「海角七号/君想う、国境の南」感想
勝手に私が想像、期待していた内容とは、かなり違っていました。
00
もっとノスタルジックで、60年前の話がメインだと思っていたら、現在パートが殆どで、しかも沢山の人が出て来るバンド部分が主な映画だったことに驚き・・。しっとりとした内容でハンカチを用意して見たものの、コメディタッチ部分の多い現代劇だったんですね・・・。
自分の好みのストーリー展開や雰囲気、演出ではなかったものの、軸になるエピソードや描きたかった事や素朴な風景などは、とても良かったと思いました。3つ☆

主役の阿嘉が、松井稼頭央に似てます。本職は歌手だそうで、ラストでの歌はさすがに上手でした。
友子を演じた田中千絵さんは、トニータナカさんの娘さんだとか。
この2人の関係が、え・・・?っと・・・(^^ゞ

ただ、最大限嬉しかったことは、台湾の人たちが日本に対してとても友好的で優しい気持ちでいて下さっている・・というのが、この映画から感じられたことでした。そしてこの映画が台湾で大ヒットしたという事実も・・・・。
「見捨てたのではなく、泣く泣く手放したんだ」と言った60年前の教師に、当時の日本が台湾に取った態度を重ねているところがあるのでしょうね・・・。
アジアの中国や韓国に、ものすごく嫌われている日本なのに、台湾の人がこんな風に思ってくださっていること、本当にありがたいです・・・。

いつか軸になる部分は同じで、しっとりとした映画を是非見てみたいです。ホウ・シャオシェン監督か、山の郵便配達のフォ・ジェンチィ監督などで・・・^ー^

海角七号/君想う、国境の南 Cape No. 7
監督 脚本 ウェイ・ダーション
音楽 リュ・ションフェイ / ルオ・ジーイー
出演 ファン・イーチェン / 田中千絵 / 中孝介 / リン・ゾンレン / マー・ニエンシエン
【2010/07/04 16:45】  コメント(12) | トラックバック(10) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<イングマール・ベルイマン「秋のソナタ」感想 | ホーム | 「ホッタラケの島」って乙一さん脚本だったんですね@@>>
コメント

似てる似てる!(笑)
むしろ田中千絵さんより日本人ぽいかも…^^;

元々は台湾でも日本人は大陸の中国人よりはましってていどだったらしいですよ。ただ中国は戦後共産主義になり、韓国は軍事政権になったせいで反日教育を徹底しましたんで、そこで一部誤った過去を吹き込まれています。

台湾は幸いにして自由主義陣営でしたから日本との価値観の差異が少なかったのと、反日教育よりも大陸に対してどう生き残っていくかに力を注いだ、即ち最大の敵は中国だったから自然と日本には好意的になったんでしょう。

っと大学の中国文学専攻時代に聞きました。(笑)
KLY  【 編集】  URL |   2010/07/04 20:04   |  TOP ▲ |


どうなんでしょうね。
台湾に行ってきたのは、7,8年前ですが、すっかり蒋介石の偉業は捨て去られて、素直な評価がおおっぴらに出来る!!といううれしさがにじみ出てた頃でした。
日本も決してほめられた統治ではなかったと思うんですが、なんせ日清戦争のころからで、長い付き合いと、厳しい支配ではなかったのが日本の印象の大きさに影響してると思いますわ。
「非情城市」とか「恋恋風塵」とかよかったですよね。
「クーリンチェ少年殺人事件」なんてのも好きでした。
台湾映画、結構好きです。
sakurai  【 編集】  URL |   2010/07/04 20:18   |  TOP ▲ |


後半のライブシーンには涙腺が崩壊してしまいましたよ。
前半は「何じゃこりゃ?」なのに、後半のステキさにはたまりませんでしたね。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2010/07/04 21:29   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~。
ここのところ心身ともにどん底状態で、全然出かけてないんですよ。。
そろそろこの状態から脱却せねば、と思いつつ。。
この映画、私も思ってたのと違いました。
でも、すっごく親日的な内容だったので好感度アップだったな~。
↑の皆さんのコメント、勉強になります~。私も台湾映画大好きです♪
チャン・チェンくんのデビュー作、『クーリンチェ少年殺人事件』はDVD化されていないんですよね。
いつか観たいな~~~~。
真紅  【 編集】  URL |   2010/07/05 19:43   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
似てるって共感してもらえて嬉しいです(^^ゞ

ところで、すごーい!
KLYさんは、歴史に凄く詳しいんだな・・って思ったら、大学の時に、中国文学専攻をしていらっしゃったんですね^^
台湾のこと、日本では普通の中高では、あんまり習ったりしませんよね・・・。
もっと近代史とか詳しく学校で教えた方が良いと思います。
それにしても、8月15日って、何の日?え~終戦の日?って知らない若者が多いのをTVで見て、びっくりしたことがあります。普通みんな知ってることだと思ってたんですけどね・・・ 
latifa  【 編集】  URL |   2010/07/06 11:01   |  TOP ▲ |


sakuraiさん、こんにちは!
歴史、社会といえば、sakuraiさんもお詳しいですよねー!
> 台湾に行ってきたのは、7,8年前ですが、すっかり蒋介石の偉業は捨て去られて、素直な評価がおおっぴらに出来る!!といううれしさがにじみ出てた頃でした。
 そうでしたかー。7,8年前に行かれたことがあるんですね?いいなぁ~。
回りでは、台湾に旅行に行った事がある人が割といるんですが、私はまだ行けてないんです。
美味しい食べ物目当てでずっと行きたいな~って長年思ってるんですけれど・・・

> 日本も決してほめられた統治ではなかったと思うんですが、なんせ日清戦争のころからで、長い付き合いと、厳しい支配ではなかったのが日本の印象の大きさに影響してると思いますわ。
  厳しい支配ではなかったんですね・・・。朝鮮や中国と比較するとゆるかったんでしょうか・・・?
日本の後に入って来た中国に失望したのも逆に、あれなら日本の方がましだった・・って効果?を出したということしか私は良く知らないんですけれどもね・・・

> 「非情城市」とか「恋恋風塵」とかよかったですよね。
私も見ました☆ 「クーリンチェ少年殺人事件」は未見なんですよ、調べてみようっと!
latifa  【 編集】  URL |   2010/07/06 11:04   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> 後半のライブシーンには涙腺が崩壊してしまいましたよ。
そうでしたかー。
私はあの座っているおばあさんの後ろ姿や、箱を手に取るところあたりが、ジーンとしました。

> 前半は「何じゃこりゃ?」なのに、後半のステキさにはたまりませんでしたね。
うははは。確かに前半と後半では違いますね~。
latifa  【 編集】  URL |   2010/07/06 11:08   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
えーっ、そうだったんだ・・・。真紅さんも絶不調だったのね・・・。
更新とかゆるやかだな~とは思っていたんだけれど・・・
心身ともに、、だとキツイね・・・大丈夫かな~!!心配だよー!!
あれ・・・確か真紅さん、蟹座じゃなかったかな、、、産まれ月ってラッキーなはずなのにね・・・(T_T)

> この映画、私も思ってたのと違いました。
> でも、すっごく親日的な内容だったので好感度アップだったな~。
そうそう。私もそうだったー。

> チャン・チェンくんのデビュー作、『クーリンチェ少年殺人事件』はDVD化されていないんですよね。
おおっ!上でsakuraiさんが書いてくださって、後で調べようって思ってた矢先、情報ありがとう!
そうなんだ?チャン・チェン君のデビュー作なんだね?
latifa  【 編集】  URL |   2010/07/06 11:10   |  TOP ▲ |


こんにちは。
体調、どう?
無理しないで、暑い季節ですし、マイペースで養生してください。

>アジアの中国や韓国に、ものすごく嫌われている日本なのに、台湾の人がこんな風に思ってくださっていること、本当にありがたいです・・・。

そうですね。ありがたいことです。
政治の問題はややこしいですが、民衆レベル、文化レベルで深い交流が出来ることを望みます。
kimion20002000  【 編集】  URL |   2010/07/30 20:37   |  TOP ▲ |


kimionさん、こんにちは。
すいません、ご心配おかけして・・・なかなか良くならないので焦ってます。。。
コメントあちこちに沢山ありがとうございました。
腱鞘炎につき、短文にて失礼させてくださいませ・・・m(_ _)m

> そうですね。ありがたいことです。
> 政治の問題はややこしいですが、民衆レベル、文化レベルで深い交流が出来ることを望みます。
終戦記念日近辺ということもあり、沢山の戦争番組を放映してますよね。
latifa  【 編集】  URL |   2010/08/14 11:41   |  TOP ▲ |


>厳しい支配ではなかったんですかね・・・。朝鮮や中国と比較するとゆるかったんでしょうか・・・?

併合までの経緯がよく分かるサイトです。
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/143.html#id_40e49ef3


ここで併合前と併合後の比較写真を
見る事が出来ますよ。
ttp://photo.jijisama.org/

なな  【 編集】  URL |   2010/08/24 21:05   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは!
うわ~~沢山情報が解るサイト、リンクなど、ありがとうございます(^○^)
気にはなっても、なかなか腰が重くて(イカンな・・・)
最近手がこんな調子なんで、検索の旅もあまりしてなかったので、
助かりました!!
後でじっくり読ませて頂きます♪
latifa  【 編集】  URL |   2010/08/28 12:24   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/889-34ef3bc0

海角七号 君想う、国境の南
LOVE Cinemas 調布 (2010/07/04 18:56)
台湾映画史上歴代1位のヒット作との触れ込みだ。戦後60年以上届かなかったラブレター、やむない理由で台湾を離れた男が友子という女性に送ったその手紙が、現代の友子と台湾人男性の恋愛とオーバーラップする…。主演は人気歌手のファン・イーチェンと日本人女優・田中...


海角7号 君思う、国境の南
迷宮映画館 (2010/07/04 20:19)
ここは茂老人にもってかれました!


『海角七号 君想う、国境の南』
めでぃあみっくす (2010/07/04 21:29)
素直にステキだと思える映画でした。今は無き日本統治時代の住所「海角七号」への想いと阿嘉が友子への想いを込めた「海角七号」という曲に涙が止まりませんでした。 60年前の純粋な想いが時代も国境も民族の壁も年齢も越えて現代に生きる人々に伝わるこのステキさと7通...


虹の架け橋~『海角七号/君想う、国境の南』
真紅のthinkingdays (2010/07/05 19:38)
  海角七號  台北でミュージシャンになる夢に破れた阿嘉(ファン・イーチェン)は、故郷・恒春 に帰郷する。郵便配達の職を得た彼...


mini review 10467「海角七号/君想う、国境の南」★★★★★★★☆☆☆
サーカスな日々 (2010/07/12 02:05)
1940年代と現代の台湾を舞台に、約60年間届かなかったラブレターが2つの時代の恋物語をつなぐ切ないラブストーリー。名匠エドワード・ヤンのもとでキャリアを重ねたウェイ・ダーション監督が、約60年前の小さな恋物語や現代の若者の姿を通して、夢かなわなかった者たちの


海角七号 君想う、国境の南
風に吹かれて (2010/08/12 08:54)
茂じいちゃんが良い[E:note]わらべはみ~た~り[E:note]公式サイト http://www.kaikaku7.jp台北でミュージシャンとして成功するという夢に破れ、台湾最南端にある故郷の恒春


[映画] 海角七号 君想う、国境の南
日々の書付 (2010/08/17 23:10)
歌が昔と現代、日本と台湾をつないでいく映画「海角七号 君想う、国境の南」 台北でバンド成功の夢敗れ、台湾最南端の町・恒春に帰ってきた阿嘉(アガ)は郵便配達を始めたが、仕事にも身が入らない。そんなある日、宛先不明の手紙を預かるが、それは60数年前に日本人教...


■映画『海角七号/君想う、国境の南』
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> (2010/09/12 20:42)
2008年の9月に台湾で公開され、大ヒットを記録した映画『海角七号/君想う、国境の南』。 台湾の歴代映画興行成績ランキングで、2位という記録を打ち立てた映画です。 第二次世界大戦終戦時と現代の、台湾人と日本人のふたつの恋物語を、台湾の南端・恒春ののどかな雰...


■映画『海角七号/君想う、国境の南』
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> (2010/09/12 20:46)
2008年の9月に台湾で公開され、大ヒットを記録した映画『海角七号/君想う、国境の南』。 台湾の歴代映画興行成績ランキングで、2位という記録を打ち立てた映画です。 第二次世界大戦終戦時と現代の、台湾人と日本人のふたつの恋物語を、台湾の南端・恒春ののどかな雰...


海角七号 君想う、国境の南
国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ (2010/09/30 13:11)
台湾の若い新人監督による低予算映画ながら、口コミで評判が広がり、次々興行成績をぬりかえ、タイタニックに次ぐ歴代2位!!という記録らしい。 小規模な映画ながら爆発的な人気を得た映画だと聞いてずっと興味があった。 中高生から普段映画を見ないお年寄りまで映画...


| ホームTOP ▲ |