「恋する宇宙」「ジェイン・オースティンの読書会」感想
アスペルガー症候群の男性と、同じアパートに引っ越して来た女性のお話。
00
私の側には、アスペルガーっぽい人が結構いるので、興味津々で見ました。あ~あるある!、、って色々反応しちゃいました。冗談をまに受けたり、空気読めなかったり、びっくりする発言する所とか・・。
アダムはお母さんが早くに亡くなってしまった事もあり、世間の人と折り合いつけながら、こういう時はこういう風にすれば良いんだ、とかって機械的に頭にインプットしたり、練習する機会が少なかったのかもしれないな・・・。ベスという存在がいるようになって、色々練習してきたのもあるだろうし、最後の方を見たら、努力したせいか色々と前より対人関係というか・・簡単なコミニュケーションが向上していたものね。

このカップルの場合、ベスがかなり母性愛に富んだ人で、親切かつ辛抱強く、アダムを助けてあげたりしていくことで上手く行くんだけど、なかなか大変だよなー。でも、そんな優しい女性に、ローズ・バーンがピッタリ合っていました。 どっかで見た事あるなあ・・・と思ってたら、パドメの侍女を演じた『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)と、『ホワイト・ライズ』(2004)の女優さんだったんですね。両頬のホクロが印象的です。
多分、今まで浮気男とかで苦労しまくってた分、色々つき合う上で大変な事も有るものの、純朴で自分を裏切らなさそうなアダムに好感を持ったんだろうな~。それにアダム、ハンサムな男子だしね(^^ゞ

で、主役のアダムを演じたのはヒュー・ダンシー(「ジェイン・オースティンの読書会の彼)。凄くハマってましたね~。なんとなく、「300日のサマー」と少し何か・・雰囲気がかぶる所があったな。ちなみに最近、クレア・デインズ(T3の女優さん)と結婚したそうな。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
就職の面接試験に落ちるも、カリフォルニアの違う仕事に就けることになったアダム。なかなか職に就けないんじゃ・・・?って心配してたので、こうラッキーな展開でほっとするも、上手く行き過ぎな感も(^^ゞ 一緒に行こうとさそうが、結局ベスは行かなかった。1年が経ち、職場でなんとか上手くやっているアダム。その元にベスが書いた狸の絵本が届く・・・。なんとなく、2人はもしかしたらこれをきっかけに電話をし、再度上手く行くかもしれない・・・という期待を持って。以上

ところで、金髪くるくるヘアのママ役(エイミー・アーヴィング)って、元スティーヴン・スピルバーグの奥様だったんですね。そういえば、スピルバーグもアスペルガーらしいですよね。3つ★半

恋する宇宙 adam (2009/米)
監督: マックス・メイヤー
出演: ヒュー・ダンシー, ローズ・バーン, フランキー・フェイソン, エイミー・アーヴィング
「モーツァルトとクジラ」(ジョシュ・ハートネット)もアスペルガー症候群の恋愛映画でしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ジェイン・オースティンの読書会」
00

夏頃に見たのに下書きに入ったまんまになっていたのですが、ヒュー・ダンシー繋がりで、まとめて感想アップしちゃいました。読書会メンバーに唯一参加している男子が、上の「恋する宇宙」のアダムを演じてたヒュー・ダンシーだったとは・・・。 私は人の顔覚えが凄く悪いのです・・。

そういや、この映画での彼は、スターウォーズ好きのSFファンでした。なにげにこの2つの映画、スターウォーズで色々繋がってるな(^^ゞ

ジェイン・オースティンの本は読んだことがなくて、知っているのは「偏見とプライド」だけ。
もっと色々な本を読んでいたら、絶対楽しく見れただろうに・・・残念。でも読んだ事が無くても、なかなか面白く見ることが出来ました。3つ★半

読書会って面白そうー参加してみたいな!!日本では、あまりこういうサークルみたいの身近に無いし(あるんだろうけれど、回りで入ってるとかって聞いた事が皆無)

なんかこの映画にでてくる人達は、アメリカの都会に住む、有る程度余裕のある大人の女性達・・という印象で、洒落た感じとか暮らしぶりがちょこちょこ見れました。
一人だけ唯一この読書会に参加する羽目になる男子はというと、なんか日本で最近多い草食系な感じ。マッチョな男が良いとされているアメリカでさえも最近こういうタイプが多いのかな?よく映画に出て来ている感じ・・・。

幾つかの恋話があるんだけれど、印象的だったのは、「トランスアメリカ」のハンサムな男の子(学生)と、先生(プラダ~)のところ。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
あれはもう行くとこまで行っちゃうだろうな、と思っていたら意外にも踏みとどまったのね?う~~もどかしい!行ってまえ!!って思っちゃったw
最後、あのおばさま(エスニックショップ経営みたいな風貌の)がドレスアップしてスペイン系の人と一緒に登場したけど、何時知り合ってああなったんだっけ???何か見逃してたかな・・・。
以上

あと、離婚したばかりで傷心の友人の為に・・って事で、若い男子を引き合わせようとするところは、おおお・・・さすがアメリカ・・・と思いましたねー。日本じゃ息子くらいの年代の男子なんて、なんか有りえん・・って感じですが・・・。

ジェイン・オースティンの読書会 (2007/米) The Jane Austen Book club
監督 脚本 ロビン・スウィコード
原作 カレン・ジョイ・ファウラー
出演 キャシー・ベイカー / マリア・ベロ / エミリー・ブラント / エイミー・ブレネマン / ヒュー・ダンシー / マギー・グレイス / リン・レッドグレイヴ / ジミー・スミッツ
【2010/11/11 12:10】  コメント(10) | トラックバック(4) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「幸せはシャンソニア劇場から」う~ん・・冷汗(^^ゞ | ホーム | 「ハート・ロッカー」「戦場でワルツを」感想>>
コメント

「読書会」トラバしますね~♪
あははwいってまえってw
ん?「恋する宇宙」って
これってアメリカ公開時に
気になってた「ADAM」じゃんっ!
こんな邦題だったのね!
気付かなかった~!
ありがとうw
miyu  【 編集】  URL |   2010/11/11 13:59   |  TOP ▲ |


【ジェイン・オースティン~】は見てないのですが
そこに少しタイトルが出てきた【トランスアメリカ】
これ見よう見ようと思って ついつい忘れちゃってた映画です!
今週末ゆうたんが義父母の家に泊まったら見ようっかな。
先週末はゆうたん、家で週末を過ごしたので
映画は見れませんでした。

恋する宇宙っていまどきの映画にしては
ほのぼのしてて心の休養にもなるような感じがしました。
ラストはとても好きです。
ってlatifaさんの周りにはアスペルガーの人が結構居るんですね。
スピルバーグもだなんて知らなかった!
何か精神的な病を持つ人は、とてつもない才能を
持ってる可能性高いですよね!
このお話、私の大好きな【忘れられない人】(クリスチャン・スレイター&マリサ・トメイの)
となんとなく似てる気がします。
男運の悪い女の子が純粋な男の子にものすごい優しくて・・・
最後は悲しいけど全体的には心が休まる作品だったです。
まっ、これはあまりlatifaさん好みじゃなかったけど(笑)
めぐ  【 編集】  URL |   2010/11/12 02:29   |  TOP ▲ |


お邪魔します~~
読書会UPしましたね☆
トランスの男の子と先生・・
そうね・・・いけ~~って思うよね。
なにせ姿見えているからね~~笑
男の子も不憫だよね。
まあ・・結婚なんてそんなもんよ、
あまり相手に価値観押し付けない方が
良いよね~~、かりにも好きだった人なんだからさ~~と諭すような気持になったわ。
恋するも~~観てみるね
みみこ  【 編集】  URL |   2010/11/12 13:38   |  TOP ▲ |


miyuさん、こんにちは!
> ん?「恋する宇宙」って
> これってアメリカ公開時に
> 気になってた「ADAM」じゃんっ!
おっ!さすがmiyuさん、シッカリチェック入っていたのね?
なにげに、これ、miyuさんが結構好きそうな、そんな予感がするよ^^
是非見てみて、感想アップしてね♪
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/13 21:02   |  TOP ▲ |


めぐさん、こんにちは!
【トランスアメリカ】は、なかなか良い映画だったよ!
だいぶ忘れちゃったけれど、面白かった。めぐさんの感想楽しみにしてます。

> 恋する宇宙っていまどきの映画にしては
> ほのぼのしてて心の休養にもなるような感じがしました。
うん、うん、ほのぼのしてるよね。なんかピュアな感じで、映像も音楽もふんわかしてて好きだったな。
役者さん2人も良い感じでとんがってなかったし。

> このお話、私の大好きな【忘れられない人】(クリスチャン・スレイター&マリサ・トメイの)
> となんとなく似てる気がします。
> 男運の悪い女の子が純粋な男の子にものすごい優しくて・・・
ほんとだ! なにげに似てるねっ!!
いやぁ~ゴメンゴメン(^^ゞ
でも、基本こういう内容で、こういう役どころ、好きだよ!また懲りずに紹介してね^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/13 21:08   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
> まあ・・結婚なんてそんなもんよ、
> あまり相手に価値観押し付けない方が良いよね~~、かりにも好きだった人なんだからさ~~と諭すような気持に

確かに!
まあ、彼女もまだ若かったしね。
でも、なんであんな(失礼!)男と恋仲になって、結婚に至ったんだろう?って、ちょっと思っちゃったな。
トランスアメリカの男の子は、あれ以後あんまり見かけないんだけれど、もっとスポットライトが当たっても良さそうな感じだけどな~ って、私が知らないだけで、バンバン映画に出て、注目されてるのかな?

恋する宇宙って、なんかタイトルが妙だよね。恋する惑星を、ついつい思い出して、混乱してしまうよ。
是非見てみて~~。
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/13 21:10   |  TOP ▲ |


しますわよ!
好みが合おうと合わなまいと
私がよかったと思うものは
言いたいのです!
この私に他の誰に言えっていうの?(笑)
めぐ  【 編集】  URL |   2010/11/13 22:30   |  TOP ▲ |


めぐさん、こんにちは!
うん、うん(^○^) これからも宜しくね♪

ところで、さっきクックパドの「ホットケーキミックスで作るスタバ風スコーン」作ってみたんだ!
チョコ入れたヤツは初めて作ったんだけど(何も入ってないのと、入ってるのと2種類作った)
焼きたては、ほんの少しとろけていて、凄く美味しかった!!!
チョコ入りだと、クリームとか何もつけなくてもそのまま美味しいね^^
娘もニキビを気にしつつ、半分食べて、おいしいー!って言ってたよ☆
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/14 15:50   |  TOP ▲ |


こんにちは。おひさしぶりです。
恋する宇宙は、観ました。読書会は観ておりません。
アスペルガー症候群というのは、この映画で、はじめて知りました。
障害の話というより、普通に、人付き合いは、むずかしいもんですよね。
切ない小作品で、いい雰囲気の作品でした。
小作品には、大スターみたいな感じでなく、
こういうお二人のキャストが、合ってましたよね。
kino  【 編集】  URL |   2010/11/14 21:37   |  TOP ▲ |


kinoさん、こんにちは!
コメント、凄く嬉しいです~(^○^)ありがとうございます★
アスペルガー症候群っていうのは、私もここ数年前に知りました。きっと昔からそういうタイプの人はいたと思うのですが、あまり世間にこういう名前は普及してなかったですよね。
これから、どんどん学校や社会で、知識が広がると、アスペルガーの人が少しでも暮らしやすくなると良いな・・・と思います。

> 障害の話というより、普通に、人付き合いは、むずかしいもんですよね。
そうですよね。大小の差はあれ、多くの人が人付き合いには苦労しますよねー

> 小作品には、大スターみたいな感じでなく、
> こういうお二人のキャストが、合ってましたよね。
そうそう。まさにその通り!これが有名スターが演じていたら・・・と考えると、なんか興ざめというか・・。
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/15 09:24   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/905-67918cfe

ジェイン・オースティンの読書会
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2010/11/11 13:58)
 『ワインとおしゃべり、時々 恋── それが女たちの読書会。』  コチラの「ジェイン・オースティンの読書会」は、アメリカで流行している読書会のメンバーの人間模様を描いた、4/12公開のロマンティック・コメディなのですが、遅ればせながら観て来ちゃいましたぁ~♪...


ジェイン・オースティンの読書会
ちょっとお話 (2010/11/12 13:48)
ジェイン・オースティンの読書会  (2007   アメリカ) THE JANE AUSTEN BOOK CLUB 監督: ロビン・スウィコード 製作: ジョン・キャリー ジュリー・リン ダイアナ・ナッパー ...


恋する宇宙
映画通信みるみる (2010/11/14 21:38)
サンダンス映画祭や、各国映画祭で絶賛された話題作! と、いうことで観てみました。 なぜか「17歳の肖像」みたいなパッケージ用写真ъ(`ー゜) ライバル?「17歳の肖像」も、サンダンス映画祭で、高く...


『ジェイン・オースティンの読書会』 (2007)...
NiceOne!! (2010/11/15 09:36)
原題:THEJANEAUSTENBOOKCLUB監督・脚本:ロビン・スウィコード出演:キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エミリー・ブラント、エイミー・ブレネマン、ヒュー・ダンシー、マギー・グレイス...


| ホームTOP ▲ |