「シャネル&ストラヴィンスキー」「誰がため」感想
マッツ・ミケルセンさんが両方に出てます^-^
00
近年シャネル映画が立て続けに何本も上映されましたね。私が見たのは、シャーリーン・マクレーン『ココ・シャネル』だけで、オドレイ・トトゥの『ココ・アヴァン・シャネル』は未見です。前者の方はまあホントに普通で、特に凄い印象に残る映画ではなく3つ★で感想書かずじまいになってしまいました。

「シャネル&ストラヴィンスキー」
シャネルの生涯については知っていたけれども、ストラヴィンスキーとの繋がりとか交流については全然知らなかっただけに興味が沸いたことと、ミッツさんが出てるってことも見たい気にさせられました。

で、見た感想はというと、シャネルを演じた女優さん(シャネルのモデルもしているそうだ)が、イメージピッタリでとても良かったです。そして彼女の邸宅のお部屋のインテリアのモダンさや、衣装など、とても力が入っていて目に愉しかったのも良かったです。

で、ミッツさん。合ってましたね~この役に。
奥さんとの三角関係というか、なんというか・・・そのあたりも奥さんが気の毒ではありつつも、主役の2人目線でつい見てしまう処がありました。
段々2人の衣装や作曲の作風が変わって行く様などで、心の変化を表現するなど、あからさまじゃない表現方法等、なかなか良かったです。ラブシーンも、女子好みでgoodでした。3つ★半~4つ★

シャネル&ストラヴィンスキー (2009/仏) Coco Chanel & Igor Stravinsky
監督 ヤン・クーネン 音楽 ガブリエル・ヤーレ
出演 アナ・ムグラリス / マッツ・ミケルセン / アナトール・トーブマン / エレーナ・モロゾーワ / ナターシャ・リンディンガー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「誰がため」
う~~ん・・・最初20分くらいは「青い棘」の人とミッツさんの2人の仕事ぶりなどで、緊張感がとぎれず良かったのですが、前もって知識がなかった私が悪いのだが・・・睡魔が・・・。2度トライしたのですが、どうもハマれないというか・・部分的に解らない処がある映画でした・・。
故に、ちゃんと見たというわけじゃないため、★はつけられません・・・オバカな感想ですいません・・。

ミッツさんがこういう活動をしている内に、奥さんや子供を諦めるしかなかった・・という可哀想さと、あのスパイの女子の部分が印象に残りました。
でも実在する人の実話だった様で、ちゃんと解って見ればずーんと来る映画だったんだろうな・・と思います(^^ゞ

誰がため (2008/デンマーク=チェコ=独) Flammen & Citronen
監督 オーレ・クリスチャン・マセン
出演 トゥーレ・リンハート / マッツ・ミケルセン / スティーネ・ステンゲーア / ペーター・ミギン / ミレ・ホフマイヤー・レーフェルト
【2010/09/14 09:33】  コメント(10) | トラックバック(9) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「クヒオ大佐」感想 | ホーム | 「イエスタデイズ」思いがけず良い映画でした。>>
コメント

オドレイも綺麗なんだけどアナはもっと綺麗だったなぁ。首筋とかめっちゃすらっとして長くて…。
マッツがまた渋いのよね。お話自体はまあ原則として流れは同じなんだけど、流石に恋愛要素がつよかったですよね。
『誰がため』は面白かった以上に勉強になりました。全く知らなかったんで。この2本の後にマッツは『タイタンの戦い』が公開されてるんですよね。全く幅の広い俳優さんです。^^
KLY  【 編集】  URL |   2010/09/14 22:38   |  TOP ▲ |


『シャネル・・』の方ではセクシーな、そして『誰がため』では苦悩のマッツさんでしたね。
実にシブいと思う~。

最近旧作で『しあわせな孤独』を観たんだけど、これもマッツ♪ そのうち感想書きますね。 これもよかったなあ。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2010/09/15 07:21   |  TOP ▲ |


latifaさん☆

正直、あんまり印象に残ってないんですよね~もう。(笑)
ミッツミケルセン良かったです!
で、次回なんだったかな新作が楽しみな作品にも出るので期待です。
(最近もの忘れ激し過ぎ、、、泣)

「たがため」も観たいんですが時間がなくって。。。
最近専らレンタルはコメディかホラーです(笑)
mig  【 編集】  URL |   2010/09/15 08:49   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
> 首筋とかめっちゃすらっとして長くて…。
やっぱり美人は首が長くて細いことが条件の一つだよなぁ~と常々私はそう思っています^-^

> 『誰がため』は面白かった以上に勉強になりました。全く知らなかったんで。この2本の後にマッツは『タイタンの戦い』が公開されてるんですよね。全く幅の広い俳優さんです。^^
 KLYさんが、誰がためを早々にご覧になられて感想アップされた時は、すごい羨ましくて、早く私も見たいよー!ってじたんだを踏む位の勢いだったのに、、、実際見たら、これです・・・(^^ゞ
トホホ・・・。予備知識入れて見るべきだったわ・・・。
タイタンの戦いって、どんな映画だろう(知らなかった・・)調べてみようっと。
latifa  【 編集】  URL |   2010/09/15 13:24   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは!
> 『シャネル・・』の方ではセクシーな、そして『誰がため』では苦悩のマッツさんでしたね。
誰がためは、確かラブシーンは無かったですよね?どうもマッツさんって、ラブシーンがある(それも結構露出度高い)ってイメージがあるんですよ~。

> 最近旧作で『しあわせな孤独』を観たんだけど、これもマッツ♪ そのうち感想書きますね。 これもよかったなあ。
 あ、あれ見たんですね!
私は、かな~~りハマって見ちゃいました。
ミッツさんの出演作品の中では、彼に一二番に合ってる役って気がします。
roseさんの感想、楽しみです~☆
latifa  【 編集】  URL |   2010/09/15 13:29   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは!
あははは。印象に残ってないかぁ・・^^
私なんて最近は特に凄くインパクトがある映画じゃないと、下手したら半年で忘却の彼方に・・。

> で、次回なんだったかな新作が楽しみな作品にも出るので期待です。
> (最近もの忘れ激し過ぎ、、、泣)
ぐふふ☆KLYさんがお話していた、タイタンのなんとかのことかな。(わわ!15分前に知ったのに、もう思い出せない)

> 「たがため」も観たいんですが時間がなくって。。。
> 最近専らレンタルはコメディかホラーです(笑)
誰がため、、、、私はダメだったんですよ・・・。予備知識無いと駄目な映画って、本来ちょっと苦手なんですよ(頭悪いだけ・・)
いつかmigさんがご覧になられる機会があったら、どういう風な感想になるのかな~。
latifa  【 編集】  URL |   2010/09/15 13:36   |  TOP ▲ |


こんばんは!

シャネル役の女優さん
ホントのシャネルよりずっと美人でスタイルもいいんでしょうけど
雰囲気がぴったりでしたね。
オドレイのシャネルはわたしにはイマイチでした。

アナ・シャネルとマッツのカップルは
体格もいいからとっても絵になっていましたね。

「誰がため」は事前にフラメンとシトロンの実際の足跡を
予習でもして観ないと,ちょっとわかりにくいですね。
こういうナチへのレジスタンスものが好きなのと
主演の二人が好きなので楽しめました。
なな  【 編集】  URL |   2010/09/15 19:40   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは!
やっと感想アップしました(^^ゞ 結局誰がため、は挫折でした・・・。

> ホントのシャネルよりずっと美人でスタイルもいいんでしょうけど
シャネル社の看板モデルって、今までにも何人かいたと思うのだけれど、こうやって映画にシャネル本人の役で登場したのって、多分初めてですよね?
なかなか素敵でした。

> オドレイのシャネルはわたしにはイマイチでした。
TVで放送してくれないだろうか~って待ってる処です

> 「誰がため」は事前にフラメンとシトロンの実際の足跡を
> 予習でもして観ないと,ちょっとわかりにくいですね。
そうでした・・・。
残念・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2010/09/17 08:31   |  TOP ▲ |


こんにちは

すらっとして少し冷徹でそして自分というものをもっている仕事女性を(実際にはどういった方なのかは本作でしかみてないのでわかりませんが)自由奔放な部分をみせて描かれてましたねー
マッツの美尻も拝めてラッキーでした

「誰がため」では、妻子を他の男にとられてその男のもとにいって妻子を大切にしないと俺はまた来る、というマッツのシークエンスが印象に残ってます
ヒロインの二重スパイの女性がおばさんっぽかったのがちょっと難でしたが、デンマークの歴史なんて全然知らなかったので、ちょっと置いてきぼりをくらいましたがなんとか最後までみることが出来ました^;

何でか、今マッツ祭りをやってまして
(もうあと2日で終わりますが)
プッシャー以外で借りれる範囲での記事アップッぷです。
今更、なんですが、マッツは渋くて顔型がいい俳優だなーと思う次第です(笑)雰囲気がありますよね。
もっといい作品にでてくれないかなー
maki  【 編集】  URL |   2015/09/18 10:17   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
マッツさんの映画、手て続けにご覧になっているんですね^^
勝手なイメージで、マッツさんって秋の印象のある俳優さんなので、今の時期にピッタリ。

「誰がため」は、相手の女優さんのこと、全然覚えてないというありさま・・・。
再度トライしてみたいんですけれども。深夜に放送でもしてくれないかなー。録画しておけば、後日ゆっくり見れるのにな。

「プッシャー」は未見です。結構色んな映画に出演されていますよね。ドラマ「ハンニバル」も見てみたいと狙っているんですが、なかなかグロい作品のようで、かつ、レンタルではいつも貸出中で、先送りになってしまっています。 

マッツさんといえば、この前、偶然ドラマの「シャーロック」に、実のお兄さん(俳優さん)が出ていらっしゃったのを初めて知りました。見ながら、この人マッツさんに似てるな・・・何かが似てる・・って、ずっと気になっていて、見終わった後検索したら、やっぱり血の繋がった兄だったことがわかり、私の中では、妙にテンションが上がるちっちゃな事件でした^^
latifa  【 編集】  URL |   2015/09/21 09:46   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/900-5a9ff2ad

シャネルさん
Akira's VOICE (2010/09/14 14:31)
「ココ・アヴァン・シャネル」 「ココ・シャネル」 「シャネル&ストラヴィンスキー」 


シャネル&ストラヴィンスキー
LOVE Cinemas 調布 (2010/09/14 17:35)
シャネル50周年記念作品としては『ココ・シャネル』、『ココ・アヴァン・シャネル』についで3作品目。『ドーベルマン』のヤン・クーネン監督が、シャネルとストラヴィンスキーの恋愛劇を軸に香水「N°5」の誕生秘話や「春の祭典」再演にかける想いを綴った作品だ。主...


誰がため
LOVE Cinemas 調布 (2010/09/14 17:35)
デンマーク・アカデミー賞で5部門受賞、国民の8分の1を動員した大ヒット作品です。主演はトゥーレ・リントハートとマッツ・ミケルセン。監督はオーレ・クリスチャン・マセン。ナチスドイツ占領下のデンマークを舞台に、レジスタンス組織“ホルガ・ダンスケ”の一員とし...


『シャネル&ストラヴィンスキー』(2009)/フラ...
NiceOne!! (2010/09/15 07:18)
原題:COCOCHANEL&IGORSTRAVINSKY監督:ヤン・クーネン出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、ナターシャ・リンディンガー、グリゴリイ・マヌロフ観賞劇場 ...


『誰がため』(2008)/デンマーク・チェコ・ドイツ
NiceOne!! (2010/09/15 07:18)
原題:FLAMMEN&CITRONEN/FLAME&CITRON監督:オーレ・クリスチャン・マセン出演:トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン、スティーネ・スティーンゲーゼ、ピーター・ミュウギン、クリス...


シャネル&ストラヴィンスキー/COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY
我想一個人映画美的女人blog (2010/09/15 08:45)
{/m_0150/}ランキングクリックしてね{/m_0150/} ←please click ココ・シャネル生誕125周年ということで、昨年から続々公開している シャネル映画のラストがこちら。 監督は「ドーベルマン」のヤン・クーネン。 当初の予定では、「エクソシスト」のウィリアム・フリー


シャネル&ストラヴィンスキー
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2010/09/15 19:42)
今年はシャネルの伝記的な作品を3本も観たが,この作品が一番好きかな。(ちなみに一番イマイチに感じたのがオドレイ・トトゥのココ・アヴァン・シャネル)それに比べればこの「シャネル&ストラヴィスキー」は,シャネルの生涯のうちでも,ストラヴィンスキーとの恋愛に...


シャネル&ストラヴィンスキー
いやいやえん (2015/09/18 10:10)
【概略】 1913年のパリ。「春の祭典」の初演で失意に打ちひしがれたストラヴィンスキーは、悲しみに暮れるシャネルと出会い恋に落ちる。 ドラマ マッツ・ミケルセンがみたくて借りました。 ストラヴィンスキーは作曲家で、ココ・シャネルは「シャネルの創業者だよね?」くらいの知識しかない状態での鑑賞(ブランド品に興味ないので)。 シャネルの援助を受けはじめたストラヴィンスキーとそ...


誰がため
いやいやえん (2015/09/18 10:10)
【概略】 第二次世界大戦末期、打倒ナチスを掲げる地下抵抗組織の一員であるコードネーム、フラメンとシトロンの任務はゲシュタポとナチに寝返った売国奴の暗殺だった。確固たる信念のもと、任務をこなしていく2人だが…。 ドラマ マッツ・ミケルセンがみたくて借りました。 ただ、「生きる」ためなら降伏を、だが、「存在する」ためなら戦いを―。 1944年。ナチス占領下のデンマーク。ナチ...


| ホームTOP ▲ |