいつもありがとうございますね♪
めぐ  【 編集】  URL |   2010/07/06 17:25   |  TOP ▲ |


めぐさん、こんにちは^^
よかったー!
元気になったのね?
ところが、今度は私がなんかいまいちなんだよ~
でも、なんとかやってます

> 無理やり映画化したような感じがしたし、
確かに・・・。
実話がどこまでで、どこからがフィクションなのか解らないだけに、映画にするために、フィクション部分が殆どなんじゃないかな?って思ってしまうわ。

> エセルもそこまで一途に思う人がいたなら、
> 他の人とは結婚するべきじゃなかったし、
そうそう。そうだよね。

> 相手が男同士の約束を果たすために結婚したなら
> 子供は作るべきじゃなかったし・・・
そうだよねー

あと ある愛の風景とマイブラザーを
> 見比べようと思ったんだけど
> マイブラザーがまだ見れてません・・・
その後見れたかな?
最近は映画を一杯見てるんだね?
無理をしないで、適当なところで寝ないと睡眠不足になっちゃうからね♪
感想アップされてないかなぁ~されてると嬉しいな。
これからまたお邪魔します☆
latifa  【 編集】  URL |   2010/07/08 15:48   |  TOP ▲ |


latifaさん~、こんにちは(^^ゞ
留守ブログにコメント頂いて、ありがとうございました。
すっごくうれしかったです!!
ようやく復活して、またlatifaさんと楽しいお話を・・と思ったら、体調崩されているのね~~
どうぞ無理せず、ゆっくり休んで下さいね。
腱鞘炎も辛いよね、お大事にして下さい。
私も夏はボーっとしてしまって(夏だけじゃないけど・涙)苦手です~~
無理しないのが一番だと思って、のんびり行きましょうね。

この映画、私も観終わって、正直酷いわ・・、ダンナさん可哀想って思ったの。
ミーシャ・バートンが話題の映画だったけど、イケメンが3人も?!観られたのは良かったけどね^^;

お返事は要りませんからねぇ~!!
日頃のお疲れをとって、リフレッシュして下さいね。
またお話出来る日を楽しみに待っています~~(^^ゞ
みぬぅ  【 編集】  URL |   2010/07/15 13:08   |  TOP ▲ |


みぬぅさん、お返事凄く遅れてしまって本当にすいません・・・
腱鞘炎でPCいじれませんでした(T_T)
うううう。。。。
お返事も出来ず、放置してしまって、申し訳なかったです・・
まだ治ってないので、しばらくお休みしますが、とりあえずお返事だけでも先に・・と思いました。
早くブログ復活したいです。

> この映画、私も観終わって、正直酷いわ・・、ダンナさん可哀想って思ったの。
おおー同じでしたね!
> ミーシャ・バートンが話題の映画だったけど、イケメンが3人も?!観られたのは良かったけどね^^;
そうなんだ・・・ 彼女で話題になっていたのね?

また復活出来た日には、一杯みぬぅさんとお話ししたいです。
お互い、気長にやりましょうね^ー^
latifa  【 編集】  URL |   2010/07/30 19:37   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/882-efb463b8

『あの日の指輪を待つきみへ』 (2007) / イ...
NiceOne!! (2010/06/14 12:56)
原題:CLOSINGTHERING監督:リチャード・アッテンボロー出演:シャーリー・マクレーン、クリストファ・プラマー、ミーシャ・バートン、ピート・ポスルスウェイト、ブレンダ・フリッカー...


あの日の指輪を待つきみへ
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2010/06/14 15:50)
 『運命の愛は、一度きりじゃない。』  コチラの「あの日の指輪を待つきみへ」は、7/19公開となった半世紀と二大陸を結ぶ実話から生まれた感動のラブ・ストーリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ちょっと「いつか眠りにつく前に」を彷彿としちゃうプロットだけど


『あの日の指輪を待つきみへ』
京の昼寝~♪ (2010/06/14 17:17)
□作品オフィシャルサイト 「あの日の指輪を待つきみへ」□監督 リチャード・アッテンボロー □脚本 ピーター・ウッドワード □キャスト シャーリー・マクレーン、クリストファー・プラマー、ミーシャ・バートン、スティーヴン・アメル、ネーヴ・キャンベル、ピート・...


| ホームTOP ▲ |