「マッハ!弐」残念・・・
00
映像は以前より芸術的な感じになったみたいだけど、私が見たいのは、あくまでもトニージャーのアクションなわけです。故に最初から内容には全く期待をしていないのですが、制作側は内容にも力を入れたかったようで、、、それがかえって良くない方へと作用してしまった気が・・・。その分上映時間が長くなり、別にそれほど見たいわけでもない(失礼・・)シーンがだる~くつまらなく感じました。
ラスト数分のアクションはさすがに凄かったです。ただ、剣のアクションよりも、見たいのは剣無しのキックや身のこなしなんです・・・。そういう点で、ちょっと残念でした。3つ☆

去年見た「チョコレートファイター」はアクションという点では、そりゃ~トニージャーにはかなわないのは当然ですが、でもシンプルにアクションを楽しむという点ではこの作品より上回っていたと思いました。
「マッハ!!!」を最初に見た時のあの感動を越える作品には出会えてません・・・。いつか、近い未来、見れることを強く期待、願っています。おちおちしてたら、ジャーが年取っちゃって、見れなくなっちゃう・・・。

マッハ!弐 (2008/タイ) Ong bak 2
監督 トニー・ジャー / パンナー・リットグライ 脚本 パンナー・リットグライ
出演 トニー・ジャー / ソーラポン・チャートリー / ダン・チューポン / ペットターイ・ウォンカムラオ
【2010/10/24 08:17】  コメント(2) | トラックバック(1) | タイ、ベトナム映画
TOP ▲HOME
 
<<「千年の祈り」地味だけど面白かったです。 | ホーム | 「紅い鞄」と、ちょこっと「劔岳」感想 >>
コメント

一作目の思わぬヒットで欲がでちゃったのかな~。トニーくんてば。というよりもプラッチャヤー・ピンゲーオ監督が上手いんでしょうね。観客が何を求めていて、自分が何を見せられて何が一番得意なのかを解ってる。そりゃ全てがハイレベルな作品が一番に決まってるけど、そうじゃなくても何か一点が図抜けているだけで人々の記憶に残り続けるのが映画の良い所で、そういう作品こそ私は傑作と言えると思うのですよ。
ピンゲーオ監督じゃなくなった時点で勝負アリだったのかなぁ、結局。
KLY  【 編集】  URL |   2010/10/24 22:12   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
> 一作目の思わぬヒットで欲がでちゃったのかな~。
うぬ~~~。色々な事情があるんだとは思いますが、やっぱりプロデュースとか、脚本はその手のプロにおまかせした方が良い様な・・・。

>何か一点が図抜けているだけで人々の記憶に残り続けるのが映画の良い所で、そういう作品こそ私は傑作と言えると思うのですよ。
 
↑すごい、言えてます!!その通りですよねー。
latifa  【 編集】  URL |   2010/10/26 22:52   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/902-f8d8d74f

マッハ!弐
LOVE Cinemas 調布 (2010/10/24 22:09)
映画『マッハ!』の主演俳優トニー・ジャーが自ら監督・主演・原案を務めた同作第2弾。ただし第2弾とはいっても内容的につながりはない。CGもワイヤーも使わないガチンコアクションの迫力が売りの作品だ。監督と原案には前作『マッハ!』のアクション監督を務めたパン...


| ホームTOP ▲ |