「ハート・ロッカー」「戦場でワルツを」感想
両方とも、アカデミー賞などを受賞した戦争映画。2つとも夏に家で見ました。
おそれながら・・・私は、両方とも、それほど・・・。特に好きとか、、ガツンと来る映画ではありませんでした。
00
「ハート・ロッカー」
ドキドキハラハラ感が2時間も続く映画。
私はレンタルDVDで見たのと、2回に分けて見てしまったので、見終わった後の疲れはそれほどじゃなかったけれど、一気に劇場で見たら、もっと評価が高かったかもしれないです。3つ☆半

戦争は麻薬だ! 
う~ん、、ジェームスの様な、戦争ジャンキー(極限の緊張感の戦場でしか生きる実感を得られない)は、少数なんじゃないでしょうか・・・。戦争がこういう危うい精神にさせてしまったわけですが・・・。
爆弾処理800回以上やってるのにまだ生きているという強運かつ勇気のある持ち主)にはびっくり。

なんというか・・・申し訳ないんだけど、、個人的に私は、戦争行きたくないのに、行くしかなくて死んでいった人や、戦争のために何も罪の無い一般人が無駄死にしてしまうということに凄く気持ちが揺さぶられる性分なのだけれど、自ら志願して戦争に行く人や、どうしても彼がやるしかない!って状況じゃないのに(ロボットや爆破でも済ませられるのに)爆弾処理を自ら志願してやるこの人に、さほど共感も出来ず(いや、このジェームスに共感する人は少ないだろうし、共感うんぬんってのが必要な映画じゃ無いのは重々解っているんですが)

アカデミー賞受賞作とのことですが、緊張感をは凄かったし、普通に良く出来た映画だとは思いましたが、、、
とはいえ「アバター」もそれほど素晴らしい映画だとは思いませんが・・・。それにしても、ご夫婦揃って凄いですね。キャスリン・ビグロー監督は、昔「ハートブルー」を撮ってた方だったんですね。

途中で、ちらっと出て来た顔の回りに巻き物かな?何かかぶってたっけ?な人が、密かに格好いい!と思ったら、なんのことない、レイフ・ファインズだったんですね(^^ゞ

ハート・ロッカー (2008/米) The Hurt Locker
監督 キャスリン・ビグロー 脚本 マーク・ボール
撮影 バリー・アクロイド
出演 ジェレミー・レナー / アンソニー・マッキー / ブライアン・ジェラーティ / レイフ・ファインズ / ガイ・ピアース / デビッド・モース / エヴァンジェリン・リリー / クリスティアン・カマーゴ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「戦場でワルツを」
00
アカデミー賞外国語映画賞受賞作・・・を取るほどの作品かな・・・?3つ☆

アニメーション映画と言っても、骨太な感じの印象の絵で、重厚感がありますね。最初沢山の犬が吠えて追いかけて来るシーンから、ぐっと引き込まれて入って行く事が出来ました。
が・・・。勉強不足でした。 もっと事前にレバノンについて知ってから見れば、より一層興味深く、面白く見れたはず・・・。レバノン内戦、レバノンとイスラエルやパレスチナとのかかわりあい、その背景についても殆ど知らずに見てしまい、映画を見た後調べて色々解ったという始末。
私は、予備知識無く見て感動出来たり、楽しめる映画が好きです・・・。

戦場でワルツを (2008/イスラエル=独=仏=米=フィンランド=スイス=ベルギー=豪)
Vals Im Bashir Waltz with Bashir(バシールとワルツを)
監督 脚本 撮影 アリ・フォルマン
美術 デヴィッド・ポロンスキー
出演 アリ・フォルマン / オリ・シヴァン / ロニー・ダヤグ
【2010/11/06 08:59】  コメント(19) | トラックバック(14) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「恋する宇宙」「ジェイン・オースティンの読書会」感想 | ホーム | 「あの日、欲望の大地で」「モンスター」感想>>
コメント

latifaさん、こんにちは!
私が観たのは「ハート・ロッカー」のほうだけです。

こういう、戦争を麻薬のように感じる人の話は珍しかったし、
ジリジリとした静の描写がとても効果的で、
戦争の不毛を描くのに、これまでと違ったアプローチに感心したけど、
正直言って私もガツンとくるって事はなかったです。
もう一度観たいとはあまり思わないなあ。観るのに疲れたわ(^▽^;)
感心して引き込まれたけど感動はなかったですね。
YAN  【 編集】  URL |   2010/11/06 13:34   |  TOP ▲ |


こんにちは~♫
お元気?少し寒くなってきたよね~
ということで、またまた風邪を引いておりますww

latifaさんはイマイチでしたか~
実はね、私ったら劇場で2回観たのよ、ハートロッカーを(照)
なんというか・・・チョイ異常な空気を感じてねぇ~何がどうだ―とは言えないんだけど、何だかスゴイ映画だと思ったの。
2回目に観た時も真剣に見入ったわ。
だからと言って好きな映画ってわけでもなく・・・お友達に薦めたい映画でもないんだけど。
由香  【 編集】  URL |   2010/11/06 14:43   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~。コメント&TBありがとう。
これDVD鑑賞だったのね。。劇場では爆音が凄くてね。。身じろぎもできない雰囲気でしたよ。
『戦場でワルツを』はまだ観れてないんだけど、これオスカー最有力だったけどモックンに負けた、という^^
メインの作品賞が『ハート・ロッカー』だったから、バランスとって受賞させなかったのかもね。
レバノンの内戦って私もよくわからないな。。しかし、戦争ものって好んでは観たくないよね。
真紅  【 編集】  URL |   2010/11/06 18:18   |  TOP ▲ |


多分latifaさんも重々承知で書いていると思うけど、
「アバター」とは全然ジャンル?の違う映画で
比べるのも難しいよね^^
それでもこの2作品がオスカーを事実上競い合い、
しかも監督同士が元夫婦ってのはなかなかの因縁ですよねw
ただ、あえてどちらが好きか?と言われたら
やはりあたしも「アバター」だなw
miyu  【 編集】  URL |   2010/11/06 22:06   |  TOP ▲ |


凄い緊張感の演出。未だにあのスーパースローは目に焼きついてます。が、アカデミーショーはね。(苦笑)なんと言うか、結局オスカー欲しけりゃ社会派あるいは戦争の悲惨さを訴えなきゃだめなんだなと実感したってところです。「アバター」が取れなかったのはエンタメ作品が嫌われたのと、キャメロン本人が嫌われたってのがおおきいでしょうが。(笑)
ただ、日本では今ひとつヒットしたとは言いがたいですね。もともと配給会社も大手じゃなかったけれど、やっぱり映画の質云々よりも、日本で配給したらヒットするかって、そのあたりはやっぱりプロが見たら読めちゃうのかななんて妙な感心をしたのを覚えてます。^^;

戦場で~は個人的にアニメーションが今ひとつ合ってないと思っているのですが、少なくともこうした事実を知らしめる作品としての意義は大きかったんだろうなと思いました。^^
KLY  【 編集】  URL |   2010/11/07 00:20   |  TOP ▲ |


こんにちは☆
latifaさん遅くなっちゃってごめんね、

どちらも好評価されてるけど、内容はどちらも面白くないんですよね~
(あ、いっちゃった!)

ハートロッカーは、おっしゃる通り劇場だったから迫力あったけど
作品賞とるほどかなぁっていうのがホンネ。
でも主演のジェレミーレナーはこれでブレイクですね。
ベンアフレックの新作「ザ タウン」この間観たけど、彼一番良かったです。
ヤンキーな役ぴったりで。

そちらはおすすめなので是非公開したら(2月)みて下さい♪
mig  【 編集】  URL |   2010/11/07 13:45   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2010/11/07 18:28   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは!
> こういう、戦争を麻薬のように感じる人の話は珍しかったし、
私は初めて見ましたよ。こんな人いるんだぁ?って驚き。それだけにインパクトはありました、

> もう一度観たいとはあまり思わないなあ。観るのに疲れたわ(^▽^;)
> 感心して引き込まれたけど感動はなかったですね。
そうそう。そうですね。
これを女性の監督さんが撮ったというのも、有る意味なんか凄いですよねー
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/08 09:06   |  TOP ▲ |


由香さん、こんにちは!
え~っ・・・風邪引き中だったのね・・・(T_T)
今、流行ってるものね・・。子供さんは学校でもらってくるのを家で伝達しがちだし・・お大事にね!

> 実はね、私ったら劇場で2回観たのよ、ハートロッカーを(照)
おおおー!なんたる勇気!!すごいわー。
これ、普通一回見たら疲れてしまって、二回も劇場に行かない人も多いだろうに(^^ゞ

> だからと言って好きな映画ってわけでもなく・・・お友達に薦めたい映画でもないんだけど。
ぐふふ。
今更なんだけど、昨日「インセプション」を見たの。なんだかハッキリ良く解らなくて、これは二回見たいな・・と思った。とはいえ、人にお薦めはしたなる映画でも、特に好き!な映画でも無いけど(^^ゞ
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/08 09:15   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
> 劇場では爆音が凄くてね。。身じろぎもできない雰囲気でしたよ。
そうでしょうね・・・。想像がつきますよー。
すんごい疲れただろうな・・・って思います。

> 『戦場でワルツを』はまだ観れてないんだけど、これオスカー最有力だったけどモックンに負けた、という^^
> メインの作品賞が『ハート・ロッカー』だったから、バランスとって受賞させなかったのかもね。
言えてる!!
そうかもしれない!!

おくりびとは、他の人よりは感動度が少なかったんだけれど(とはいえ、すごく面白かったし、良い映画だと思っているよ。5つ★!って程ではなかった・・って意味ね)、戦場でワルツを、よりは、ずっと好きです。
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/08 09:19   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
> 未だにあのスーパースローは目に焼きついてます。
あそこは凄く印象的でしたねー。映画を見には行かなかったんだけれど、めざましTVだか・・なんだかで、最初の10分だけ見せます!って企画があって、そこで見ました。
昨日、遅れてしまったんだけれど、インセプションを見たんですよ。やっぱりスーパースローというか、止まった様な爆発のシーンがあって、迫力ありました。

>結局オスカー欲しけりゃ社会派あるいは戦争の悲惨さを訴えなきゃだめなんだなと実感したってところです。「アバター」が取れなかったのはエンタメ作品が嫌われたのと

言えてますね!。
エンタメ作品は、ことごとく嫌われますよね。バックトゥーザフューチャーとか、ターミネーターとか受賞出来ずにいるのに、長年ファンが多い映画ですよね。
シンドラーのリストとか・・・戦場のピアニストとか、あの手が受賞しやすいのかな・・。

> ただ、日本では今ひとつヒットしたとは言いがたいですね。もともと配給会社も大手じゃなかったけれど、やっぱり映画の質云々よりも、日本で配給したらヒットするかって、そのあたりはやっぱりプロが見たら読めちゃうのかななんて妙な感心をしたのを覚えてます。^^;
 ぐふふ。確かに。

> 戦場で~は 少なくともこうした事実を知らしめる作品としての意義
それは有ります。そういった映画を作るというのも素晴らしい事だと思うし、見る側も少しでも知らなかった事を映画で知る事は意味が凄くあると思います。
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/08 09:24   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちはー!

> どちらも好評価されてるけど、内容はどちらも面白くないんですよね~
> (あ、いっちゃった!)
うははは!!(^○^)
ズバリ言ってくれちゃいましたね^^
 
> 作品賞とるほどかなぁっていうのがホンネ。
そうなのよねー。でも色々なブロガーさんたちが言っておられるように、戦争を題材にしている内容でもあり、他の賞とのかねあいとかもあって、やっぱりこれが選ばれたのかな~。

> でも主演のジェレミーレナーはこれでブレイクですね。
> ベンアフレックの新作「ザ タウン」この間観たけど、彼一番良かったです。
> ヤンキーな役ぴったりで。
公開は2月なのね? 
了解!インプットしました。
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/08 15:00   |  TOP ▲ |


鍵コメントさん★
お互いに最近は体調が良いみたいで嬉しいです~。私は元気なのはいいけど、太って来ちゃって困ります・・・。
弁当は少し減らしたのね?^^ そうそう、毎日っていうのは大変過ぎるから、ほんの数日減らすだけでも、随分負担が軽くなったんじゃないですかー♪


>そもそもアメリカがする戦争全部共感できないんですね・・・
私もー。 いや、自分の国の中、問題が山積みなのに、他の国の事に首突っ込んでる場合じゃないじゃないーって思います。とはいえ、他国の戦争に首突っ込むと、なんだかんだでお金儲けになるから戦争に首突っ込んでるって感じもありそうですね(^^ゞ

> 経済を何とかすべきでは、っていつも思うんです。
これは日本も同じですよね。よく海外のとある国に援助金を何万ドル!とかやってますが、日本も問題山積みだし、酷い赤字でヒーヒーなのに、そんな余裕あるんかぃ!?って思ったりもする・・。

> でも、スローモーションは確かに凄かったわね。
> 私は映画館で観て、一センチお尻が浮きましたよ。
うははは!↑これ、凄い表現がナイス~☆

> モリのアサガオはまあ、それはないだろう、的な刑務官の行動のあれこれは無視して観ることにしました。
> こないだも扉開けっ放しにして胸ぐらつかまれてたりしたけど・・・
> いろんなことを考えさせられるから・・・
んだ、んだ。同じです。。。
この前も、あ~・・(´o`)って所が満載だったんですが、最後の方で、復讐(報復)殺人をした場合、それがもし死刑にならずに済んだなら、みんながやるんじゃないか?って所は、考えたことがなかったので、はっ!としました・・・。

>カンノさんのドラマはやっぱ無理でした・・・
私も先週から止めちゃいました。玉木さんが出てるから見続けたかったんだけど・・・。

>加瀬君が好きなんだ、って仕事の同僚に言ったら、「え? にゃんまげのかっこして踊っていたよね?
そうなのよ~。私も最初見た時、目を疑っちゃった。
おそれながら、私は宮沢りえちゃんのキャッツの・・・でさえ、え~~っ、これ何? なんで?って思っちゃったんですよ。娘にそれ言ったら、別に気にならないって言われましたが・・・。

そういや、鍵さんならご存知だっただろうと思うんですが、モテない系って本(gooの方でアップした)に、モテない系女子の好きな俳優人気ベスト10で、一位がダントツで加瀬君だったそうで。その加瀬君を好きな理由ってのも結構笑えました。 他にも浅野君、オダギリジョー、マツケンなどが入ってました^^
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/08 15:16   |  TOP ▲ |


モテない系女子の好きな俳優人気ベスト、の一位ですか・・・
ショック・・・
確かに私、全くモテません、ハイ。
ホントに納得・・・
そして、モテる女子に加瀬君を持って行かれたくはない・・・
モテない女子になら持って行かれてもいいけど・・・
お母さんとしては、そんな、突拍子もない服を着る嫁と? まあ、もらってくれるんならどうぞどうぞ、みたいな嫁がいいかな。
っていうか、もらってくれる、って言った時点で加瀬君自体が私にとっての娘的なアレなのか?
ま、とにかく、にゃんまげ加瀬君でも好きと言ってくれる嫁が彼に嫁いでくれたらな・・・

生ドーナツって火が通っていないのかと・・・
牧場主  【 編集】  URL |   2010/11/09 17:48   |  TOP ▲ |


戦争がらみの物や銃をバンバンやる
アクションや警察物も見れない私なので
当然この二つ見てません(´・ω・`;A) アセアセ
けど大して興味なかった作品も何故かlatifaさんの感想を聞くと
たとえlatifaさんの評価がイマイチでも
興味もってしまうのは何故でしょう??(笑)
アニメは苦手なので、時間に余裕あるとき
ハートロッカーは見ておこうっかな・・・
アカデミー受賞作品だしね・・

最近私映画見てないな~・・・
雰囲気だけ(笑)最高の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
を見たっきりです。
何かこの時期に心が洗われる様な、
もしくは感動で居間に小さな池が出来るまで泣けるもの何かないかな~・・・

latifaさんに『ラスト・レター』って見て欲しいって前々から想ってるんだけど、
これってDVD化されてないんですよ・・・
しかも1970年代の昔の映画。
でも主演を演じてるダイアン・レインが又凄くいいんですよね(まだ幼少時代です)
実話で、これは私が小学生の時にテレビで放送されたのを見たのですが
泣きまくりでした!
凄く気に入ってる作品なんで、その後ビデオレンタルしてきて
ダビングしてるんでビデオなら持ってるのですが・・・
もしかしたらlatifaさんも見たことあるかな??

あとは『ラスト・コンサート』みたいな作品も
私的にはこの時期にぴったり(先が読めても大泣きでした)
そんな風に心を揺さぶられるような映画って最近なかなか見当たらないですね・・・
めぐ  【 編集】  URL |   2010/11/10 02:40   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
モテない系女子の本、もしかしたら、牧場主さんは、読んでいらっしゃらない様ですね^^
違うんですよー。モテない系=モテない女子 って訳ではないんですよ。
もし良かったら、いつか、パラパラ中を立ち読みして見てください~♪

とはいえ、凄くモテる女子が、モテない系女子の中に一杯いるとは、あまり思えず・・・(^^ゞ
> そして、モテる女子に加瀬君を持って行かれたくはない・・・
大丈夫です。(←どっから来るんだ?その自信)
モテる女子は、多分加瀬君は1位になりませんよー。

> っていうか、もらってくれる、って言った時点で加瀬君自体が私にとっての娘的なアレなのか?
ぐはははは!!!
いやぁ~ 現実世界でも、この人あんまりモテないだろう・・と思っていた人が(男子でも女子でも)実際は結構モテててビックラ!って事、ありますよね?
多分加瀬君って、そういう人の気がします。
とはいえ、私の回りで、加瀬君が良いって言ってる人、たった一人しかいないんですよ。
他の人は問題外って感じ(特に、STORYマダムタイプ達に(^^ゞ)
そのたった一人加瀬君良い!って言ってる人は、服装や趣味はモテない系だけど、すごく綺麗な人。ルックスいい男とかむしろ好きじゃないという人なんですよ(って、どんだけ加瀬君に失礼な事言ってんだか・・)
↓多分彼女なら、にゃんまげOKだと思います。
> ま、とにかく、にゃんまげ加瀬君でも好きと言ってくれる嫁が彼に嫁いでくれたらな・・・

> 生ドーナツって火が通っていないのかと・・・
名前的にそうですよね~。 わざわざ買う事は無い食べ物でした。でもお土産に頂くと、凄い嬉しいかも。
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/10 08:30   |  TOP ▲ |


めぐさん~こんにちは!
いやぁ~見なくて良いかも(^^ゞ
とりあえず、話題作だったので、見てみようって、そういう安易な気持ちで見たわけで・・・。
戦争ものとか、銃でバンバン系が凄く好きな人っていますよね? 私はあんまり好きじゃないんだけれど、ハリウッドものの半分くらいは、そういうジャンルじゃない?
とはいえ、ターミネーター1,2とかは何度見ても面白いし大好きなんだけどね。

> latifaさんに『ラスト・レター』って見て欲しいって前々から想ってるんだけど、
これ、以前めぐさんから教えてもらったんだけれど、無いんだよな~。
70年代の映画だと、なかなか無いよねー。実話ものだと、尚更涙腺が緩みますよね。
こうしてみると、ダイアン・レインって、長い事活躍してるなぁ~。

大泣き出来る映画かぁ~。急に思い出せないので、ちょっと考えてみますね!
私が映画館で大泣きした映画って、「ET」とか「手紙」とかだからな(爆)
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/10 08:39   |  TOP ▲ |


『ハート・ロッカー』に関しては劇場で一気に見なければ、この映画の良さは伝わってこないと思います。あの緊張感は本当にたまりませんでしたからね。

ちなみにこの作品がもう1年遅れて公開されたら、きっとオスカーは受賞できてなかったと思います。これはブッシュ政権の是非を問い始めて1年目だからこそ評価された、評価されなければならない映画だと思いました。

あと『戦場でワルツを』に関してはアニメーションを非常に巧く用いた秀作だと思いました。『おくりびと』とオスカーを争ったのも納得でしたよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2010/11/11 22:18   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは。
> 『ハート・ロッカー』に関しては劇場で一気に見なければ、この映画の良さは伝わってこないと思います。
そうでしょうね・・やっぱり。
お家で見ても凄い緊張感だったけれど、劇場とは比較にならないと思います。

> ちなみにこの作品がもう1年遅れて公開されたら、きっとオスカーは受賞できてなかったと思います。これはブッシュ政権の是非を問い始めて1年目だからこそ

なるほどー。さすが、にゃむばななさん、シッカリ政治とかとくるめて考えていらっしゃいますね。

> あと『戦場でワルツを』に関してはアニメーションを非常に巧く用いた秀作だと思いました。
そうですか。私は今ひとつ歴史背景など勉強不足だったために、残念ながら、いまひとつガツンと来なかったでした・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2010/11/13 21:05   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/923-69eefbc0

ハート・ロッカー
RockingChairで映画鑑賞 (2010/11/06 13:36)
これまでとは違う戦場、これまでとは違う精神崩壊。 でも、戦争が不毛なのは同じ。 監督:キャスリン・ビグロー 製作:2008年 アメリカ 出演:*ジェレミー・レナー *アンソニー・マッキー *...


ハート・ロッカー
★YUKAの気ままな有閑日記★ (2010/11/06 14:38)
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...


戦争中毒~『ハート・ロッカー』
真紅のthinkingdays (2010/11/06 18:08)
 THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカデミー作品賞、監督賞をはじめ、6冠に輝いた戦争映画。...


ハート・ロッカー
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2010/11/06 22:04)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪監督は、「...


ハート・ロッカー
LOVE Cinemas 調布 (2010/11/06 23:42)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ


戦場でワルツを
LOVE Cinemas 調布 (2010/11/06 23:42)
第81回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。『おくりびと』のおかげで惜しくも受賞は逃したが、下馬評ではコチラが大本命だった作品。イスラエル人のアリ・フォルマン監督が自らの戦争体験をアニメーションで綴ったドキュメンタリーだ。旧友との再会で失っていた自...


『ハート・ロッカー』
こねたみっくす (2010/11/11 22:17)
恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨戦総ナメなのも納得の、まさに稀代の名作。これはもはや素...


『戦場でワルツを』
こねたみっくす (2010/11/11 22:18)
もしこの映画を実写化したら、恐らく世界各国で上映禁止になっていたのではないか。そう思えるほど、ショッキングな映画でした。 アカデミー外国語映画賞にノミネートされながらも日本ではそれほど高い評価を受けていないみたいですが、個人的にはアニメーションという手...


映画・戦場でワルツを
お花と読書と散歩、映画も好き (2010/11/13 16:28)
2008年イスラエル・ドイツ・フランス・アメリカ合作イスラエル映画2009年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート『おくりびと』の対抗馬として日本でも注目を集めたそうです2006年冬イスラエル映画監督のアリは...


『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ
NiceOne!! (2010/11/15 09:34)
原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース...


『戦場でワルツを』(2008)/イスラエル・フラン...
NiceOne!! (2010/11/15 09:35)
原題:VALSIMBASHIR/WALTZWITHBASHIR監督・脚本・音楽・声の出演:アリ・フォルマン観賞劇場 : シネスイッチ銀座公式サイトはこちら。<Story>2006年のイスラエル。映画監督のアリは...


【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 (2011/02/25 22:01)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕方じゃんてな感じで貴重な休日をそんな風に消化いたしました


『ハート・ロッカー』'09・米
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... (2011/03/08 22:52)
あらすじ2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーにジェームズ軍曹が就任する・・・。感想『ハートブルー』のキャスリン・ビグロー...


ハート・ロッカー
いやいやえん (2011/12/26 09:36)
アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感じた作品でした。 人間が壊れてしまう。戦争中毒者となってしまっ...


| ホームTOP ▲ |